格安スマホで毎月5000円の節約!初心者でもわかる徹底講座はこちら

【au】VoLTEガラホの通話SIMではZenfone3でDSDSできない理由

どうも、キャナナです。

現在、わたしはauで音声通話専用SIM(ガラホ)を契約しており、格安SIM会社でデータ通信専用SIM(スマホ)を契約しています。

料金的には、端末代を除くと月に2000円程度で済むのでこれで満足しているのですが、ガラホとスマホの2台持ちになってしまうので、持ち歩きの際は少し不便です。

なので、これをどうにか1台にまとめたいと思い、いろいろ調べた結果、「Zenfone3」であればDSDS(SIMカードの2枚挿し)できる可能性があったので、ダメ元で購入してみることに。

結果、、

撃沈したのでその詳細をご報告します。

au VoLTEでDSDSするための条件

3G回線+4G回線である

DSDSするためには、必ず3Gと4Gのセットでなければなりません。4Gと4Gでは同時待ち受けができないので、注意してください。

なので、4G回線であるauのVoLTE音声通話SIMを使いたいのであれば、残る3G回線でデータ通信を行うしかなくなります。

このことについては事前にASUSに問い合わせており、データ通信のほうが低速の3G回線になったとしても、通信は可能か?極端に通信速度が落ちるということはないか?と確認しましたが、どちらについても、「3G回線でも接続は問題ない。」「極端に通信速度が落ちるということもない。」との返事が返ってきました。⇒今回、DSDSに失敗しているので、これが本当なのかどうかは謎のままです。

端末がau回線に対応している必要がある

auの通信回線はなかなか特殊なようで、au回線に対応しているSIMフリー端末は結構少ないです。

その点、Zenfone3はauのVoLTE回線(4G)に対応しているので、ここはクリアしているように思われました。

ただし、ここで対応しているのは、au回線の格安SIM(データ通信のみ、もしくは音声+データ通信)に対応しているという意味で、au契約の音声通話専用SIM(VoLTE)に対応しているわけではないのかもしれません。

これについても問い合わせでauの音声通話SIMを使いたいと伝えたのですが、「auのVoLTEに対応しています」と返ってくるだけでした。(はぐらかされてる?)

SIMのサイズはnano+microの組み合わせにする必要がある

端末のスロットに入るSIMカードのサイズはnano+microの組み合わせのみです。

auの音声通話SIMがnanoサイズだったため、格安SIM会社のデータ通信SIMはmicroサイズを選択しました。

が、購入してからスロットを見てみると「SIM1(micro)」「SIM2(nano)」になっており、おそらくSIM1のほうが4G回線(メイン)、SIM2のほうが3G回線になるのかなという感じがしました。

これも、問い合わせの時にauのSIMがnanoで、データ通信SIMがmicroだと伝えていたんですがねー。サイズについての指摘はなく、それでつながるはずだとの回答でした。(問い合わせについてはほんと文句しかないですw)

で、やはりSIM1にデータSIM、SIM2にau音声通話SIMを入れてもつながらなかったので、仕方なくSIMのサイズ変更アダプターを購入し、auのnanoSIMをmicroに変更したのちに、データSIM1のほうにauのSIMを挿入しました。

つまり
SIM1(micro・4G?)にau通話SIMが入ったので、普通なら電話が使えるはずなんですが、しかーし!これでも電波は立たず。。auのVoLTEに対応してるんじゃなかったの!?

問題はサイズではなく、やはりau契約の音声通話専用SIM自体が対応していないということなんでしょうかね。(そんなこと公式サイトにも書いてないし、問い合わせでも教えてくれなかったけどね!ぷん)

わたしが契約しているSIMについて

もう一度きちんとおさらいしておくと、わたしが契約しているSIMは以下の2枚。

※右にスクロールできます。

SIM1SIM2
契約会社auIIJmio
契約内容VKプランS
VoLTE対応
音声通話のみ
ドコモ回線
SMSつき
データ通信のみ
SIMのサイズnanomicro

 

わたしがZenfone3で試したこと

スロット「SIM1」にデータ通信SIM、「SIM2」に音声通話SIM⇒×

おそらくSIM1が4G、SIM2が3Gになるのかなという感じなので、この挿し方だと逆になります。

普通、DSDSするなら3G回線のほうが音声通話SIMになるのですが、auの音声通話SIMはVoLTEなので4G回線を使わなくてはいけません。

よって、SIM1のほうにauの音声通話SIMが来ないと電波が立たないのかなーと思いました。

追記:この状態で優先SIMを「SIM2」にすると、auの電波は立ちました。

が、しかし「SIM1」のデータ通信SIMの電波は立たなくなるので、これはWi-Fi環境でのみDSDSできる状態になります。

外出時は優先SIMを「SIM1」のほうに切り替えなければデータ通信はできず、しかもその場合は音声通話は使えなくなります。

つまり、どちらか一方を選ばなければいけないということですね。

この切り替えが苦じゃなければ、一応この方法で1台にまとめることは可能です。(わたしも1日試してみましたが、切り替えが面倒すぎて結局元の2台持ちに戻しました・・)

スロット「SIM1」に音声通話SIM⇒×

先ほどの仮説が正しければ、SIM1のほうにauの音声通話SIMを挿入すればつながるはず。

しかし、auのSIMのサイズはnanoで、SIM1に装着できるサイズはmicroです。

なので、簡易的ではありますが、SIMサイズ変更アダプターを購入し、auの音声通話SIMのサイズをnanoからmicroに変更し、SIM1に装着してみました。(データ通信SIMもmicroなので、同時挿入は不可なため、とりあえず1枚挿し)

SIM1でauのSIMが使えるのであれば、1枚挿しでも2枚挿しでも電波は立つはずなんですが、これでも電波は立たず。

つまり、SIMのサイズが問題なのではなく、そもそもZenfone3ではauのVKプランS契約のSIMは使えないということなのだと思いました。

まとめ

auの音声通話専用SIMと格安SIM会社のデータ通信専用SIMをDSDSするために、Zenfone3を購入して試してみましたが、結果、無理でした。

一応見かけ上は、すべての条件をクリアしていたはずだったんですがね~。

Zenfone3はauVoLTE回線に対応しているし、わたしがauで契約しているガラホのSIMもVoLTE対応のものでしたから。

ASUSにも事前に問い合わせをし、SIMの契約状況やサイズもその時にすべて説明したし、3G+4Gで4Gのほうが音声通話になることも確認しました。そして「使用できる」と言われたにも関わらずこの有り様!w

 

auの4GLTEケータイ用プランの音声通話SIMが使えないのであれば、もうauの音声通話専用SIMをZenfone3でDSDSすることは不可ということになりますね。

追記:優先SIMを切り替えて、どちらか一方だけをつながるようにすることは可能ですが、常に両方の電波を立てることは不可です。

auガラケーの3G回線は元からZenfone3では対応していないし、スマホ用のプランには、音声通話のみの契約はありません。

4G回線の音声通話専用SIMでDSDSするという一縷(いちる)の望みもこれで絶たれました。

 

誤解のないように言っておくと、au回線の格安SIM会社で、音声通話+データ通信契約をしたSIMであれば、Zenfone3で問題なく使用できます

今回はあくまで、auで通話、格安SIM会社でデータ通信契約と、SIMを2枚に分けた際は、Zenfone3で1台にまとめることはできませんよ~という報告でした。

 

DSDSするときは、端末の製造会社と、SIMの契約先との橋渡しをすべて自分の責任の下でやらなくてはならず、どちらの会社も使用可能かどうかの補償はしてくれません。

端末の製造会社に問い合わせても「通信のことはわかりません。」と言われるし、通信契約側に問い合わせても「端末の仕様のことはわかりません。」と投げられます。

わたしは、これについては端末側がしっかり接続について検証し、どの契約ならつながって、どの契約ならつながらないのか。きっちりと公式サイトに一覧で提示して欲しいと思っていますが。

通信業者はドコモとauとソフトバンクしかないのだから、そこの回線プランくらいはすべて把握しておいて欲しいし、逆にそこを把握せずに端末なんて作れないはずなので、わかっているのなら問い合わせセンターにもきちんと情報を流して、適切に説明できるようにしておいて欲しい。

 

今回は、はじめから「これ無理なんじゃないの?」と思っていたし、問い合わせで「その方法で使えます」と言われたから疑心暗鬼ながらも購入してみましたが、どちみち補償してくれないこともわかっていたので、「最悪2台持ちのままでも仕方ないな」と思いながら、完全に自己責任で購入しました。(まぁそれでも「嘘つきか!」と腹は立ちましたが笑)

こうして記事にすることで、わたしと同じ失敗をしてしまう人を1人でも救えればいいなと思うのと同時に、SIMフリースマホ端末についての正しい情報提供が今後行われるよう期待を込めて、今回は終わりにしたいと思います。

38 Comments

ふなむし

自分もauのDSDSを調べていて、こちらのブログを読ませて頂きました。
ガラホSIMは全てがNGという訳ではなく、カケホプランなどでしたらSIMフリー機での使用が許可されています。(IMEI制限がない)
利用可能なプランやSIMフリー機で使う場合の注意事項は、auが下記リンク先で公開しています。
https://www.au.com/support/faq/view.k138920137/

返信する
キャナナ

ふなむしさん
貴重な情報ありがとうございます~!
カケホプランということは、つまり通話とネットがセットになった契約であればauのSIMでも使えるということですかね☆

通話のみのSIMではやはりDSDSはできない感じですかね~

返信する
ふなむし

確かにカケホプランはネットとセットですが、ガラホなどケータイ系はダブル定額Zを選べるので、通話だけでモバイル通信をしなければネット代は0円です。
昔ながらの無料通話がいくらという使い方でしたらVKプランですが、今は各社とも5分以内または話し放題のカケホプランの方が主流ですね。

参考までに、価格comの掲示板でzenfoneでガラホSIMが使えたとの書き込みがあります。
http://bbs.kakaku.com/bbs/J0000027474/SortID=21851408/

返信する
キャナナ

ふなむしさん
なんと…!
「ダブル定額Z」というプランは初めて知りました!
さっそくこれに切り替えて使ってみますー!
素晴らしい情報ありがとうございます!!

追記:今日さっそくスーパーカケホプランに変更してきたものの、やはりau通話SIMが4G回線を使うことには変わりないので、ドコモのデータ通信SIMとのDSDSは無理な気がしてきました・・笑

ガラホSIMで通話もネットも使うならいいのですが、データ通信を格安SIMにしようとするとやはり無理ですよね…?

返信する
ふなむし

確かにそうですね。ガラホSIMのIMEI制限はカケホプランにすることで回避できても、4G+4Gで使う場合だとDSDVになりますから、機器の方で対応していないですね。
プランの変更までさせてしまった様で申し訳ありません。

キャナナ

ふなむしさん
いえいえ、私も早合点をしてしまいました笑
でも、IMEI制限やダブル定額Zなどは知らなかったので勉強になりました!
情報ありがとうございましたー☆

AAA

auのガラホ契約では、galaxy s7 edgeも、やはりダメのようです。
もしも検討している人がいれば御参考に。

返信する
だれか人柱頼みます

ASUS JAPANは、Androidスマートフォン「ZenFone 4 Max(ZC520KL)」と「ZenFone 4 Selfie(ZD553KL)」に対し、au/Y!mobileのVoLTE対応を含むソフトウェア更新の提供を1月15日15時より順次開始する。
au網(MVNOを含む)とY!mobile網でVoLTEによる高音質通話が利用できるようになる。両端末はSIMカードを2枚同時利用できるDSDSをサポートしているが、VoLTEは、「メインSIM」に設定したSIMカードのみで利用できる。
Internet Watch より

返信する
plocin

au回線がdocomoのようにW-CDMA方式ならこういう事にはならなかったでしょうね。
いずれにしてもZenfone3で使うとなればZenfone3Deluxe5.7(ZS570KL)しか無理ですね…それもauCDMA3G回線でね…。

返信する
plocin

auでは2020年までに3G回線のサービスを終了させるようです。
VoLTEによるガラホに完全移行するようですね。
こうなれば早くDSDV端末が早く出てほしいものです。
auもdocomoのようにVoLTEと3G両方使える回線にしてほしいなぁと思います。

返信する
キャナナ

通りすがりさん
ふむ。わたしも軽く調べてみたのですが、まだauからは公式に発表されてない感じですかね?
2020年までなのか、2020年以降なのか、いろいろと憶測が飛んでいるような状態なのかなと思いました。

まぁどちらにせよ、今後3G回線が徐々に終了していくことには変わりないのかなと思いますので、その覚悟はしておいたほうがよさそうですね!

返信する
通りすがり

キャナナさん
結局私は端末を変えてg07+でDSDSしています。
nanoSiMはDMMのデータ専用SiM
通常SiMはau 3GSiMに落としました。

元々auのINFOBARを使っていましたが、A04までの繋で何かないかなーから始まりました。

返信する
キャナナ

通りすがりさん
結果報告ありがとうございますー!!
やっぱりZenfone3ではなく、g07+で3G回線ならDSDSできるんですね~!
他の記事でも、通りすがりさんと同じ使い方ならDSDSできたとコメントいただいてました。
au回線の通話プラン使うならg07+しかなさそうですね~。

返信する
plocin

僕の場合はdocomoSIMを通話用、データ通信
はUQモバイルのau系VoLTE用データ通信専用
SIMで運用してます。
auSIMは解約しようと思ったのですが18年も利
用していたため解約せず、DSDV対応機種が出る
までガラホのVKプラン+ダブル定額Zで3003円
で家の電話代わりに利用してます。

返信する
plocin

MMさんへ…

ドコモのガラホはauと違って紐付かれていないため
スマホでの通話は利用できますが、通信は一瞬でも
データ通信してしまうと契約データ通信分の料金が
発生します。

ドコモに問い合わせてもらえれば分かりますが、ガ
ラホ用なので指定外デバイスによる通信は1バイト
でも通信すると最大料金発生します。
ケータイプランであれば4200円即時発生します。

iPhoneで利用する場合SIM入れる前にモバイルデー
タ通信を全てoffにしないといけません。

返信する
ぶらうん

au GRATINA 4Gで契約した”カケホ(ケータイ)”プランでも音声通話のみでの利用も出来ないのでしょうか?

返信する
キャナナ

ぶらうんさん
私が契約していたのは「VKプラン」だったため、検証はできていないのですが、おそらくガラホのカケホプランでも同じ結果になるのではないかなと予測されます。

返信する
MM

自分も、同じような状況に会いました。
同じくVKプランを契約しており、simフリーのiPhoneにsimカードを差し替えたところ、全く使えない状態です・・・。
また、docomoのガラホも所有しており、同じくsimフリーのiPhoneに差し替えたところ、電話は認識するようですが、契約時のガラホ以外のスマホなどに差し替え通信した瞬間、毎月約5000円追加料金が発生するとのこと。。。(docomoの方の料金明細は私が払っていないので、確認できていませんが、ネットの情報ではそうらしい・・・)
どちらにしろ、各社DSDS対策?がなされているようですね・・・。(通話し放題で安く使えるVKプランと格安MVNOsimを同時差しがやりたいのですが、そんな美味しい話は無いみたいです( ノД`))

返信する
キャナナ

MMさま
iPhoneは元々DSDSできないため、私も調べてなくて詳しくないのですが、SIMのサイズは合ったんですかね?あとiPhoneもau回線対応のものでしょうか?
ガラホのSIMをそのままスマホで電話もネットも使うという発想はなかったので、私もそのあたりは無知です。
おそらく、auではスマホ用プランのSIMじゃないとスマホに入れても使えないように制限かけているのかもしれませんね。

また、ドコモでの追加料金の話、金額は5000円だったかどうか覚えてないのですが、いくらかかかるというのは私も目にしたことがあります。

あと確認なのですが、SIMの同時挿しをやるためには「2枚挿しができる端末」が必要になります。iPhoneは2枚挿しに対応していないので、iPhoneを使いたいということであれば、DSDSはあきらめるしかないと思います。

返信する
MM

すみません。言葉足らずで・・・。
DSDS端末を購入するにあたって、現在所有のsimフリーiPhoneで認識できるかを試した結果でした。simフリーiPhoneはapple公式から購入したものなので、キャリアを問わず、どのsimカードでも認識するもののはずです。
それなのに、auのガラホsimは全く認識せず、という情報でした。

調べたところ、simカード側には制限をされていないようですが、通信するにあたり、スマホ本体の製造番号のようなものがau側で所有している番号と一致していなければ、通信をしないような仕組みをとっているようですね。
そのため、現在通信できているガラホの製造番号をDSDS端末に無理やり書き換えることにより、通信ができるようになるそうです。(もちろん、かなりグレーゾーンですが・・・。)
ちなみに、ソフトバンクはプランに関わらずこの制限をかけている?そうです。

返信する
キャナナ

MMさん
おお。なるほどそういうことでしたか!
有益な情報ありがとうございます~!
いえいえ、私も理解力が足りなかったですーw

ということは、やはりauのガラホSIMはスマホで使うと制限かかるような仕組みになってるんですね~
ガラホで使おうがスマホで使おうがauの契約はそのまま続けるんだから、そのへん融通利かせて欲しいですよねー!

返信する
キャナナ

plocinさん
ご親切にありがとうございますー!
私がauで契約している音声通話専用SIMはVKプランなので、それではAPN設定をしても使えないということで合ってますかね・・?

返信する
plocin

参考にして頂いて光栄です。
書き込み見てるとauSIMでは繋がらないという内容が多いですが
au用のAPN設定されてますか?
APNを設定しないといくら頑張っても使えません。
良かったら参考にしてください。

[auVoLTE用APN]
APN uno.au-net.ne.jp
ユーザー名 685840734641020@uno.au-net.ne.jp
パスワード KpyrR6BP
MCC 440
MNC 51 ※ここに注意!
認証タイプ CHAP
APNタイプ default,supl,mms,hipri
APNプロトコル IPv4/v6

返信する
plocin

Zenfone3ユーザーです。

VKプランではSIMにIMEI紐付けされてるようなので
auのVoLTE対応のスマホにSIM入れても使えません。
使うのであればピタっとプラン等の通常のプランにし
なければならないようです。

VoLTEスマホSIMであればSIM1、SIM2どちらに挿し
ても使えますよ。

auでは安く使うことはできません。
現状は通話はdocomoかsoftbankのSIMで、通信を
auVoLTE系格安SIMを使うしかありません。

2018年にもなれば4G+4GデュアルSIMデュアルVoLTE
(DSDV)対応端末が出るようです。
ASUSも対応してくれればいいのですが…。

返信する
キャナナ

plocinさん
すごい!ありがとうございます!!
なるほど、VKプラン自体がスマホでの使用不可なんですね~!

DSDV!来年はそのようなものも出るんですね!
とっても勉強になりました!
書き込みありがとうございます!^^

返信する
通りすがり

同じ状況でびっくりしました。
LTE NET FOR DATAは試してみましたか?
私は明日それを試してみる予定です。

返信する
キャナナ

通りすがりさん
む。LTE FOR DATAとは何のことです!?
成功したらぜひやり方教えてください!w

返信する
通りすがり

色々試しましたがダメでした。
分かり易いまとめサイトがありました。https://sim-smartphone.net/sumaho/asus/8860/

返信する
キャナナ

通りすがりさん
やはりダメでしたか・・

ありがとうございます!
やはりauのVoLTE通話SIMではDSDSできなさそうですね(´-ω-`)

コメントありがとうございました~☆

返信する
通りすがりの黒猫さん

参考になりました。
私の場合は、シンプルプランの1GB、VoLTE契約のMicroSIMをスロット1に挿したところ、電話番号その他を認識しながらも通話が出来ず、データ通信のみという結果に。
結果、管理人さんとは別に、nanoSIMが音声専用になれば使えそうな雰囲気となりました。
音声には興味ないので別に構わないのですが。
ま、乗り換えは難しいですね。

返信する
キャナナ

通りすがりの黒猫さん
シンプルプランというのは、auでスマホ料金プランの「auピタットプラン(シンプル)」を契約しているということでしょうか?
SIM1枚で通話+データ通信を契約していてもDSDSできないとなると、もうauとの契約ではZenfone3は使えないということになりそうですね・・
貴重な情報ありがとうございます!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。