【準備編】9.WordPressの初期設定

この記事は今後販売予定の『Wordpressでブログをはじめるためのマニュアル』の無料記事です。

大事な大事な「SSL設定」と「パーマリンク設定」が終わったので、次はWordpressの設定項目について、順番に解説していきたいと思います。

 

WordPressの管理画面の左のメニューバーにある「設定」の中にあるこれらの項目についての説明になります。

では、わたしの「デキ主婦ブログ」を参考に解説していきます。

一般

 

 

サイトのタイトル:自由に決めてください。いつでも変更できます。

キャッチフレーズ:わたしは空欄にしていますが、テーマによっては表示できるものもあるのでお好みで。

URL:この2つはSSL設定の時以外はいじらないように。画像ではsなしのURLになってますが、このマニュアル通りに進めていればSSL設定も終わってるはずなので「https://」になってればOK。

 

 

メールアドレス:WordPressの登録メールアドレスです。ここからいつでも変更できます。

メンバーシップ:ここはチェックしないように。チェックを入れると誰でもWordpressの管理画面に入れることになってしまいます。

新規ユーザーのデフォルト権限グループ:ここも変更せず「購読者」のままにしておきましょう。複数人でブログを運営する際などに権限をどうするかという設定ですが、その場合もユーザー追加の際に個別で設定できるのでここで設定する必要はありません。

サイトの言語:「日本語」でOK。

タイムゾーン:「東京」でOK。

 

 

日付のフォーマット:お好きな表示形式を選択してください。プレビューでどんな感じに表示されるかを確認できます。

時刻フォーマット:お好きな表示形式を選択してください。プレビューでどんな感じに表示されるかを確認できます。

週の始まり:何曜日を選んでもOK。自分の見やすい曜日を始まりに選んでください。

 

最後に「変更を保存」をクリックするのを忘れずに。

投稿設定

 

 

投稿用カテゴリーの初期設定:最初は「未分類」(←カテゴリー名)になってると思いますので、そのままでOKです。これは新規で記事を投稿する時に、どのカテゴリーに初期カーソルを置くかというだけのものです。カテゴリーAとBがあって、ほとんどの記事がカテゴリーBに入るなら、ここで初期カーソルをBにしておくほうが、Aにしておくより選択するのが楽だよね程度の感じ。まぁつまり気にしなくて大丈夫です。

デフォルトの投稿フォーマット:こちらも「標準」のままでOKです。投稿するときにどんな形式での投稿を初期設定にしますかというものです。

 

 

メールでの投稿:これらはメールから投稿する時に使うもので、ここも変更不要です。わたしはメール投稿をしたことがないのでよくわからないんですが、記事の寄稿とかで使ったりするのかな?詳しく知りたい人は調べてみてください~。

 

更新情報サービス:ここは「Ping送信」といって、記事を新しく追加した際に「新記事が投稿されましたよ~」と通知をいれるための設定欄です。

初期は最初の1行目だけが表示されていると思いますので、そのまま変更しなくてOKです。

これはまた別の記事で解説しますが、ブログコミュニティの「にほんブログ村」や「ブログランキング」や「ブログサークル」などと連携するのに使ったりします。

わたしは一応この3つのコミュニティに登録しているので、新記事の更新通知が行くように設定してます。

 

最後に「変更を保存」をクリック。

表示設定

 

 

ホームページの表示:ホームページというのは、ブログのトップページ(最初の画面)のことです。トップページに新着記事を表示するのか、もしくはマニュアルサイトのように「サイトマップ(固定ページ)」などの特定の1ページを表示するのかの設定になります。普通のブログであれば「最新の投稿」でOKです。

 

 

1ページに表示する最大投稿数:これは先ほどのホームページで「最新の投稿」を選んだ際に、トップページに何記事表示するかという設定になります。最初は「10」件になってると思うので、とりあえずそのままでいいかなと思います。あとでいくらでも変更できます。

 

RSS/Atom フィードで表示する最新の投稿数:これも最初の「10」項目のままでいいです。わたしはなぜか「5」にしてましたが正直どっちでもOK。特に理由はありません笑。

RSS/Atomフィードというのは、ブログの更新を教えてくれるサービスのことで「Feedly」などが有名ですかね。わたしも一応「デキ主婦ブログ」のほうにはFeedlyのフォローボタンを用意してるんですが、このRSS系サービスで何記事表示するかという設定になります。

しかし、Feedlyはここの設定がどうなってようが全記事読み込んで抜粋表示してくれる?みたいなので、ほんとここはどーでもいいと思います。

 

RSS/Atom フィードでの各投稿の表示:ここも「全文」と「抜粋」どちらでも構いません。RSSで記事の全文を表示したいか抜粋だけにしたいかの設定になります。

検索エンジンでの表示:これはチェックを入れてはいけません!なぜなら検索に引っかからなくなる可能性があるからです。これから検索で上位を狙おうとしているのにここにチェックを入れてしまうと致命的すぎます。。

このマニュアルサイトのように、逆に検索エンジンに表示させたくない場合はここにチェックをいれます。

 

「変更を保存」をポチ。

ディスカッション

 

 

投稿のデフォルト設定:最初は全部にチェックが入っていると思いますが、わたしは一番上だけ外してます。ただ、ここは全部チェックを入れたほうがいいという人もいますので、ご自身で判断いただければと思います。

□この投稿に含まれるすべてのリンクへの通知を試みる

すべてのリンクへの通知を試みるにチェックを入れると、記事で他のブログへのリンクを貼り付けたときに相手にもそれが伝わります。

それが良いのか悪いのか微妙なところなんですが、わたしはなんとなく外しています。

新しい記事に対し他のブログからの通知 (ピンバック・トラックバック) を受け付ける

逆に、他のブログからの通知を受け取るにチェックを入れておくと、自分のブログのリンクが貼られた際にこちら側はその通知を受け取ることができます。

これも不要であればチェックを外してもOKです。

新しい投稿へのコメントを許可する

これは記事の下にコメント欄を設置するかどうかの設定になります。読者さんとやり取りしたいのであればチェックを入れておき、コメントをもらいたくないのであればチェックを外しておきましょう。

また、ある特定の記事だけコメントを表示・非表示にしたい場合は、投稿時に個別で設定も可能です。

 

 

他のコメント設定:ここも好きなように設定すればOKなんですが、わたしは4つ目だけチェックをいれています。

コメントの投稿者の名前とメールアドレスの入力を必須にする

メールアドレスの入力まで強制してしまうと気軽にコメントしにくいかなと思ったので、わたしは外しています。が、チェックを入れたほうが悪質なコメントは減るかもしれませんね。

ユーザー登録してログインしたユーザーのみコメントをつけられるようにする

これは会員制サイトを運営してるとき用かな?と思います。ユーザー登録は普通自分しかしてないはずなのでここにチェックを入れると自分しかコメントできないようになります。

〇日以上前の投稿のコメントフォームを自動的に閉じる

これは使いどころがよくわからないんですけど、古い記事にコメントされると困る場合はここにチェックをいれます。

□コメントを〇階層までのスレッド (入れ子) 形式にする

これはコメントをもらって自分が返信した際に、階層表示にするかどうかというもの。スレッド形式にしておくとどのコメントに対する返信なのかがちょっとわかりやすくなるかなと思うのでわたしチェックをいれています。

□1ページあたり〇件のコメントを含む複数ページに分割し、〇のページをデフォルトで表示する

1つの記事に100個くらいコメントがついても、全部表示するのかどうか、また、分割する場合は最後のコメントページを表示するのか最初のコメントページを表示するのかの設定になります。

まぁ、、そんなにコメントがつくこと自体があまりないと思うので、わたしは特に設定していません。できればコメントも全部見て欲しいですしね。

あとは、古いコメント順に表示するか新しいコメント順に表示するかを選ぶと完了。

 

 

自分宛のメール通知:コメントが投稿されたときや保留されているコメントがある場合に、メールで通知するかどうかの設定。わたしは特にメールは必要ないかなと思ったのでチェックをはずしています。お好みでどうぞ。モデレーションについては次の項目にて詳しく説明します。

コメント表示条件:コメントの手動承認を必須にするのか、すでに承認した人のコメントはそれ以降自動で承認にするのかの設定です。わたしは一応すべてチェックしたいと思ったので必須にするにチェックをいれています。お好みでどうぞ。

 

 

コメントモデレーション:これは特に設定しなくてもいいかなと思います。主にスパムコメントなどを排除するための設定なのだと思いますが、スパムコメントについては「Akismet」というプラグインが初期インストールされているので、それで大丈夫です。

コメントブラックリスト:こちらも特に設定しなくても大丈夫です。悪質なコメントを何度もする人がいればここに登録することでブロックできるのかな?と思いますが、わたしもまだ使ったことはありません。

 

 

アバターの表示:アバターというのはプロフィール画像のことなんですが、わたしは使ってません。しかし、使用するテーマによってはここにアバターやプロフィールを入力することで「この記事を書いた人」的なボックスを表示させることができたりもするので、これはテーマの設定に従ってください。

そういう機能を利用しないのであれば特にここを設定する必要はありません。

 

最後に「変更を保存」を忘れずに。

メディア

 

 

ここは今はいじらなくてもいいかなと思います。

その理由は、使用するテーマによって適切な画像の大きさが変わってくるからです。

テーマのマニュアルにおそらく記載があると思うので、その数値で設定してください。

ちなみにマニュアルで推奨している無料テーマの「Cocoon」だと

サムネイル:300×300

中サイズ:500×500

大サイズ:800×5000

が推奨されています。

 

 

ファイルアップロード:これは画像のライブラリーを年月別のフォルダに整理するかどうかというもの。わたしは一応チェックをいれていますが、まぁこれはどっちでもいいと思います。

 

「変更を保存」をクリック。

パーマリンク設定

 

 

これについては別の記事で詳しく書いたのでそっちを見て欲しいんですが、おすすめは「投稿名」です。ただし、どれを選ぶかは自己判断でお願いします。

8.パーマリンク設定をする

 

 

オプション:こちらは空欄のままで大丈夫です。

ここの設定の意味は、カテゴリーページやタグページを開いたときに必ずくっつく文字列を好きな文字列に変更できるよというものです。

たとえばカテゴリーページだとこのように「category」という文字がつくんですが、空欄のところに文字列をいれるとここの表示が変わります。

https://○○.com/category/△△/

「category」のままのほうがわかりやすくていいかなと思うので、ここは空欄でいいと思います。

 

「変更を保存」をクリック。

プライバシー

これは最近追加された項目です。

プライバシーポリシーについての規約が海外で厳しくなったので、ちゃんとプライバシーポリシーページを設置しておいてくださいね~というもの。

ここから「新規ページを作成」で作ることもできるんですが、英語を無理やり日本語に変換したような変な文章のページが作成されてしまうので、自分で「固定ページ」に作成したほうがいいかなと思います。

固定ページで作成した場合は「既存のページを選択」で選択して「このページを使う」をクリックして保存してください。

 

固定ページとは・・

記事を作成するとき、「投稿」と「固定ページ」の2種類があります。

「投稿」は日付順に並ぶブログ形式の記事のことで、「投稿」から投稿した記事は自動的にトップページの新着記事に並んでいきます。

「固定ページ」は日付関係なく作成される単独の記事のことで、新着記事に並べたくない場合はこちらから記事を投稿します。

固定ページは、サイトマップやプライバシーポリシーページ、問い合わせなど、メニューバーに表示する記事に対して使うことが多いです。

 

プライバシーポリシーページとは・・

このブログはこういう風に個人情報を扱いますとか、こういう広告システムを使っていますとか、こういうコメントにはこう対処しますとか、いろいろな免責事項などを書いたページのことです。

テーマによってはプライバシーポリシーページが標準装備されているものもありますので、用意されているならそれを使ってもOKです。

「デキ主婦ブログ」の例をここに紹介しておきますので、これを適当にいじってアレンジして使ってもらっても構いません。

プライバシーポリシー

※著作権についての問い合わせ先のリンクは必ず自分のブログの問い合わせフォームに変更してください…!そのままコピペするとうちのブログに苦情が届きます…

問い合わせフォームの作り方や、メニューバーに固定ページを設置する方法については別の記事で解説しています。

以上!

これでWordpress自体の基本設定は終わりなので、あとはプラグインとテーマの設定が終われば記事を書きはじめられます…!

がんばりましょー!