【マインド編】大事なのは継続と試行錯誤

この記事は今後販売予定の『Wordpressでブログをはじめるためのマニュアル』の無料記事です。

 

ブログを運営していくにあたって、大事なのは継続力と試行錯誤(向上心?)だと思ってます。

 

「まぁそうだろうね。」的なあたりまえ感を覚えるかもしれませんが、、

これ地味なんですけどなかなか難しいんですよ。

 

ブログをはじめてから、アクセスや収益が伸び始めるまでにはある程度の時間がかかります。

最初から作業量が多く、センスもある人なら3か月くらいで結果を出せることもありますが、そんなのはほんの一部の人です。

 

通常は100記事くらい本気で書いたあたりでようやく少しずつ稼げてきたかなくらい。

時給とかで考えるとあり得ない額になるので、ここで挫折してしまう人が多いです。

 

でも「それが普通だ」とわかっていれば、なんとかがんばれそうじゃないです…?

ブログで稼げるようになるまでの期間は、だいたい1年くらいを目安に考えておくといいかなと思います。

 

1年間がんばって100記事以上書けば、そのあとはある程度勝手に収入が入ってきます!

 

わたしは月3万円を超えたあたりから調子に乗ってサボりはじめて、記事更新頻度もガクッと落としてしまったんですけど、それでもその後の収益が月3万円を切ったことはありません。

 

月に1記事しか書いてないのに3万円以上勝手に入ってきたりします。

ほとんど作業してないのに3万円入ってくるってすごいと思いませんか?

 

これがブログの力です。

 

なので、あなたもいつか今の労働の分まで稼げると信じて、最初の辛い時期を乗り越えてもらいたいなと思ってます。

 

ブログを継続するためのポイント

 

「楽しみながらやる」

 

わたしはこれが一番だと思ってます。

ブログはつらいと思ったらいつでもすぐに辞めることができます。

だからこそ、辞めないために楽しむ!

何より続けることが大事だからです。

 

すごい人はたくさんいるので、ついつい比べてしまって落ち込むこともあるかもしれませんが、続けてさえいればいつかは成功できます。

 

今はあなたのほうが結果が出ていないかもしれませんが、1年後にいきなりコツをつかんでその人を追い越してしまうかもしれません。

 

また、いくら稼いでいたとしても、毎日がつらくて苦しくて逃げ出したい気持ちでいっぱいなら、全然幸せじゃないですよね。

 

だから、わたしはちょっとでも楽しくないと思ったら記事を書かないようにしています。

その間も情報収集などはしていますが。

 

長くブログを続けていると、どうしてもやる気のある時とない時があります。

やる気のでない時もそのまま辞めてしまわないようにするには、希望を捨てないことが大事。

 

ブログはすごいんだ!

いつか不労所得になるんだ!

月に100万円も夢じゃないんだ!

 

と無理やり自分に言い聞かせてでも、決して希望は捨てないようにしてました。

いや、希望というよりもはやこれは夢なのかもしれません。

「理想の生活を手に入れるんだ!」という夢を追いかけ続けている感じです。

 

でも継続だけでもダメ

 

でも、ただ書き続けているだけでもダメなのが現実。。

 

問題は期間でも数でもなく、あくまでも「質」です。

とりあえず100記事書けとか毎日更新しろとかよく言われるのも「数をこなして質を上げろ」という意味です。

 

いくら100記事書いても、毎日更新しても、たった100文字程度の自己満日記ばかりでは厳しい。

 

アクセスを多く集めるためには、SEO(検索上位に表示)やバズ(SNSシェア)を狙わなければいけないし、収益性を高めるにはセールスライティング(売るための文章)やマネタイズ(収益化)の勉強も必要です。

 

こういうのはコレといった1つの答えがあるわけではないので、常に自分の中で最善を尽くしていくしかありません。

 

いろんな情報を取りにいって、学んで、試して、データを見て分析して、改善しての繰り返しです。

これができるかどうかでいくら稼げるかが決まるんじゃないかな?と思います。

ここが得意な人は爆速で収益をアップさせている印象です。(わたしは分析が超苦手なんですが)

 

終わりがないので学び続けるのはたしかに大変だし、分析にいろんなツールを使ったり、せっかく書いた記事を書き直したりと面倒なことも多いんですが、ここを面倒くさがると収益もアクセスも伸び悩むので、ある程度書くことに慣れてきたらどんどん新しいことを試していって欲しいなと思います。

 

というわけで、

ブログをやるにあたって大事なのは「継続」と「試行錯誤」!

これさえ肝に銘じておけば必ず成功するはず!

だとわたしは思ってます☆