Kindle Unlimitedとは?無料期間に143冊読んだ私がおすすめする本

どうも、読書が大好きな主婦ブロガーのキャナナです。

Amazonの電子書籍サービスであるKindleキンドルはご存知でしょうか?

電子書籍というのはお手持ちのスマホ、タブレット、パソコンでいつでも読むことができる、デジタルな本のことで、重い本を持ち歩く必要もなく、本棚も必要ないので、近年急速に人気が高まっています。

 

そしてなんと、このKindleで読み放題サービスが始まり、しかも最初の30日間は無料でお試しできるとのことなので、これはお得過ぎるーー!!ということで、さっそく登録してみることにしました!

 

 

結果・・・無料の30日間でなんと143冊も本を読んでしまいました。笑

まぁ、中には読んでみたもののイマイチだなと思って途中でやめてしまったものや、ざーっと速読しただけのものも含まれるので、実際ちゃんと読んだ本はもうちょっと少ないですが。

 

ということで今回は、Kindle Unlimitedキンドルアンリミテッドという電子書籍読み放題サービスはどういう仕組みで、実際のところどうなのか?ということと、143冊読んだ中でのおすすめ本などを紹介したいと思いまーす!

Kindle Unlimitedキンドルアンリミテッドとは

まずは、kindleとkindle Unlimitedの仕組みについて簡単に説明します。

Kindle(電子書籍)の購入方法

こちらはAmazonの公式サイトから本を検索したときの画面です。最初は画像のように形式が「単行本(ソフトカバー)」などになっていると思いますが、そこを「Kindle版」に切り替えることで、簡単に電子書籍版を購入することができます。

この本の場合、単行本が1,620円、kindle版が1,296円になってますよね。実はほとんどの場合で、kindle版のほうが単行本よりも安いんです。

Kindle(電子書籍)を読む方法

スマホやタブレットならこちらのkindle専用アプリをインストール

Kindle

Kindle
開発元:AMZN Mobile LLC
無料
posted with アプリーチ

パソコンであればこちらのページからパソコン用のソフトを購入(無料)すると読めるようになります。

先にこれらアプリをインストールしておくと、Kindle版の本を購入した時点で、自動でアプリ内に本が表示されます。もしくは、初めて電子書籍を購入した場合、購入後にアプリのインストール画面が立ち上がるんじゃないかなと思いますので、そこでインストールしても構いません。

kindle Unlimitedで読み放題の本を読むときも、このアプリを使用します。

Kindle Unlimited(電子書籍読み放題)の仕組み

利用料金は月額980円

料金は月額制で、毎月980円支払うことで電子書籍が読み放題となります。

ただし、最初の30日間は無料でお試しできますので、30日間は一切お金がかからず無料で電子書籍を読みまくることが可能!

これはまじでお得すぎます。30日以内に解約すればその後は請求が来ることはありませんし、解約もめちゃくちゃ簡単にできます。(解約方法については後述します)

すべての電子書籍が読み放題になるわけではない

実は読み放題といってもAmazonにあるすべての電子書籍が読み放題になるわけではありません。読み放題対象の本と、そうでない本があり、読み放題対象の本だけが「Kindle Unlimitedキンドルアンリミテッド」を契約することで読めるようになります。

「えー全部じゃないのかー」と残念に思ってしまうところですが、それでも読み放題対象の本は約18万冊(2018年1月現在)もありますので、読みたい本は必ずあるはず!

⇒読み放題対象の本はこちらから一覧で確認できますので、実際にラインナップを見てみてください。

実用書、小説、雑誌、マンガなど、いろいろなジャンルがあります。

読みたい本が読み放題対象であるかどうかは、画像のように「読み放題で読む」というボタンが出るかどうかでわかります。先ほどの『嫌われる勇気』は残念ながら読み放題対象本ではないのでこのボタンは出ていません。

kindle Unlimitedを契約していれば、この「読み放題で読む」ボタンを押すだけで無料で電子書籍を読めるようになります。(読むときは先ほどのアプリから読みます)

kindle Unlimitedを契約していない状態で「読み放題で読む」を押すと、kindle Unlimitedの契約画面に変わりますので、そこから利用登録をすることも可能です。その場合でもちゃんと30日間無料になりますのでご安心ください。

10冊ごとのレンタル制

読み放題なので何冊でも読めるのですが、手元にストックしておけるのは10冊までなので注意。レンタル制といったほうがわかりやすいでしょうか。

10冊までは、サイトからポチポチと選んでアプリ内にストックしておけるのですが、11冊目を読むためには、それまでに選んだ10冊のどれか1冊を返却しなければ、11冊目を読むことができないシステムになっています。

返却さえすればまたいくらでも本が読めるので、このシステムについては特に苦でもない感じでした。

※噂では1か月に1000冊までの上限があるとのことですが、検証はしていません。普通に利用していて1000冊読むのは無理だと思うので、もし1000冊の上限があったとしても、いたずら防止のための施策だと思われます。なので、普通に利用する分には関係ないので、読み放題という認識で問題ないです。

本の返却方法

10冊借りている状態で11冊目を借りようとすると、自動的に現在借りている本の一覧画面になりますので、そこで返却したい本の「利用を終了」ボタンを押せばOK。

返却が終わった本は「利用終了済み」という表示に変わります。

自動で月額課金へ移行

30日の無料期間が終わると自動で980円が毎月課金されますので、もし継続しないのであれば契約から30日以内に自分で停止処理をしなくてはなりませんので注意してください。

自分がいつ契約したのかはこちらで確認することができます。

ただし、この停止処理(解約)はワンクリックで済みますので簡単です。

kindle Unlimitedの解約方法

Kindle Unlimitedの解約方法は、こちらのページから「Kindle Unlimited会員登録をキャンセル」をクリックし、「メンバーシップを終了」を選ぶだけでOK。これで契約は終了し、月額もかからなくなります。

また、登録した後すぐに解約処理を行ったとしても、30日間はそのまま無料で利用することができるので、はじめから継続するつもりのない方は、契約と同時に解約処理も済ませておくと安心です。

こういう解約処理って、どこから解約すればいいのかわかりにくかったり、解約する理由を書かされたり、ほんとに解約していいんですか?と何回も聞かれたりすることが多いんですが、さすがAmazon。そのへんは良心的で「あ、もう解約できたの?」と不安になるくらいあっさりと解約できます。

 

以上、これらをまとめると

  1. 月額980円
  2. 読み放題対象の本とそうでない本がある
  3. 10冊レンタル制で、それ以上は返却しないと読めない
  4. 30日以内に解約しなければ自動で月額会員に移行する

というのが基本的なkindle Unlimitedのシステムになります。

 

 

無料お試しはオススメだけど、継続課金は・・

わたしの正直な感想としては、無料のお試しサービスを利用するのは断然「あり」。でも、月額980円を毎月払い続けるのは「なし」という結論に至りました。

月額980円って本1冊分くらいの値段なので、それで読み放題なのはものすごく魅力的なんですが、ただ新刊とか人気の本って読み放題対象じゃないことが多いんですよね。

さすがに読み放題対象本18万冊もあれば、100冊くらいは気になる本はあるのですが、それも無料の30日間にがんばれば目を通せちゃうので、そうするともう翌月には読みたい本がなくなるという・・。

サービス自体はとても良かったんですが、個人的にはもっともっと新刊の本が毎月増えてくれれば継続してもいいんだけどなぁ~という感じでした。

ただ、読み放題対象本は一応毎月追加されているので、3か月に1回とか、半年に1回くらいなら利用してもいいかなと思いました。毎月課金し続けなくても、長期休暇などでまとまった時間の取れる月だけ契約するという利用方法でも全然大丈夫です。

読み放題じゃなく自分でお金を出して1冊ずつ買っていると、どんなにイマイチな本でも、もったいなくて一字一句読んでしまって、時間を無駄にしてしまうことも多いんですけど、読み放題ならそのへんは気にせずに流し読みも端折はしょり読みもできて効率もいいし、1か月に100冊以上もお金を気にせずに読めるだなんて、なんだかお金持ちになったみたいですごく楽しかったです。

 

無料期間に143冊読んだ私がおすすめする本はコレだ!

わたしが読んだ143冊の中で、個人的に良かった本を何冊か紹介したいと思います。

これは完全にわたしの好みの独断と偏見で選んだものであり、、読み放題対象の本は移り変わりが激しいみたいなので、紹介した本もいつまで対象かはわかりません。そのへんはご了承ください。

自分を愛する習慣

こういう自己啓発系というかスピリチュアル系というか、自分を大事にする的な内容の本って好きなんですよね。
「引き寄せの法則」っていうのが一時期流行りましたが、それについてわかりやすく解説されているのと、全体的に平易な言葉で書かれていて、とても読みやすく優しい感じの本でした。

ハリーポッター

なんと、あのハリーポッターシリーズもKindle Unlimitedの対象本になりました!英語版と日本語版の両方あります。あんなに分厚い本まで読み放題にしてくれるとは・・まだ読んだことのない人はこのチャンスにぜひ。

1巻だけでなく、7巻まですべて読み放題です。

1時間でわかる電力自由化入門

電力自由化って結構前から言われてるけど、イマイチ仕組みがわかってなかったんですよね。それがこの本のおかげでだいぶわかりました。うちもまだ関西電力のままなので、もうちょっとお得な契約がないか探してみないとなーと思ってます。

また、ガスの自由化もはじまりました。ガス会社でも電気の契約やってるし、電力会社でもガスの契約やってるしでややこしいですね。。これについては別で記事にしました。

関西電力でガスVS大阪ガスで電気はどっちが安い?実際に試算してみた

1時間でわかるビットコイン入門

これもさっきと同じ1時間でわかるシリーズなんですが、この本もめちゃくちゃわかりやすかったです。
こういう、気になるけどわざわざ本買ってまではちょっとな~という本が気兼ねなく読めたのはすごく良かったですね。とても勉強になりました。

ビットコインとは仮想通貨のことなんですが、これについては別の記事で詳しく書いたので気になる方はそちらをご覧ください。なかなか面白い仕組みでしたよ。

これからは仮想通貨「ビットコイン」が主流になるかもね!

追記:わたしも仮想通貨投資に参入してみました!

コインチェックで仮想通貨を購入するまでの流れを徹底解説!

ずぼらヨガ

わたしは自律神経が弱くて、季節の変わり目なんかはよく体調を崩すんですけど、どうやら毎日軽くヨガっぽいストレッチをするだけで、やる気もでて体調も良くなるらしいです!

マンガ形式なのでとてもわかりやすく、簡単なものばかりなので、これならわたしも続けられそうだなと思えました。さくっと読めるのでおすすめです。

ケトン体が人類を救う

これはめちゃくちゃ面白い本でした。今話題の糖質制限について、なぜそれが体にいいのかを論理的に説明してくれています。

脳は砂糖からのエネルギーでしか働かないというこれまでの常識をぶち壊し、栄養学の概念が根本から覆ってしまうほどの「ケトン体」のすごさが、ものすごい説得力で語られます。

これを読めばあなたも「明日から糖質制限しようかな・・」なんて気になることまちがいなしです。

3000人の前世療法で見えてきた人生の法則

こういう本はかなり好みがわかれるかもしれませんが、わたしはめっちゃ好きです。
まず前世ってほんとにあるの??ってところからほんとなのかわからないし、前世療法で前世の自分がわかるなんてことがほんとにありえるのか??なんだか怪しいと思う人も多いでしょう。

この本では、親から虐待を受けた人とか、意味もなくウソをついてしまう人とか、そういう悩みを抱えている人達のカウンセリングをした例がいくつか紹介されるんですが、退行催眠をかけてみると驚愕の前世の記憶がよみがえって、現世で起きていることの意味が腑に落ちるみたいな内容でした。

「ほんとかな~!?」思いつつも、もしそうだとしたらたしかに納得だな~とか、わたしの前世はどんな人生で、どんな目的を持って現世に生まれてきたんだろう。とか、そういうのをいろいろと頭ん中でこねくり回して考えるのが好きなんですよね。

Kindle Unlimitedキンドルアンリミテッドの中では、個人的にこの本が一番衝撃的で面白かったかもしれません。「なるほど!前世という発想はなかった!」みたいな。

こころを癒すセラピー

これは超おすすめ本です。世の中の人全員が読んだほうがいいレベルでよかったです。

「アダルトチルドレン」という言葉はご存知でしょうか?

元々はアルコール中毒の親を持つ子供たちのことを指す言葉でしたが、今ではもっと広い意味で機能不全家族の元で育った子供に対して使われるようになっています。

機能不全家族と言うとちょっと大げさに聞こえるかもしれませんが、誰しもが気づかないうちに幼少期の心の傷を持っているもの。その傷に対する防衛反応によって、実は大人になってもさまざまな影響が出ていたりします。

たとえば、急にキレやすかったり、なんでもネガティブにとらえがちだったり、必要以上に責任を感じてしまったり。そういった思考のクセのようなものの原因や意味に気づかせてくれる素晴らしい本でした。

わたしの父親もアルコール中毒なのでがっつりわたしもアダルトチルドレンです。その心の傷をどうやって癒していけばいいのか。多くのヒントがありました。

 

Prime ReadingプライムリーディングとKindle Unlimitedの違い

Amazonプライム会員向けの新たな電子書籍読み放題サービスとして『Prime Readingプライムリーディング』というものがはじまりました。

どちらも電子書籍読み放題サービスなので、なんだかややこしく感じるかもしれませんが、この違いはめちゃくちゃ簡単!

Prime Readingの特徴

Amazonプライム会員しか読めない

Prime ReadingはAmazonプライム会員の専用サービスになっています。なので、プライム会員になっている人しか読めません。

Amazonプライム会員になるには、年会費3,900円または、月会費400円を支払う必要があります。

一方で、kindle Unlimitedはプライム会員になっているかどうかに関わらず、だれでも利用することができます。

対象本はkindle Unlimitedのうちの数百冊

Prime Readingで読める対象本の数は、kindle Unlimitedに比べるとかなり少ないです。(2018年1月時点では875冊)kindle Unlimitedは18万冊ですから、比べるまでもないでしょう。

しかも、kindle Unlimitedの対象本のうちの数百冊なので、kindle Unlimitedで読めない本が、Prime Readingでは読めるというようなことはありません。

Prime Readingで読める本は、kindle Unlimitedでも必ず読めます。なので、kindle Unlimitedを契約している人であれば、Prime Readingでわざわざ読む必要はありません。

Prime Readingの狙い

なぜAmazonはわざわざKindle Unlimitedの劣化版サービスを用意したのかというと、Amazonの目論見もくろみとしては、すでにプライム会員になっている人に、無料でPrime Readingを提供することで、電子書籍読み放題の良さを知ってもらい、Kindle Unlimitedの方へ利用者を流していきたいみたいですね。

プライム会員は月額400円、kindle Unlimitedは月額980円ですから。

 

ただし、Amazonプライム会員の特典は年々充実しており、このPrime Readingだけでなく様々なサービスが月額たった400円で利用できるので、これは入っておいて損はないのは間違いないです。

Amazonプライム会員のさまざまな特典については、他の記事にまとめていますのでご覧ください。まじでお得すぎるサービスになってるので、たまたまAmazonで買い物をして送料がかかる時などに入るのがおすすめですよ!

Amazonプライム会員がお得すぎてヤバイ!新たにPrime Readingも開始

送料350円が、プライム会員(月額400円)になることで無料になり、プライムビデオ(動画見放題)やプライムリーディング(電子書籍読み放題)、プライムミュージンク(音楽聞き放題)なども利用できるようになります。

つまり、普通の買い物に50円プラスするだけで、これだけのサービスが1か月使い放題になるということです。

さすが王者Amazonの囲い込みはレベルが違います!

 

で、実はこのプライム会員も30日間無料で利用できるので、結局はどちらも無料で利用してみるのがおすすめです。Kindle Unlimitedの無料お試しをしたからといって、プライム会員の無料お試しができなくなるということはありません。その逆もしかりです。

両方の無料お試しを無駄なく楽しむためのポイントとしては、Prime Readingで読める本はすべてKindle Unlimited対象の本でもあるためKindle Unlimitedの無料期間に本を読むときはPrime Readingの対象本ではない本を優先的に読むのがおすすめです。

すでにプライム会員に入会していて、Prime Readingを利用している方も、Kindle Unlimitedなら18万冊以上の本が読めますので、ぜひ一度無料で試してみてください。

kindleをより楽しむためのグッズ

kindleは、お手持ちのスマホ、タブレット、パソコンでも読むことができるんですが、実は専用タブレットも販売されています。

普通のタブレットとどう違うのかというと、画面がカラーではなく白黒になっているためとても目に優しく、紙の本を読んでいるかのような読み心地になるよう工夫されています。気になるブルーライトもゼロです。

明るい日差しの中でも読みやすい【E-inkディスプレイ】が使用されていて、端末内に数千冊の本のデータを収容することが可能なので、持ち歩きにもとても便利です。

この端末の値段は8,980円ですが、Amazonプライム会員なら2,000円引きの6,480円で購入できます。

最初からわざわざ専用端末を購入する必要はないですが、kindle Unlimitedなどで電子書籍が気に入った方は、ぜひ使ってみてください。(わたしも今旦那におねだり中です)

また、プライム会員でこの専用端末を持っていると、毎月無料で1冊電子書籍が読めるようになります。これはPrime Readingとはまた別のサービスで、「オーナーライブラリー」と言います。

わたしもまだ専用端末を持っていないので、具体的な本のラインナップはわからないのですが、専用端末から対象本を検索できるようです。

この「オーナーライブラリー」は、kindle(専用端末)を持っている人限定のサービスになります。

 

ということで
今回はAmazonの電子書籍読み放題サービス「Kindle Unlimited」について、無料お試し期間をたっぷり堪能したわたしが、いろいろと解説してみましたー。

無料の30日間だけでもかなり楽しめますので、読書好きな方はぜひ一度試してみてください。

 

 

ということで、今日はこのへんで!

またーノシ

⇒読み放題対象の本はこちらから

Kindle Unlimitedの無料お試し登録

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。