【中部電力エリア】電気とガスが一番安いのはどこ?9社を徹底比較!

どうも、キャナナです。

電力とガスの自由化が始まってからいろいろな企業が参入してきましたが、結局どこが一番安いのか?

料金プランを見てもよくわかんないし、そもそも選択肢としてどこがあるのかもわからないですよね。

ということで、今回は中部電力エリアで選べる主な電力ガス会社9社すべてで料金を試算し、一番電気ガスの組み合わせが安くなるところから順番にランキング形式でまとめてみました!

※プロパンガスの人は電気料金のみの価格を参考にし、プロパン(LP)ガス専用の比較サイト【エネピ】等で安いところを探してみてください


中部エリアの電気ガス9社を比較した結果

今回は実際に中部電力エリアにお住いの方に協力をお願いし、教えてもらった電気ガスの使用量と契約プランでシミュレーションを行いました。

3人家族(夫婦+子供)

 

契約:
中部電力 おとくプラン 60A
東邦ガス がすてきトクトク料金

電気使用量
(kWh)
ガス使用量
(㎥)
1月72631
2月67548
3月60435
4月52537
5月46127
6月35527
7月50823
8月78116
9月73515
10月44714
11月42917
12月43623

これらの数字を元に各社で年間の電気ガス料金を計算し、最終的に電気とガスの合計が一番安くなった組み合わせの会社を安い順に紹介いたします。

また「今との差」では、中部電力+東邦ガスの現在の料金(192,069円、70,417円)に対していくら安くなるかの差額を書いています。

※電気料金はすべて60Aで試算しましたが、他のアンペアでもランキングに影響はありません

※ガス料金は毎月「原料費調整額」が変動するので、ここではそれは加味せず基本料金単価ですべて計算しています

1位 あしたでんき+中電ガス

年間料金今との差
あしたでんき
(標準プラン)
173,732円-18,337円
中電ガス
(カテエネガスプラン1)
67,876円-2,541円
合計241,608円-20,878円

あしたでんき

電気料金は「あしたでんき」が最安値となりました。

あしたでんきは東京電力系列の新電力会社で今サービスを全国展開しているところなんですが、料金プランも基本使用料なしで26円/kWhのみとシンプルでわかりやすく、価格も安いため全国的にもあしたでんきの独壇場になりつつあります。

たとえば電気の使用量が400kWhだった場合・・

400kWh × 26円=10,400円

と簡単に計算できるので、ぜひお手元の検針票でも今より安くなるかどうか見てみてください。

あしたでんき公式サイトはこちら

中電ガス(中部電力)

ガスはもう東邦ガスか中電ガスかの二択になるんですが、やはり自由電力である中電ガスのほうがちょっとだけ東邦ガスよりも金額を下げてきてるので、さらにガス代も節約したいなら中電ガスに変えるのが最安値になります。

ただ、こちらは年間でも2,500円程度しか変わらないので、まあ面倒であれば今のままでもいいかもという感じ。

特に床暖料金とかだとガス機器の設備によって割引もあるので、ご家庭によっては中電ガスより東邦ガスのほうが安くなる場合もあるかもしれません。

中電ガス公式サイトはこちら





2位 楽天でんき+中電ガス

年間料金今との差
楽天でんき
(プランS)
実質174,417円-17,652円
中電ガス
(カテエネガスプラン1)
67,876円-2,541円
合計242,293円-20,193円

楽天でんき(楽天エナジー)

楽天でんきもあしたでんきと同様、基本使用料なしのシンプルな料金設定ですが、単価が26.5円/kWhとあしたでんきよりも0.5円高いので、どんな使用量でもあしたでんきのほうが安くなります。

また、楽天でんきはでんきの使用料金に対して0.5%の楽天スーパーポイントがつき、さらにその支払いを楽天カードで行うことで1%の楽天スーパーポイントがつくのですが、それを加味して実質計算にしてもあしたでんきには一歩及ばずという結果になりました。

※表はポイント分を引いた実質計算での料金になります

【楽天エナジー】公式サイトはこちら



3位 Looopでんき+中電ガス

年間料金今との差
Looopでんき176,405円-15,664円
中電ガス
(カテエネガスプラン1)
67,876円-2,541円
合計244,281円-18,205円

Looop

Looopでんきは元々ソーラーパネルの会社で、ここもあしたでんきと同様シンプルな料金設定で人気なんですが、単価が26.4円/kWhとあしたでんきより0.4円高いのと、楽天でんきのようにポイント還元もないため3位となりました。

Looop公式サイトはこちら



4位 auでんき+中電ガスfor au

年間料金今との差
auでんき実質180,442円-11,627円
中電ガス for au実質65,188円-5,229円
合計実質245,630円-16,856円

au

auの電気とガスはauユーザーのみが契約できるサービスです。

電気代については、5000円未満で1%、5000円以上8000円未満で3%、8000円以上で5%のau Walletポイントがつきます。

ガス代においては中電ガスと料金プランは同じで、auででんきとガスの両方を契約するとセット割としてガス代の2%分のau Walletポイントが還元されます。

また、電気とガスの支払いを「au Walletクレジットカード」で行うとさらに200円ごとに4ポイントのau Wallet ポイントがもらえます。

しかし、これらをすべて加味してポイント分を引いた実質計算にしても4位という結果になりました。(元々の電気料金が安くないため)

au公式サイトはこちら

5位 ソフトバンク自然でんき+中電ガス

年間料金今との差
ソフトバンク
(自然でんき)
183,755円-8,314円
中電ガス
(カテエネガスプラン1)
67,876円-2,541円
合計251,631円-10,855円

ソフトバンク自然でんき

ソフトバンクには「おうちでんき」と「自然でんき」の2つのプランがあるんですが、自然でんきのほうはあしたでんきと同様、基本使用料なしのシンプルな料金プランになります。

しかし単価が27.5円/kWhとあしたでんきより1.5円も高いため、5位となりました。

※おうちでんきについては後述します

ソフトバンク公式サイトはこちら

6位 ENEOSでんき+中電ガス

年間料金今との差
ENEOSでんき

(中部Bプラン)

185,761円-6,308円
中電ガス
(カテエネガスプラン1)
67,876円-2,541円
合計253,637円-8,849円

ENEOS(エネオス)

ガソリンスタンドで有名なENEOSも電気とガスを両方提供しているんですが、中部エリアは料金設定が高めなので6位となりました。(東京エリアは結構安い)

「にねんとくとく割」に加入すればもう少しだけ安くはなるんですが、2年しばりになって解約違約金も発生するのであまりおすすめはしません。

ENEOS公式サイトへ

7位 中部電力+中電ガス

年間料金今との差
中部電力
(おとくプラン)
192,069円0円
中電ガス
(カテエネガスプラン1)
66,519円-3,898円
合計258,588円-3,898円

中部電力

中部電力はちょっと料金プランがややこしいんですが、10A~30Aは「ポイントプラン」、40A~60Aは「おとくプラン」、7kVA以上は「とくとくプラン」になります。

今回協力してくれた方は60Aだったので「おとくプラン」の料金表で試算したのですが、カテエネ会員になるとさらにそこから毎月153円割引になるので、表では一応その分も差し引いた金額にしています。

また、電気代においてはガスとのセット割がないので中電ガスにしても特に変化はありませんが、ガス代のほうはセット割で2%引きになるので、その分だけ安くなります。

あと、中部電力のプランは2年契約や1年契約を約束して欲しいというような文言が書かれているものが多いんですが、こちら問い合わせで確認したところ、特に2年以内に解約しても違約金などは発生しませんとのことだったので、安心して他社にお乗り換えください。

※Amazonプライム付きの「forAPプラン」のみ、プライム会員費は1年分前払いになっているのでその分だけ違約金のような扱いになりますとのことでしたが、プライム会員自体は解約してもちゃんと1年分使えるので、実質違約金はなしと考えて大丈夫です。

中部電力公式サイトはこちら

8位 東邦ガスでんき+東邦ガス

年間料金今との差
東邦ガスでんき
(ファミリープラン)
188,228円-3,841円
東邦ガス
(がすてきトクトク料金)
70,417円0円
合計258,645円-3,841円

東邦ガス

電気とガスをセットで契約することで、電気の料金プランが「ファミリープラン」というものになるんですが、40A以上だと通常のプランと単価は同じなので基本使用料のみの差となり、60Aなら毎月208円安くなるだけということになります。

30A以下なら200~300kWhの間の単価だけ少し安くはなりますが、これも微々たる差なのでランキングには影響ありません。

東邦ガス公式サイトはこちら

9位 ソフトバンクおうちでんき+中電ガス

年間料金今との差
ソフトバンク
(おうちでんき)
192,133円+64円
中電ガス
(カテエネガスプラン1)
66,519円-3,898円
合計258,652円-3,834円

ソフトバンクおうちでんき

ソフトバンクおうちでんきは、なんと中部電力よりも高くなりました。

料金単価としては中部電力よりも少しだけ低いんですが、中部電力はカテエネ会員になると毎月153円割引になるので、その分は相殺されてむしろ中部電力のほうが安くなります。

というわけでこちらが最下位で9位となりました。

ソフトバンク公式サイトはこちら


まとめ

いやー今回もがんばりました。。

各社の公式サイトを熟読して料金システムを理解し、1つ1つ料金表を見ながら数式を打って手計算。

この1マス1マスにややこしい計算式が入ってます。。

で、その結果がこのランキングということになりました!

シミュレーションに使った電気ガス使用量も、実際に中部電力エリアに住んでいる方に協力をお願いしてデータを出してもらったので、より現実味のある数字になったんじゃないかなと思います。

というわけで、

私の結論としては

あしたでんき」+「中電ガス」が一番安いということになったんですが、

ガスにおいてはそんなに大きな違いは出なかったのと、床暖やその他のガス機器の使用の有無によっても料金が大きく変わる可能性があるため、ここはまあ東邦ガスのままでもいいかなと思いました。

※プロパンガスの人は電気料金のみの価格を参考にし、プロパン(LP)ガス専用の比較サイト【エネピ】等で安いところを探してみてください

 

ただ、電気においては最安値のあしたでんきにすれば年間で2万円近く安くなるかもなので、ぜひお手元の検針票でも試算してみてもらえれば。

あしたでんきの料金プランは基本使用料もなく26円/kWhのみなので、毎月の電気使用量に26円を掛けるだけで簡単に計算できます。

たとえば400kWhの場合・・

 

400kWh × 26円=10,400円

乗りかえはあしたでんきの方に申し込むだけで完了し、中部電力に解約連絡も入れる必要はありません。

解約違約金や工事費などもかからないし、あしたでんきのほうでも2年しばりや解約違約金はないので、またさらに安い電力会社が出てきたらいつでも簡単に乗りかえが可能です。

ということで、

今回は中部電力エリアの電気ガスはどこで契約するのが一番安いのかについて徹底調査してみました!

ではまたーノシ

あしたでんき公式サイトはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。