コインチェックで仮想通貨を購入するまでの流れを徹底解説!

どうも、専業主婦のキャナナです。

ついにわが家も、今話題の「仮想通貨」に参戦することにしました。

仮想通貨と言えば「ビットコイン」を思い浮かべる人が多いと思いますが、実は仮想通貨はビットコインだけではなく、たくさんの種類があるんです。代表的な仮想通貨であるビットコイン以外のコインはまとめて「アルトコイン」と呼ばれています。

1ビットコインは今や200万円近くの価値まで上昇してしまっていて、今さら手を出すのはちょっとなぁ・・と思ったので、うちはこの「アルトコイン」を主に購入したいと考えています。

アルトコインであれば、まだ数十円程度の価値のコインもあるので、これを今のうちにたくさん買っておけば・・

なんてこともあるかもしれませんからね!夢は膨らむばかりです!

で、仮想通貨を買うためには、仮想通貨の「取引所」というところで口座を開設し、その口座に入金した日本円を使って各種コインを買う必要があるんです。銀行とかで買えたらいいんですけどね。

現在、日本で有名な取引所は3つ

このどれかで作っておけば、まずは安心かなと思ってます。(絶対ではないですが)

そして今回紹介するのはこの中の「コインチェック(Coincheck)取引所」で仮想通貨を購入するまでの流れになります。

追記:コインチェックでは先日NEM通貨の流出がありました。今後どうなるかは今のところ未定のため、当面はコインチェック以外の取引所で開設することをおすすめします。その他の取引所についても後半で説明しています。

 

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

コインチェック取引所の簡単な特徴としては、

  1. 取り扱っているアルトコインの種類が日本一多い
  2. サイトのデザインがシンプルでおしゃれなため初心者にもわかりやすい
  3. 本人確認の承認が早くすぐに取引が始められる

ことです。特にスマホアプリは、インストールするだけですぐに仮想通貨の価格チャートを見ることができるのでおすすめです。

 

このようにスマホのホーム画面にウィジェットに設置することもできます。他の取引所で口座を開設した人でも、コインチェックのアプリだけは便利で使っているという人も多いみたいですね。

Coincheck ビットコインウォレット

Coincheck ビットコインウォレット
開発元:Coincheck, Inc.
無料
posted withアプリーチ

ではさっそく購入までの流れを確認していきましょう。

コインチェックで仮想通貨を購入するまでの流れ

1.メールアドレスを登録して認証

まずは「コインチェック公式サイト」より、新規登録でメールアドレスを登録してアカウントを作成します。Facebookでも登録可能ですが、わたしはメールアドレスで登録しました。(パソコンでもスマホでもどちらでも登録できますが、あるならパソコンでやるのがおすすめかも。スマホからだと後述する二段階認証でつまづいたという話を聞きました。)

 

するとすぐにそのメールアドレス宛てに、認証用のメールが届くので、その本文にあるURLリンクをクリックすれば認証完了。(そのメールアドレスが本当に有効なもので、本当にあなたのものであるかを確認するためのものです)

※できれば取引所のパスワードは他のアカウントと同じものは使い回さないほうがいいかもしれません。少しでもセキュリティを高める努力はしておきましょう。

2.電話番号認証

取引所では、メールアドレスも電話番号も住所も全部認証して確認を取ります。大事なお金を扱うところですから、本人確認はしっかりと行ってくれるほうが安心ですね。

だけど電話番号認証も簡単です。自分の携帯・スマホの電話番号を入力し、SMS(ショートメール)で送られてくる6桁の数字を入力するだけでOK。

3.本人確認書類を提出

口座を開設するには当然こちらの身分を証明しなくてはいけないのですが、これもスマホのカメラでパシャっと撮影するだけで提出できます。(パソコンの場合はグーグルフォトなどでスマホとクラウド同期したものを使うのがおすすめですが、メールに画像を添付して自分宛てに送ってもOK)

本人確認書類として有効なものはこちら

  • 運転免許証(裏面も)
  • パスポート(顔写真のあるページと住所のページ)
  • 在留カード(裏面も)
  • 特別永住者証明書(裏面も)
  • 運転経歴証明書(裏面も。交付年月日が平成24年4月1日以降のもののみ)
  • 住民基本台帳カード(裏面も)
  • マイナンバー個人番号カード(表面のみ)

上記の写真とは別で「IDセルフィー」という本人確認書類と自分の顔が一緒に写っている写真も別で提出する必要があります。また、「外国PEPs」は、外国に権力者の家族がいるようなことがなければ「該当しない」にチェックを入れておきましょう。

 

「IDセルフィー」は、白い壁を背にしてスマホのカメラを内側に切り替え、顔の近くに免許証を持った状態で撮影しました。

必要な画像をそろえて提出すると、数時間~数日程度で本人確認の提出が完了し、メールアドレスに「本人確認承認メール」が届きます。このメールが届いた時点で、日本円を入金して仮想通貨の取引をスタートできます。

その後、1週間程度で「郵送ハガキ」が簡易書留で届きます。これはその住所に本当に住んでるかの確認ですね。これを受け取った時点で本人確認作業はすべて完了なのですが、それまでに以下の「二段階認証」も済ませておきましょう。

4.二段階認証

よりセキュリティを強固にするために、ぜひこちらも導入することをおすすめします。というか絶対やっておいてください。ハッキングなどによって大切なデータが盗まれることをかなりの確率で防げます。ログインするときのパスワードをもう1つ追加するようなイメージです。

追記:本人確認が終わる前に二段階認証を設定してしまうと、キャンペーンのビットコインプレゼントの付与がされないようです。キャンペーンを利用したい場合は本人確認が終わってから設定してください。

まずはこのGoogleの認証アプリ(Google Authenticator)をインストールしましょう。

Google 認証システム

Google 認証システム
開発元:Google, Inc.
posted withアプリーチ

一度インストールしておけば、コインチェックの他にも様々なサイトでの二段階認証に使えるので便利です。

ワンタイムパスワードを使ったことがある人は理解しやすいかと思いますが、一度サイトと二段階認証を設定すると、スマホでこのGoogle認証アプリを起動してそこに表示される6桁の数字を入力しなければログインや取引できないようになります。

つまり、二段階認証に設定しているスマホ本体を持っていなければログインできないということになり、第三者がたとえメールアドレスとパスワードを知ったとしても比較的安全です。

次にコインチェックの公式サイトから「設定」⇒「二段階認証」を開きます。(スマホなら「設定」⇒「セキュリティ設定」⇒「二段階認証」)

するとパソコンの場合、画面にQRコードが表示されるので、これをGoogle認証アプリでスキャンするだけでOK。認証アプリの右下の「+」マークをタップすると「バーコードをスキャン」というのが出るので、そこからカメラを起動できます。

※この時に表示されるQRコードとキーは、スマホ紛失時のバックアップのために印刷(スクリーンショット)またはキーのメモを取っておきましょう!設定してしまったあとでも、いったん二段階認証を解除することでもう一度この画面を表示させることが可能です。

 

スマホで登録した場合は、一度その画面を切り替えて認証アプリを起動させることになるため、ちょっとややこしいみたいです。。わたしはパソコンから登録したので何の問題もなかったんですが。

スマホだと、先にコインチェックの二段階認証設定画面を開いておいてから、認証アプリをインストールすると自動でコインチェックと認証できるのかな?最終的には6桁の数字が表示されて、その下に「coincheck」の記載があれば、それがコインチェックにログインするための認証コードになります。認証アプリを起動したあと、もう一度コインチェックの公式サイトに戻って、二段階認証が設定できているか確認してみてください。

以降、ログインする時などに二段階認証を求められたら、この認証アプリを起動し、対象サイト用の6桁の番号を入力すればOKです。複数のサイトで二段階認証を設定すると、この6桁の数字が複数並ぶことになるので、どれがどのサイトの認証番号かを確認し、間違えないように注意してください。(数字の下にサイト名が出ます)

できれば取引所に登録したメールアドレス自体にも二段階認証をかけておいたほうがいいです。Gmailならこちら。Yahoo!メールならこちらから専用アプリをインストールすることで設定できます。(YahooはなぜかGoogle認証アプリに対応していない・・)

ここまで済ませれば本人確認系の作業はすべて完了です。あとはコインを買うのみ!コインチェックでは、本人確認承認メールが届けば、郵送ハガキが到着する前でも取引を開始することが可能です。(他の取引所ではハガキが到着するまで取引できないところもあります。)

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

5.口座に入金する

通貨を購入するためには、まず開設した取引口座に日本円を入金する必要があります。

入金方法は4種類

  1. 銀行振込(無料)
  2. 海外からの入金(25USドル)
  3. コンビニ入金(756円~)
  4. クイック入金(756円~)

おすすめは「銀行振込」です。ご覧の通り、銀行振込のみ手数料が無料だからです。手数料についての詳細はこちら

ただし銀行振込のデメリットは、振込んでから入金が確認されるまでのタイムラグがあるので、買いたいときにすぐ買えないことです。特に土日を挟む場合。急ぎの場合はクイック入金などをうまくつかうのもアリかもしれません。

あと、銀行からの振込み手数料はこちらの負担になるので、できるなら安く振り込める銀行を使うのがいいでしょう。振込先の口座は「りそな銀行」か「住信SBIネット銀行」のどちらかです。特に「住信SBIネット銀行」は、他の取引所でも多いみたいなので、この機会にSBIの銀行口座も一緒に開設しておくと振込手数料も節約できていいかもしれません。

※入金とは別で「クレジットカード購入」で通貨を購入することも可能ですが、手数料がかなり高いので、こちらもおすすめしません。

6.通貨を購入する

いよいよ通貨の購入です。

コインチェックで現在取り扱っている通貨は13種類

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • リスク(LSK)
  • ファクトム(FCT)
  • モネロ(XMR)
  • オーガー(REP)
  • リップル(XRP)
  • ジーキャッシュ(ZEC)
  • ネム(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • ダッシュ(DASH)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)

「.(ドット)」と「,(コンマ)」の違いに気をつけながら、それぞれ1コインあたりいくらなのかを確認して購入しましょう。

たとえばリップルを買いたい場合・・

チャートの「XRP」のところをタップ(クリック)します。

するとリップルがこれまでどんな値動きをしてきたかのグラフを見ることができます。1時間、1日、1週間、1か月、1年と表示を切り替えることができるので、長いスパンでの動きも必ず確認しましょう。

「これは今買っておこう!」と判断したのなら、左下の「購入」ボタンをタップ

次にどのくらいの数量を買うのかを選択する画面になります。

この90.805という数字は、リップルの枚数だと考えてください。最初に購入ボタンを押した時点では、現在の口座残高(画像の場合だと8,125円)がちょうど使い切れるくらいの数量が自動で打ち込まれています。ここで何も変更せずに「円で購入」をぽちっとしてしまうと、口座に入金している全額でリップルを買うということになってしまうので注意。

他の通貨もまんべんなく買いたいのであれば、いくらくらいをリップルに回すのかを決め、だいたいそのくらいの金額になるように「数量を調整」しなければいけません。

たとえば1000円分だけリップルを買いたいのであれば・・

 

数量のところをいじって、その下の合計が1000JPY(円のこと)に近づくようにしましょう。画像の時のレートであれば、1001.6円でリップルが11.2枚買えるということになりますね。

修正している間にも刻一刻とレートは変化しているため、その都度計算額は自動で変化します。レートが下がったタイミングを狙いたいのであれば、この画面でしばらくスタンバっておいて、下がった瞬間に「ポチっ!」と購入ボタンを押してください。

数量は整数でなくても、小数点いくらかまで設定できます。(小数点以下いくらまで買えるかは通貨によって違います)

※ここで1つ覚えておいて欲しいことがあります。

通貨の販売形式は「取引所形式」と「販売所形式」との2種類があって、このどちらであるかによって購入手数料が変わってきます。

基本的に「取引所形式」は手数料が安く、「販売所形式」は手数料が高いです。

コインチェックでは、ビットコインのみ「取引所形式」で購入でき、その他の通貨はすべて「販売所形式」でしか購入できないため、手数料はほかの取引所で「取引所形式」で買うよりも高くなる傾向にあります。(コインチェックのアプリからだとビットコインも取引所形式では購入できないので注意。パソコンやスマホサイトから購入しましょう)

ではその手数料はどのように計算されるのかというと、たとえば先ほどのリップルの画像を見てみると、購入ボタンを押す前のレートは1リップル86.840円だったのにも関わらず、数量を選ぶ時点では1リップル89.428円に変わっていますね?

多少のタイムラグがあるのでスクショを撮影している間にレートも変化しているのですが、それにしても3円も変化はしていません。

つまりは、この時点ですでに手数料が上乗せされているということです。なので、別で手数料として口座から引き落とされるということはありませんが、安いレートの時に買ったつもりでも、意外と高い時に買ったのとあまり変わらないということもありますので、必ず数量を選ぶ画面でのレートをよく確認して購入してください

 

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

取引所形式と販売所形式の違いについて

ここは大事な部分なのでもう少し詳しく説明します。

取引所形式とは

別名:板形式とも呼ばれ、株の取引はこの方法で行われているようですね。

売りたい人と買いたい人の金額がかみ合った時に決済される方法で、ユーザー同士で売買する形式になります。売りたい人はできるだけ高く売りたい、買いたい人はできるだけ安く買いたい、その需要と供給により金額が変動していきます。

取引所形式のメリットは手数料がほぼかからないこと、デメリットは売りたいときにその金額で買いたい人がいなければ売れないこともある。というところでしょうか。

特に、この取引所形式はその取引所の中だけで行われるので、利用ユーザーの少ない取引所では思い通りに売買しにくくなる可能性も高いです。なので、できるだけ有名で利用者の多い取引所で口座を開設することをおすすめします。

販売所形式とは

これはコインチェックなどの取引所から通貨を購入する形式になります。なので、金額もコインチェックが相場から決めた金額です。

あらかじめ取引所が通貨を大量に購入しているのか?なんなのかわかりませんが、コインチェックに購入を代行してもらっているような感じですね。なのでコインチェックに対して仲介手数料のようなものがかかるというわけです。

販売所形式のメリットは、買いたいとき売りたいときにすぐ取引が成立しやすいということ、デメリットは手数料が高くなることです。板形式とちょうど逆ですね。

なので、絶対にこっちの形式で買ったほうがいい!とは言えないため、メリットとデメリットをよく理解した上で、うまくリスク分散をとってみてください。

利益を出すためであれば、より今のレートに近い金額で買える「取引所形式」のほうが有利です。販売所形式だと手数料によって実際よりも高いレートで購入することになるので、少々の価値上昇では利益が出ません。長く保有するのであれば、販売所形式でも十分利益は出せる可能性がありますが、短期でこまめに利益確定していきたい方は、取引所形式でないと厳しいかもしれません。

ただし、取引所形式でアルトコインも購入できる取引所のZaifは、現在本人確認の遅延が出ており、取引開始まで1か月以上程度かかる可能性もあります。その間にレートが爆上げしてしまっては手数料以上に損をする可能性もありますので、取引開始までの日数と手数料のどちらを取るかという話になってくるかなと思います。わたしは待ちきれずに販売所形式で手を打ちました。

あと、実際にコインチェックで販売所形式で買ってみた感想としては、手数料の安さも当然大事なんだけど、初心者には簡単にぽちっと購入できる販売所形式はわかりやすくて良かったです。

各有名取引所で買える通貨の種類一覧

これはわりと盲点です。

販売所形式と取引所形式の違いで口座開設する取引所を選ぶ人が多いんですけど、それよりも実はどの通貨が買えるのかのほうが重要だったりします。

わたしはコインチェックとZaifで同時に口座開設を申し込んだのですが、その時買いたかった通貨はリップルでした。

「Zaifならアルトコインも取引所形式で買える」という情報だけで、てっきりリップルもZaifで買えると思い込んでいたのですが、実際よく調べてみると・・

てなことになって、思いっきり機会損失してしまったので、買いたい通貨が決まっている人は、まずどの取引所でどの通貨を扱っているのかを把握してから口座開設をしましょう。

というわけで一覧表を作ってみました。(記事執筆時点での情報です)

大手3社に加えて、わたしが新たに口座開設したビットバンクも追加してます。ビットバンクはリップルが安く買えるのでね。

※「取引」「販売」は、購入形式を示しています。

※ビットバンクの「(BTCのみ)」というのは、日本円で買えるのではなく、ビットコインでしかその通貨を買えないという意味です。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

迷ってる人も口座開設だけは絶対やっておいたほうがいい

なぜなら、わたしはこれでめちゃくちゃ機会損失したからです笑

コインチェックはまだ口座開設申し込みから1日~2日程度で取引を開始できるのでマシなんですが、Zaifとかは現在1か月くらい本人確認に時間がかかります。

これだけ、どの仮想通貨も爆上げ状態の相場だと「安いうちに買っとかないと損」であることは素人でもわかると思います。

わたしがたくさん買ってるリップルなんかは、口座を開設しようとしていたときにはまだ30円くらいだったんですよ。こんなに安いなら、今のうちにいくつか買っておこうと思って口座開設を申し込んだのですが、なんとそのあと急激にリップルの価値が上がってですね・・

たった2日。本人確認をしている間に倍の60円になってしまいましたOrz。。
これもし30円の時に100万円分買っていたら、2日で200万円になっていたということです。やばいでしょ?

これが機会損失というやつですよ。。

その後リップルはさらに値上がりしていて、今現在では85円程度にまでなっています。(追記:1月には一時400円まで上昇しました)

わたしはめちゃくちゃ急いでなんとか60円台後半くらいでは買えたんですけど、ほんとあともう2~3日口座開設が早ければと何度後悔したことか・・

30円なら、90円になれば3倍。120円になれば4倍。300円になれば10倍になるんですから!100万円分買ってればもうそれで1000万円ですよ。

※リップルが上がるという保証はどこにもないので、むやみに信用しないでくださいね笑

どの通貨をどれだけ買うのかは自己判断でお願いします。

 

で、ですね。わたしは今回のことで痛いほど本人確認のタイムロスを痛感したわけなので、そのあとすぐに主要な取引所すべてで口座開設を申し込みました。全部で4つです。

わたしが口座開設した取引所

実際に取引画面を見てみて、これらのサイトの見やすさを比べてみたのですが、やはりコインチェックのわかりやすさはピカイチで、株やFXをやったことのない初心者はとりあえずここから始めるのがおすすめです。その次にわかりやすいのはビットフライヤーかな。ただ取り扱い通貨が少ない。

ザイフは取引所形式で買えるものが多いので、ほんとはここで買いたいところなんですけど、なんせ画面がわかりにくくて難しいし、本人確認が遅い。。FXや積立投資なんかもできるので、ここは慣れてる人が使ったほうがいいかなと思いました。ビットバンクはザイフよりはまだわかりやすいかなという印象。本人確認も早めなのでリップルやモナコインあたりを安く買いたい方はおすすめです。わたしもここで両方買いましたv

まぁ、口座開設だけならどこもやることは同じで簡単なので、いざという時のために口座だけは複数の取引所を持っておいたほうがいいです。新しいコインの取り扱いが始まるかもしれないし、お金も別に入れなくてもいいですしね。あと、リスクを分散させるためにも、1つの取引所に資産を集中させるより、いくつかに分けておいたほうがいいかなと思います。

 

いきなり「仮想通貨いいよ!」と言われても、正直怖いと思うし、不安だと思うし、よくわからないと思うし、どうしても慎重になってしまう気持ちはめちゃくちゃわかります。わたしもずっとそうでしたから。

実はビットコインが7万円くらいの時からすでに存在は知っていて、その時もこれはこれからめっちゃ上がるんだろうなーとか思ってたんです。だけど、実際口座開設してお金振り込んで~ってなるとなんか勇気が出なくて躊躇ちゅうちょしてしまって、気づけばビットコイン200万円。

その時はまだアルトコインの存在も知らなかったので、ここで口座開設しておけばその存在にも気づけていたはずだし、その時にリップル買っておけば今頃は・・・!!とか思うともうほんとね。。

口座開設だけなら無料だし、そこにお金を入金しなければセキュリティ的な危険もなにもないし、仮想通貨人気によって本人確認にかかる時間もどんどん延びてきていますので、ほんと口座開設だけは迷ってても絶対に今すぐやっておいたほうがいいです

悩んだり考えるのはその後!!

そうこうしている間にどんどん通貨の価値が上がっていくかも・・まぁ下がることもありますけどね。でも逆に下がった時がチャンスでもあるので、暴落したタイミングで買うために準備しておくのが吉です。

 

また、取引所リスクというものも銀行と同じでやはりあります。取引所が倒産したりハッキングされたりすれば、最悪その取引所で持っていた分の仮想通貨は全部パーになることもあり得ます。銀行なら1000万円までは補償してもらえますが、今はまだ仮想通貨に対する法整備も追いついていないので、そのような補償もありません。

よって、実際にお金を入金する場合にはそのようなリスクも一応踏まえて、自分が投資できる金額はいくらまでなのかをきちんと考えてください。

うちは家族会議の結果10万円を仮想通貨に回すと決めましたが、それが1000円でも1万円でも全然かまいません。最悪なくなったとしても生活が困らない額。余剰金ではじめてください。

わたしの考え方としては仮想通貨投資は「宝くじ」を買う感覚に似ています。

ちょうど年末ジャンボの時期ですが、1枚300円の宝くじを10枚くらい買ったりしますよね?その1枚300円の宝くじを買わずに、それぞれの仮想通貨を300円ずつ買うようなイメージ。それが数か月後、数年後とかに大きく化けるかもしれないという「ワクワク」にわたしは投資しています。

少なくとも宝くじよりは当たるとわたしは思ってます。

ということで、

最近はすっかり仮想通貨の楽しさに魅了されているので、ぜひあなたもこの機会にはじめてみませんか?という記事でした!

一緒に億万長者になろうぜ・・・!イヒヒヒヒ ←

注意

投資は自己責任です。また、この記事を見たことにより発生したいかなる損害も補償できません。

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。