メルカリで「服」を出品するときのポイントと発送方法の決め方まとめ

この記事は
おそらく多くの人が処分したいであろう「服」のフリマ販売について、その方法を詳しく書いた記事です。

どうも、キャナナです。

メルカリ出品デビューしてから5か月くらいが経ちました。わたしはメルカリでは主に「服」を売ってます。本やゲームはAmazonに出品したほうが売れやすいので。

でも服ってなかなか難しいんですよ。本ならほとんどA4封筒に収まるから発送もクリックポストで簡単なんですけど、服は梱包も大きくなりがちだから送料も服に応じて安い方法を考えなきゃいけないし、状態説明も詳しく書かなきゃだからいろいろと採寸とかも面倒だし。

ということで、今回はメルカリで「服」を出品する場合に気をつけるポイント、発送方法などについて解説したいと思います。

服を出品するときのポイント

1.わかりやすい画像を用意する

メルカリに投稿できる画像は1商品につき4枚です。

1枚目

特に1枚目は商品一覧に表示される画像で、それによって商品詳細まで見に来てもらえるかどうかが決まるので、できる限り魅力的に見えるような画像を用意しましょう。

できる工夫としては、

  • ハンガーにかけるor床に広げる
  • 画像に文字をいれる
  • 明るさを調節する
  • コーディネートにする(カバンを飾りで横に置いたり)

などでしょうか。服のデザインや色味によっていろいろと工夫してみましょう。

暗くてよくわからないような画像ではなかなか見に来てもらえないので、どんな商品かがはっきりとわかり、背景もおしゃれなところで撮影すると印象も良いと思います。

2枚目以降

2枚目以降は、商品の全貌や、ブランドである証拠、シミやほつれの状況、素材の質感・色味、デザインの詳細などがわかるように画像を用意しましょう。

1枚目では服の前面を撮影しているかと思いますので、2枚目では背面を写すのがいいかなと思います。まずは全体のデザインの把握ですね。

あとの2枚は商品によってわたしは変えているんですが、ブランドの服であればブランドのロゴとタグを写し、本当にそこの商品である証拠を見せたりしています。

変わったデザインや素材でできた服であれば、1枚目で伝わりにくかった特徴的な部分のアップ画像や、生地のアップを載せています。

もしシミやほつれなどの痛みがある場合は、必ず画像で紹介しておきましょう。文章での説明だけでは伝わりにくいですし、購入する側も不安になります。どの程度の状態なのか、隠さずに示しておいたほうが、後々クレームにもなりにくいので安心です。

2.説明欄に詳細を記載する

服を出品する際は、この説明書きが一番面倒です。

画像で伝わる部分は多少端折っても大丈夫だと思いますが、できる限り詳しく説明してあげたほうが親切なので、できれば説明欄に書いておきたい項目をまとめてみました。

  • 素材
  • 色味
  • サイズ
  • デザイン
  • 理由
  • 状態

素材

服のタグに書いてあると思います。綿100%とかいうやつですね。

こんなの必要なの?という感じですが、実物を見れないネット購入にあたっては意外と重要で、素材によっておよその生地の感じがわかるので、ぜひ書いておいてあげたいところ。綿100%の服しか着ない!という方もいらっしゃいますしね。

特に春物か秋物かの区別をするときに役立ちます。画像では同じような薄手の長袖カットソーであっても、Aは綿100%、Bはアクリル90%、毛10%だったら、Bは秋物だなとわかりますよね。

色味

用意した画像と実物がほぼ同じ色に映っているのなら、書かなくてもいいし、画像と同じような色ですとだけ書いてもいいと思います。

光の加減によってどうしてもうまく写真が撮れない場合もあるので、そのときは、実物は画像よりももう少し明るめの色です。とか、画像よりも少し落ち着いた色です。などと補足しておいたほうが無難です。

色味のズレはクレームにもなりやすいみたいなので。

色は服全体のイメージを左右する要素ですから、思っていたのと違うとなるとちょっとショックですもんね。できる限りイメージとずれないように、気を付けてあげましょう。

サイズ

Mサイズとかの大まかなサイズはカテゴリー欄でも選択できるので、記載しなくてもかまいませんが、服の採寸はしてあげたほうがいいです。

マネキンに着せているのなら何となく丈もわかりますが、ハンガーや床置き画像だとどのくらいのサイズ感なのかが伝わりません。

ちょっと手間が増えて面倒なんですが、できればメジャーを用意して採寸した数値も記載しましょう。

採寸するのは、【着丈・袖丈・身幅】の3つがあれば十分かなと思います。

ちょっと見にくいですが、測る部分はこんな感じ。

デザイン

Tシャツとか画像を見ればわかるものであれば特に必要ありませんが、「これどうなってるの?」というような変わったデザインの服ってありますよね。

わたしは結構変わった形をした服が好きだったので、この説明は結構苦労しました笑

着るとここがこうなってバルーン状になりますとか、こことここをこうするとこんな感じでアレンジして着ることも可能ですとか。

わかりにくいデザインの場合は、なんとか文章化して伝えるようにしましょう。

理由

これはどっちでもいいかもしれませんが、なぜこの服を出品しようと思ったのかとか、なんのためにこの服を購入したのかとか、簡単に説明してあげるのも喜ばれる傾向にあります。

太ってサイズが合わなくなったので~とか、就活用に購入したけどもう就職決まったので~とか、結婚式用に買ったけどもう着る機会がないので~とか。

なぜ出品したのかがわからないと、なんとなくこの商品が良くなかったから出品したのかなとか悪い想像も膨らんだりしますからね。肯定的な理由なのであれば、書いておいたほうが「それなら仕方がない」と納得して購入してもらえる可能性も上がるかもしれません。

状態

状態のかなり良いものであれば必須ではありませんが、少しでも悪いところがあるなら絶対に記載しておきましょう。クレームが来たら大変なので。

撮影するときに全体を入念にチェックし、シミやほつれなどがないか確認しましょう。状態の悪いところがあった場合は、画像も用意し、この部分がこうなってますと文章でも伝えましょう。

2ミリくらいの穴が空いてますとか、首元にうっすら汗じみがありますとか、よーく見るとここにシミがありますとか。洗濯で取れそうな汚れなら一度洗濯するほうがいいですね。

発送方法の決め方

発送方法はかならず出品ボタンを押す前に考えておきましょう。発送方法によって送料が変わってくるので、最悪売り上げがマイナスになってしまうこともあり得ます。

また、思っていたより梱包が大きくなって思っていた方法で送れなかったということもあるので、あやしい場合は先に梱包しておくのがおすすめ。

A4サイズで厚みが3cm以内

夏服など薄手の服であれば、A4サイズの封筒に入ると思います。防水のためにOPP袋などに入れてから封筒にいれましょう。

A4サイズで送れるおすすめの発送方法は2つ。

  • クリックポスト(164円)
  • ゆうゆうメルカリ便(175円)

どちらも厚さ3cmまで、重さ1kgまで。追跡も可能なので条件はほぼ同じですが、違うところは「ゆうゆうメルカリ便」だと匿名配送が使える点です。

匿名じゃなくてもいいから料金を安くしたいという方は「クリックポスト」を、料金よりも個人情報を守りたいという方は「ゆうゆうメルカリ便」を選ぶといいかなと思います。

あと、これは余談なのですが、どちらも厚み3㎝までなんですが、クリックポストなら多少超えても送れます(あんまり大きい声では言えないけど)。ポスト投函で発送できるので、郵便局のポストにさえ入ればなんとかセーフという感じなんでしょうか。ゆうゆうメルカリ便はコンビニからの発送になるので、そのときレジの人に入念にサイズを測られますwここで引っかかると最悪なので、サイズが微妙な場合はクリックポストのほうがいいと思います。

A4サイズを追跡付きで一番安く送れるのはクリックポスト!

また、ゆうゆうメルカリ便と似たようなもので「らくらくメルカリ便」というヤマト運輸のサービスがあるのですが、こちらは195円と料金が高いので、ゆうゆうメルカリ便のほうがおすすめです。(しかも厚みも2.5cm以内まで)

A4サイズで厚みが3㎝以上

長袖のちょっと分厚い生地になると、なんとかA4封筒に収まったとしても厚みが5㎝くらいになったり、ギリギリA4封筒にも入らないような事態になります。

このちょっとの差で送料が全然変わってしまうので、あやしい場合は必ず出品前に実際に封筒に入れてみて、3cmを超えるかどうかだけでも確認しておきましょう。

A4程度だけど厚みが3㎝を超えてしまう場合のおすすめの選択肢は2つ。

  • レターパックプラス(510円)
  • 定形外郵便規格外(360~500円)

「レターパックプラス」だと料金は510円になります。クリックポストとの差はなんと346円!3倍以上です。この違いは大きいので、金額設定するときに必ず考慮しましょう。

レターパックプラス専用の封筒はコンビニや郵便局で購入できます。封筒代に送料も含まれています。レターパックプラスに入るかどうかをチェックするためにも、1枚は常に家にある状態にしておくのがおすすめ。(これにも入らないとなるとまた次の手段を考えなければいけないので・・)

 

そして、服がめっちゃくちゃ軽い場合のもう一つ方法が郵便局の「定形外郵便」(規格外)です。定形外郵便は重さで料金が決まるので、はかりを用意して封筒込みの重さをはかってみてください。

しかし定形外郵便は残念ながら追跡がついていないので、オプションで「特定記録」はつけたほうがいいです。追跡をつけておかないと、商品を送ったのに「届いてない」と言われた場合に、証明する術がなくなるからです。オプションをつけないほうが当然送料は安くなるので、そこはご自身の判断に任せますが、トラブル回避の保険と思ってわたしはつけてます。

定形外郵便の場合は、重さが何グラムかによってレターパックプラス(510円)とどちらがお得かが変わります。特定記録のオプション料は160円なので、それも含めた金額で計算してみますね。

50g以内 200円+160円=360円 < 510円
100g以内 220円+160円=380円 < 510円
150g以内 290円+160円=450円 <510 円
250g以内 340円+160円=500円 < 510円
500g以内 500円+160円=660円 > 510円

250g以内であれば、ギリギリ定形外郵便(規格外)のほうが安いですが、それ以上になると完全に逆転しますね。

なので
まずはA4の厚み3㎝以内に収まるかどうかを確認し、収まらない場合は次に重さが250g以内かどうかを確認。そのあとに、レターパックプラスの封筒に入るかどうかを確認すればいいということになりますね!

ちなみにおそらくこれは大丈夫だと思いますが、レターパックプラスで送れる重さは4kgまでです。服なら超えることはないでしょう。

レターパックプラスに入らない大きさ

冬服やバッグはこれになると思います。たて+よこ+高さの合計でサイズが決まります。たとえば60サイズであれば、たてよこ高さの合計が60cm以内の荷物という意味になります。

この大きさでのおすすめの選択肢は2つ。

  • らくらくメルカリ便(ヤマト運輸)
  • ゆうゆうメルカリ便(日本郵便)

どちらも似たようなサービスですが、料金プランと発送場所に違いがあります。どちらも匿名配送が可能で、追跡機能もあります。

らくらくメルカリ便

<料金プラン>

60サイズ 600円 2kgまで
80サイズ 700円 5kgまで
100サイズ 900円 10kgまで
120サイズ 1000円 15kgまで
140サイズ 1200円 20kgまで
160サイズ 1500円 25kgまで

<発送できる場所>

  • ヤマト運輸営業所
  • ファミリーマート
  • サークルK・サンクス

ゆうゆうメルカリ便

<料金プラン>

60サイズ 600円 30kgまで
80サイズ 700円 30kgまで
100サイズ 900円 30kgまで

<発送できる場所>

  • 郵便局
  • ローソン

100サイズまでの料金はどちらもまったく同じです。服ならそんなに大きくなることもないだろうし、重さもそんなに重くならないので、つまりはどちらを選んでも料金的には同じということになりますね。

ただし発送できる場所が違いますので、家から発送場所が近いほうを選ぶといいと思います。

 

ということで、

服をメルカリで出品する上でのポイントと、発送方法の決め方のまとめはこれで以上です!

これで服の断捨離もはかどるはず☆

アプリをインストールするだけで簡単に無料で出品できますので、ぜひ不用品販売にチャレンジしてみてください。なかなかのおこづかい稼ぎにもなりますよ~!

では今日はこれで!

またーノシ

フリマアプリ-メルカリ フリマでかんたんショッピング

フリマアプリ-メルカリ フリマでかんたんショッピング
開発元:Mercari, Inc.
無料
posted with アプリーチ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。