【準備編】10.テーマをインストールしよう

この記事は今後販売予定の『Wordpressでブログをはじめるためのマニュアル』の無料記事です。

テーマとは

WordPressで「テーマ」というと、デザインのテンプレートのことになります。

WordPressは、いろいろとコードをいじれば自分の思い通りのレイアウトに自由にカスタマイズできるのが良いところではあるのですが、これはよほどの専門知識のある人でないと不可能です。

なので、普通の人はあらかじめデザインの出来上がった「テーマ」をインストールし、その上でちょこっといじる程度になります。

 

テーマには無料のものも有料のものもたくさんあるのですが、Wordpressから公式でインストールできるテーマは海外の人が作ったものが多く、日本語での解説マニュアルがないのであまりおすすめしません。

特に初心者はコードをいじれないので、日本人の作ったマニュアル付きの有名なテーマを選んでおいたほうが何をするにしても楽です。

 

おすすめのテーマ

個人的なおすすめのテーマは

無料・・Cocoon(コクーン)

有料・・SANGO(サンゴ)、STORK(ストーク)、ATLAS(アトラス)など

です。

 

マニュアルサイトはCocoon、デキ主婦ブログはSANGO、ゲームブログはATLASを使ってるんですが、STORKも以前使用したことがあり、どれも良かったです。
⇒現在マニュアル作成のため試験的にゲームブログでもCocoonを使っています。

ただ、有料テーマだと1万円前後かかるので、初心者のうちは無料テーマでも十分かなと思います。ただでさえサーバー代やドメイン代で結構払ってますからね。

有料テーマはブログで1万円くらい稼いでからでもいいと思います。

 

なので、このマニュアルサイトでは「Cocoon」を基本として、これ以降の設定の話を進めていきたいと思ってます。

最初から有料テーマを使いたい!という人は、それぞれのテーマにマニュアルサイトがあるので、そちらも参考にしながら似たような感じで設定していってもらえればなと思います。

 

今後、プラグインという、スマホでいうアプリのようなものをいくつかインストールして、Wordpressの機能を拡張していくことになるんですけど、これはテーマに元々備わっている機能によって必要だったり不要だったり様々なので、他のテーマを使用している場合は、必ずしもこのマニュアルサイトで紹介したプラグインが必要であるとは限りませんので、その点だけご注意ください。

テーマとプラグインの間に相性もあるので、特定のプラグインを入れることで正常にテーマの機能が作動しないことがあります。

 

Cocoonについて

いきなりインストールしろと言われても不安になるかなと思うので軽くCocoon(コクーン)について解説を。

このテーマを作ったのは「わいひら」さんという方で、Cocoonの前に作成した「Sinplicity(シンプリシティ)」という無料テーマで超有名な方です。

 

Sinplicityは無料テーマとは思えないほどの優秀さで、ひと昔前に大流行していたテーマです。

しかし、その後STORKをはじめ、ATLAS、SANGO、JINと数々の優秀な有料テーマが出てきたことにより、空前の有料テーマブームになりました。

 

わたしもちゃっかりそのブームに乗っかって、まだ稼げてもいないのにテーマを転々と変えてきたわけなんですが、そんな昨今、あのSinplicityのわいひらさんが満を持して世に送り出してきた無料テーマがこのCocoonというわけなんです。

 

わたしも今回マニュアルサイトのためにCocoonを使ってみたんですが、正直有料テーマより機能が豊富なんじゃないかなというくらい、設定機能が充実しています。

わいひらさんのテーマはデザインがシンプルなので、有料テーマのようなデザインの特徴はありませんが、機能面では遜色ないくらい優秀なので、これからブログをはじめるのなら、わたしはこのCocoonがベストだと思ってます。

Cocoonをインストールする

では、さっそく「Cocoon」のインストール方法を紹介します。

無料で使用できますし、テーマは後からいつでも変えることができるので安心してください。

Cocoonをインストールする

親テーマと子テーマの2つがあり、両方ダウンロードしなければいけないのですが、まずは親テーマのほうからダウンロードしてみましょう。

ダウンロードボタンを押すと、PC画面の下にファイルが表示されると思うので、その状態のままWordpressの「外観⇒テーマ」を開きます。

そしてテーマの画面で「新規追加」をクリックし、さらに「テーマのアップロード」をクリックします。

 

するとファイルの選択画面になるので、先ほどダウンロードしたCocoonの親テーマファイルをマウスで選択したままグググッとこの「ファイルを選択」のところまで持っていき、マウスの選択を離します。

無事にCocoonのファイルを選択した状態になったら、「今すぐインストール」をクリックすればテーマのダウンロードは完了です。

 

これと同じ作業を「子テーマ」でもう一度行います。

 

親テーマと子テーマの両方のインストールを行うと、「外観⇒テーマ」ではこんな感じでCocoonが2つ入った状態になります。

最後に「子テーマ」(Cocoon Child)のほうを「有効化」すれば、テーマのインストールは完了です。

おつかれさまでした。

親テーマと子テーマについて

では、親テーマと子テーマとは何なのか、なぜ2つもインストールする必要があるのかについてもお話しします。

親テーマというのは言わばCocoonの本体

メインとなるシステムソフトで、実は親テーマだけでも使用は可能です。

しかし、いくらあらかじめデザインをカスタマイズされたテーマをインストールしたとしても、ちょっとだけここをこうしたいなど、自分好みに調整したいところが出てきたりします。

例えば、文字の行間をちょっとだけ広くしたいとか、マーカーの色を変えたいなどなど

 

そんなときは、専門知識のないわたしでもちょこっと調べてちょちょいとコードをいじるだけでなんとか調整できたりするんですけど、

ここで本体の親テーマ自体を勝手にいじってしまうと、もし失敗したときに手がつけられなくなってしまったり、テーマのアップデートが行われることでせっかく変更した部分も元に戻ってしまうことがあります。

そこで役に立つのが「子テーマ」です。

 

子テーマは親テーマと連携していて、子テーマに修正したい部分のコードを追加するだけで、親テーマの情報が上書きされてデザインとして反映するようになります。

しかし、上書きされるといっても親テーマの情報自体が書き変えられるわけではなく、後付けで情報を加えているだけなので、親テーマには影響なく内容を修正することが可能になるということなんですが、、ちょっと難しいと思うので言い方を変えてみると、

 

文章がぎっしり書かれた1枚のA4用紙をイメージしてください。これが親テーマ。

そして、透明のA4用紙をイメージしてください。これが子テーマです。

下に文章が書かれたA4の用紙、その上に透明のA4用紙を置きます。

透明の用紙になにも書かなければ、そのまま下の文章が読めますね。

だけど文章の内容を修正したい、でも文章が書かれた紙は超重要な文書だからいじってはいけない。

なので、透明の用紙のほうで修正したい箇所を修正します。

すると、文書の上に透明の紙が乗っているので、ぱっと見は上書きできた感じになりますよね。

これが親テーマと子テーマの関係性です。

 

子テーマは基本的に空っぽなんですが、修正したいところだけ記入すれば、その部分だけは子テーマのほうを優先して反映してくれるし、子テーマの修正がもし間違っていても簡単に訂正することが可能なので、Cocoonに限らずどのテーマを使うにしても、必ず子テーマを使用し、子テーマのほうを修正するというのがテーマ使用の基本となるので、「修正は子テーマで行う」ということは必ず覚えておいてください。

 

また、親テーマと子テーマの2つをインストールしたとしても「有効化」するのは子テーマだけです。

2つ以上同時に有効化することはできず、必ずどれか1つだけを選んで有効化することになります。

 

親テーマではなく子テーマを有効化にするのは、先ほどのA4の紙の例でいうと、上に来るのが有効化したテーマになるからです。

親テーマを有効化してしまうと透明の子テーマが下に来てしまうので、いくら子テーマを修正しても親テーマに反映されなくなります。

 

なんとなくわかって来ましたかね…?

 

ついでなのでもうちょっとだけ専門用語を解説しておくと、サイトはHTMLCSSというコードで構成されています。

HTMLはサイトの骨格の部分、CSSはサイトのデザイン・レイアウトの部分になります。

HTMLがただの文章なら、CSSはその文章を太字にしたり文字の色を変えたりするためのコードという感じ。

 

HTMLもCSSもどちらも英数字・記号からなる暗号みたいな感じなんですけど、これらをプログラミングしてパッケージングしてインストールできるようにしてあるのがテーマです。

普通の人はHTMLもCSSもわからないので、そういう人でもある程度いじりながら好みのサイトが作れるようにテーマが存在しています。

 

本格的にこれからブログを運営していくのであれば、HTMLとCSSは勉強しておいて損はないと思いますが、最近は優秀なテーマが多いため、なにも知らなくてもとりあえずは問題なくやっていけるので大丈夫です。

ただHTMLとCSSという言葉だけは、今後おそらくよく目にすると思うので、今はなんとなくの意味だけ知っておいてもらえればと思います。

 

これでテーマのインストールが終わったので、次からはいよいよCocoonを使ったWordpressのカスタマイズとプラグインについて解説していきます。

これ以降の記事は有料での公開になりますので、マニュアルの販売をお待ちください。