MENU

キャナナ

今日も『デキ主婦』をご覧いただきありがとうございます。

ひきこもり主婦ブロガーのキャナナです。

1985年生まれ。子供なし。

旦那とトイプードル1匹と一緒に暮らしています。

このブログはぐうたら主婦のわたしと一緒にデキる主婦を目指すためのブログです。

家計節約、ネット収入、エンタメなど主婦に関わる様々な情報を発信しています。

ブログをはじめた経緯

ブログ理念

好評発売中

Kindle Unlimitedとは?無料期間に143冊読んでわかったこととおすすめの本

どうも、キャナナです。

Amazonの電子書籍サービスであるKindleキンドルはご存知でしょうか?

電子書籍というのはお手持ちのスマホ、タブレット、パソコンでいつでも読むことができる、デジタルな本のことで、重い本を持ち歩く必要もなく本棚も必要ないので、近年急速に人気が高まっています。

そして先日このKindleで読み放題サービスが始まり、さらに最初の30日間は無料でお試しできるとのことだったのでさっそく登録してみたところ、無料の30日間でなんと143冊も読んでしまいました笑

ということで今回は、実際に利用してみてわかったKindle Unlimited
キンドルアンリミテッド
という電子書籍読み放題サービスの仕組みと、わたしが読んでおすすめだった本などを紹介したいと思いまーす!

 

Kindleキンドルとは

Kindle(電子書籍)の購入方法

 

こちらはAmazonの公式サイトから本を検索したときの画面です。最初は画像のように形式が「単行本(ソフトカバー)」などになっていると思いますが、ここを「Kindle版」に切り替えることで、簡単に電子書籍版を購入することができます。

 

この本の場合、単行本が1,620円、kindle版が1,200円になってるんですが、実はほとんどの場合kindle版のほうが単行本よりも安いんですよ。

Kindle(電子書籍)を読む方法

スマホやタブレットならこちらのkindle専用アプリをインストールすることで電子書籍を読むことができます。

Kindle

Kindle
開発元:AMZN Mobile LLC
posted withアプリーチ

 

パソコンであればこちらのページからパソコン用のソフトを購入(無料)すると読めるようになります。

そして今回のキンドルアンリミテッドで読み放題の本を読むときもこのアプリを使用します。

Kindle Unlimitedキンドル アンリミテッドとは?

利用料金は月額980円

料金は月額制で、毎月980円支払うことで電子書籍が読み放題となります。

ただし、最初の30日間は無料でお試しできますので、30日以内に解約すれば一切お金はかかりません。

すべての電子書籍が読み放題になるわけではない

実は読み放題といってもAmazonにあるすべての電子書籍が読み放題になるわけではありません。

読み放題対象の本と、そうでない本があり、読み放題対象の本だけがKindle Unlimited
キンドルアンリミテッド
を契約することで読めるように
なります。

「えー全部じゃないのかー」と残念に思ってしまうところですが、それでも読み放題対象の本は約31万冊(2019年6月現在)もあります。

⇒読み放題の対象本を見てみる

実用書、小説、ビジネス書、雑誌、マンガ、児童書などなど、いろんなジャンルの本があります。

読みたい本が読み放題対象であるかどうかは、画像のように「読み放題で読む」というボタンが出るかどうかでわかります。

※先ほどの『嫌われる勇気』という本は残念ながら読み放題対象本ではないのでこのボタンは出ていません。

kindleアンリミテッドを契約していれば、この「読み放題で読む」ボタンを押すだけで無料で電子書籍を読めるようになります。

10冊ごとのレンタル制

読み放題なので何冊でも読めるのですが、手元にストックしておけるのは10冊までなので注意。レンタル制といったほうがわかりやすいでしょうか。

10冊までは、サイトからポチポチと選んでアプリ内にストックしておけるのですが、11冊目を読むためには、それまでに選んだ10冊のどれか1冊を返却しなければ、11冊目を読むことができないシステムになっています。

返却さえすればまたいくらでも本が読めるので、このシステムについては特に苦でもない感じでした。

噂では1か月に1000冊までの上限があるとのことですが、普通に利用していて1000冊読むのは無理だと思うので、もし1000冊の上限があったとしても、いたずら防止のための施策だと思われます。なので、普通に利用する分には関係ないので、読み放題という認識で大丈夫です。

本の返却方法

10冊借りている状態で11冊目を借りようとすると、自動的に現在借りている本の一覧画面になりますので、そこで返却したい本の「利用を終了して続ける」ボタンを押せばOK。

返却が終わった本は「利用終了済み」という表示に変わります。

自動で月額課金へ移行

30日間の無料期間が終わると自動で毎月980円が課金されますので、もし継続しないのであれば契約から30日以内に自分で停止処理をしなくてはならないので注意してください。

自分がいつ契約したのかはこちらで確認することができます。

このように、自分がいつキンドルアンリミテッドに入会し、いつから請求が始まるのかもすぐにわかるので安心です。

※現在キャンペーンで3か月パックで契約しているため、期間が3か月間になってるんですが、通常は1か月ごとに契約更新となります

kindle Unlimitedの解約方法

Kindleアンリミテッドの解約も、先ほどと同じこちらのページの「Kindle Unlimited会員登録をキャンセル」をクリックし、「メンバーシップを終了」を選ぶだけでOK。これで契約は終了し、月額もかからなくなります。

※支払い方法を変更したい場合もここから編集できます。

また、登録した後すぐに解約処理を行ったとしても、30日間はそのまま無料で利用することができるので、はじめから継続するつもりのない方は、契約と同時に解約処理も済ませておくと安心です。

以上、これらをまとめると

  1. 月額980円
  2. 読み放題対象の本とそうでない本がある
  3. 10冊レンタル制で、それ以上は返却しないと読めない
  4. 30日以内に解約しなければ自動で月額会員に移行する

というのが基本的なKindle Unlimited
キンドルアンリミテッド
のシステムになります。

⇒読み放題の対象本を見てみる

 

無料期間に143冊読んでわかったこと

キャナナ

正直、半年に1回くらいのペースで利用するのがおすすめ

一度契約すると、この先ずーっと980円払い続けなきゃいけないのかなと思うかもしれませんが、全然そんなことはないのでご安心ください。

簡単にサービスの解約(休止)・再開ができるので、気が向いたときだけ1ヵ月利用してまた休止するなんてことも全然可能です。

今回30日間の無料お試しを利用してみたわたしの正直な感想としても、とても良いサービスだけれど毎月980円を払い続けるほどではないかなーという感じでした。

月額980円って本1冊分くらいの値段なので、それで読み放題なのはものすごく魅力的なんですが、実は新刊はほとんどないんですよね。

さすがに読み放題対象本31万冊もあれば、100冊くらいは気になる本はあるのですが、それも無料の30日間にがんばれば目を通せちゃうので、そうするともう翌月には読みたい本がなくなるという・・。

サービス自体はとても良いんですが、個人的にはもっともっと新刊の本が毎月増えてくれれば継続してもいいんだけどなぁ~という感じでした。

なので、わたしはだいたい半年に1回くらいのペースで利用しています。

半年くらい経つとちょうど良い感じに本のラインナップが変わってるので、また読みたい本がたくさんあってお得感満載です。

わたしがおすすめする本はコレ!

わたしが読んだ中で、個人的に良かった本を何冊か紹介したいと思います。

これは完全にわたしの好みの独断と偏見で選んだものであり、読み放題対象の本は移り変わりも激しく、ここで紹介した本もいつまで対象かはわかりませんので、その辺はご容赦ください。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365

クレジットカード&スマホ決済&電子マネー&ポイントのかしこい選び方・使い方

大学4年間が10時間でざっと学べるシリーズ

お金のマインド

一生使える見やすい資料のデザイン入門

ハリーポッター

1時間でわかる電力自由化入門

【関西エリア】電気ガスの組み合わせが一番安いのはどこ?8社を比較してみた

ケトン体が人類を救う

3000人の前世療法で見えてきた人生の法則

日本再興戦略

人生の勝算

⇒読み放題の対象本を見てみる

Kindle Unlimitedの無料お試し登録はこちら

Prime Readingとの違い

Amazonプライム会員向けの新たな電子書籍読み放題サービスとして『Prime Readingプライムリーディング』というものがはじまりました。

どちらも電子書籍読み放題サービスなので、なんだかややこしく感じるかもしれませんが、この違いはめちゃくちゃ簡単です。

Amazonプライム会員の特典の1つ

プライムリーディングもkindleの読み放題サービスなんですが、こちらはAmazonプライム会員の数ある特典の中の1つになってます。

Amazonプライム会員になるには、年会費4,900円または、月会費500円を支払う必要があるんですが、その代わりいろいろな特典を受けることができます。

Amazonプライム会員についてはこちらで詳しく解説しています。

一方で、kindleアンリミテッドはプライム会員になっているかどうかに関わらず、誰でも利用することができるサービスになってます。

対象本はkindleアンリミテッドの中の数百冊のみ

一番大きな違いは、読み放題対象本のラインナップがプライムリーディングのほうが圧倒的に少ないということです。

プライムリーディングは数百冊、kindleアンリミテッドは31万冊ですから比べるまでもないですね。

しかも、kindleアンリミテッドの対象本のうちの数百冊なので、kindleアンリミテッドで読めない本が、プライムリーディングでは読めるというようなこともありません。

プライムリーディングの狙い

なぜAmazonはわざわざKindleアンリミテッドの劣化版サービスを用意したのかというと、、

すでにプライム会員になっている人に無料でプライムリーディングを提供することで、電子書籍読み放題の良さを知ってもらい、Kindleアンリミテッドの方へ利用者を流していきたいのだと思います。

プライム会員は月額500円、kindle Unlimitedは月額980円ですからね。

ただ、実はこのプライム会員も30日間無料で利用できるので、結局はどちらも無料で利用してみるのがおすすめです。

Kindleアンリミテッドの無料お試しをしたからといって、プライム会員の無料お試しができなくなるということはありません。その逆もしかりです。

すでにプライム会員に入会していて、プライムリーディングを利用している方も、Kindleアンリミテッドなら18万冊以上の本が読めますので、ぜひ一度無料で試してみてください。

Amazonプライム会員の無料お試しはこちら

kindleをより楽しむためのグッズ

kindleタブレット

kindleは、お手持ちのスマホ、タブレット、パソコンでも読むことができるんですが、実はAmazonから専用タブレットも販売されています。

普通のタブレットとどう違うのかというと、画面がカラーではなく白黒になっているためとても目に優しく、紙の本を読んでいるかのような読み心地になるよう工夫されています。気になるブルーライトもゼロです。

明るい日差しの中でも読みやすい画面で、端末内に数千冊の本のデータを収容することが可能なので、持ち歩きにもとても便利です。

最初からわざわざ専用端末を購入する必要はないですが、kindleアンリミテッドなどで電子書籍が気に入った方は、使ってみるといいかなと思います。

 

また、プライム会員でこのkindleタブレットを持っていると、毎月無料で1冊電子書籍が読めるようになります。このサービスは「オーナーライブラリー」と言います。

わたしもまだ持ってないので具体的な本のラインナップはわからないのですが、kindleタブレットから対象本を検索できるようです。

Fireタブレット

もう1つAmazonから販売されているタブレットで、「Fireファイアータブレット」というものもあります。

こちらは電子書籍専用ではなく、普通のタブレットで、画面も白黒ではなくカラーです。

ただし、OSと呼ばれるシステムの部分が、iOSでもAndroidでもなくKindle OSというAmazon専用のものになるんですが、最近はほとんどの人気アプリがkindleにも対応するようになったため、他のタブレットとほぼ変わらない感じで使えます。

また、Fireタブレットは他のタブレットよりも価格がものすごく安いので、もう少し大きな画面で電子書籍や動画を楽しみたい人にはかなりおすすめです。

たぶん価格を下げているのは、Amazonの他の月額サービスもいろいろと楽しんで欲しいということだと思います。

わたしもFireタブレットは持ってるんですが、安くても全然性能的には問題ないです。

※できればメモリは32GBを選んでおいたほうが良いと思います。いろんなアプリやコンテンツを楽しむのに保存容量は大きいに越したことはありません。

Amazonの月額サービス

音楽の聴き放題
Music Unlimited(ミュージック アンリミテッド)

動画の見放題
Prime Video(プライム ビデオ)

また、つい最近、子供向けの定額サービスもはじまったので、お子さんの教育を考えられている方はこちらのサービスも必見です!

3歳~12歳までのお子さんを対象に、絵本、学習まんが、児童書のほか子ども向けアプリ、ゲーム、ビデオ、その他数千点の知育コンテンツがなんと使い放題になります。

さらに、こちらのサービスが1年間無料で使い放題になる「キッズモデル」のタブレットも販売されているので、フリータイムアンリミテッドを利用したいのであればキッズモデルを購入したほうがめちゃくちゃお得です。

 

ということで
今回はAmazonの電子書籍読み放題サービス「Kindle Unlimitedキンドル アンリミテッド」について、無料お試し期間をたっぷり堪能したわたしがいろいろと解説してみましたー。

無料の30日間だけでもかなり楽しめますので、読書好きな方はぜひ一度試してみてください。

では今日はこのへんで!

またーノシ

読み放題対象の本を見てみる

⇒Kindle Unlimitedの無料お試し登録はこちら

Audible(オーディブル)とは?サービスの仕組みとお得な利用方法を徹底解説

2 COMMENTS

匿名

読み放題、といっても探し出した本は有料ばかり。タイトルなしにめくっていくと、数十冊ほどしか出てこない。本当に18万冊もあるのか疑問。本が見つけにくくイライラすることもある。どうにかして欲しい。

返信する
キャナナ

匿名さん
たしかにちょっと検索しにくいですよねー。

こちらが読み放題対象本だけでフィルターをかけたリンクになってるので、よかったらご覧ください。
読み放題対象本

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。