【準備編】8.パーマリンク設定をする

この記事は今後販売予定の『Wordpressでブログをはじめるためのマニュアル』の無料記事です。

次に、めちゃくちゃ大事な「パーマリンク設定」をします。

パーマリンクとは・・

この記事だとURLの「permalink」部分のことです。

 

パーマリンク設定は、記事ごとのURLを決める大事な大事な設定になります。

 

パーマリンクの設定は

「設定」⇒「パーマリンク設定」から行います。

 

こんな感じでパーマリンクの形式が並んでいるので、ここで好きなものを選ぶんですが、、

おすすめは「投稿名」です。

が、この判断は自己責任でお願いします。

 

マニュアルはSEOを気にしなくていいので「基本」にしていますが、これから検索でブログをたくさんの人に見てもらいたいのであれば、SEOに強いパーマリンクにしておく必要があります。

つまり、このパーマリンクの設定は今後のSEOを左右するくらい大事な部分なので、ここは自分でも納得いくまでどの形式がいいのか調べてから決めてください。

 

「ドメイン/カテゴリー名/投稿名」を勧める人もいますが、今後カテゴリー名を変更したり切り替えたりする可能性もあるので、わたしはおすすめしません。

パーマリンクの怖いところは、途中でパーマリンク設定を変えてしまうと、これまで書いた記事すべてのパーマリンクも変わってしまうところにあります。

 

パーマリンクが変わるということは、記事のURLが変わるということ。それはつまりこれまで積み上げたSEO上の評価もすべて1からやり直しになるということを意味します。

なので、パーマリンク設定はかならず記事を書く前に行い、その後は変更しないようにしてください。

 

わたしが「投稿名」をおすすめする理由は、自由にパーマリンクの文字列を編集できるからです。

 

 

これは新規記事の投稿画面ですが、記事タイトル「文字列を自由に決められる」の下にパーマリンクの編集ボックスが表示されるので、ここで自由に文字列を決められます。

パーマリンクは記事タイトルにマッチしたものが良いとされているので、この場合ならわたしだと「word-free」とかにするかなという感じ。

 

パーマリンクの文字列は英語がいいです。

また「.」は使えないので、区切るなら「-」。

 

パーマリンクの文字列はそこまで深く考えなくても大丈夫なので、なんとなく記事の内容を表していればOK。

あんまり長くなりすぎると良くないので、1~3単語くらいにおさめるといいと思います。

 

記事を書くたびにパーマリンクも考えなくてはならないのでちょっと面倒ですが、SEOには効果的なのでここはがんばって欲しいなと思います。

 

パーマリンクを「基本」に設定すると投稿画面でパーマリンクをいじることができず自動的に設定されるため、マニュアルでは手間省略のためにこれを選んでます。