ソーダストリーム全6種類の違いを徹底比較!おすすめなのはどれ?

どうも、キャナナです。

わが家もついに炭酸水メーカーを導入しようと思い、どれにしようかいろいろと調べてみたところ、どうやら『ソーダストリーム』が人気らしいということがわかりました。

ただ、そのソーダストリームの中でもたくさん種類があるので・・

キャナナ

結局どれがいいの!?

ということで、

今回は人気の炭酸水メーカー『 ソーダストリーム』 の全機種の違いを徹底比較してみましたー!

 

ソーダストリーム全6種類の特徴

Source Power(ソースパワー)2万9000円

  • 3つのボタン(強中弱)から好みの強さで炭酸水を作れる
  • LEDライトで炭酸の強弱がわかる
  • ワンタッチでボトルの着脱ができる「スナップロック機能」
  • 自動ガス抜き機能
  • デザイナー「イヴ・ベアール」との共同開発モデル
  • 電源アダプター必要
  • ヒューズボトル(メタル)付き
  • 重量約2.5㎏
  • ブラック、ホワイトの2色展開

Source Power(ソースパワー)

ソーダストリームの最上位モデル。

デザインがおしゃれで高級感があり、機能面でも一番優れています。

ただし、電源アダプターが必要で、重さは約2.5㎏と一番重いです。

Source v3(ソースv3)1万9000円

  • ボタンを押す回数で炭酸の強さを調節して作る
  • LEDライトで炭酸の強弱がわかる
  • ワンタッチでボトルの着脱ができる「スナップロック機能」
  • 自動ガス抜き機能
  • デザイナー「イヴ・ベアール」との共同開発モデル
  • 電源アダプター不要
  • ヒューズボトル(白or黒)付き
  • 重量約2.1㎏
  • ブラック、ホワイト、レッドの3色展開

Source v3(ソースv3)

ソースパワーのちょっと劣化版という感じ。

といっても性能で変わるのは炭酸水を作るときにボタンを何回押すかくらいなので、むしろ電源アダプターが不要なぶん、こちらのほうが置く場所を選ばず使い勝手はいいかもしれません。

ただ、デザイン性で言うとやはりソースパワーのほうが高級感はあります。

スピリット ワンタッチ 1万9000円

  • 3つのボタン(強中弱)から好みの強さで炭酸水を作れる
  • ガスを抜く時の音で炭酸の強弱がわかる
  • ワンタッチでボトルの着脱ができる「スナップロック機能」
  • ガス抜き機能なし
  • 電源アダプター必要
  • ヒューズボトル(メタル)付き
  • 重量約1.5㎏
  • ブラック、ホワイトの2色展開

スピリット ワンタッチ

ソーダストリームの定番シリーズ「スピリット」の上位版。

3つのボタンから好みの強さの炭酸水を作れることから「ワンタッチ」という名称がついてます。

ただし、電源アダプターが必要なので置く場所は選びます。

Spirit (スピリット)1万4000円

  • ボタンを押す回数で炭酸の強さを調節して作る
  • ガスを抜く時の音で炭酸の強弱がわかる
  • ワンタッチでボトルの着脱ができる「スナップロック機能」
  • ガス抜き機能なし
  • 電源アダプター不要
  • ヒューズボトル(白or黒)付き
  • 重量約1.1㎏
  • ブラック、ホワイト、レッド、ミントグリーンの4色展開

Spirit (スピリット)

ソーダストリームといえばこれというくらいの超定番モデル。

必要最低限の機能は備えつつ、余分な機能はそぎ落としたようなコスパ重視のバランスの良い機種です。

人気モデルなのでカラー展開も豊富

電源アダプターも不要で置く場所を選ばず、重さも約1.1㎏なので持ち運びも簡単です。

Genesis Deluxe v2(ジェネシスデラックス)1万2000円

  • ボタンを押す回数で炭酸の強さを調節して作る
  • ガスを抜く時の音で炭酸の強弱がわかる
  • ボトルの着脱はねじ込み
  • ガス抜き機能なし
  • 電源アダプター不要
  • 専用ボトル(メタル)付き
  • 重量約1㎏
  • ホワイト、レッドの2色展開

Genesis Deluxe v2(ジェネシスデラックス)

こちらは価格と機能を抑えた安価モデル。

特に、この機種のみボトルの装着がワンタッチではなく「ねじ込み」タイプになっているので、毎回装着するときにクルクルとボトルを回して装着する必要があります。

また、ボトルの形状もこのモデルのみヒューズボトルではなく「専用ボトル」というタイプになっているので、追加でボトルを購入する際には誤ってヒューズボトルを購入しないように気をつけてください。

ただし、ボトルのねじ込みさえ苦じゃなければ価格は一番安いので、できる限り価格を抑えたいという人にはおすすめです。

Mini Deluxe(ミニ デラックス)1万2000円

  • ボタンを押す回数で炭酸の強さを調節して作る
  • ガスを抜く時の音で炭酸の強弱がわかる
  • ワンタッチでボトルの着脱ができる「スナップロック機能」
  • ガス抜き機能なし
  • 電源アダプター不要
  • ヒューズボトル0.5L(メタル)付き
  • 重量約1㎏
  • ホワイト、レッドの2色展開

Mini Deluxe(ミニ デラックス)

こちらはちょっと特殊なミニモデルです。

通常のボトルは1Lなんですが、このミニデラックスのみ0.5Lボトル専用の機種になってます。

また、ガスシリンダーも通常なら60Lサイズなんですが、ミニデラックスは25Lサイズを使う必要があるため、家電量販店ではガスシリンダーを購入できず、公式サイトからの購入のみ対応となっているので注意です。

正直、本体のサイズは他の機種とほとんど変わらないし、他の機種でも0.5Lボトルは使えるので、わざわざこの機種を選ぶ必要はないかな?とは思います。

 

ソーダストリームの違いを見るポイント

1.電源アダプターが必要かどうか

ソーダストリームの中には電源アダプターが必要なものと必要ないものがあるので、置く場所によってはこちらがネックになります。

この電源アダプターが必要な機種はこちらの2機種なんですが、どちらも3つのボタンから炭酸の強弱が選べるようになっています。

Source Power(ソースパワー)2万9000円
スピリット ワンタッチ 1万9000円

つまり、1つのボタンを押す回数で炭酸の強弱をつけるというのが苦じゃないのなら、これらのモデルを選ぶ必要もなく、電源アダプターも必要なくなります

2.自動ガス抜き機能の有無

炭酸水を作ったあとは、必ずガス抜きが必要なんですが、特別な作業は何も必要なく、ボトルをマシンから外すだけで勝手にガスが「プシュー」っと抜けます。

他社のメーカーだとわざわざボトルを転がしたりという手間があるみたいですが、ソーダストリームにおいてはガス抜きを意識する必要はありません

なんですが、機種によっては「自動ガス抜き機能」がついたものがあるので、これはどういうことなのかコールセンターに問い合わせてみました。

自動ガス抜き機能がついた機種はこちら

Source Power(ソースパワー)2万9000円
Source v3(ソースv3)1万9000円

すると、自動ガス抜き機能がついているものは、炭酸を注入したあとマシンにボトルが装着されている状態でガス抜きがされるのに対し、

その他の機種はボトルをマシンから外す時にガスが抜けるというだけの違いなんだそうで、

両者で特に手間の違いなどはなく、ガスの抜けるタイミングが違うだけということでした。

なので、この機能の有無で機種を判断する必要はないかなと思います。

3.スナップロック機能の有無

ボトルの装着がワンタッチで簡単にカチッとできるものを「スナップロック機能」というんですが、こちらはほぼ全機種に標準搭載されており、ついてないのは1機種だけです。

ボトルねじ込み式の機種

Genesis Deluxe v2(ジェネシスデラックス)1万2000円

ジェネシスデラックスは価格を抑えたモデルなので、ボトルの装着も手動でねじ込むタイプになってます。

ねじ込みが甘いと炭酸を注入する時に危険になる場合もあるので、お子様も使うようなら念のためスナップロック機能付きモデルを選んでおいたほうが安心かもしれません。

4.ボトルの形状

ボトルには「ヒューズボトル」と「専用ボトル」の2種類があるんですが、専用ボトルを使うのは1機種だけで、それ以外はすべてヒューズボトルになります。

専用ボトルを使う機種

Genesis Deluxe v2(ジェネシスデラックス)1万2000円

ヒューズボトルと専用ボトルは、性能としてはどちらも同じで、マシンの高さ的にジェネシスデラックスだとヒューズボトルが入らないということみたいでした。

また、ほとんどの機種で1Lサイズと0.5Lサイズの両方のボトルに対応しているんですが、こちらの1機種のみボトルのサイズが0.5L専用になっているので注意です。

0.5Lボトル専用の機種

Mini Deluxe(ミニ デラックス)1万2000円

少量ずつ炭酸を作りたい人には選択肢としてアリなのかもですが、本体の大きさは他の機種とほぼ変わらないし、ミニデラックスじゃなくても0.5Lサイズのボトルがあれば他の機種でも使えるので、あんまりこの機種を選ぶ必要性はないかなと思います。

ガスシリンダーも25L用と特殊なサイズを使う必要があるため家電量販店では購入できず、必ず公式サイトから購入する必要があります。

さらに、ボトルの中でも「メタル」と「白黒」の2種類があります。

こちらもボトルの性能としては全く同じなんですが、メタルのほうはメタル部分をボトルから取り外せるようになっているので、ボトルとメタルの間のすき間に溜まった汚れを洗うことができます

ただし、メタルもボトル内部の汚れが洗いやすくなるということではなく、あくまでもボトルの外側の底が洗えるというだけなので注意。

ボトル内部はどのタイプも内側からしか洗えません。

5.付属ボトルの種類

最初にマシンを購入するときは「スターターキット」というものを購入することになります。

スターターキットの中身
・マシン本体
・ガスシリンダー 1本
・ボトル 1本

なんですが、付属するボトルの種類は購入するマシンの機種によって変わるので、一応これらを一覧にしてみました。

Source Power(ソースパワー)
2万9000円
ヒューズボトル(メタル)
1,800円
Source v3(ソースv3)
1万9000円
ヒューズボトル(白黒)
1,200円
スピリット ワンタッチ
1万9000円
ヒューズボトル(メタル)
1,800円
Spirit (スピリット)
1万4000円
ヒューズボトル(白黒)
1,200円
Genesis Deluxe v2(ジェネシスデラックス)
1万2000円
専用ボトル(メタル)
1,800円
Mini Deluxe(ミニ デラックス)
1万2000円
ヒューズボトル0.5L(メタル)
1,500円

※ヒューズボトルの白黒は、マシンの色によってどちらか1色が付属します。
(白:ホワイト、ミントグリーン、黒:ブラック、レッド)

スターターキットで最初に付属しているのはこれらのボトルですが、別でボトル単品での購入も可能なので、欲しいボトルがあれば別で購入するといいと思います。

また、公式サイトから購入すればおまけで「限定ヒューズボトル0.5L」ももらえます
ソーダストリーム公式サイトはこちら

 

性能比較表

以上の内容をわかりやすく一覧表にまとめてみました。

ソーダストリーム全機種の比較表

※クリックで拡大できます

※スピリットのミントグリーン色は残念ながら販売終了となりました

おすすめなのはどの機種?

一番おすすめなのは「Spirit (スピリット)

さすが人気の定番機種という感じ。

電源アダプター不要で、ボトルの装着はワンタッチ、ヒューズボトル1L・0.5Lにも対応しているので、すべてにおいて使いやすいと思います。

唯一、付属のヒューズボトルがメタルではなく白黒なので取り外せず、長く使っているとボトルの底の汚れが目立ってくる可能性はあるかもしれません。

ただ、ボトルは別売りで単品購入もできるので、こちらも問題ないと思います。

<スピリットの使い方動画>

価格を抑えたいなら「Genesis Deluxe v2(ジェネシスデラックス)」

スピリットと2,000円差ではありますが、とにかく少しでも価格を抑えたい人にはこちらがおすすめです。

スピリットとの違いはボトルの着脱がねじ込み式であることくらいなので、ここが苦じゃなければジェネシスデラックスで十分です。

ただし、追加でボトルを購入する際に間違ってヒューズボトルを購入しないようにだけ注意。こちらは「専用ボトル」対応の機種です。

<ジェネシスデラックスv2の使い方動画>

高級感にこだわるなら「Source Power(ソースパワー)」

さすが有名デザイナーと共同開発しただけあって、見た目はかなり高級感がありますので、インテリアとのなじみを重視するならこちらがおすすめです。

性能面でも最高クラスなので、使い勝手も申し分ありません。

ただし、重さは一番重く、電源アダプターも必要になりますので、置く場所だけ注意してください。

<ソースパワーの使い方動画>

以上!

公式サイトを熟読し、さらにわからないところはコールセンターに問い合わせてなんとか調べ上げました。

わたし自身は結局「スピリット」のミントグリーンを購入

ソーダっぽいさわやかな色が可愛いくて気に入ってます^^

※どうやらミントグリーンは期間限定発売だったみたいで、残念ながら現在は販売終了

スピリットの詳しい使い心地については別の記事でまとめたので、こちらをご覧ください。

ソーダストリームのスピリットを購入したので使い心地をレビュー!詳しい使い方も解説

ということで、

今回は人気の炭酸メーカー「ソーダストリーム」の機種の選び方について解説してみました。

では今日はこれで!

またーノシ

※ソーダストリーム公式から購入すると「公式限定ヒューズボトル0.5L」もおまけでついてくるのでお得ですよー!

ソーダストリーム公式サイトはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。