ブログをはじめるためのマニュアルを作りました⇒

モバオクのヒットプライスオークションが楽しすぎ!ルールと攻略法まとめ

どうも、キャナナです。

わたしはこれまで、ヤフオク、メルカリ、ラクマといろいろなフリマアプリを使って不用品を出品してきたんですが、

どれも一長一短あってどうもベストなサービスがないなぁ・・と思っていたところに、

たまたま『モバオク』の広告が目に入ったので試しに使ってみたところ、、

めちゃくちゃお得で楽しかったので、これはぜひやってみて欲しい!

ということで、

今回はそんな『モバオク』のシステムについて詳しく解説したいと思います。

モバオクとは?

モバオク!-運営実績14年のオークション&フリマアプリ

モバオク!-運営実績14年のオークション&フリマアプリ
開発元:Mobaoku Co.,Ltd.
無料
posted withアプリーチ

au系列のサービスで、メインとしてはオークション出品になりますが、即決価格でのフリマ出品も可能です。

このあたりはヤフオクと同じ。

他のフリマアプリと違うところと言えば、出品者の出品手数料が無料なところ。

・メルカリは10%
・ヤフオクは10%(Yahoo!プレミアム会員は8.64%)
・ラクマは3.5%
・モバオクは無料

なので、

出品手数料が無料というのはめちゃくちゃお得なんじゃ!?と思うかもしれませんが、

モバオクではそのかわりに購入者が手数料を負担することになっているので、まぁこれについては結局どっこいどっこいかなという感じ。

それでもメルカリやヤフオクより手数料は安いんですが。

しかも、モバオクは決済方法や落札金額によって手数料も変動するので、購入者にとっては少しわかりにくい仕様になってます。


※赤文字がその価格帯で一番手数料が安い決済方法
※少額ならラクマのほうが安く、高額ならモバオクのほうが安いです。 (ATM・ネットバンキングの場合)

 

また、モバオクを利用するためには出品者も購入者も両方、月額300円(税抜)の利用料がかかります。(初月は無料)

なので、たくさん出品する人にとっては月額300円だけで済むのでお得なんですが、購入者さんにとっては少々厳しいシステムかなぁという印象。

結果的にはメルカリよりも手数料は安いけれど、購入者側からだとその安さがわかりにくいのが難点かなと。

 

なんですが、、!

今回お話したいのはそんなことではなくてですね!

 

わたしがおすすめしたいのは、モバオクが毎日開催している『ヒットプライスオークション』という超絶お得で楽しいオークションなんです!

ヒットプライスオークションとは?

毎日21時30分から、商品日替わりで開催されるこのイベント。

な、なんと!

あの『プレイステーション4』が321円で手に入ることも・・?!

ヒットプライスオークション』は、普通のオークション出品とは全く別で開催される、モバオクのお祭りイベントのようなもので、毎日21時30分からオークションがスタートし、条件を満たした1人だけが超絶お得な価格で高額商品を落札できるというものです。

開催される商品はたとえばこんな感じ。

 

わたしも最初は

キャナナ

PS4が321円だなんてそんなバカな話があるわけないじゃないか。。きっとなにか裏があるに違いない…!

とか思ってたんですが、

詳しくどういうことなのか調べてみて実際に参加してみると、まぁよくできたシステムでして、最近はわたしもゲーム感覚で毎日参加してます笑

ただ、きちんとルールを理解してないと狙って落札するのは難しいので、ヒットプライスオークション攻略のためのポイントを解説したいと思います。

基本ルール

  1. 毎日21時30分から〇円スタート
  2. 〇秒ごとに〇円ずつ入札価格が上昇
  3. 入札したい価格になったときに入札
  4. 同じ価格の入札者が複数いた場合は一番早く入札した人に落札権
  5. 入札は1人〇回まで
  6. 誰も入札者がいなかった場合に直近入札した人が落札or入札した価格が即決価格だった場合に落札
  7. 落札価格は最大500円まで

商品ごとに
・スタート価格
・値上がりするまでの秒数
・値上がりする価格
・最大入札回数
・即決価格
は変わります。

と聞いてもなかなかピンと来ないですよね。。

これ実際にやってみないとちょっとわかりにくいんですが、もうちょっと一つ一つ詳しく解説してみると、

21時30分に、専用のオークション会場ページへ行くと、オークションがスタートします。(商品は日替わり)

だいたい10円スタート&10秒ごとに1円ずつ上昇&入札回数3回のパターンが多いです。

その場合だと、10秒経つと1円上がって11円に、その後も10秒ごとに1円ずつ入札価格が上昇していきます。

で、画面には現在このページを開いている参加人数と、直近の価格(画像だと42円)で入札した人の名前が先着順に表示されます。

落札の条件は
「誰も入札者がいなかったときに直近価格で一位入札した人」

なので、仮に43円で誰も入札しなかった場合は、42円で1位入札した人(この画像ならmbok_pp_21694166さん)が42円でシャープの加湿空気清浄機をゲットできるということになります。

もしくは、商品ごとにランダムで設定されている非公開の「即決価格」でたまたま1位入札した人が落札することもあります。

 

・・ややこしいんですが、なんとなくわかってきましたかね?

攻略法

つまり、落札するために必要なポイントは

・入札するタイミング
・入札ボタンを押す早さ

この2つです。

入札できる回数が3回までだったとすると、チャンスは3回だけ。

たとえば、PS4の例で言うと、10円から1円ずつ上がっていって、321円で落札されたということは、そのあいだに311回も入札のタイミングがあったということ。

それまでに3回入札してしまっていたらもう入札できないので終わり。

最初は200人くらい参加者がいても、価格が上がっていくごとに入札回数を使いきってしまってどんどん脱落していきます

オークション終了後はこんな感じで入札者人数の一覧が見れるんですけど、各価格でこんな感じで入札されます。

入札者が誰もいないということは、この入札人数が0人にならなければいけないということ。

そして、落札するためにはちょうど落札人数が0人になる直前の価格で1位入札している必要があります。。

 

これ、参加人数100人ちょっとなら余裕で落札できそうな感覚になるんですけど、やってみるとこれがめちゃくちゃ奥が深くてですね、、わたしは究極の心理戦だと思ってます笑

 

だんだん金額が上がっていくオークション画面をずっと見ていると、なんかだんだん焦ってくるんですよね。

キャナナ

次こそ0人になるんじゃないか!?いや、次かな!?いやいやその次かも…!

みたいな。

 

しかも、価格は当たっていたとしても1位入札じゃないとダメなので、金額が変わった瞬間に入札ボタンを連打しなくてはいけません。

なので、少なくとも入札するなら早押しが必要不可欠で、それに加えて入札回数をどう使っていくかの心理戦になります。

 

キャナナ

もうちょっと価格が上がって人数が少なくなってきたら入札しよっと☆

とか思っていたら、みんな同じことを考えていて誰も入札せず、早々に0人になってオークションが終了してしまうことも。。

 

また、即決価格が非公開なので、まだまだこれからという序盤に即決価格が隠れているということもあるので、ほんとに予測不可能でめちゃくちゃ面白いです笑

でも、まだモバオク自体の知名度が低いからか、毎回多くても常時150人くらいしか参加者がいないので、毎日続けていればそのうち運よく当てられる時が来るような気も?しています☆

 

モバオクを利用するには、通常は月額300円かかりますが、初月は無料で利用できるので、不用品販売はちょっと・・という人も、ヒットプライスオークションは一度は参加してみる価値アリですよー!

※初月無料・・15日に初回登録した場合、翌月の16日に課金されます。

500円以下で高額商品が手に入るチャンスなんてなかなかないですからね…!

 

ということで、

今回は「モバオク」の楽しいオークションイベントについて解説してみました。

わたしも毎日チャレンジしてるので、見事落札できたらご報告いたします笑

ではまたーノシ

 

モバオク!-運営実績14年のオークション&フリマアプリ

モバオク!-運営実績14年のオークション&フリマアプリ
開発元:Mobaoku Co.,Ltd.
無料
posted withアプリーチ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。