ブログをはじめるためのマニュアルを作りました⇒

年賀状の自宅印刷もできる『つむぐ年賀』が神アプリ過ぎ!

どうも、キャナナです。

年賀状の印刷はいつもどうされていますかね?

わたしは毎年『つむぐ年賀』で無料作成&自宅印刷しています!

というわけで、今回は年賀状を安く印刷するのにおすすめな『つむぐ年賀』について、使い方を解説したいと思いまーす。

年賀状の自宅印刷について

自分の持っているプリンターによっては、メーカー専用の年賀状アプリが用意されていることもあるので、そこに気に入ったデザインがあるのなら、それを使うのが一番手っ取り早くて簡単なのでオススメです。

スマホでカラリオ年賀2018

スマホでカラリオ年賀2018
開発元:Seiko Epson Corporation
無料
posted withアプリーチ

Brother はがき・年賀状プリント

Brother はがき・年賀状プリント
開発元:Brother Industries, LTD.
無料
posted withアプリーチ

PIXUSかんたん年賀状

PIXUSかんたん年賀状
開発元:Canon Marketing Japan Inc.
無料
posted withアプリーチ

 

ですが、これだとあんまりおしゃれで可愛いデザインがなかったりするので「いまいち気に入るデザインがないなぁ・・」という場合は、今回解説する無料アプリ『つむぐ年賀』がオススメです。

つむぐ年賀について

年賀状アプリ つむぐ年賀2019

年賀状アプリ つむぐ年賀2019
開発元:Saltworks.inc.
無料
posted withアプリーチ

 

年賀状アプリって他にもいろんなものがあるんですが、無料作成と書いてあっても結局どれも無料なのは作成だけで、印刷は有料発注のみになるものばかりなんですよね。

だけど『つむぐ年賀』は自宅印刷と有料印刷のどちらでも選べます

いろんな年賀状アプリをインストールしまくって、ようやく見つけました。。

つむぐ年賀では、年賀状以外にも

・挨拶状
・喪中はがき
・暑中見舞い
・寒中見舞い
・結婚報告
・出産報告
・引っ越し報告

が作成可能です。

また、デザインのカスタマイズ性も高いので、いろいろなパーツやテンプレートから自由自在にお気に入りの年賀状が簡単に作成できます。

しかも、作成したデザインはスマホに画像として保存できるので、年賀状を出さない友達にはLINEで送ることもできますよ☆

つむぐ年賀の使い方

1.お好みのテンプレートを選ぶ

大きく「写真あり」と「写真なし」に分かれて、たくさんテンプレートが用意されているので、まずはお好みのデザインを選びましょう。

自分で一から作りたい場合は、白紙のテンプレートもあります。

2.編集画面で編集する

選んだテンプレートは、そのままのデザインでしか使えないわけではなく、そこからさらに写真やスタンプを追加したり、文章を変えたりと自由にいじれます。

たとえばこんな感じ。

 

かなり適当に編集しましたが、だいぶデザインが変わりましたよね。(チェックのところには写真が入ります)

修正したいところをタップするだけで簡単に編集モードになり、大きさを変えたり消したり追加したり、感覚的な操作で簡単に編集できます。

一般の年賀状アプリだと、テンプレートでほとんど固定されていて差出人住所くらいしかいじれなかったりするので、ここがまさに神アプリ!

3.完成したものを保存する

編集が終わったら、画面右上の「保存」ボタンを押します。

そうすることでアプリ内の「保存作品一覧」というところに保存されます。

4.印刷する

「保存作品一覧」を開くと、先ほど保存したデザインが表示されます。(いくつか作ってここで比較することも可能)

自分で印刷する場合は、保存作品画面の左下にある「画像を保存」ボタンを押すとスマホの方に画像として保存されますので、これをはがきサイズで印刷するだけでOKです。

自分で印刷するのではなく有料印刷を頼みたい場合は、この保存作品画面で「カートに入れる」ボタンを押せば、その後注文画面に移行しますので必要事項を選択しましょう。

プリンターのメーカーによってはがき印刷の方法は変わってくるかなと思うので、印刷についてはプリンターの説明書をご覧ください。

わたしはブラザーのプリンターを使っているんですが、ブラザーの場合はこちらのプリンター専用アプリを使って印刷することできれいに印刷できました。

Brother iPrint&Scan

Brother iPrint&Scan
開発元:Brother Industries, LTD.
無料
posted withアプリーチ

つむぐ年賀の料金プラン

つむぐ年賀は、自宅印刷もできるんですが、実は有料印刷もかなり安いです。

なので、

・家にプリンターがない方
・写真をきれいに印刷したい方
・忙しくて手間を省きたい方
・ベタ塗りデザインでインク代がかかる方

などは、印刷を発注するのも手だと思います。

早めに注文すれば早期割引が適用されるのでさらにお得に印刷できます。
(早期割引キャンペーンについてはアプリ内の案内をご覧ください。)

印刷代(裏面)

基本料金は0円で、1枚から注文可能です。

注文枚数写真あり
(1枚あたり)
写真なし
(1枚あたり)
1枚~29枚100円78円
30枚~49枚95円73円
50枚~99枚80円60円
100枚以上74円54円

※早くに申し込むと、ここからさらに早期割引があります。詳しくはアプリをご覧ください。

また、アプリから自分で住所の登録さえすれば、宛名印刷は無料でしてくれます。
(ただし、宛名印刷のみの申し込みはできないので、裏面の印刷を注文した場合のみのサービスになります。)

ハガキ代

実際のデザインはアプリから確認することができます。

私製はがき無料
無地はがき無料
年賀はがき57円
キャラクター
年賀はがき
57円
郵政はがき62円

年賀はがきは通常1枚62円ですが、つむぐ年賀で印刷を申し込むと57円にしてくれます。デザインも郵便局で販売している年賀はがきと全く同じものになります。

送料

配達方法は2種類で、ポスト投函の「ゆうパケット」280円(税抜)と対面受け取りの「ゆうパック」630円(税抜)が選べます。

ただし、ゆうパケットは20枚以上で無料、ゆうパックは100枚以上で無料になるので、実質かかる送料は以下のようになります。

1枚~19枚ゆうパケット
280円(税抜)
20枚~99枚ゆうパケット
無料
100枚以上ゆうパック
無料

つまり、20枚以上の注文なら送料は無料です。

その他オプションサービス

安心保険サービス

写真のレイアウトや仕上がりに不具合がないかを「つむぐ年賀」のほうでチェックしてくれ、問題がある場合は印刷前に連絡をくれるというオプションサービスで、1注文につき380円(税抜)です。

スマホから自分でレイアウト編集を行うので、どうしても気づかない誤字脱字などのミスも出てくると思います。

そんな時に、事前に連絡をくれたり、再印刷や交換の依頼も受け付けてくれるので、心配な方はこちらのサービスにも申し込んでおくといいかもしれません。

宛名入力代行サービス

手元にある去年のハガキや名刺などをつむぐ年賀に送ると、代わりに宛名を入力してくれるというオプションサービスです。

会社関係などで人数が多く、宛名入力の手間を省きたいという方にはおすすめ。

基本料金は1500円で、1件あたり30円かかります。
※宛名印刷自体は無料

以上が料金プランになります。

 

印刷料金早見表

わかりやすいように定価での料金比較表を作ってみました。

<写真ありデザイン>(はがき・送料込み、宛名印刷無料)

枚数年賀はがき私製はがき自宅印刷
10枚1,850円1,280円620円+インク代
20枚3,140円2,000円1,240円+インク代
30枚4,560円2,850円1,860円+インク代
50枚6,850円4,000円3,100円+インク代
100枚13,100円7,400円6,200円+インク代

※早くに申し込むと、ここからさらに早期割引があります。詳しくはアプリをご覧ください。

 

<写真なしデザイン>(はがき・送料込み、宛名印刷無料)

枚数年賀はがき私製はがき自宅印刷
10枚1,630円1,060円620円+インク代
20枚2,700円1,560円1,240円+インク代
30枚3,900円2,190円1,860円+インク代
50枚5,850円3,000円3,100円+インク代
100枚11,100円5,400円6,200円+インク代

※早くに申し込むと、ここからさらに早期割引があります。詳しくはアプリをご覧ください。

私製はがきであれば、自宅印刷との料金はあまり変わらないですね。

例:写真あり・30枚の場合

 

有料印刷 2,850円
自宅印刷 1,860円+インク代

なので、実質はがき代にプラス1,000円で印刷してもらえることになるため、インク代を考えれば発注のほうが安いかもしれません。

 

写真なしデザインであれば発注したほうが安くつくことも。

例:写真なし・50枚の場合

 

有料印刷 3,000円

自宅印刷 3,100円+インク代

はがき代だけですでに印刷料金よりも高くなってますね。

ただ、19枚以下だと送料がかかって割高になっちゃうので、その場合は自宅印刷のほうがおすすめかなと思います。

ということで

今回は、発注印刷も安くて自宅印刷も選べてデザインも自由自在に選べる神アプリ『つむぐ年賀』について解説してみました☆

ではまたーノシ

 

年賀状アプリ つむぐ年賀2019

年賀状アプリ つむぐ年賀2019
開発元:Saltworks.inc.
無料
posted withアプリーチ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。