MENU
キャナナ
ひきこもり主婦ブロガー
今日も『デキ主婦』をご覧いただきありがとうございます。

このブログはぐうたら主婦のわたしと一緒にデキる主婦を目指すためのブログです。

家計節約、ネット収入、エンタメなど主婦に関わる様々な情報を発信しています。

>> このブログをはじめた経緯

ハピタスとは?なぜポイントがもらえるのかポイントサイトの仕組みと賢い使い方を徹底解説

キャナナ

どうも、キャナナです。

ハピタス」というポイントサイトはご存知でしょうか。

私がずっと愛用しているポイントサイトなんですが、最近ではテレビのCMでも見かけるほどになりました。

ただ、ポイントサイトをまだ使ったことのない人にとっては「なぜポイントがもらえるのか」なんかちょっと怪しいイメージもあるんじゃないかなと思うので、

今回は、そんなハピタスについてポイントサイトの仕組みと賢い使い方について解説したいと思いまーす!

目次

ポイントサイトとは

ポイントサイトというのは、ポイントサイト経由でネットショッピングや各種サービスを利用することでポイントがもらえるサイトのことです。

たとえば「楽天市場」でお買い物をするとき、普通なら「楽天ポイント」しかもらえませんが、ポイントサイトから楽天市場へ行くだけでポイントサイトからもポイントがもらえるので、いわゆるポイントの二重取りができます。

やり方は簡単。

STEP
ハピタス(ポイントサイト)に行く
STEP
楽天市場を探す

ハピタス内で検索もできるし、カテゴリー別でいろんなショップの一覧も見れるので、そこから利用したいサービスを選びます。

STEP
「ポイントを貯める」をタップする

ショップページを開くとこのような画面になるので、そこで青いボタンの「ポイントを貯める」をタップします。

STEP
普通に買い物をすればOK!

すると楽天市場の公式サイトに行けるので、あとはいつも通り普通にお買い物をすればOKです。

※ただし、楽天市場の場合は買い物かごに入れる前にハピタスを経由しないとハピタスからはポイントがつかないので注意

たったこのひと手間だけで、ハピタスから1%(楽天市場の場合)のポイント還元が受けられて、しかも楽天ポイントもいつも通りもらえるので、ポイントサイトはめちゃくちゃお得です。

なぜポイントサイトでポイントがもらえるのか

でも不思議ですよね。

なぜただポイントサイトを経由するだけでポイントがもらえるのか。

しかしご安心ください。

ポイントサイトというのは、企業にとってはただの広告の詰め合わせサイトというような位置づけであり、私たちはその広告を見て企業のサービスを利用したということになるので、ポイントサイトには企業から広告費が支払われています。

そして、ポイントサイトはその広告費の一部を私たちに還元してくれているというわけ。

企業がポイントサイトに広告を掲載

私たちがポイントサイトの広告から企業のサービスを利用

企業からポイントサイトにお礼として広告費を支払う

ハピタスはその広告費の一部を私たちにポイントで還元している

企業にとってもポイントサイトによって利用者が増えれば嬉しいし、ポイントサイトにとっても企業から広告費がもらえるので儲かるし、私たちもポイントサイトを経由するだけでポイントがもらえてお得なので、実は三者にとってwin-win-winな関係になっているのです。

なので、私たちも堂々とポイントをもらって大丈夫だし、なにも怪しいこともなくとても健全なビジネスになっているのでご安心を!

ただ、このポイントサイトもいろいろと増えていて、中にはポイントのつき方がめちゃくちゃわかりにくいようにしてあったり、換金方法がややこしかったりするところもあるみたいなので、そういうところからあまり良くない印象を受ける人もいるのかなと。

なので、そんな数あるポイントサイトの中でも、なぜ私が「ハピタス」を愛用しているのかを次に解説しまーす!

ハピタスとは

ハピタスは、ポイントサイトの中ではかなり老舗の大手なので安心感があり、ポイ活初心者さんにもおすすめのサイトです。

ポイント還元についても「1ポイント=1円」表記でとてもわかりやすいのが特徴。

※他のポイントサイトでは、20ポイントで1円とかでかなりわかりにくいところもあります、、

サービスの提携先も豊富なので、いろんな方法でポイントが貯められるし、特にネットショッピング系は充実しているかなと。

また、貯まったポイントの換金方法もかなりたくさんあって、手数料無料なのも良心的です。

<ハピタスのポイント交換先一覧>(2021年2月時点)

ハピタスポイントからの
交換レート
Pollet(ポレット)1pt=1円 + 0.5%
Amazonギフト券490pt=500円分
dポイント300pt=300ポイント
楽天ポイント130pt=100ポイント
App Store & iTunes ギフトカード500pt=500円
Google Play ギフトコード490pt=500円分
Gポイントギフト300pt=300G
QUOカードPay300pt=360円分
nanacoギフト500pt=500円分
楽天Edy500pt=500円分
ハピタスアウトレット1pt=1円分
ビットコイン300pt=300円分
リアルエステートコイン1000pt=1,000コイン
WebMoney300pt=300point
Bit Cash300pt=300クレジット
PeXポイント300pt=3,000ポイント
※PeXは1ポイント=0.1円
NetMile500pt=500mile
※500mile=250円分
ドットマネーギフトコード100pt=100マネー
現金に交換
(各種銀行振込み)
300pt=300円

かなりたくさんあるので、聞きなれないものも多いと思いますが、迷ったら「現金に交換」でいいかなと思います。

1ポイント=1円で手数料無料で銀行に振り込んでくれます。

もしくは、太字にした交換先ならポイントの価値が増えるので、面倒でなければこれらに交換するのもアリです。

ただし、ハピタスで1か月に交換できるポイントの上限は3万ポイントまでなので注意。

まあ普通に使っていてそこまで毎月ポイントが貯まることはないと思いますが、もし毎月3万ポイント以上貯まるようであれば、「Pollet(ポレット)」なら上限30万円までチャージできるようになっているので、これ一択になるかなと。

Pollet(ポレット)というのはハピタスの運営元が発行しているプリペイドカードのことで、Polletにポイントをチャージすれば普通のクレジットカードと同じ決済方法(VISA)でお店で使えます。

また、「Gポイントギフト」はいろんなポイントに交換できるサービスなので、ハピタスからこのGポイントギフトにいったん交換することで、そこからさらに129種類ものポイント(Pontaポイント、Tポイント、LINEポイントなど)に交換することも可能。

最後にポイントが付与されてから1年間ハピタスにログインがないとアカウントが無効になってしまってポイントも引き出せなくなるので、少なくとも1年に1回はログインするように注意してください。

ハピタスの賢い使い方

なんか中にはポイントサイトでめちゃくちゃ稼げます!みたいなことを言ってる人もいるんですが、元々そんな稼ぐためにあるものではないので、普段のお買い物のついでに経由するくらいで使うのが個人的にはおすすめです。

そりゃクレジットカードをたくさん作成したり、保険相談を申し込みまくったり、そういう無料なのに高額なポイントがもらえることを片っ端からやっていけばある程度は稼げると思いますが、それも最初だけだし、

クレジットカードなんかはあんまり作りすぎると信用情報にも傷がつきかねないのであまりおすすめしません。。

なので、これから買おうと思っているもの、これから使おうと思ってるサービスがあった時に、その前に一度ハピタスを開いてみて、もしあれば経由して使うというのがおすすめです。

たまたまクレジットカードを作ろうと思った、たまたま保険相談したいと思ったときに、このポイントサイトの存在が頭に浮かぶかどうかでは全然違うので。

たとえば、旅行の予約をするときも、美容院の予約をするときも、ネット通信を乗りかえるときも、投資を始めるときも、動画見放題サービスを契約するときも、とにかくまずハピタスを開く…!

それだけでチリも積もればなかなかのポイントになってくるので、ぜひ普段の生活にポイントサイトを取り入れてみてもらえればなと思います☆

登録も無料なので、ただただ得しかないです…!

あと、たまに「紹介キャンペーン」ですでにハピタスを利用している人からの紹介で新規登録すればポイントがもらえたりすることもあるので、必要な人は私からの紹介リンクも置いておくので自由にお使いください。
キャナナからの紹介でハピタスを始める

ということで、

今回は私の愛用している「ハピタス」について紹介してみましたー!

ではまたーノシ

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる