【専門用語解説】まずはこれを読んでね!

この記事は今後販売予定の『Wordpressでブログをはじめるためのマニュアル』の無料記事です。

ここではブログに関する専門用語を解説します。

アフィリエイト

アフィリエイトとは、自分のメディア(ブログなど)で企業の商品・サービスを宣伝し、広告収入をもらうというビジネスのことです。

アフィリエイトをメインに行っている人は「アフィリエイター」と呼ばれています。

アフィリエイトには「クリック報酬型」と「成果報酬型」の2種類があります。

クリック報酬型

自分のメディアに貼った広告がクリックされた時点で報酬が支払われるタイプ。

クリック型の広告は、広告枠を設置するだけで広告の内容は選べないので、記事の内容や読者さんの閲覧履歴より自動でマッチした広告が表示されるようになってます。

1クリックあたりの報酬額は、表示されている広告によって決まり、ジャンルによって20円だったり100円だったり様々です。

成果報酬型

自分が選んでメディアに貼った広告がクリックされ、さらにそのあと商品を購入したりサービスの登録などがされた場合に、報酬が支払われるタイプ。

クリック型と比べると一般的には報酬単価が高いのが特徴です。

この報酬が支払われる条件のことを「成果地点」と言い、広告案件によってこの成果地点は様々ですので、案件を選ぶ際に条件を確認しましょう。

成果地点の例としては

  • 無料会員に登録
  • 資料請求
  • サービスの契約
  • 商品購入
  • アプリをインストール

など

Google AdSense(アドセンス)

クリック報酬型広告の代表的サービスです。

Googleが運営しており、利用するためにはサイトの審査を受ける必要がありますが、クリック報酬型は初期のブログ収益の柱となりやすいため、まずはアドセンスの審査に合格することを最初の目標にすると良いと思います。

クリック型はアクセス数にほぼ比例して報酬が増えていき、商品を購入してもらう必要もないので、初心者でも取り組みやすい広告でもあります。

ただし、1クリックあたりの報酬は少ないので、アドセンスだけでたくさん稼ぐのは大変です。

このアドセンスを収益のメインにしているブロガーは「アドセンサー」と呼ばれてます。

また、アドセンスは規約が厳しく、違反すると即アカウント停止になる可能性もあるので、しっかりと規約を調べてから利用するようにしましょう。

※アドセンスについては別の記事で詳しく解説します。

ASP

アフィリエイトサービスプロバイダーの略なんですが、ASPとだけ覚えておけばOKです。

これは「広告を出したい企業」と「広告を載せたいアフィリエイター」の間を仲介してくれるサービスになります。成果報酬型のアフィリエイトはこのASPから広告を取得します。

ASPにブログを登録すると、いろんな広告案件を見ることができるので、そこから紹介したい案件を選んで「提携」をすれば、自分専用のコードが発行されるので、それをブログに貼るという流れになります。

案件によっていろんな規約(こういう表現はダメなど)があるので、違反しないようにだけ気をつけてください。

また、ASPは1つではなくたくさんあり、ASPによって扱っている案件も違うので、できるだけたくさんのASPに登録するのがいいかなと思います。

ASPによっては審査があったり、非公開の「クローズドASP」と呼ばれるところなんかもあります。

記事数が少なすぎると審査に落ちることもありますが、記事が増えてからもう一度申請すれば受かることも多いです。

※ASPについては別の記事で詳しく解説します。

SEO

GoogleやYahoo!などの検索エンジンで検索すると、100個くらいのサイトが検索結果に表示されますよね。

この検索結果で上位に表示されればされるほどブログへのアクセスが増えるので、みんな上位表示を目指して日々趣向をこらすわけなんですが、この上位表示のための施策のことをSEO(検索エンジン最適化)と言います。

上位表示への条件はGoogleから開示されていないので、みんな試行錯誤をしながら効果の高い施策を研究している感じ。

この検索結果の選定プログラムを「アルゴリズム」と言い、これは不定期に修正が行われます。

大幅なアルゴリズムの変更があった場合は「アップデート」と呼ばれ、これまでにパンダアップデート、ペンギンアップデートなど、いろいろなアップデートがありました。

SEO対策はアクセスアップに必須の取り組みです。

※SEO対策については別の記事で詳しく解説します。

レンタルサーバー

ネット上にブログを設置するためには、サーバーという置き場所が必要です。

サーバーは土地、ブログは家によく例えられるんですが、Wordpressでブログをはじめるためにはこのサーバーを借りる(レンタルする)必要があります。

アメーバブログなどの無料ブログサービスは、アメーバが一括でサーバーを借りてくれているので、ユーザーはそこにブログを作ってもらえるんですが、Wordpressは特定の企業のサービスではなく無料で使えるシステム(枠組み)のようなものなので、設置場所(サーバー)は自分で用意しなくてはいけません。

無料ブログサービスは賃貸マンション、Wordpressは戸建て注文住宅のような感じ。

無料ブログサービスは賃貸マンションであるがゆえに、いろんな規約があるし、部屋も借りている状態なので厳密には自分の所有ブログではありません。

なので、規約を違反すれば消されることもあるし、ブログサービスが終了すれば自分のブログもなくなります。アメーバなんかはアフィリエイト自体が禁止ですからね。

WordPressは単なるシステム(枠組み)なので、サーバー(設置場所)さえ用意できればインストールするだけで無料で使えます。

そして、自分でサーバーを借りて作ったブログは自分の所有物となるので、Wordpressごとサーバーを引っ越すことも可能になります。

WordPressは特に規約などもない(あるかもだけど知らなくていいレベル)ので、自由にデザインをカスタマイズして、自由に記事を書いて、自由に広告も貼れます。

で、このサーバーを貸してくれるのが「レンタルサーバー会社」で、わたしは「エックスサーバー」というところで借りています。

サーバーのレンタルは、会社やプランによって金額が変動しますが、およそ1000円/月程度で借りられます。

※エックスサーバーの登録方法については別の記事で詳しく解説します。

ドメイン

このサイトで言うと「kyanana.com」がドメインになります。

ドメインは住所によく例えられます。

サーバーを借りてWordpressを設置したとしても、ドメイン(住所)がなければネット上からそのブログにたどり着くことはできません。

サーバーとネットをつなぐ役割をしているのがドメインというわけです。

ドメインには

  • サブドメイン
  • サブディレクトリ
  • 独自ドメイン

の3つの種類があります。

サブドメイン

サブドメインとは「kyanana.xsrv.jp」のように、xsrv.jpというドメインの前に好きな文字列(kyanana.)を追加して作るドメインのことを言います。

マニュアルのドメインは、レンタルサーバー会社のエックスサーバーから無料でもらえる初期ドメインなので「xsrv.jp」というエックスサーバーのドメインが入ってます。

サブドメインでは、同じxsrv.jpが末尾についていたとしても、それぞれのドメインは別物扱いになるというイメージになります。

サブディレクトリ

サブディレクトリ形式のドメインを使っているのはアメーバブログなどで、「http://ameblo.jp/〇〇〇/」のようにメインのドメイン(ameblo.jp)のあとに「/」で区切って自分の好きな文字列を追加して作るドメインのことを言います。

サブディレクトリでは、全員でameblo.jpという1つのドメインの傘下に入っているイメージになります。

独自ドメイン

独自ドメインとは「kyanana.com」のように、自分で選んだ文字列(kyanana)に.comや.netや.jpなどのお決まりの文字列だけがついたものです。

前にも後ろにも余計な文字列が付かず、必要最低限の文字列だけになるのでシンプルでわかりやすいことに加えて、どこにも属さない独立したものになります。

サブディレクトリのように、1つのドメインをみんなで使っているとどうしても他のサイトのSEO上での影響を受けてしまうため、あまり好ましくありません。

なので、Wordpressを設置するならこの独自ドメインを「ドメイン会社」から取得することをおすすめします。

※マニュアルサイトは非公開でSEO対策をする必要がないため、サブドメインを使っています。

 

わたしはエックスサーバーが運営している「エックスドメイン」というところでドメインを取得しています。

ドメインは世界中で同じものは2つ作れないので、早い者勝ちです。

.com
.jp
.net

など、後にくっつく文字列はいくつか決まったものがあるのでそこは既存のものを選択するしかありません。

どれを選ぶかで多少金額は変動しますが、ドメインの使用料はおよそ1000円/年程度になります。

※ドメインの取得については別の記事で詳しく解説します。

PV

PVとはページビューの略です。

ブログの記事が見られた数を表し、1人が2記事見た場合は2PVになります。

月間PV数は、ブログのアクセス数の規模を表すのによく使われます。

PV数が増えたからと言って、収益に直接結びつくわけではありませんが、ブログ運営を続ける上でのモチベーションアップにもつながりますので、最初はPV数アップを目標に記事を書くといいんじゃないかなと思います。

SSL

SSLというのは、サイトからの通信を暗号化してセキュリティを高めるシステムのことで、SEO上でも有利になるため、これからブログを作るのであれば必ず設定しておきたいものです。

SSL化されているサイトのドメインは「https://~」で、SSL化されていないサイトのドメインは「http://~」になります。

※SSL設定については別の記事で詳しく解説します。

プラグイン

WordPressを使っていくには欠かせないものです。

スマホでいうアプリのようなもので、プラグインをインストールすることで簡単にWordpressに様々な機能を付与させることができます。

ただし、あまりプラグインをたくさん入れすぎるとサイトが重くなったり、プラグイン同士が干渉しあって不具合が出ることもあるので、できるだけ最低限にとどめるようにしましょう。

また、プラグインはかなりの種類がありますが、開発しているのは海外の人が多いため、ほとんどが英語です。

プラグインについてはいろんな人が解説してくれているので、1つ1つ検索で調べてから慎重にインストールや設定を行うようにしましょう。

このマニュアルでも主要なプラグインは紹介します。

テーマ

WordPressでいうテーマとは、デザインのテンプレートのことを意味します。

WordPressでデザインを変更したければ、テーマを変更すればOK。

テーマをインストールすることで、あらかじめカスタマイズされたデザインをすぐに反映させることができます。

テーマには有料と無料があり、かなりの種類がありますが、こちらもプラグインと同様海外の人が作ったものが多く、あまりマイナーなテーマを選んでしまうと使っている人が少ないので情報も少なくなるため、できるだけ初心者は日本人の作った有名なテーマを選ぶことをおすすめします。

おすすめのテーマについてはまた別の記事で書きます。