Ponta(ポンタ)カードの作り方まとめ

どうも、キャナナです。

ローソンなどで買い物をすると、「ポンタカード」はお持ちですか?と聞かれますよね。

実はこのポンタポイントは超お得な使い方があるので、ぜひ1枚作っておきましょう。

今回はポンタカードを作る方法についてまとめてみました。

Ponta(ポンタ)カードとは?

Pontaポイントについて

RECRUIT(リクルート)が運営しているポイントです。

リクルートといえば「リクルートポイント」というものもあるので、「ポンタポイント」とどう違うのかというと・・

「リクルートポイント」はリクルートのサービスのみで使えるポイント

「ポンタポイント」はリクルートのサービス+Ponta加盟店で使えるポイント

という感じみたいですね。リクルートポイントとポンタポイントは等価交換が可能です。

リクルートのクレジットカードを持っている場合は、このリクルートポイントとポンタポイントが両方貯まるようになっているので、かなりお得ですね。わたしもメインカードをリクルートカードにしておけばよかったなーとちょっと後悔してます。。nanacoへのチャージでもポイントがつきますしね。

nanacoを使って固定資産税を実質カード払いにする方法

現在、nanacoへのチャージでポイントがつくクレジットカードはかなりレアなので、リクルートカードはメインカードとしてかなりアリだと思います。楽天カードも2017年11月からはnanacoチャージのポイント付与がなくなりますからね。

リクルートカードについてはこちらの公式サイトをご覧ください。

ポンタカードの種類

現在、ポンタカードには

  • ポンタカード
  • プリペイド機能付きポンタカード
  • クレジット機能付きポンタカード

の3種類があります。

カードのデザインについてはこちらの公式サイトに一覧が載っていますのでご覧ください。

参考

ポンタカードのデザイン一覧Ponta Web

この記事で作り方を紹介するのは、1つ目の普通のポンタカードになります。入会金・年会費無料で作れて、ただポイントが貯まるだけのポイントカードです。

Ponta(ポンタ)カードの作り方

1.ローソンでつくる

一番簡単なのはおそらくこの方法です。

お近くのローソンのレジで「ポンタカードを作りたい」と言うだけでOK!すぐに作成できます。

2.ネットでつくる

近くにローソンの店舗がない場合や、オリジナルポンタカードのデザインが気に入った方は、ネットで申し込むことも可能です。

お申込みはこちら

すでにリクルートIDをお持ちの方はそのIDとパスワードを入力しましょう。リクルートポイントをポンタポイントに交換することも可能です。

ただし、この方法だとカードが手元に届くまでに2週間程度かかります。

3.ゲオでつくる

ゲオのレンタル会員カードがポンタカードになっているため、近くにゲオの店舗があってレンタルも利用したい場合は、ゲオでつくることも可能です。

ゲオオンラインからも申し込みは可能ですが、こちらも手元にカードが届くまでに1~2週間程度かかります。

すでにポンタカードを持っている場合は、ゲオの店舗にポンタカードと身分証明書を持っていくだけで、レンタル機能をつけることができるそうです。

4.ポンタ加盟店でつくる

そのほかにポンタカードが発行できる加盟店は

※2017年10月現在

各サイトのリンクをつけておきましたので、気になる加盟店があればご覧ください。

 

ちなみにわたしはゲオで作ったものを持っています。

ということで、ポンタカードの作り方については以上です。

ポンタカードのお得な使い方については別の記事で詳しく書きますね!

ではまたーノシ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。