MENU
キャナナの画像
キャナナ
ひきこもり主婦ブロガー
今日も『デキ主婦』をご覧いただきありがとうございます。

このブログはぐうたら主婦のわたしと一緒にデキる主婦を目指すためのブログです。

家計節約、ネット収入、エンタメなど主婦に関わる様々な情報を発信しています。

>> このブログをはじめた経緯

Audible(オーディブル)とは?サービスの仕組みとお得な利用方法を徹底解説

どうも、キャナナです。

本の朗読が聞けるサービス『Audible(オーディブル)』をAmazonが日本でリリースしてから約3年ほどが経過したんですが、今年2018年8月に大幅な内容改定が行われ「サービス改悪だ!」との声が多く上がりました。

しかし、いろいろ詳しく調べてみると使い方によっては以前よりお得になった感があるので、そのあたりのことを詳しく解説してみたいと思います。

目次

オーディブルとは?

人気の本を朗読した音声を、パソコンやスマホで聴けるAmazonの新サービスです。

Amazonといえば「本」が主力商品ですが、紙の本、古本、電子書籍と来て、今度は音声の本を販売し始めたという感じですね。

オーディブルの基本的なシステムとしては、
月額1500円で毎月コインが1枚もらえ、そのコインで音声本が1冊購入できるというものになってます。

これだけ聞くと「え、高くない?」と思いますよね。

同じくAmazonが提供している『Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)』という電子書籍の読み放題サービスは、月額980円で18万冊以上が読み放題になりますからね。

これがオーディブルが改悪と言われる理由なんですが、このコイン制になる前はいったいどんな内容だったのかと言うと、、
実はオーディブルも聴き放題でした

聴き放題からコイン制へ

わたしもこの聴き放題の時に一度オーディブルの無料お試しを利用したことがあるんですが、正直作品のラインナップが少なすぎて微妙だったんですよね。

価格は今と同じ月額1500円で、何冊かは聴きたい本があったのですが、1ヵ月もあれば十分聴けるし、わざわざ月額で毎月1500円払ってまではいらないなと思って、無料お試し期間の終了と共に解約しました。

聴き放題の時でさえ、月額1500円が高く感じて継続しなかったのに、さらにコイン制に変わって毎月1冊しか聴けないようになるだなんて、Amazonはいったい何を考えているんだ。。

と、思ったんですが

さらに詳しく調べてみると、うまく使えば前よりもお得だということがわかったので、その理由を説明します。

ポイントは返品交換

公式サイトのここを良く見てみてください。

会員に限り、購入したタイトルが気に入らなかったら、他のタイトルと交換OK

これですよこれ。

会員に限りというのは、今回コイン制に切り替わったのと同時に、オーディブルの月額会員じゃない人でも単品で音声本を購入できるようになったためです。

つまり、月額会員じゃない人が単品で音声本を購入した場合は返品交換できないけれど、月額会員なら音声本の返品交換が可能ですよということ。

「え?返品交換できるんだったら、実質聴き放題と変わらないんじゃないの?」と思ったあなた。正解です。

ではなぜ聴き放題サービスという言い方を辞めたのか?

それは、

毎月1つ付与される「コイン」でお好きなタイトルを購入できる

ようになったからです。

つまり、聴き放題の時はあくまでも月額会員になっている間だけ聴ける「レンタル制」だったんですけど、毎月1冊をコインで「購入」するシステムになったため、購入なのに聴き放題を謳ってしまうと、実質「買い放題」のようになってしまうため、あえてこんなわかりにくい表現にしたという感じがします。

まぁ、実際購入後365日以内なら返品交換できるので買い放題みたいなもんなんですけど、「気に入らなければ交換」という言葉を使うことでなるべく心理的に交換しづらい感じにしていると思われます。

さすがに交換なしで毎月1冊のみ1500円だと高すぎて誰も会員になってくれないだろうことはAmazonもわかっていると思うので、苦肉の策で一応抜け道を用意したというわけですね。

おそらくこの音声本を1冊用意するのには、電子書籍と比べてかなりのコストがかかっていると思うので、できるだけ聴き放題では提供したくないという思いがあるんだと思います。

単品購入だと、ほとんどのタイトルが2000円以上しますからね。。(映画並・・)

というわけで、これ実質聴き放題でありながらも毎月1冊は手元に残していけるので、実は以前よりもお得になっているんですよ。

以前だと月額会員を辞めたあとは音声本を聴くことはできませんでしたが、今回の1冊購入制であれば、オーディブルの月額会員になった月数分は解約しても手元に音声本が残るので、たとえば6か月で解約したなら6冊は今後も聴き放題になるということになります。

さらに、音声本の返品交換は、本を購入してから365日間は可能(月額会員を辞めたあとは返品不可)なので、月額会員を続けている限りは、すでに購入している本の変更までできちゃいます。

ラインナップは充実

聴き放題だったころは、ラインナップが少なすぎて微妙だと感じたんですが、ここはさすがに改善してきましたね。

コイン制に切り替えるにあたって、日本独自タイトルを400点以上追加、海外で販売していた20万点以上のコンテンツも解禁したそうです。

実際にラインナップを見てみると、たしかに前より聴きたい本が増えた印象です。

オーディオブックの売れ筋ランキングはこちら

これはランキングなのでラインナップのほんの一部なんですが、実際にオーディブルのアプリから検索してみたところ、416,709作品(2018年10月時点)ありました。

ただ、この中には洋書も多く含まれていて、何なら洋書のほうが多いので、日本語の作品でフィルターをかけると10,596作品(2018年10月時点)まで減るんですけどね。

そしてこの日本語の作品をさらにカテゴリー別に分けてみたところ(2018年10月時点)

・名作文学 722冊
・現代文学 381冊
・時代小説 710冊
・ミステリー・ホラー 440冊
・SF・ファンタジー 29冊
・古典・神話 227冊
・絵本・児童書 878冊
・詩歌 21冊
・自己啓発(生き方・人生論) 763冊
・自己啓発(成功法) 115冊
・自己啓発(人間関係・コミュニケーション) 214冊
・ビジネス(マネー・資産運用) 92冊
・ビジネス(マーケティング・セールス) 330冊
・ビジネス(キャリア・マネジメント) 248冊
・ライトノベル・BL・声優 691冊
・落語・寄席・演芸 847冊
・語学 853冊
・学習・教育 65冊
・科学・テクノロジー 62冊
・社会・政治 160冊
・宗教・哲学 251冊
・評論・対談 341冊
・歴史・地理研究 193冊
・地理・旅行 144冊
・エッセー・自伝 159冊
・暮らし・健康・趣味 160冊
・ヒーリング 294冊
・エンタメ・カルチャー 844冊
・ラジオ・ラジオドラマ 484冊
・官能 46冊
・アダルト 265冊
・洋書 10冊

こんな感じになっていたので、興味のある分野のタイトル数がどれくらいかはこれを見てだいたいの感覚を掴んでもらえればと思います。

わたしは自己啓発とビジネスジャンルが好きでよく読んでいるんですが、音声なら小説やヒーリングもありだなと思いました。

また、月額会員だけが聴ける「オーディブルステーション」という無料コンテンツも別で用意されています。

10~20分程度の短い音声なんですが、平日に定期的に配信され、会員なら追加料金なしで楽しめます。

オーディブルステーションで配信されるコンテンツは以下の通り

  • 放送室チャンネル(平日毎日更新)
    …松本人志・高須光聖の伝説的ラジオ番組「放送室」を配信
  • 20分で聴けるビジネス書チャンネル(毎週火曜更新)
    …今読むべきビジネス書を1冊約20分で聴ける
  • World Newsチャンネル(毎週火曜更新)
    …世界のニュースを英語でお届け
  • Japan Newsチャンネル(毎週木曜更新)
    …日本のニュースを英語でお届け
  • Audhible文学チャンネル(毎月第1金曜更新)
    …伊集院静・阿川佐和子が人気作家をゲストに迎えるトーク番組
  • 瞑想ヨガチャンネル
    …スタジオ・ヨギーよりオリジナル瞑想ヨガを配信
  • yogaチャンネル
    …ローラ・アーレンスによるAudibleオリジナルヨガレッスンを日英2か国語で配信
  • メディテーションチャンネル
    …渡邊愛子による究極の瞑想用コンテンツを配信
  • 短編文学チャンネル
    …人気作家のオリジナル短編を朗読でお届け
  • 落語チャンネル
    …桂文我による10演目をお届け

おすすめのオーディオブック

オーディブルで聴ける日本語の作品の中から個人的に興味のあるタイトルをいくつか紹介してみたいと思います。

引き寄せの法則

もうこれは全ての人に聴いて欲しい!

この引き寄せの法則を知っているかどうかで人生は大きく変わると言っても過言ではないと思ってます。

いわゆるスピリチュアル系の部類には入るんですが、今は科学的にもそれが証明されつつあるので、世の中の成功者は全員この法則を利用して成功したんじゃないかなと密かに思ってます笑

神さまとのおしゃべり

この本は、めっちゃくちゃおすすめです。

引き寄せの法則とか鏡の法則とかを面白おかしく学べるんですが、今まで読んだどの本よりもその真理に迫っていて正直感動しました。

この本を読むか読まないかでマジで人生変わるくらいの素晴らしい本なので、 ぜひ一度読んで欲しい一冊です。

わたしはすでにこの本を持っているんですが、ちょうどもう一度読み返したいなと思ってたので、この機会にオーディブルで聴き直そうと思います。

神さまとみつろうの対話形式で物語が進んでいくので、逆に本で読むより朗読で聴いたほうがこれはわかりやすいかも。

嫌われる勇気

これは人生のバイブルにしたいくらいの素晴らしい本でした。

こちらも対話形式で話が進んでいくので、朗読がおすすめの本でもあります。

アドラー心理学のブームの火付け役となった本であり、人間関係での様々なトラブルや生きづらさを解決するヒントがたくさん詰まっています。

Think Smart

人生のシンプルな生き方について書かれた本。

幸福を手に入れようとするのではなく、不幸を避けることで幸福が手に入るという内容。

2020年5月29日には同じ著者の「Think clearly」もオーディブルに追加されます!

自分を操る超集中力

メンタリストとして有名なDaiGoさんですが、実は大変な読書家で、自身でも数多くの本を出版されています。

わたしはこの本がきっかけでDaiGoさんの本にハマり、これまで5冊以上は買ったと思います。

どの本もとてもわかりやすい文章で、勉強になることが多く、この集中力の本もかなりおすすめです。

火花

created by Rinker

これはピースの又吉さんの著書で、あの芥川賞までとった超有名本ですが、実はまだ読んでないんですよね。

ただドラマでは一応見たので、まぁ別に読まなくてもいいかなとは思っていたんですが、この本、実は朗読しているのがあの堤真一さんなんですよ…!

俳優さんの朗読はちょっと珍しいので、そっち目当てで一度聴いてみようかなと思ってます。

オーディブルの作品では、このように俳優さんが朗読しているものも結構あるので面白いですよー。今後も増えてくると思います。

その他に参加している俳優・声優・朗読家の方々(2018年10月時点)

というわけで、ちょっと長くなってしまったので最後にもう一度オーディブルの要点をまとめてみたいと思います。

オーディブルの要点まとめ

月額1500円

最初の30日間は無料でお試しできますが、30日以内に解約しなかった場合は自動で毎月1500円課金されます。

30日以内に解約すれば、料金は全くかからずに済みます。

毎月コインが1枚もらえる

最初の無料お試しでコイン1枚、翌月以降も1500円の月額会員になっていれば、毎月1枚ずつコインがもらえます。

コインを使わなかった場合は翌月に繰り越しも可能で、最大6か月まで繰越可能です。

コイン1枚でオーディオブック(音声本)1冊が購入できます。

オーディオブックは500円くらいのものから2000円以上するものもあり様々なので、どうせなら単価の高い本の購入に使ったほうがお得ということになります。

無料お試し期間にもらえるコインで購入した本は、お試し期間に解約をしたとしても消えずに残るので、オーディブルを契約すれば必ず無料で1冊は音声本がもらえるというシステムになってます。

気に入らなければ返品交換が可能

コインを使って購入した音声本の内容がもし気に入らなければ、月額会員であれば返品交換を申請することが可能です。

返品申請はWEB・電話・メールの3種類から行うことができます。

WEBで返品申請をする方法はこちら

電話・メールで返品申請をする場合はこちら

ただし、WEBからの場合は申請回数に上限があります。

公式には具体的に何回までとは書かれていないのですが、およそ8回程度であると言われています。

しかし、WEBではなく電話やメールで返品申請を行えば、無制限で受け付けてくれるので、実質は聴き放題と同じ感じにはなります。

が、一応公式としては、聴き放題として返品システムを利用するのではなく、あくまでも内容が気に入らなかった場合にのみ返品申請をしてくださいという表記になっているので、基本的にはそのように利用してもらえればと思います。

月額会員を継続していれば毎月コインが1枚もらえるので、毎月1冊は手元に残していけますし、それらはオーディブル解約後も聴くことができますので、雰囲気としては、毎月いろんな本を試し聴きしながら1冊ずつ購入できるシステムということになりますね。

返品申請をするとコインが戻ってくる

返品申請をすると、使用したコインが戻ってきます。

なので、再びこのコインを使ってオーディオブックが購入できるという仕組みになってます。

すべて試し聴きできます

普段あまり朗読は聴き慣れていないと思うので、実際どんな感じになるのか、どんな声の人がその本を朗読しているのか、気になりますよね。

正直、朗読する人によっては内容が頭に入りにくいこともあると思います。

だけど、オーディブルの本はすべて購入前に試し聴きできる「サンプル」が用意されているので、それを聴けばだいたいの雰囲気はわかるようになってます。

会員なら30%引きで購入できるが・・

オーディブルの月額会員特典として、オーディオブックがすべて30%引きで購入できるというものがあるのですが、これは利用すると損かなと思います。

コインで購入した本以外に聴きたい本があるなら、返品申請をすれば追加料金なしで聴けるので。

単価500円の本であれば、30%引きだと350円で購入できるので、まぁ場合によってはありだと思いますが、

たとえば単価3500円の『下町ロケット』とかだと30%引きでも2450円なので、これならもう1か月月額会員1500円を延長してコインで交換したほうが安いので、単品購入したい場合は単価をよく確認してから購入するようにしてください。

Alexa(アレクサ)にも対応しました

最先端技術のAIスマートスピーカーのAmazon Echo(エコー)シリーズなどで使えるAlexa(アレクサ:人工知能)にもオーディブルが対応したので、スマートスピーカーで本の朗読を聴くことも可能になりました!

「アレクサ、(コンテンツのタイトル)読んで」
「アレクサ、止めて/再開して」
「アレクサ、巻き戻して/早送りして」

と声をかけるだけで簡単に操作できます。

これにより、寝室で寝る前に聴いたり、キッチンで家事をしながらでも聴きやすくなりますね。

その他のよくある質問

これら以外にも気になる点があれば、こちらの公式サイトよくある質問コーナーをご覧ください。

オーディブルの退会方法

オーディブルの退会は、アプリからではできないようになっているので、パソコンからWEBサイトにアクセスするか、スマホのWEBサイトをPC版表示に切り替えた上で解約手続きをする必要があります。

詳しいやり方はこちらの公式サイトに解説があるのでご覧ください。

これはちょっとAmazonらしからぬ感じですね。

Amazonプライム会員なんかは簡単にポチっと解約ボタンを押すだけで休止できるのでいいんですけど、オーディブルはちょっとひと手間かかるようにあえてしている印象を受けます。。

普通はみんなスマホやアプリからしか利用しないですからね。

なのにあえてパソコン表示からしか退会を受け付けないというのは不便としか言いようがないんですけど、まぁスマホからでも退会できないことはないので、ちょっと面倒ですが公式サイトのリンクをPC版表示に切り替えた上で退会してください。

聴き活はスキマ時間にうってつけ

今は忙しい日々のスキマ時間に耳を有効活用する聴き活がわたしの中でブームになってます笑

通勤ラッシュ時や家事をやっている時、車の運転中、ウォーキング中などでも、耳は空いているので何もしないのはもったいないですよね…!

わたしは最近スポーツジムに通い始めたんですけど、ランニングマシーンを使っている時やストレッチをしている時はずっと『Prime music(プライムミュージック)』で洋楽のプレイリストを聴いてテンションを上げながら運動をしていました。

音楽だと気分を乗せたりリラックスしたりするのに効果的ですが、オーディオブックなら教養を身につけたり物語を楽しむこともできるので、今後はスポーツジムでオーディオブックを聴くようにしてみようかなと思ってます。

毎日1時間くらい通ってるので、1ヵ月にすると結構いい感じに本が読めると思うんですよね。

あなたも、もし日常生活に決まったスキマ時間があるのなら、その時間を【聴き活】に使ってみませんか?☆(←聴き活という単語を流行らせたいだけ)

ということで、
今回はAmazonの『audible(オーディブル)』について詳しく解説してみました。

無料お試しだけの利用でも1冊は無料で音声本がもらえるので、ぜひ一度使ってみてください。

オーディブルの無料お試しはこちら

ではまたーノシ

コメント

コメント一覧 (4件)

  • なるほど。よくわかりました。
    Amazonサイトの情報をフツーに読んでも、いまいちよくわからなかったのでありがたいです。
    ただ、1コイン一冊ということは、返品を駆使しても、年間で100冊聴くような使い方は、定額の中ではめんどくさそうですね。

    個人的には、KindleUnlimitedのオーディオ版みたいな感じで、1~2冊の持ち出し制限の中で交換しながら聴けたらよかったなと、思いました。

  • 返品回数の問題を差し引いて、実質聴き放題なんて書いちゃダメでしょ。
    報酬に寄せすぎたポジショントークはいかがかと思いますよ。

    • やすさん
      ご指摘ありがとうございます。

      うーん、Amazon側が返品に応じるシステムにしているので、客観的に見ても実質表記は一応誤りではないと思ってるんですがどうなんでしょう。。
      あとはこのサービスをどう使うかはユーザー次第かなと思います。

      記事内でも、「Amazon側としては気に入らなかった場合は返品交換」という形にしてるので、基本的には気に入ったものをストックしていく感じで使っていってくださいとは書いています。

    • 寝ぼけながらググってたら漂着。オーディオブックが気になっていました。
      タイムリーな記事に出会えラッキーです。格安simに乗換たところなのでチャレンジしてみます。ありがとうございます。

コメントする

目次
閉じる