わが家の食費節約術とは?キャナナ流の買い物方法を紹介!

どうも、キャナナです。

今回は
わが家の食費節約術についてお話ししたいと思います。

 

昨日
久しぶりに家計簿の計算をしたのですが、2016年1月~7月の食費の月平均は外食もあわせて39,000円でした。(食品32,000円、外食7,000円)

結婚当初は張り切って節約してたので3万円未満でしたが、最近はゆるくなってますw

やはり外食をしてしまうと一気に食費がかさむので、わが家では「外食は月に1回」というルールを設けていて、「今月はどこに食べにいくー?」と楽しみながら外食も楽しんでいます。

 

では
本題の買い物の仕方ですが、どんな買い方をしているかというと・・

スポンサーリンク


キャナナ流 食費の極意

 

1.近所で一番安くて質のいいお店を探す

私は野菜と魚と保存食(調味料・加工食品・粉ものなど)が新鮮で安いお店を1つ、肉と野菜が安くておいしいお店を1つ見つけていて、このどちらかでいつも買い物をしています。

お店によって価格が全然違うので、どのお店で普段買い物しているかが食費節約のカギといってもいいでしょう。

普段行ける範囲の距離のお店(車があれば範囲も広がりますね)をまずは一通り全部行ってみて、その中から自分の求める質と価格を満たしているお店を利用するようにするといいと思います。

お店によって得意な商品があったりするので、肉はここ、保存食はここ、という風にそれぞれ得意なお店で買うようにしています。

保存食がなくなってきたなーと思ったら、保存食が得意なお店で保存食だけをまとめ買い。
野菜がなくなったなーと思ったら、野菜が得意なお店で野菜だけをまとめ買いするような感じです。

 

2.チラシは見ない

うちは新聞を取っていないのでチラシが入らない。というのも理由としてありますが、チラシを見ると、それに振り回されてしまうからです。

このお店よりこれはこっちのお店のほうが安いな。と普段行かないお店に行ったけど、結局その商品以外は高くて買うものがなかった。とか、今日買い物に行ったところだけど、明日はこれが安いから明日も行こうかな。など。

結局二度手間になったり、余分な買い物が増えたりと、あまりいいことがないなぁと思ったからです。
それよりも自分のペースで食材を管理し、お気に入りの決まったお店で必要な時に必要な分だけ買う。というやり方のほうがやりやすかったので、私はそのようにしています。

 

3.その日、安いものを買う

あらかじめ買うものを決めてから買い物に行きましょう。とよく言われますが、献立を立ててから行くのも大変ですし、欲しい食材がその日安いかどうかわかりません。

余分なものを買わないように欲しい食材だけにするということでしょうが、その欲しい食材が全部その日高かったら意味がないと思うのです。

なので、私は献立も何も考えず、冷蔵庫に何が残っているかだけチェックをして、同じものを買ってしまわないようにだけ注意し、お肉はこのくらい、野菜はこのくらい、という風に買う分量だけを決めて買い物に行きます。

そして
行ったお店でその日安いものだけを買います。(卵や牛乳など絶対必要なものは安くなくても買いますが)

肉や魚・野菜の種類は何を買っても融通が聞くので、無理にタコを買わずイカにしたり、レタスが高ければキャベツにしたりと、その日特価のものから購入していきます。

 

4.今あるもので献立を考える

さて、次はその買ってきたもの(冷蔵庫にあるもの)で料理を作ります。

私が献立を立てる時は、まず肉か魚を1種類選びます。
肉なら300gくらい、魚なら1人1切れずつくらい。
ここで何を選んだかによってメイン料理が決まります。(豚バラなら豚キムチ、ミンチなら麻婆豆腐、鮭ならちゃんちゃん焼きなど)

次に
野菜だけで作れる料理を考えます。(かぼちゃの煮物、グリーンサラダ、なすの田楽など)

ボリュームのある野菜料理の場合は1品、ボリュームが少ない場合は2品作っています。(できる限りメイン料理にも野菜を使うようにしています。)

だんだん食材が減ってくると献立が立てにくくなりますが、クックパッドでいろいろ検索をしつつ、「もう無理だぁーー!」となるまでは、今ある食材で乗り切ります。笑

これが意外となんとかなるもんで、料理のレパートリーも増えて一石二鳥です。(思わぬ力作が出来上がることもw)

 

こうして
晴れて冷蔵庫がすっからかんになったら、また買い物へ出かける。という感じでやりくりをしています。

わたしはひきこもりで極力外に出たくないので、だいたい10日に1回くらいしか買い物に行きませんが、1週間くらいすると野菜もちょっと傷んできたりするので、生鮮食品はもうちょっと早いサイクルで買い物に行った方がいいと思います笑

 

以上。

 

つまり
安い店、その食材が得意な店でしか買わない

その日安いものしか買わない

安く購入した食材だけで献立を立てる

これが一番食費を安くする方法じゃね?

 

というのが
キャナナ流食費の極意?です。

 

わたくし一応
管理栄養士の免許を持ってるんですが(持ってるだけだけど!)

食材はそんなに高いものは買わないけれど
野菜多めの健康的な献立と
料理は味だろ!というポリシーでやってます。

お肉はだいたい100g=100円のものしか買いませんw
必然的に鶏肉と豚肉だけになりますが、それでも全然おいしいし、身体にもいいです。

野菜も安いものって、だいたい旬の野菜なんですよね。
旬のものも身体にすごくいいので、節約しつつ健康的なので一石二鳥だと思ってます。

 

ただどれくらいの金額が安いかは、個人の価値観でかなり違ってくるので、そこは家計と相談しつつ、ベストなラインを探ってみてください。

いくら安くてもおいしくなければ満足度が下がりますからね。
うちも100g=100円のお肉ですが、同じ値段でもおいしい店とまずい店がありますので、結局は安くて良いものを売っているお店を見つけられるかどうかがかなり重要かもしれませんね。

 

ということで
とても単純なことなので、節約術というほどでもなかったかもしれませんが、あなた流の食費管理方法を見つけるための参考になれば幸いです。

では今日はこれで!
キャナナでした☆

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です