戸建て住宅で排水管の高圧洗浄のチラシが入ったらまず見て欲しい記事

どうも、キャナナです。

うちは戸建て住宅で、築3年くらい?になるんですけど、排水管の高圧洗浄のチラシが入ってたので、試しに頼んでみたんですよ。

でも作業を見てたらなんか自分でもできそうな感じだし、料金も思っていたよりも高くついたので、もうちょっとしっかり調べてからお願いすればよかったかな~と後悔してます。

今回は、高圧洗浄の料金設定の仕組みと作業道具について、実体験を元に詳しく解説したいと思いますので、まずこれを読んでから業者さんにお願いするかどうかを検討してもらえればなと思います。

高圧洗浄のチラシについて

うちに届いたのはこんなチラシでした。

要点をまとめてみると

  • 通常3~5万円かかるところを、地域一斉工事により安くします
  • マンションは1年に一度メンテナンスが入るけど、戸建ては自分でやらなきゃいけない
  • 3年以上放置するとヤバイ
  • 1カ所3000円(風呂・洗面・洗濯は床下でつながっていれば1カ所とする)

これを読んで、あなたはどう感じますでしょうか?

わたしは

キャナナ

なるほど。今まで排水溝なんて気にしたことなかったな。もうすぐ築3年になるしやっといたほうがいいかも。

と、思いました。

最初、1カ所3000円だといろいろとやると高くなりそうだなと感じたのですが、風呂・洗面・洗濯を1カ所としてカウントしてくれるのなら、あとはキッチンをやったとしても2カ所で6000円で済むと思ったのです。

しかし、実際はそう甘くはありませんでした。。

料金の算出方法

この1カ所3000円というのがやはりキモ・・で、どこを1か所としてカウントするのかによって料金は大きく変わってきます。

しかし、具体的な算出方法はチラシには書かれておらず、電話で問い合わせた時に聞いてもチラシと同じような答えしか返ってきませんでした。(電話受付専門のオペレーターにつながるので、現場のことはよくわかってなさそうな感じ)←あえてそういう人を電話窓口に置いているのか…?

さらに、家の配管構造によっても料金が変わるので、まぁ一概には言えない部分もあり、余計に説明しにくいのもあると思います。

で、実際にうちに来てもらって配管を見てもらったところ、こんな感じの配管になっていることがわかりました。

四角が家で、線が排水管、丸は今回作業できる場所を表しています。

 

作業員「こちらのお宅は全部で11カ所ですね。」

キャナナ「ということは、全部やるとすると・・」

作業員「オプションも入れると5万1000円になりますね。」

キャナナ「どひゃー!」

 

これ、どういうことかというと・・

家の中と外とでは作業工程が違っていて、チラシで案内しているのは主に家の外の作業のことなんです。

実際、高圧洗浄をしてくれるのは家の外にある排水溝だけで、家の中から外につながる配管は高圧洗浄ではなくポンプ洗浄+薬剤洗浄になります。

家の中の排水溝
⇒ポンプ洗浄(3000円)+薬剤洗浄(3000円)

 

家の外の排水溝
⇒高圧洗浄(3000円)

チラシに書いていた、洗面・お風呂・洗濯はつながっていれば1カ所とするというのは、つまり家の外の排水溝の話で、中の作業はオプションとなります。

そのオプション部分がポンプ洗浄と薬剤洗浄になるんですけど、これらもそれぞれ3000円かかるというわけ。

 

なので、

うちの場合は

外の排水溝5カ所⇒1万5000円

中の排水溝6か所(ポンプ洗浄+薬剤洗浄)⇒3万6000円

合計で5万1000円になるということになりました。

 

ただ、必ず全部を掃除しなければいけないということではないので、この中からどこを掃除するのかの選択になります。全部が汚れまくっていたら全部やったほうがいいかもしれませんが。。

しかしここで注意したいのが、排水管のルートです。

うちは洗面からキッチンの方向に向かって排水管の水が流れているので、たとえば浴室の横にある一番奥の排水管だけを高圧洗浄したとしても、その汚れがトイレのほうに移動するだけであまり意味がありません。。

なので、家の外をきれいにしたいのなら、汚れているところから本管までの道筋をすべて洗浄しなければいけないということになります。

結局3カ所お願いすることに

で、これを踏まえた上でいろいろとお財布とも相談した結果、、

  • 浴室の排水溝(ポンプ+薬剤)
  • キッチンの排水溝(ポンプ+薬剤)
  • キッチンの排水溝(高圧洗浄)

この3カ所のみお願いすることにしました。(9000円+税)

ほんとはポンプと薬剤の両方をやると3000円ずつかかるんですが、予算6000円くらいで考えていたことと、オペレーターに聞いてもよくわからなかったことを伝えるとおまけしてくれました笑

作業員「もううちのオペレーターあほなんですよ。。そのしわ寄せがいつも僕らに来るんですわ。。」

と言っていましたが、、

安く思わせるチラシ⇒よくわかっていないオペレーター⇒高額提示⇒値引き⇒成約!

もしやここまでがワンセットなんじゃ・・と変に勘ぐってしまうわたしでありました。考えすぎ?

実際の作業内容

で、ここからが大事なポイントなんですが、ずっと横で作業を見ていたら、そんなに難しいことは何もしてないんですよね。

「これ道具さえあればわたしでもできるな。」と思いました。

ポンプ洗浄

お風呂とキッチンの排水溝でやってもらったんですが

これとまったく同じものを使ってシュポシュポやってるだけでした。

水をジャーっと出しっぱなしにしながら、排水溝にこのポンプを押し当てて真空状態にし、そこで手前のレバーを抜き差ししてシュポシュポやると「ゴボッ!ゴボボッ!」 と排水管の中の水が上下し、それで水アカがたくさん出てきました。

このポンプはたぶん良いやつなので自分で買うとなるとちょっとお高いですが、3年に1回くらいやったほうが良いのであれば、毎回3000円で頼むと高いので、一家に一台買っておくのもアリだと思います。

これ1つで洗面、浴室、キッチン、トイレすべての排水溝に使えます。

似たようなものでもうちょっと安いものもあるみたいですが、効果がなかったというような口コミも見かけたので、わたしは一応これをおすすめしたいと思います。効果はこの目で確かめましたから。。

うちも次回は自分でこれを買って掃除しようかなと思ってます。

薬剤洗浄

薬剤洗浄は、ポンプ洗浄をしたあとに、バケツにジャラジャラと薬剤を入れて2リットルくらいの水で溶かし、それを排水溝に流しているだけでした。(これで3000円・・)

薬剤の名前はすいません、見るのを忘れていたのでどれかはわからないのですが

形はちょうどこんな容器で、中に錠剤のような小さい固形の薬剤がたくさん入ってました。

名前はピーピースルーだったのかどうか微妙ですが、、おそらくこれも同じような成分だと思います。

ポンプがちょっと高すぎて買えないという人は、薬剤なら1000円程度で手に入りますので、こっちだけでもやっておくといいかもしれません。

高圧洗浄

これは外にある排水溝のフタを開けて、そこからホースを突っ込んで高圧洗浄をしていました。

業者さんが使っていたのは、ひもを引っ張るとガガガガっと動きだして、長くて細いホースから高圧で水が噴き出すような機械を使っていました。おそらく電気がなくても使えるエンジン式のものだと思います。

ただ、これももしかしたらケルヒャーなどの高圧洗浄機で代用できるのかもしれません。

わたしはケルヒャーを持っていないので、具体的なことは言えないんですが、タイトル部分に「排水溝」とあるのでもしかしたらいけるのかも?

これはケルヒャーの別売り部品なんですが、業者さんもこれと同じようなホースを排水溝から突っ込んで洗浄していました。

ただ、ここまでくるとちょっと大変だし、機械代も高くつくので、これはこういうのが得意な人以外はやはり業者さんに頼むのがいいかもしれません。

うちの場合だと、高圧洗浄だけなら全部やっても1万5000円だったので、まぁ、5年とか10年に1回くらいは業者さんにお願いするのもアリかなと思いました。

まとめ

高圧洗浄してくれるのは家の外にある排水溝だけなので、業者さんに頼む場合は注意しましょう。

家の中の排水溝洗浄においては、ポンプや薬剤さえ購入すれば自分でも十分できますので、もし業者さんの提示した金額が高い場合は検討するのもアリだと思います。

排水溝が汚れているかどうかは、家の外にある「おすい」と書かれたマンホールの蓋をマイナスドライバーなどで開けると中を見れますので、気になる人は一度確認してみるのがおすすめです。

それでもしめちゃくちゃ汚れていて今にも詰まりそうな感じであれば、一度業者さんに洗浄してもらったほうが良いかもしれません。

戸建てだとこういうところも自分で気をつけなければいけないので大変ですね。。

排水溝は完全に盲点だったので、これからはちょっと意識して、詰まらせないように気を付けたいと思いました。

 

最後に、排水溝を詰まらせないためのアドバイスとして「1日1回程度大量の水を流すといい」ということを教えてもらいました。

湯船にお湯をためているならそれを流せばOKで、それ以外の洗面所やキッチンなどでは、バケツに水をためて一気に流すというのをちょこちょこやっておけば詰まりにくいそうです。

以上!

ということで今回はこれで☆

またーノシ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。