大阪ガスと関西電力で電気ガスをまとめるならどっちがお得?料金を比較してみた

どうも、キャナナです。

電力自由化」や「ガス自由化」が始まってからずいぶん経ちましたが、料金プランの見直しはもうしましたか?

わたしも今より安くなるんだろうなとは思いつつもずっとほったらかしていたので、重い腰を上げてようやくいろいろと調査してみることにしました。

今回調べてみたのは

関西電力vs大阪ガス

関西電力でも「関電ガス」というガス事業をやっていて、電気とガスの請求を1つにまとめることができるし、大阪ガスでもガスと電気のおまとめプランがあります。

結局どっちでまとめるのがお得なの?

ということで、汗水たらして調べた結果を報告しまーす!

追記:大阪ガスと関西電力以外の、関西エリアの各ガス・電気会社も徹底的に調べてみた結果(【関西エリア】電気ガスが一番安いのはどこ?9社を比較してみた)、大阪ガスでまとめるのも関西電力でまとめるのも実は一番お得というわけではないということがわかったので、大幅に内容修正を行いました。

関西電力でガス料金もまとめる場合

関西電力でガス料金をまとめるということは、つまり大阪ガスから「関電ガス」に乗りかえるということになります。

関西電力でガス料金もまとめるとセット割で毎月のガス代から3%引きになり、また電気料金プランも通常とは別の専用料金(なっトクでんき)に切り替わるので、電気ガス両方が今より安くなるのが特徴です。

しかし、大阪ガスの契約が「床暖料金」の人はそのまま大阪ガスで契約していたほうが安く、床暖料金「以外」の人のみ関電ガスに切り替えたほうが安いです

ガスについては別の記事で詳しく検証しています⇒「【関西エリア】ガス自由化で選べる6社を徹底比較してみた

例)ガスの使用量が50㎥だった場合

 

大阪ガス(床暖・エコジョーズ) 8273円
大阪ガス(床暖・スタンダード) 8574円
関電ガス            8755円
大阪ガス(もっと割)      9084円
大阪ガス(エコジョーズ)    9139円

※床暖料金は、ガスコンロ・浴室乾燥機の設置でさらに2~9%引きになりますので、関電のセット割3%があったとしても床暖料金のほうが安くなります

現在の契約プランはこの内訳の下にある「ご契約」のところを確認してください。(画像ではエコジョーズになってます)

大阪ガスで電気料金もまとめる場合

大阪ガスで電気料金をまとめても、実はガス料金には変化はなく、電気料金も関西電力の一般料金より少し安くなる程度なので、大阪ガスで電気料金をまとめるメリットはないと考えていいと思います。

しかし、大阪ガスの「床暖料金」はガス料金プランの中で最強なので、この契約の人はそのままガスは大阪ガスで契約しておき、光熱費をさらに下げたいのであれば電気のみ切り替えるのがおすすめです。

わたしの調べた限り(【関西エリア】電気ガスが一番安いのはどこ?9社を比較してみた)では電気料金は「Looopでんき」が一番安かったので、床暖料金の人は、電気のみを関西電力からLoopに乗りかえるほうがお得になります。

また、床暖料金以外の人は関電ガス」に乗りかえるのが一番ガス代は安くなりますが、その場合も電気料金は関西電力より「Looopでんき」のほうが安いので、Looopでんき+関電ガスの組み合わせにするのがベストです。


料金を比較してみました

わたしの結論としては

大阪ガスで「床暖料金」の人
⇒Looopでんき+大阪ガスが安い

 

大阪ガスで床暖料金「以外」の人
⇒Looopでんき+関電ガスが安い

ということになったのですが、本当にそうなのか?

実際に料金で比較してみたいと思います。

シミュレーションの際に用意しなければいけないものは、
「ガス使用量のお知らせ」と「電気の検針票」をそれぞれ1年分です。

できれば用意する明細の年月もそろえたほうが正確な数字が出せます。

※お知らせや検針票がない場合は「はぴeみる電」や「マイ大阪ガス」に登録すると履歴が確認できます。

わが家(夫婦2人暮らし)のガス・電気使用量はこの画像の通りだったので、今回はこれを元に計算してみました。

ガス料金の比較

大阪ガスの主要プランと関電ガスの料金を比較してみました。

床暖料金はプランが少し複雑で、エコジョーズのあるなし、ガスコンロ・浴室乾燥機のあるなしによって料金が変わります。また、夏と冬でも料金設定が違うのですが、ここでは通年の平均で計算しています。

年間のガス料金

大阪ガス(床暖・エコジョーズ)60,269円+下記割引
大阪ガス(床暖・スタンダード)62,407円+下記割引
関電ガス(電気セット割)57,587円
関電ガス59,368円
大阪ガス(エコジョーズ)61,696円
大阪ガス(もっと割)63,687円
大阪ガス(一般)63,751円

※使用量がかなり少ないと関電ガスのほうが安くなる可能性もありますが、床暖料金はガスコンロ・浴室乾燥機設置でさらに下記割引が適用されるので、ほとんどの場合で逆転します。

大阪ガス床暖料金の割引

ガスコンロ(2口以上)…2%引き
浴室乾燥機あり…5%引き
浴室乾燥機(ミスト付)あり…7%引き
ガスコンロ+浴室乾燥機…7%引き
ガスコンロ+浴室乾燥機(ミスト付)…9%引き

※エコジョーズともっと割の順番は使用量が多くなると逆転します。
※毎月変動する調整料金などは考慮せず、料金表のみで簡単に算出した額になります。

電気料金の比較

関西電力、大阪ガス、Looopでんきの3社の料金を比較しました。

年間の電気料金

関西電力(なっトク)91,730円
大阪ガス(A-Gプラン)93,853円
Looopでんき87,736円

関西電力は2018年7月に行われた値下げ後の料金で計算しています。
※関西電力の「なっトク」プランは、ガスもセットで契約した時の料金プランです。
※大阪ガスの「A-Gプラン」は、大阪ガスでガスも契約している人のみのプランです。
※毎月変動する調整料金などは考慮せず、料金表のみで簡単に算出した額になります。

Looopでんきの料金表はシンプルで、基本料金もなく「22円(税込)/kWh」のみなので、単純に使用量に掛けるだけで計算できます。

まとめ

これまでの結果を表にまとめてみると、

 

床暖料金は、おそらく一番多いであろうガスコンロ・浴室乾燥機設置割引(7%)を適用した状態で計算しています。(ガスの検針票に記載がありますので確認してみてください)

うちは2人暮らしで電気ガスの使用量が少なく、使用量が少ないとスタンダードプランでは不利になるため、床暖料金(スタンダード)よりも関電ガスのほうが安くなっていますが、これはもうちょっと使用量が多くなると逆転します。

うちと同じくらいの使用量(平均25㎥)であれば、床暖料金(スタンダード)でも関電ガスにするのもありなんですが、増えるとすぐに逆転するので、個人的にはそのまま大阪ガスでもいいんじゃないかなと思います。

また、電気の使用量もうちは少ないので、Looopでんきを使った際の差が小さくわかりにくいのですが、これも電気使用量が増えれば増えるほど差が開きます。

 

というわけで結局どこで契約するのが安いのかというと、、

床暖料金の人
⇒大阪ガス+Looopでんき

床暖料金以外の人
関電ガスLooopでんき

の組み合わせがやはりおすすめです。

※関電ガスもLooopでんきも、どちらも切り替え手数料はかからないし、契約後に解約金がかかることもありません。電気とガスの供給はこれまで通り関西電力と大阪ガスのままで、契約先を変えるだけなので、切り替えてからいきなり停電やガス漏れが起きるようなこともないのでご安心を☆

わが家もさっそくLooopでんきに切り替えたので、その際の注意事項などをまとめました。
【Looopでんき】を契約してわかった注意点まとめ

今回は、大阪ガスと関西電力どちらで光熱費をまとめるのがお得なのかを調査してみたのですが、さらに詳しく調べてみると、実は大阪ガスでまとめるのも関西電力でまとめるのも、そこまでお得ではないということがわかったので、大幅に記事内容を修正してお送りしました。

ではこのへんで!

またーノシ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。