auの故障紛失サポート(安心ケータイサポートプラス)がお得過ぎてやばい!!スマホを格安で新品に交換し放題!?

どうも、キャナナ(@kyanana1777)です。

ちょっとすごいことを発見してしまいました。
auの安心ケータイサポートプラス(現在は名称変更されて故障紛失サポート)に加入していると、エンドレスでスマホを格安で新品に交換していけることがわかりました。

これはとんでもないサービスです。
先ほどauにも問い合わせて確認したので間違いないです。

現在故障紛失サポート(旧安心ケータイサポートプラス)に加入している方は、ぜひ真剣に読み進めてください!

スポンサーリンク

故障紛失サポートとは?

 

最近名称変更されたようですが、旧安心ケータイサポートプラスと同じ内容になります。
参照:au公式サイト

月額380円を支払うことでサポートが受けられます。
サポート内容は「交換用携帯電話機お届けサービス」と「お預かり修理」の2つです。
ただし、故障紛失サポートに入会できるのは端末購入時だけなので注意してください。
見積りの時点で勝手に付帯させられている場合が多いです。

1つずつ詳しく見ていきましょう。

 

交換用携帯電話機お届けサービス

故障、部分破損、全損、水濡れ、盗難、紛失の場合に利用できます。
ただし、故意の破損や改造、天災は対象外。
つまり、わざと壊したのでなければ壊れても濡れても失くしてもなんでもOKです。

下記の条件で新品と交換してくれます。
・端末購入から1年以内⇒無料で交換
・端末購入から2年目以降⇒4,000円で交換(ネット申込みの場合)

この交換費用にはauポイントも使えます

au歴が2年以上(この端末だけの話ではなくau自体との契約のことです)であればここからさらに2,000円引き。
新品に交換してから1年以内に再び交換サービスを利用する場合は3,000円値上がり。

ただし
紛失・盗難の場合は、ICカードの再発行が必要になるため手数料として2,000円かかります。

わかりやすい説明動画はこちら↓


これ、なにがすごいかというと・・

たとえば
スマホをauで購入しました。
2年間使ったころに、落として液晶が割れてしまったとします。

すると
au歴は2年以上なので4,000円ー2,000円=2,000円で新品と交換できます。

2年間サポート代として月額380円払ってきたので、合計380円×24か月=9,120円。
これに交換代として2,000円払ったので、9,120円+2,000円=11,120円。

ということはですよ。

11,120円で新品のスマホを買ったのと同じことになるんです。

スマホの端末代金の分割はほとんどが24ヶ月で終わると思いますので、端末の分割ももう今後はありません。
なので、そこからさらに2年くらいは端末代が11,120円で済むということです。

だいたい2年くらいでバッテリーの減りがはやくなったり、充電ケーブルの接続が悪くなったりしますよね。
この新品交換サービスのいいところは、ネットで申し込んだ場合、理由も不問で交換してくれるところです。
つまりは無条件で新品のスマホに交換できるサービスだということです。

ちょっとやばさがわかってきましたか?
そろそろ機種変更しようかな~というタイミングでいつでも2,000円で新品に交換できちゃうってことなんですよ!
(交換してから1年以内だと3,000円値上がりするので5,000円になります。)

 

そしてさらにすごいのが、このサポートには期限がないんですよ。

 

どういうことかというと
先ほどの例で2,000円で交換してもらったスマホ。
これがさらに2年後にでも壊れたとします。
すると
それもまた2,000円で新品に交換できちゃうということです。笑

やばくないですか?笑

 

つまり
この故障紛失サポートの月額380円を払い続けている限り、いつ壊れたとしても新品に交換できるということなのです。

これはまさにエンドレス(終わりがない)ですよ笑

 

さすがにこれはお得過ぎるので、なにかの間違いか見落としがあるかもしれないと思い、先ほど問い合わせてみたのですが、「お客様のおっしゃる通りで間違いございません。」との返事がww

これに気づけた人、めちゃくちゃお得です!ほんとやばいですw

 

ただこのデメリットは、最新の機種に機種変更できないということですね。
新品になるのは今使っている端末と同じものですから。

常に最新を使いたい方は、新たに「アップグレードプログラム」というサービスがはじまっているので、こちらのほうを利用したほうがいいかもしれません。

しかし
端末を購入してから何年も経つと、いずれ交換用の新品の端末が在庫切れになります。
そのときは、同じメーカーの1つ新しい機種との交換になるようですので、ゆっくりですがバージョンアップはしていけます笑

別に最新じゃなくても、安く端末が買えるんならなんでもいいわ。という方は、この故障紛失サポートでエンドレスに新品交換していくのがおすすめです。

2年ごとに計1万円ほど払えば新しい端末が手に入ります。

スポンサーリンク

お預かり修理

故障紛失サポートのもう1つのサービスであるお預かり修理についても軽く触れておきましょう。

こちらは
故意・過失による故障は対象外となります。
落としたり水濡れさせたりした場合はダメです。
あくまでも普通に使っていて、端末自体の不具合で故障した場合のみ対象となります。

お預かり修理の保証期間は3年間
これはよくある家電などの1年保証とよく似たもので、あくまでも製品自体の不具合を3年間保証しますよ~というもので、通常なら1年保証だけれど、月額380円の故障紛失サポートに入会していれば3年に延長になるよ。ということです。

対象の故障でかつ3年以内なら無償で修理してもらえます。
1年以内なら「交換用携帯電話機お届けサービス」のほうで無料で交換してもらえるのでそっちを利用したほうがいいかも。

また
故意・過失であっても5,000円以内で修理(水濡れ、全損は除く)
水濡れ、全損であっても10,000円でリニューアル
といった内容もありますが、この場合も先ほどの「交換用携帯電話機お届けサービス」で2,000円で新品に交換してもらったほうが安いです。

 

まとめ

 

端末を購入してから3年以内に故意・過失ではない自然故障が起きた場合は、「お預かり修理」にて無償で修理してもらえます。

過失による故障や水濡れ、紛失した場合には、2,000円(au歴2年以上かつネット申込み)で新品と交換してもらえます。

故障紛失サポート代の月額380円を払い続けている限り「交換用携帯電話機お届けサービス」は利用できる(「お預かり修理」は3年間だけ)ので、新品と交換し続けることが可能です。

ただし
交換できるのは今使っている端末と同じものなので、常に最新のスマホを使い続けたい方は、別の「アップグレードプログラム」の方がおすすめです。

 

格安SIMを使いたい場合

auではなくそろそろ格安SIMの契約に変えたいという方は、格安SIM会社に切り替える直前に、このサービスでスマホ新品に交換してもらってから解約するのがおすすめです。
そうすればまた2年くらいはそのスマホが使えますから。

auのスマホがそのまま使える格安SIM会社は4社だけです。
mineo(マイネオ)
UQ mobile(UQモバイル)
Fiimo(フィーモ)
IIJmio(みおふぉん)

mineo(マイネオ)であれば、auのスマホがそのまま利用できることがほとんどなのでおすすめです。
一度お使いの端末の動作確認が取れているかを、各会社のホームページで確認してみてください。
使い方は、新品になったスマホに上記の会社のSIMを挿入するだけでOK。
それだけで月額はかなり下がりますので、格安SIMについても一度検討してみる価値はありますよ!

格安SIMについては別の記事で詳しく説明しています。
参照
知らなきゃやばい?!初心者でもわかる格安SIM徹底解説
あなたの持ってるスマホが格安スマホに!?
au・ドコモユーザーにおすすめの格安SIM会社「mineo(マイネオ)」

ということで
今日はこのへんで!

キャナナでした☆


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です