ブログをはじめるためのマニュアルを作りました⇒

ICOCAはApple Payに登録できないけどSuicaは関西でも超絶便利だった件

どうも、キャナナです。

わたしは長らくAndroidユーザーだったんですが、ようやくiPhone XRからiPhoneユーザーに仲間入りしました。

で、まず思ったのが「Apple Payってなんだ?」ということ。

それでいろいろ調べてみたところ、どうやら鉄道系電子マネーの「Suicaスイカ」を登録しておくと便利らしいということがわかりました。

しかし、わたしが住んでいるのは大阪なので、普段使ってるのは「ICOCAイコカです。

さてこれはどうなるんだ…?と思っていろいろ調べた結果・・

Suicaでも普通に関西で使えそうだったので、今回はそのあたりについてまとめたいと思いまーす!

注意
Apple PayでSuicaが利用できるのは、

・iPhone 7以降のiPhone

・Apple Watch Series 2以降のApple Watch

です。

Apple PayにICOCAは登録できない

まず残念なことに、現時点ではApple PayにICOCAは対応していません

Apple Payで登録できるサービスの一覧

UNIQLO
Suica
JapanTaxi
GU
giftee
minne
出前館
Yahoo!ショッピング
TOHOシネマズ
Seel
じゃらん
BASE

⇒最新情報はApple Pay公式サイトでご確認ください。

鉄道系電子マネーでApple Payに登録できるのはSuicaのみです。

そしてSuicaの対応エリアは、主に首都圏、仙台、新潟です。

ただし、

実はSuicaは他のいろんな鉄道系電子マネーと提携しているため、ほぼ日本全国で使えます。

Suicaはほぼ日本全国で使える

具体的には

・北海道エリア(SAPICA、Kitaca、ICAS nimoca)
・東海エリア(TOCIA、manaca)
・西日本エリア(ICOCA、PiTaPa)
・九州エリア(SUGOCA、nimoca、はやかけん)

と提携しています。

全国にはこんなにたくさんの種類の鉄道系電子マネーがあるんですねー。
⇒詳細はSuica公式サイトをご覧ください。

この中にちゃんとICOCAも入っているので、ICOCA圏内で普通にSuicaが使えるということになります。

ICOCAからモバイルSuicaに切り替えるメリット

Apple PayにSuicaを登録するということは、つまり「モバイルSuica」に登録するのと同じことになります。

カード型の電子マネーを発行するのではなく、スマホアプリで決済を行うタイプのことですね。

カード型のICOCAからモバイルSuicaに切り替えるメリットとしては。

クレジットカードからいつでもどこでもチャージができる

ほぼこれに尽きると思います。

わたしはクレジットカードチャージができる「スマートICOCA」ではなく普通のICOCAを使っているので、残高が減ったらいつも駅の機械で現金チャージしていました。

ほんとはクレジットカードを使いたいんですけど、わざわざスマートICOCAに切り替えてまでは面倒くさいなあと思って今まで放置してました。

あと、残高確認が改札を通った時に表示される金額を見るしかなかったので、見忘れたときに降車駅で改札を通れるかドキドキすることも多かったです。

そして一番よくあるのが、出かけるときにICOCAを持ってくるのを忘れること。

こういった悩みがすべてモバイルSuicaに切り替えることで解決するので、わたしはこの機会に切り替えることにしました。

メリットをまとめるとすると

  • 現金ではなくクレジットカードでチャージできる
  • 残高確認がスマホで簡単にできる
  • カードを持ち歩く必要がなくなる
  • 発券機を使わずいつでもスマホからチャージできる

という感じですかね。

Apple PayにSuicaを登録する方法

1.Suicaアプリをインストールする

Suica

Suica
開発元:East Japan Railway Company
無料
posted withアプリーチ

 

2. 「Suica発行」をタップ

※新規でSuicaを発行する方法になります。

3.My Suica(記名式)で「発行手続き」をタップ

※Suica(無記名)で発行することもできるんですが、スマホの故障や紛失時等にコールセンターでのサポートが受けられないので、記名式で発行しておくことをおすすめします。

4.「会員登録」をタップして規約に同意

5.必要事項を入力

・登録用メールアドレス
・ログインパスワード
・Suicaの名称(任意:なんでもOK)
・氏名
・生年月日
・性別
・郵便番号
・携帯電話番号
・秘密の質問
・クレジットカード番号

を入力する必要がありますので、使用したいクレジットカードを手元に準備しましょう。

6.初回チャージ金額を入力

初回は1000円以上のチャージが条件になっているので、1000円以上の金額を入力してください。

最大で2万円までチャージ可能です。

支払い方法は先ほど登録したクレジットカードを選択しましょう。

 

7.チャージ完了

しばらくチャージ中画面になり、この画面が出たら無事チャージ完了です。

8.すぐに使えるように設定しておくと便利

iPhoneの設定から「WalletとApple Pay」を開きます。

サイドボタンをダブルクリックを「ON」にしておくことで、今後はスマホの横にある電源ボタンを2回押すことですぐにApple Payで連携している決済手段(Wallet)を呼び出せるようになります。

また、エクスプレスカードに設定することでスリープ状態でもSuicaが使えるようになるので、個人的にはSuicaはエクスプレスカードにしておくのがおすすめです。

さらに、メインカードでもSuicaを選んでおけば、ダブルクリックしたときに一番最初にSuicaが表示されるようになります。

9.使わなくなったICOCAカードは捨てずにみどりの窓口へ

モバイルSuicaをメインで使うようになれば、カード型のICOCAはもう使う機会がなくなるかなと思います。

なので、ICOCAはもう処分しても構わないのですが、ICOCAはカードを作成する際に預り金として500円JRに支払っています

この預り金は解約時に返却してもらえるものなので、使わなくなったICOCAを処分する際は、ゴミ箱に捨てずに必ずJRのみどりの窓口へ持っていきましょう。

みどりの窓口で「ICOCAの解約をお願いします」と言えば、500円返してもらえます。

ただし、ICOCAにチャージされているお金は返してもらえないので、必ずチャージ金は使いきってから解約してください。

また、電車代だとどうしても10円未満のチャージ金は消化できないようになっているので、1円単位まできっちり使い切りたい場合は、コンビニなどで使う必要があります。

 

モバイルSuicaの使い方

改札を通るとき

エクスプレスカードに設定しておけば、特にアプリを立ち上げなくても読み取り機にスマホを近づけるだけで通過できます

画面はスリープ状態でOK!

残高だけあらかじめ確認しておきましょう。

エクスプレスカードに設定していない場合は、先ほどの設定でサイドボタンのダブルクリックをONにしておくことで、ダブルクリックですぐにアプリを立ち上げることができるので、それでSuicaを選んで通過しましょう。

この画面が出れば読み取り可能になります。

お店での支払い

お店での支払い時には「Suicaで。」と言えばOK!

こちらもエクスプレスカードに設定しておけばスリープ状態でも読み取り機にスマホを近づけるだけで支払いが可能です。

もしくはダブルクリックで立ち上げるとこんな画面になるので、スマホを読み取り機に近づければ決済が可能です。

正直コンビニなどではクレジットカードで支払うよりも断然早いのでおすすめです。

 

チャージの仕方

次回チャージをするときは、「Wallet」アプリを開きます。

そこでSuicaを選ぶとこんな画面になるので、ここの「チャージ」から残高チャージを行うことが可能です。

ここでチャージしたい金額を入力し、画面右上にある「チャージ」をタップすればOK。

残高と合わせて最大2万円までチャージ可能です。

以上が、

Apple PayにモバイルSuicaを登録する方法と、その簡単な使い方になります。

Suicaは電車代だけでなく、他にもコンビニなどいろんなお店でも使える電子マネーなので、意外と便利ですよー!

Suicaが使えるお店は⇒こちら

ということで、

これからはわたしもiPhoneユーザーとして華麗にApple Payを使いこなしていきたいと思います!

ではまたーノシ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。