Amazonで本を個人出品する方法~あなたも本屋さんに~

「本屋さんはじめました☆」byキャナナ

 

ということで

 

今回はAmazonで本屋さんを出店する方法をお教えしちゃいます!

 

え?

Amazonって業者専用じゃないの?

個人が出品なんてできるの?

 

はい。できます!(´∀`*)

 

 

不用品の販売については

以前ヤフオクを紹介しましたが、

本に限っては

ヤフオクで売るよりも

Amazonのほうが断然売りやすいです。

 

Amazonでの出品をおすすめする理由

アクセス数が多い

 

「あの本欲しいなー」と検索して

一番上に表示されるのは

たいがいAmazonの販売サイトです。

 

私も本屋さんでいい本を見つけたら

まずAmazonで検索して

中古がめっちゃ安かったら中古で買って(たまに1円とかある)

新品とほぼ値段が変わらなかったら

そのまま本屋さんで本を買う。

というやり方をしています。

 

また、

ヤフオクは少し特殊な取引での購入になるので

敬遠されている方も多いですよね。(私もそうでした)

ヤフオクで個人と取引するよりも、

Amazonで購入するほうがなんか安心ですよね。

 

つまり

ヤフオクよりもAmazonの方が断然アクセスが多く

安心感もあるので買いやすいのです。

 

出品者登録は無料

 

ヤフオクのワンプライス出品も無料でしたが

Amazonの出品者登録も無料です♪

 

大口出品者と小口出品者があるのですが、

個人で出品する場合は小口出品の方に登録しましょう。

大口は業者さん用で、こちらは利用料がかかります。

 

Amazonのサイトで必要事項を記入するだけで

すぐに登録は完了します。

詳しい登録方法については後で紹介しますね。

 

商品の写真や説明文を自分で用意しなくていい

 

これがとっても楽でおすすめな部分なのですが

ヤフオクだと

自分で商品を撮影して、紹介文も書かなくてはいけません。

しかし

Amazonではすでに商品のページがあるので

写真も紹介も用意する必要がなく

商品の値段を決めて、

状態(非常に良い・良い・可など)を選ぶだけです

書き込みがあったり、傷がある場合だけひと言補足します。

 

自分で紹介文を書かなきゃいけないと思うと

つい面倒くさくなって放置しちゃうんですが

Amazonだと

「これ持ってまーす♪」って感じで

ぽちっと登録するだけなので

極度のめんどくさがりの私でも気軽にできています。

 

送料がもらえる

 

これがAmazonのシステムのいいところなんですが

本を出品する場合、

送料が一律で257円もらえます。

 

送料は必ずかかるだろうから、Amazonが代わりに徴収しといてあげるよ!

といった感じでしょうか。

料金体制のシンプル化の狙いもあるのかもしれません。

 

ヤフオクだと送料をどちら負担にするかなどの

わずらわしさがありますが、

Amazonはあらかじめ257円!と決めてくれているので

わかりやすいですね。

 

たいがいの本はクリックポストで164円で送ることができるので、

差額の93円は利益にもなります☆

(クリックポストについては「ヤフオクで出品するための発送マニュアル」をご覧ください。)

 

 

Amazonの料金システム(本)

 

商品が売れた場合

基本成約料として108円

販売手数料として商品価格の15%(本の場合)×消費税

カテゴリー成約料として65円(国内に発送する場合)

Amazonに取られます。(いずれも税込)

 

そして、

送料として257円(税込)

商品価格とは別でもらえます。

 

例えば

1000円で出品した本が売れた場合

 

本の価格+送料ー販売手数料ー基本成約料ーカテゴリー成約料

=1000+257-(1000×0.15×1.08)-108-65

=922円

 

ここからさらに実際の送料がかかるので

クリックポストで送ったとすると

922-164=758円

 

これが売上となります。

 

いろんな手数料がかかるので

ちょっと計算がややこしいですが、

出品するときに即計算されて922円と表示されますので

自分で計算しなくても大丈夫です。

 

今回は本を出品した場合の手数料を紹介しましたが、

本以外の出品はまた料率が変わるので注意してください。

 

 

Amazonで出品するときのデメリット

自分の住所・連絡先を記載する必要がある

個人出品なんですが、

Amazonでは業者のような扱いになります。

 

ヤフオクでは匿名のIDで出品できますが、

Amazonでは屋号(店名・会社名のような感じ)を使用し、

その所在地(自分の住所)、問い合わせ先(自分の電話番号)も

表示する必要があります。

 

屋号は適当に自分の好きな名前を登録すればOKです。

「○○書店」「○○屋」など。

本名で出品している人はほとんどいないかなと思います。

 

この所在地と問い合わせ先の記載がちょっと嫌ですよね。

住所と本名と電話番号までネット上で明らかになってしまいますから。

 

私もここでちょっと躊躇してしまって

なかなか登録の踏ん切りがつかなかったんですが、

いざ登録してみたら

誰も出品者の詳細なんて確認しないということと

(Amazonっていうだけで疑わずぽちっと買っちゃう)

問い合わせも一度も来ないということがわかりました笑

 

一応自分の携帯番号や家の電話を披露するのが嫌だったので

私はmineo(格安スマホ)で使っている050の番号を登録しました。

(これについてはこちらの記事をご覧ください)

050は普段全く使っていないので、

もし問い合わせがあったとしても、

「はい。○○書店です」と出ることができます笑

想像するとなんか笑っちゃいますが。。

 

050番号はIP電話アプリでも簡単に取得できます。

 

納品書を印刷する必要がある

 

Amazonで商品を買ったときに必ず同封されているアレです。

A4サイズのこの納品書は

自分で印刷しなくてはいけません。

 

なので、家にプリンターがない方は

ちょっと不便かなと思います。

 

コンビニのプリンターで印刷することも可能ですが、

いちいちコンビニ行くのも大変ですからね。

 

なのでプリンターを持っていない方は注意してくださいね。

 

納品書自体はAmazonがすべて自動で作成してくれているので

印刷ボタンをぽちっと押すだけで完成します。

ここは簡単ですね。

 

この納品書に購入者の住所氏名が記載されているので

印刷した納品書を見ながら

クリックポストの宛名を入力しています。

 

普通郵便で送る場合は

納品書の上部の点線で切ると

そのまま封筒の宛名として使えるのですが、

ヤフオク同様、追跡機能がないとトラブルが起きた時に困りますので

できればクリックポストなどの追跡機能付きの発送をおすすめします。

 

商品を発送する時に

必ずこの納品書が同封されているか確認しましょう。

 

より丁寧な梱包が求められる

 

Amazonでの購入者は

業者さんから買っているつもりで買っています。

 

それなのに

梱包がしょぼしょぼだったり

変な包装だったら

・・・ん?!ってなっちゃいますので

あくまでも業者っぽく

丁寧に包装する必要があります。

 

ヤフオクなどで梱包に慣れていたので

私はわりとスムーズにできました。

(梱包については「ヤフオクで出品するための梱包マニュアル」をご覧ください)

 

本と納品書を

OPP袋できちんと包んでから

B5の茶封筒に入れ、

ガムテープで封をします。

 

表面にはクリックポストの宛名を

透明のOPPテープで貼り付けます。

(雨に濡れても宛先が消えないように全面に)

 

このやり方でクレームは来たことがないので

たぶんこれでばっちりだと思います。

 

ヤフオクとは違って

納品書を同封しなくてはならないので

売れる前から梱包してしまわないように注意してください。

 

 

また、

私も一番最初の発送でやっちゃったんですが

〇〇書店から買ったのに、

山田 太郎さんから本が届いたら

え!?ってなりますよね。

 

ここも要注意です。

 

私はExcelで適当に屋号のロゴのようなものを作り、

それを印刷してはさみで切って封筒の表面に貼り付けています。

ゴム印を作っている人もいるみたいですが

1500円くらいかかるようだったのでやめました。

たくさん出品する方は、ポンとハンコを押すだけなので楽だと思います。

 

私が作ったのはこんな感じ

         〇〇〇〇書店

Amazonマーケットプレイスからの注文品

なんか本当に本屋さんになったみたいですごく楽しいですよ笑

 

 

 

と。

こんな感じですかね。

 

売上的にはヤフオクとほぼ変わらないですが

売れやすさはAmazonが抜群です。

服や食器などはヤフオクで

本はAmazonで売るようにしています。

 

本をあまり読まない方はヤフオクでもかまわないと思います。

 

私は読書が好きで、結構本を買うので

すぐ売れるAmazonがすごくよかったため

今回紹介してみました☆

 

まだはじめて1か月くらいですが、

すでに7000円分くらい売れてます!ウハウハ

 

不用品販売にハマってきたので

このほかにもいい方法があれば

随時紹介していきたいと思います。

 

 

・・はっ。

出品者登録の仕方を説明せねばだった。

Amazonの公式サイトの登録ヘルプページ

 

・「マーケットプレイスに出品」から小口出品者登録をしていきます。

 

特定商取引法に基づく表記をどうするか選ぶ項目が出てきます。

大口出品の人は必須で、小口出品の人は営利目的でなければ、一応、表記しなくても構わないとされているようですがいろいろ調べてみたところ、これについては自己責任の範囲で決めたほうが良さそうでした。

営利目的かどうかの判断は微妙で、あとあとトラブルになると嫌なので私は表記するほうを選びました。表記しとけば間違いないです。

 

・あとはクレジットカードの登録や売上の受け取り口座を登録すれば完了です

 

・出品するときも「マーケットに出品する」を選んで、価格や状態を選ぶだけです。

 

・商品が売れたあとにやることは、

①納品書の印刷

②梱包

③発送連絡ボタンをクリックの3つです。

発送連絡ボタンを押したと同時に、購入者にAmazonから発送連絡のメールが届くようになっています。出品者はボタンを押すだけで大丈夫です。追跡機能付きの発送の場合は、問い合わせ番号の入力欄がありますので、そちらに入力後、発送連絡ボタンを押しましょう。

 

・出品者専用のスマホアプリがあり、インストールしておけば、メールだけでなくアプリからも売上発生通知が来るのでとても便利です。在庫一覧の確認や、発送通知、出品もアプリからできます。

 

以上。

だいぶ長くなってしまいましたが、

Amazonであなたも本を売れますよ!

というお話でした。

 

出品者登録について、

実際のパソコン画面の画像を使って説明できたらよかったんですが、

まだ画像編集スキルがないため

文章のみでの説明になりめんぼくないです。。

 

そのへんは各自ググっていただけると助かります笑

 

1つ1つの記事の内容の詳細は

超わかりやすいレベルではまだまだ説明できていないと感じていますが、

それらについては丁寧に作成していらっしゃる他のサイトがたくさんありますので、

そちらを参照してもらって、

私はいろんな情報を幅広く収集し、

その概要をざっとまとめ、

こんなものがあるんですよ~とみなさんにお伝えすることを目的として

やっていきたいなと思っています。

 

たとえばAmazonだけで10記事くらいかけて説明すれば

超わかりやすくはなるとは思いますが、

Amazonの他にも伝えたいことが山ほどあるので、

まずはざっといろんなものを一通り説明し終えてから、

もう少し詳しく書いた方がいいなと思うものは追加していく予定です。

 

そんな感じなので、

これからもお付き合いいただけるとうれしいです☆

 

これは!と思ういいものを

どんどん紹介していきますね^^

ではまた~

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です