IIJmioコミコミセットの注意点まとめ!逆に高くなる場合もある!?

どうも、キャナナです。

わたしは現在IIJmioという格安SIM会社でスマホを契約しているんですが、今回、母親用に新しく端末を購入しようといろいろと調べていたところ、ある落とし穴に気づいたのでまとめてみたいと思います。

IIJmioでは今いくつもキャンペーンを行っており、結局どれで購入するのが安いのかという点が少しわかりづらくなっているように感じました。

具体的には
・通常プラン(音声ワンコインキャンペーン)
・コミコミセット
・エコプラン
の3つのプランがあるんですが、

ここでは主にコミコミセットの注意点についてまとめた上で、どんな人がどのプランで申し込めばいいのかについても簡単に解説したいと思います。

IIJmioはドコモ網もau網もどっちも選べる!

コミコミセットの仕組み

コミコミセットは

スマホ端末代+3GBの音声機能つきデータ通信+3分間の電話かけ放題オプション

この3つがセットになったプランになっています。

なので、

・スマホを持ち込みで使いたい人

・音声通話機能が必要ない人(2台持ち用やタブレット用など)

・かけ放題オプションは必要ない人

にはこのプランはおすすめしません。

 

新しくスマホを購入した上で、かけ放題オプションも使いたい人向けにお得なプランになります。

また、基本セットでは3GB+3分間かけ放題になりますが、それは契約後に6GBに増やしたり、10分間かけ放題に変えることは可能です。(追加で料金はかかります)

選べる端末は5種類

2018年12月9日現在、一応公式サイトで選べるのは6機種になっていますが、すでに1機種は売り切れで販売を終了しているので、実際選べるのは5種類の中からのみになります。(今後も少なくなる可能性あり)

また、機種によってコミコミセットの月額料金は変化するようになっており、それぞれの月額は以下のようになります。

月額1880円
・ZenFone 4 Max⇒販売終了
・nova lite 2

月額2480円
・P20 lite
・arrows M04
・AQUOS sense lite SH-M05

月額2980円
・ZenFone 4 カスタマイズ

ただし、コミコミセットでこの月額になるのは1年間のみなので注意してください。

 

具体的な料金表はIIJmio公式サイトに記載がありますが

コミコミセットで2年間契約した場合の実質月額は、わたしがざっくりと計算してみた結果(日割り計算などは省く)

月額1880円の機種
⇒2年間の合計額 57,120円
⇒1か月あたり実質 2,380円

月額2480円の機種
⇒2年間の合計額 71,520円
⇒1か月あたり実質 2,980円

月額2980円の機種
⇒2年間の合計額 83,520円
⇒1か月あたり実質 3,480円

ということになりました。

2年目は月額が上がるものの、機種代込みでこの月額なので正直かなり安いかなと思います。

しかも、端末代の分割は24か月で終わるので2年目以降はさらに月額が下がります。

 

で、以上が基本的なコミコミセットの内容にはなるんですが、問題は他のプランと比べた場合どちらがお得なのか?ということ。

公式サイトでは、「普通に契約するよりもコミコミセットにするほうがお得!」と書いてあるのですが、ほんとにそうなのか。

検証してみました。

コミコミセットで選べる機種を通常プランで契約した場合の比較

先ほどの5機種を、コミコミセットではなく通常プランで契約してみた結果を紹介します。

条件はコミコミセットの内容と同様

端末代+3GBの音声機能つきデータ通信+3分間の電話かけ放題オプション

です。

通常プラン音声ワンコインコミコミセット
nova lite 22,900円2,763円2,380円
P20 lite3,358円3,221円2,980円
arrows M043,108円2,971円2,980円
AQUOS sense lite SH-M053,025円2,888円2,980円
ZenFone 4 カスタマイズ3,025円2,888円3,480円

※いずれも2年間の支払い総額を24か月で割って実質月額を計算したもの。
※最初の事務手数料などは除外
※2019年1月31日までは通常プランが3か月500円になる「音声ワンコインキャンペーン」を適用すると、通常プランよりお得です。

 

これ、赤字のプランがその機種の最安値になるんですけど、下の3機種はコミコミセットよりも音声ワンコインのほうが安いですよね?

実は、今「スマホ大特価キャンペーン」というものも始まっていまして、少し型落ちのスマホがかなり値下げされているんですよ。

なので、おそらくコミコミセットが始まったときよりも機種代金が全体的に大幅に下がって、さらに音声ワンコインキャンペーンが始まってさらに料金プランの割引も効くようになったため、

現時点では一部の端末においてはコミコミセットで申し込むよりも通常のプランに音声ワンコインキャンペーンを適用したほうが安いという逆転現象が起きています。

IIJmio(みおふぉん)

なので、これらを踏まえて注意点をまとめてみると・・

コミコミセットを申し込む際の注意点

1.端末によっては逆に高くなる

具体的には
・arrows M04
・AQUOS sense lite SH-M05
・ZenFone 4 カスタマイズ

の3機種においては、音声ワンコインキャンペーンを使って通常のプランに3分かけ放題オプションをつけたほうが安くなりますので注意してください。

2.かけ放題が必要ないなら逆に高くなる

先ほどの料金試算は、コミコミセットと同じ内容にするために、すべて3分間のかけ放題オプションをつけて計算したものです。

通話機能だけあればよくて、3分間かけ放題までは必要ないという方は、コミコミセットではなく通常プランに音声ワンコインキャンペーンを適用したほうが安くなります。

3.データ通信量が3GBも必要ないなら逆に高くなる

IIJmioの最低プランは3GBなんですが、最近「エコプラン」というものも始まったので、3GBも必要ないという方はコミコミセットや音声ワンコインキャンペーンを契約するよりもこちらのほうがおすすめです。

エコプランとは、余ったGB数に応じて0.5GBあたり100円割引してくれるプランになります。

たとえば1GBしか使わなかった場合、その月は2GB余ることになるので、

2GB=0.5GB×4=100円×4=400円引きになるので、

3GBで1600円だったのが

1600円-400円=1200円になります。

ただし、エコプランのほうがお得になるのは毎月の使用量が2GB以下の場合のみなので注意。

 

以上!

わたしが母親用のスマホとして狙っているのは「ZenFone 4 カスタマイズ」なんですが、この機種だとコミコミセットで契約すると逆に高くなってしまうので、契約前にそこに気づけてよかったです笑

こういうキャンペーン系はいろいろとややこしいので理解するのが大変ですね…!

IIJmioは他の格安SIM会社よりもスマホ端末代が安いので、端末買うならIIJmioがおすすめですよー☆

ということで今回はこれで。

またーノシ

IIJmio公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。