ZOZOSUITとは?無料で全身計測できてオーダーメイドの服が買える!?

どうも、キャナナです。

ついに届きましたZOZOSUITゾゾスーツ

ZOZOSUIT(ゾゾスーツ)ってなんだか知っていますか?

今後の服飾業界を大きく変えるかもしれない革新的なサービスなのでこれは知っておいて損はないですよ!

ということで、

今回はZOZOZUITとは何なのか?ZOZOSUITで何ができるのか?について解説したいと思いまーす。

ZOZOスーツとは?

※読みにくいのでスーツは以後カタカナ表記にします。

ZOZOスーツとは、『ZOZOTOWNゾゾタウン』(通称:ZOZO)という大型ネットショッピングサイトを運営している(株)スタートトゥデイが提供しているサービスのことです。

ZOZOスーツのZOZOは、スタートトゥデイの代名詞でもあるZOZOTOWNの通称を取り入れることで、一発でZOZOTOWNの関連サービスであることがわかるようにつけられたものだと考えられます。

今年2018年の10月1日からは、スタートゥデイという社名も「ZOZO」に変更されます。

スーツは普通の服のスーツと同じ意味で、上下お揃いの服という意味です。

ZOZOスーツの見た目はこんな感じで、着ると全身タイツのような感じになって超ダサいんですが、、でもこれがめちゃめちゃすごいんですよ!

ZOZOスーツでできること

全身計測

そもそもZOZOスーツの存在意義は『全身の計測』にあります。

ZOZOスーツを着用して、専用のスマホアプリで撮影するだけで、簡単に全身のサイズが計測できます。

ブロガーならここで自分の計測画像を公開するべきなんでしょうが、あまりにも体型がわかりすぎてさすがに恥ずかしいので、どんな感じで計測できるのかは公式サイトの画像を見てください笑

ZOZOスーツ公式サイト

※詳しい計測方法は後述します。

計測できる部位はこちら

・首周り
・肩幅
・腕周り
・腕の長さ
・胸囲
・ウエスト
・ウエスト(腰骨上)
・ヒップ
・太もも周り
・ふくらはぎ周り
・足首周り
・股下

なかなかこんなに正確な全身の計測って自分ではできないし、3D画像で視覚的にわかるので正直かなり面白かったです。

これ何度でも計測できるので、ダイエット中の記録なんかにもいいんじゃないかなと思いました。

腕の太さとか足の太さとかウエストとか、何センチ細くなったのかがすぐにわかるし、定期的に測定してスクリーンショットでも撮っておけば簡単に過去と比較もできるのでおすすめです。

計測データを使ってオーダーメイドの服を注文

で、なんのために全身の計測を行うのかというと、これです。

すべては『オーダーメイドの服を作るため』です。

まぁ別にこれは強制ではないので、計測するためだけにZOZOスーツを使ってもいいんですが、ZOZO的には最終的に服を買って欲しいからこのサービスを提供しているというわけです。

服のサイズって、だいたいS・M・Lなどの標準的なサイズ展開しかないので、その中から自分にピッタリのサイズを探し出すのはなかなか難しいですよね。特にネットショッピングだと試着もできないですしね。

わたしも身長が165㎝と少し高めなので、いつもLかLLを購入するんですけど、ズボンのすそや長そでのそでが短すぎたり、すその長さに合わせると横幅がぶかぶか過ぎたりということが何度もありました。

特にパンツはウエストのサイズで選ぶことが多いので、すその長さを調節してもらう必要があったり、それによって全体的なデザインが崩れることもあるので難しいですよね。

それが、このオーダーメイドだとサイズを自分で選ぶ必要もなく、勝手に計測したデータに基づいて最適なサイズを注文できるので、あなたにぴったりな服が簡単に購入できるようになります。

初回は無料でもらえる

しかもこのZOZOスーツのすごいところは『無料でもらえる』というところです。

ZOZOスーツの無料配布が発表されたときは、ネットでかなり話題になりました。

その波に乗ってわたしもサービス開始当日?くらいに注文したのですが、注文した日が2017年11月22日で、そのあまりの反響っぷりにいろいろとデザイン変更などの紆余曲折があって、ようやく2018年6月30日に到着しました。

当初は「センサー式」の計測方法をとっていて、デザインも今よりもうちょっとスタイリッシュな感じだったんですが、無料配布ということからコスト面を考え直し今の「マーカー式」に変わりました。

金額も、センサー式の頃は3000円だったのが、マーカー式になったことで2000円に下げられています。

初回購入時は無料ですが、2枚目が必要になった際は1着あたり2000円で購入することになるので注意してください。

また、私が購入したころは送料も無料になっていたんですが、今はたぶん送料200円だけかかると思います。

ZOZOスーツの注文方法

ZOZOスーツの注文は、現在スマホアプリからのみとなっています。ネットでは不可です。

なので、まずは「ZOZOTOWN」のアプリをインストールしましょう。無料です。

ファッション通販 ZOZOTOWN

ファッション通販 ZOZOTOWN
開発元:START TODAY CO.,LTD.
無料
posted withアプリーチ

 

インストールして新規会員登録またはログインをしたら、下のバーにある「計測・その他」をタップします。

するとこのような画面になるので、右上の計測をはじめるの横の「詳細」をタップ。

 

これでZOZOスーツの注文画面に切り替わるので、「ZOZOSUITを注文する(初回無料)」をタップします。

今だと8月上旬に届くみたいですね。

 

ちゃんと0円になっていることを確認したら、「ZOZOSUITを申し込む」をタップ。

※送料は200円かかると思います。

次にZOZOスーツのサイズを決めるために、身長・体重・性別を選択します。

全身タイツなので多少は伸び縮みしますが、さすがに子供から大人まであらゆる体型で同じものは使えないため、ここである程度サイズをしぼります。

カートに入れる」をタップし、「レジへ進む」と住所氏名を入力する画面になるので正しく入力します。

支払い方法は、クレジットカードと代金引換(手数料324円)のみから選べます。

ZOZOスーツにおいてはコンビニ払いやツケ払い等は選べないみたいなので注意してください。

最後に「次へ進む(最終確認)」で間違いがないか確認して注文すれば完了です。

ZOZOスーツの計測方法

ZOZOスーツが届いたら、いよいよ計測です。

スーツの他にはアプリの案内と計測用のスマホスタンドが同封されています。

注文時にインストールした「ZOZOTOWN」のアプリの「計測・その他」で「計測をはじめる」をタップすれば、アプリがしゃべってすべて説明してくれるので、基本的にはその通りにすれば計測は完了します。

が、一応ここでも詳しく説明すると・・

1.ZOZOスーツを着る

下着はつけたままで構いませんが、服は脱ぎましょう。

上のスーツは、首元にZOZOのロゴがあるほうが後ろです。手は親指を穴に通し、小さい白丸が手首に来るようにします。

下のスーツは、腰元にZOZOのタグがあるほうが後ろです。かかとに穴が来るようにし、小さい白丸がくるぶしに来るようにします。

下のスーツの腰ゴムがちょうどウエストに来るようにし、上の服はその上にかぶせます。(下のスーツの中にいれないように注意)

2.スタンドを設置する

撮影は、明るくてテーブルのある場所で行います。(もしくは誰かにスマホを持ってもらってもOK)

高さ70㎝程度のテーブルに、付属していたスマホスタンドを組み立てて置き、その上にスマホを設置します。スタンドを置く位置は、テーブルの端から20㎝以内にしてください。テーブルの中央などに置いてしまうとうまく撮影できない場合があります。

スマホの向きはスタンド側にスマホの画面が来るようにします。カメラのモードを自撮り側(画面側)に切り替えないように注意してください。

3.撮影する

スマホから2mくらい離れた位置に立ち、肩幅に足を広げて腕を伸ばします。(立つ位置は、もう少し前へなどアプリが音声で知らせてくれます。)

撮影は全部で12回行います。

正面の方向を12時と仮定すると、ちょうど時計の文字盤と同じような感じで1時、2時、3時と少しずつ自分が時計回りに回転し、撮影を行っていきます。

この場合もアプリが音声で指示してくれるので、スマホ画面が見えなくても大丈夫です。

テーブルから2mの距離を取るのが難しい場合は、誰かに持ってもらうか、イスに箱などを置いて廊下など2mの距離が取れるところに移動するといいでしょう。

誰かに持ってもらう場合は、高さ70㎝くらいになるよう腰あたりで動かないように持ってもらいましょう。

4.データを確認する

以上で測定は完了なので、アプリで計測結果を確認してみましょう。

測定は何度でもやりなおしが可能です。

オーダーメイド服の購入方法

全身の測定が終われば、アプリから自動でオーダーメイド商品をおすすめされるようになります。

「オーダーメイドだなんて、さぞお高いんでしょう?」と思う人も多いと思いますが、ところがどっこい。

それがめちゃくちゃ安いんですよ!

現在購入できるのは、

・クルーネックTシャツ(1200円)
・スリムテーパードデニム(3800円)
・オックスフォードシャツ(3900円)
・ドレススーツ(2万1900円)※
・ドレスシャツ(2900円)※

の5種類です。

オーダーメイドの割には全然普通の金額でしょう?

まだまだ始まったばかりのサービスなので、今後どんどんオーダーメイド商品のラインナップは増えてくることが予想されます。

※ドレススーツとドレスシャツは、2018年7月3日18時より予約開始で、しばらくは上記割引金額で提供されますが、定価はドレススーツが3万9900円、ドレスシャツが4900円です。いつ定価に変わるかは不明なので、欲しい人はできるだけ早く注文することをおすすめします。

まとめ

計測用のスーツを無料で配布し、しかもオーダーメイド商品の金額も安く抑えてくるあたり、もう「さすがZOZOだわ…」の一言です。

これまでは、オーダーメイドだなんてお金持ちしか買えないというイメージが強かったのですが、これからは一般の人でも当たり前のようにオーダーメイドの服を作る未来になるかもしれませんね。

ZOZOスーツは、そんな当たり前を良い意味でぶち壊した革新的なサービスだと思います。

今まで人の体をここまで細かく計測し、データ化したものはなかったので、これからより多くの人がZOZOスーツで測定することで、このデータはものすごい価値を持ってくるんだろうなと思います。

このデータは服飾業界全体を変えるかもしれないし、健康分野などにも影響を与えるかもしれません。

オーダーメイド商品のラインナップも今後どんどん増えてくるでしょうし、ネット上でバーチャル試着なんかもできるようになるんじゃないかなーと妄想してます。

ということで、

どんどん新しい技術が生まれて、どんどん生活が便利になって、ほんと素晴らしいですね!

では今日はこのへんで!

またーノシ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。