専業主婦家庭の家計管理を大暴露<概要編>

どうも、キャナナです。

今回は
わたしが普段どのように家計を管理しているのかおおまかな流れを紹介したいと思います。

 

わが家の現状

 

まずはわが家の現状から。

現在うちの収入は旦那の給料のみで毎月20万ちょっとです。
それプラス年に2回のボーナスがあります。
年収にすると400万円台かな。

なのでこれから紹介するのは
・旦那の年収400万円台
・夫婦2人家族+犬1匹
・妻が専業主婦
という条件での家計管理となりますね。

今のところ
決して贅沢はできないのですが、お金に困ったことはない。という感じです。
もうちょっと贅沢したいのでわたしもなんとか収入が欲しいなぁと思っているところですが。
一応、昨年新築一戸建てを購入し、今年犬も購入できました。

現在の預金は100万円くらい。
定期預金もなにもしていないので、ほんとにこれだけです。
住宅ローンの頭金や手数料・引っ越しで500万くらいふっとびましたw
なのでこれからまた貯めていかねばなぁ・・という感じですね。

 

家計管理のポイントはたった1つ!

 

使う口座を1つにしていることです。

給与振り込みもカード払いや口座引き落としもすべてこの1つの口座にまとめています。

具体的には
この口座には常に100万円以上のお金があるようにし、給料が振り込まれたら手元の現金が15万円くらい?(適当)になるようにお金を引き出します。

翌月の給料日も同様に、手元の現金が合計15万円くらいになるように現金を補充。
(手元に先月おろした現金が10万円残っているなら、今月は5万だけ補充という感じ)

 

 

こうすることで
口座には常に100万円以上あるので、カード払いや口座引き落としの残高が足りない!という事態にはなりませんし、普段の現金での買い物も、だいたい1か月もつくらいの現金(15万円)はすでにおろしてあるので、足りなくなることもないしで、お金のことを一切気にしなくてもよくなるのです。

うちの場合は口座に100万、手元に15万くらいを目安に残していますが、これはあなたのご家庭の収入や支出の額によって変わってくるので、ちょうどお金の心配をしなくてよくなる額を設定してくださいね。

 

お金の流れがとてもシンプルなので、管理もしやすいです。
やることは毎月手元の現金を補充することだけですから。
翌月も手元の現金で足りそうだったらそのままもう1か月暮らすこともあります。

 

また
今は貯金が100万円ほどしかないので1つの口座しか使っていませんが、今後300万円くらいかなー?貯金が貯まって、それを元に運用したいな。と思ったときは、もう1つ口座を増やそうかなと思っています。
(先ほどの口座には100万円残しておいて、それ以外の貯金を運用口座に回すという感じ。)

これからは積極的に運用もしていかないと、老後が心配ですしね。
投資をしているかどうかでほんとに将来変わってくると思いますので、貯金に余裕のあるかたはぜひ投資をしておくことをおすすめします。

 

スポンサーリンク

家計簿はつけてます!

 

お金の管理はただ手元の現金を補充しているだけですがお金の計算はわりとしっかりやっています。
いくら口座を1つにしていても、収入より支出のほうが多ければだんだん貯金がなくなってしましますからね。

そうならないために、収支の計算だけはちゃんとやっています。
つまり赤字か黒字かどっちなのかということですね。

といっても
家計簿とにらめっこするのは年に6回くらいですが。。笑

 

収支計算の流れ

レシートをすべて取っておく(クリアファイルにひたすらためる)

②そろそろレシートやべーな・・ってなった時に家計簿にレシートの金額を記入していく(これがだいたい2か月に1回くらい)


1/1
食材  スーパー  1500円
日用品 100均    600円

③②で記入したレシートの家計簿と、カード明細や通帳も見ながら各項目(食費・光熱費など)ごとに振り分けて1か月分を合計する(だいたい②の作業をやった後にその流れで2か月分計算しちゃう)


1月支出合計  225,000円
食費  30000円
日用品 10000円
医療費 3000円
こづかい 20000円
娯楽  1000円
おつきあい 10000円
住宅ローン 70000円
など

④③で計算した1か月分の合計が1年分そろった時点で、それを印刷する。(私はエクセルで表を作っていて、年間の収支がA4の用紙1枚の一覧で見れるようにしています)

1月 2月 3月
収入 20万 20万 20万
支出 22万 19万 21万
収入ー支出 -2万 1万 -1万

毎月の収入から支出の合計を引き、赤字か黒字かをチェックします。
毎月が赤字でもボーナスがあるので、
12ヶ月分の収入の合計からも支出の合計を引き、年間で赤字か黒字かをチェックします。

年間の収支が黒字ならとりあえずはOK!

 

わたしは毎日コツコツ家計簿をつけるということが苦手なタイプなので、気が向いた時に一気にやる!という方法にしています。
毎日コツコツできる方は、そのほうが記入漏れも少なくなるのでいいと思います。

わたしの場合、レシートがもらえない出費(例えば自販機のジュースとか)はほぼ100%抜けてるので(笑)かなりざっくりとした計算ではありますが、一応だいたいの収支状況は把握できますし、財布の中の小銭まで数えてピッタリ家計簿と合わす!こともしていないので、「合わないwwwぐはぁぁぁぁー!!!」というストレスもなく、今日まで一応続けられています。

私が自作した日々の家計簿と年間収支表については、またの機会に紹介しますね。
エクセルのファイルをダウンロードできるようにできたらいいんですがどうやるんだろ・・?

 

わが家ではこの年間収支表をもとに、毎年、年明けに家族会議を行い、去年はこんな感じだったので今年はこうしていこうぜ☆的な話し合いをしています。

そして
この会議で家を買うことが決まったり、犬を飼うことが決まったりします。笑

 

ということで
今回は<概要編>ということで
・口座をどのように管理しているのか
・実際のお金についての作業や
・どのくらいの頻度でどんな計算しているのか
ということをお話ししました。

では今日はこれで!

また^^

スポンサーリンク

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

マネーフォワードという無料家計簿アプリが便利すぎる件

わが家の食費節約術とは?キャナナ流の買い物方法を紹介!

家計管理の基本と効率良く簡単に節約する方法

共働き夫婦の家計管理のコツ