ペットに保険は必要ない!?その理由をお話しします

どうも、キャナナです。

ペットに保険をかけるかどうか、悩みますよね。

ケガや病気をしたら医療費はとても高いって聞くし、念のため加入しておこうかなと思ったけど、保険料も意外と高い。

「結局どっちがいいの!?」

というところですが、結論から言うとわたしは加入しませんでした。

今回はその理由についてお話したいと思います。

ではまず、保険に「加入した場合」と「加入しなかった場合」で実際どれだけお金がかかるのか。シミュレートしてみましょう。

シミュレーションの条件

  • トイプードル
  • オス
  • 1歳
  • 病歴なし
  • マイクロチップ埋め込み済
  • 15歳まで生きると仮定
  • 保険料は月払いよりも年払いのほうが安いので年払いで計算

保険会社は【アクサダイレクト「いぬのきもち保険」<プラン70>特約なし】(価格.comのペット保険ランキング1位)で試算してみたいと思います。

※2017年2月時点でのランキングです。

<プラン70>というのは、医療費の7割を保険会社が負担。残りの3割を自己負担するプランです。

保険料シミュレート

では、「いぬのきもち保険の保険料表」を見て計算してみます。

うちの犬は今1歳なので、1歳から15歳まで加入するといくらかかるかというと、

1歳  27,680円
2歳  26,690円
3歳  28,070円
4歳  31,650円
5歳  36,100円
6歳  42,050円
7歳  48,520円
8歳  55,730円
ーーーーーーーー
9歳  61,820円
10歳 63,690円
11歳 65,060円
12歳 65,900円
13歳 63,900円
14歳 54,120円
15歳 54,120円

合計金額は

725,100円

※新規に加入できる年齢は8歳まで。9歳以降はこれまでに加入していて継続の場合だけ加入できます。

合計するとなかなかの金額になりますね。

人間の医療保険だと加入した年齢時の保険料額がそのまま継続されるのですが、犬の場合は「毎年更新」になるので毎年金額が変動します。

加入時の保険料が安くても、継続していくとだんだん金額が上がるので注意してください。

725,100円支払ったとしても加入しなかった場合と比べてお得なのか?

この保険料は愛犬が病気をしようがしまいが必ずかかるお金です。

また、忘れてはいけないのが医療費の3割は自己負担であり、保険会社が負担してくれるのは7割だけです。

つまり、実際は725,100円+医療費の3割も支払うことになります。

 

ということは、

これから愛犬にかかるかもしれない医療費の7割が725,100円以上ないと損だということになりますよね。保険会社が負担してくれる7割と、こちらが支払う保険料との勝負です。

医療費の7割が725,100円を超えるためには?

いぬのきもち保険の公式サイトでは保険金支払いの事例として

<椎間板ヘルニア>
入院+4回通院
治療費合計 240,000円
(アクサダイレクト負担168,000円+自己負担72,000円

<皮膚炎>
通院6回
治療費合計 159,000円
(アクサダイレクト負担111,300円+自己負担47,700円

が紹介されています。

たしかに治療費はかなり高額ですよね。どちらも急に用意するのはなかなか大変な金額です。

でも、自己負担も意外と高くないですか?すでに保険料を数万~数十万払っているのにさらにこの金額を支払わなければならないんです。

 

そして、この時点で保険会社が負担しているのは

168,000円+111,300円
=279,300円

725,100円にはまだまだ遠いですよね。

保険加入VS保険未加入

仮に、犬が亡くなるまでの生涯に先ほどの2つの病気にかかったとすると、保険に加入している人と加入していない人の合計支払い額はどうなるでしょうか?

<保険に加入している人>
保険料と3割の自己負担があるので
725,100円+72,000円+47,700円
844,800円

<保険に加入していない人>
ヘルニアと皮膚炎の医療費を全額支払わなければならないので
240,000円+159,000円
399,000円

 

実際はもっと重い病気にもかかる可能性があるのでなんとも言えませんが、この時点では40万円ほど保険加入者の方が多く支払っていることになりますね。

いろいろとネットで調べてみたところ、およそ犬の生涯で100万円の医療費がかかると言われているようです。

 

じゃあ例えば、医療費が100万円かかったとして、保険に入っている場合、自己負担はおよそ30万円。

725,100円+300,000円

1025,100円

なので結局、生涯の医療費が100万円なら、保険に加入していたとしても加入していなかったとしても100万円かかるということになりますね。

ただし、保険加入者の場合は、全く病気ケガをしなくても確定で72万かかり、加入していない人は病気ケガをしなければ0円で済むという違いがあります。

さて、あなたはどちらを選ぶでしょうか?

毎年契約更新の落とし穴

そしてもう一つ、保険料の他に注目して欲しいことがあります。

それは「契約更新」についてです。

人間の医療保険でもそうですが、持病があると保険の加入を断られることがありますよね。それはペット保険でも同じこと。

 

つまりどういうことかというと、、

 

1歳からずっとペット保険を掛けてきて、10歳で何らかの病気になったとしましょう。すぐには治らないような、ちょっと慢性的な病気に。

これまで払ってきた保険料は約40万円。ようやく保険のお世話になる時がきました。

医療費は毎回高額だけど、まぁ3割負担だからなんとか払っていけるだろう。。と思っていた矢先、保険契約更新の時期がやって来ました。

当然これからも保険を続けたい。これまで40万円も払ってきたんだから元を取りたい。そう思っていましたが。。

 

継続を断られる可能性があります。

 

これは保険会社の判断にもよると思うので、継続が認められる可能性もないことはないですが、持病のある犬は通常保険を契約できません。

わたしはここがペット保険の最大の問題点だと考えています。

 

人間の医療保険であれば、60歳払い込みで補償は生涯続くものや、払い続けている限り補償が続くものが多いですが、ペット保険は「毎年更新」の形を取っているところがほとんど。というか、そのタイプの保険しかわたしは見たことがありません。

ということはですよ、病気になった年のその1年間だけで、これまで払ってきた保険料分の元を取らなければならないということです。

 

これ、なかなか厳しくないですか?

 

しかも契約更新月の直前なんかに病気をしたら、今まで払ってきた保険料の元なんて全然取れないわ、契約更新できなくてこれからは全額負担になるわで最悪です。

まとめ

今回は「いぬのきもち保険」を例にシミュレートしてみましたが、飼っているペットの種類や年齢、選ぶ保険会社やプランによって金額は変わってきますので、計算の考え方だけ参考にしてもらえればと思います。

わたしの結論としては、冒頭で申し上げた通り「ペットに保険は必要ない」と判断しました。

その理由は

  1. 重い病気やケガをして継続契約できなかった場合、その年だけでこれまでの保険料の元を取らなければならないことになる
  2. 保険を継続できたとしても、平均寿命15歳・平均医療費100万円だとしたら保険に加入していてもしていなくても支払い額は結局同じ

だからです。

人間の医療保険と同じように、加入年齢が若ければ保険料がずっと固定で安く、15歳払い込みで終身保険等であればまだ検討の余地はありましたが、これはあまりにも条件が悪すぎると感じました。

 

「ペットの医療費は高額である」というイメージがあるので、ついペット保険で備えておこうという気になってしまうのですが、本当に加入することで備えになるのか、いま一度しっかりと考えてみて欲しいと思います。

わたしも加入しないと決めたからには、全額自己負担でもしっかり支払えるよう、日頃から愛犬用に資金を確保しておかなければなぁと考えてます。

では今日はこのへんで!

またーノシ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。