Amazonプライム会員になってサービスを体験するだけで600ポイントGET!⇒

ハピタスとは?なぜポイントがもらえるのかポイントサイトの仕組みを徹底解説!

どうも、キャナナ(@kyanana1777)です。

「ハピタス」というポイントサイトはご存知でしょうか?

またポイントサイトを一度も使ったことがないという方、今回は必見ですよー!

これを知っているかどうかで数千円~数万円も違ってくる可能性がありますので、正しく知って、賢くお得に利用していきましょう☆

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

ポイントサイトとは

ポイントサイトとは、様々な方法でポイントを貯め、それを換金できるサイトのことです。

ポイントが貯められるものの例

  • ネットショッピング(楽天、ロハコ、ベルメゾンなど)
  • クーポンサイト利用(ホットペッパービューティーなど)
  • サイトの会員登録(楽天、ぐるなびなど)
  • 無料体験(動画配信サービス、エステなど)
  • キャッシング口座開設(プロミス、アイフルなど)
  • 銀行口座開設(UFJ、楽天、ジャパンネットなど)
  • ネット開通(フレッツ、eo光など)
  • 格安SIM契約(マイネオ、OCNなど)
  • 旅行(じゃらん、るるぶなど)
  • 不用品買取(本、ゲーム、フィギュアなど)
  • 引っ越し見積り(アート、サカイなど)
  • クレジットカード発行(イオン、セゾンなど)
  • FX・証券口座開設(DMM、GMOなど)
  • 保険相談(生命保険、自動車保険など)
  • アンケート回答(マクロミル、ハピタス独自など)

もうこれは実際に公式サイトを見てもらったほうがわかりやすいかなと思います。

登録をしなくてもどんなサイトと連携しているかは見れると思いますので、一度見てみてください。
ハピタス公式サイトはこちら

 

いつものネットショッピングの際に利用するのはもちろん、口座開設やクレジットカードの発行、旅行や引っ越し、ネット開通、保険相談など、いざという時にポイントサイト経由で利用すればポイントが貯まるということを知っておくだけでお得です。

IMG_0021

特に保険相談やクレジットカードの発行などはポイント付与が多く、1回で7,000円分ほどのポイントがもらえたりします。(高ポイントのものは期間限定の場合が多いです。)

これらはしょっちゅう利用するようなものではありませんが、保険もクレカ発行も無料でできるのに高ポイントがもらえるので、利用する際はぜひポイントサイトを経由することを忘れないようにしましょう。

わたしはネットショッピングをするときや、たまにクレジットカードを作るときだけ利用してます。

ハピタスは他のポイントサイトよりもネットショッピングサイトとの連携が多いのが特徴です

運営歴も長く、初心者にも安心で使いやすいのでおすすめです。

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

ポイントの貯め方

先ほど、「いざという時にポイントサイト経由で利用すればポイントが貯まるということを知っておくだけでお得」だとお話ししましたが、

経由するとは各サイトのサービスを利用する前に、ポイントサイトへ行き、そこで利用したいサービスを検索して選び、各サイトへ飛ぶということです。

すでにネットショッピングをした後や、サービスを利用した後ではポイントがつかないので注意してください

各サイトのサービスを利用する前に、ポイントサイトへ行くというのがポイントです。

 

たとえば
楽天市場で買い物をするときはこんな感じ↓

ハピタス⇒楽天市場⇒お買い物

楽天市場を普通に利用すると楽天ポイントが付与されますが、その前にハピタスへ行くだけで、ハピタスにもハピタスポイントが付与されます。

つまり、楽天ポイントとハピタスポイントの「ポイント二重取り」ができるということです。

 

こちらはハピタスの私のお気に入りリストです。

 

最初に利用する際は、利用したいサイトがハピタスと提携しているかどうか、ハピタス内で検索します。
よく使うサイトはこのようにお気に入りに入れておくことで、次回からは簡単にサイトを見つけることができます。

ここで利用したいサービスを選ぶと、詳細画面になるので、ここで「ポイントを貯める」ボタンをクリックすれば、公式サイトへ移行しますので、あとはいつも通りお買い物などをするだけで経由は完了。

サービスに応じたポイント分が還元されます。

たとえば
楽天市場ならクレジットカード決済にすればカードにもポイントが貯まるので、ポイントの三重取りも可能ですね。

いちいち経由するとか面倒だなぁと思うかもしれませんが、ちりも積もれば・・でなかなかバカにならない金額になりますので、よくネットショッピングをする方にはおすすめです。

貯まったハピタスポイントの使い方

ハピタスポイントは1ポイント=1円

最低300ポイントから現金に交換できます。
ただし1か月の交換上限は3万ポイントまで。
交換手数料はすべて無料です。

ポイントの交換は現金振込だけではなく、電子マネーやギフト券などにも交換可能。

ポイントの交換先一覧(最低交換ポイントと交換レート)

  • 都市銀行・地方銀行・ゆうちょ銀行・ネット銀行・信用金庫・農協など(300pt⇒300円)
  • Amazonギフト券(490pt⇒500円分)
  • iTunesギフト(490pt⇒500円分)
  • nanacoギフト(500pt⇒500円分)
  • 楽天Edy(500pt⇒500円分)
  • WebMoney(300pt⇒300pt)
  • Bit Cash(300pt⇒300クレジット)
  • PeXポイント(300pt⇒3000pt)
  • NetMile(500pt⇒500マイル)
  • ちょコムポイント(300pt⇒300pt)
  • Mobageモバコインカード(2000pt⇒1940pt)
  • ドットマネーギフトコード(300pt⇒300マネー)
  • ハピタス堂書店(1pt⇒1円分)
  • ポレット(Pollet) (1pt⇒1円分 + 0.5%)

中には聞きなれない交換先もありますが、かなりの多くの交換先がありますね。

銀行振込手数料まで無料なのはかなり良心的だと思います。
交換先に迷ったら普通に銀行振込を選ぶのがおすすめです。

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

 

なぜ経由するだけでポイントがもらえるのか?

では、なぜ経由するだけでポイントがもらえて、しかも現金に換えられるのか気になりますよね?

「なんか怪しいやつじゃないだろうな!?」

と思ってしまうのも無理はありません。(わたしもそう思ったのでいろいろ調べました)

でも、全然怪しいサイトではありません。

<ハピタスのシステム>

企業がハピタスに広告掲載を依頼

お客がハピタスの広告から企業のサービスを利用

企業からハピタスにお礼として広告費を支払う

ハピタスはその広告費の一部をハピタスポイントとして利用者に還元している

という仕組みなのでとても健全なビジネスモデルになっています。

 

つまり、わたしたちはこの広告の部分をハピタスで検索しているということになります。

 

企業側はハピタスを使って宣伝しているんですね。

 

中には宣伝などしなくても元から有名なサイトも数多くあるので、わざわざハピタスに広告費を払う必要もないんじゃ?と思うかもしれませんが

たとえば
大手ネットショッピングサイト「Amazon」はハピタスと提携していません。(2018年12月現在)

同じ商品を同じ金額で購入するなら、ハピタス利用者は提携していないAmazonよりもハピタスポイントがたまる楽天市場で買おうかなと思うかもしれませんよね?

となると、企業もハピタスと提携する意味も出てくるわけです。

 

といっても、これらは企業間での話なので、利用者のわたしたちにはあまり関係なく、わたしたちにとってはただただお得なサービスになります。

無料体験や、保険相談、クレジットカード発行なども同じです。

無料で提供してさらに高額のポイント(広告費)を出したとしても、その後の継続利用や保険契約、カードの利用などで十分元がとれる計算なので、このポイント額になってます。

という風に
ポイントサイトは決して怪しいお金が流れているのではなく、健全なビジネスとして成り立っているサービスなので、わたしたちは心配することなく、ありがたくその恩恵を受け取りましょう。

賢く使えばとってもお得です。

 

ということで・・
ポイントサイトとはどういうものかわかりましたでしょうか?

ハピタスはすべて無料で利用できて、ポイントの交換も無料です。
使って損することは全くないので、ぜひ忘れずに使いこなしてくださいね!

ハピタス公式サイトはこちら

 

また、ハピタスではたまに紹介キャンペーンが開催されます。

ちょうどその時に誰かの紹介でハピタスに登録すると100ポイント~500ポイントほどもらえることがありますので、もしそのようなキャンペーン中であった場合は

下のボタンから登録すれば私からの紹介扱いになり、キャンペーンポイントがもらえますのでよかったらご利用ください。(キャンペーン中でない場合は30ポイント)

 キャナナの紹介でハピタスを始める

では今回はこれで☆

またーノシ

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。