格安スマホで毎月5000円の節約!初心者でもわかる徹底講座はこちら

CMの着物買取業者【バイセル】って何?徹底調査してみた

どうも、キャナナです。

最近CMでよく流れている『BUYSELLバイセル』という着物出張買取サービス。

「着物はバイセル878787ハナハナハナ♪」というフレーズがやけに耳に残るんですが、いったいどんなサービスなんでしょう?

ちょうどわたしの亡くなった祖母の着物がたくさんあって処分に困ってたので、詳しく調査してみました。

バイセルとは



1.出張買取がメイン

CMでは出張買取についてしか紹介されていませんが、実は宅配買取持ち込み買取も行っています。

ただ、宅配買取だと査定金額が気に入らなくて返却してもらいたい場合は送料がこちら負担になるので、あんまりおすすめはしません。

出張買取なら無料で訪問してもらえて、仮に何も買取してもらわなかったとしても手数料はかからないようです。品物も1点から可能。

※一部、離島などでは出張できないこともあり、その場合は宅配買取のみになります

また、持ち込み買取は今のところ新宿にある東京本社のみでしか受け付けてないそうなので、利用できる人はかなり限られますね。

2.着物以外も買取OK

CMでは着物買取しか紹介されていませんが、実は着物以外にもいろいろと買い取ってもらえます。

バイセルの買取品目
・着物
・切手
・古銭
・毛皮
・ブランド品
・骨董品
・貴金属
・アクセサリー
・ブランド服
・お酒
・時計
・車
・金券

よくある買取業者さんと同じようなラインナップですね。

ただ、バイセルは着物に関しては特に力を入れていて、他よりも高値での買取に自信があるようです。(着物の買取が全体の5割を占めているらしい)

他店より買取金額が1円でも安ければ全品返却いたします!

と公式サイトにも書いてありました。

なので、まず他の業者さんで査定してもらってから、その証拠と共にバイセルで査定してもらえば、より高値で買ってもらえる可能性が高くなるかも?しれません。かなり面倒くさいですけどね。

また、バイセルでは二重査定というシステムを導入していて、訪問する査定員によって査定額にバラツキやミスが起きないように、必ず商品を写真で撮影し、それを専門の査定部署にも送信し、お互い査定額に間違いがないかを確認し合ってから査定額決定とするそうです。

なので、出張査定に来てくれた人が仮に新人さんっぽい感じで不安に思ったとしても、査定額には影響がないので、そこは安心できそうだなと思いました。

3.フォローコールで最終確認

これがバイセルの最大の特徴かなと思うんですが、出張買取が終わったあと、コールセンターよりフォローコールという電話がかかってきます。

やはり「わざわざ訪問で来てもらったのに何も買い取ってもらわないわけにはいかない」というような気持ちになりがちなので、ほんとはあんまり金額に納得していないけど買取を承諾してしまったりだとか、

高額査定にテンションが上がって、あれもこれもと売り過ぎてしまって後で後悔したりということもあると思います。

そんな時のために、バイセルではフォローコールを行っており、そこで「やっぱりあれは返してほしい」ということであれば無料で返却対応もしてくれます。(クーリングオフ制度)

知らない人が家に来るとなんかちょっと緊張とかで正常な判断ができなくなったりしますからね。

こういうアフターフォローがあるのはかなり良心的だと思います。

4.電話受付は365日24時間

これ、他の業者さんはどこも9時~19時くらいまでのところばかりなので、24時間受付はバイセルだけだと思います。

深夜でもお正月でも思い立った時にいつでも申し込めるのはいいですね。

5.独自の販売ルートを確立

買い取った着物などは、レンタル業者さんに卸したり、茶道や華道が趣味の人たちに販売されたりするんですが、バイセルでは独自の販売ルートを確立しているため、高値での買取が実現しているそうです。

⇒着物・ブランド品の公式リユース販売『バイセルオンライン

着物を売るのではなく買いたい人は、このバイセルオンラインを見てみるのがいいかもしれませんね。



フリマアプリより買取がおすすめな理由

今はメルカリなどのフリマアプリで簡単になんでも売れちゃうんですが、着物や切手などは買取のほうがおすすめです。

1.値付けが難しい

着物って、本のように同じ品物がたくさんあるわけじゃないので、値付けがほんとに難しいんですよね。

購入金額が何十万円だったとしても、何十年も経てば数千円になることもあるし、逆に価値が上がっていることもあり得ます。

着物の買取相場は、主に柄と色の流行で決まるらしく、今の流行に合ったものであれば、古い着物でも高く売れる可能性がありますからね。

2.送料と手数料がかかる

これは特に切手で致命的だと思うんですが、プレミアつきとかじゃない普通の古い切手なら、定価よりも安くしないとなかなか売れません。

それなのに、さらに送料と手数料まで引かれてしまったらかなりの赤字になります。

わたしも祖母が趣味で集めた切手をメルカリで売ろうと思ったことがあるんですけど、まずどれがプレミアつきかわからないし、プレミアがついてないものでも1種類ずつ送料と手数料をかけて売ろうと思うと全然手元にお金が残らない感じだったので、結局諦めました。

3.すぐに換金できる

フリマアプリだと売れない限り換金できないし、ちょっとでも欲張って高めの金額とかにしちゃうともうずっと売れ残っちゃうんですよね。

その点、買取ならその場で査定して即現金がもらえるのでかなり楽です。

4.出品・梱包・発送の手間が省ける

フリマアプリは簡単ではあるんですが、意外と手間がかかってめんどくさいんですよね。

特に着物とかだと汚れやほつれがないか入念にチェックしなきゃだし、着物を広げて何枚も写真を撮って、サイズも自分で測って記述しなくてはいけません。

段ボールなどの梱包資材も自分で用意して、発送の手配もして、、と思うとなかなか気が重い。

だけど、バイセルの出張買取なら1~2時間程度家で対応するだけでOKなのですぐに家も片づきます。



バイセルを利用する際の注意点

申し込んだ人が当日いなければいけない

これは買取についての法律的な理由からだと思いますが、出張買取の場合、電話やネットで申し込んだ本人が当日家にいる必要があります。(バイセル以外の買取業者でも同じ)

なので、当日対応できる人が申し込みをするようにしてください。

当日は本人確認書類が必要

こちらも買取についての法律的な理由からだと思いますが、出張買取当日は申し込んだ人の本人確認書類を用意して訪問を待ちましょう。

本人確認書類として認められるのは以下のものになります。

・運転免許証
・健康保険証(船員保険証)
・国民健康保険証
・後期高齢者医療保険証
・住民基本台帳カード(写真付)
・身体障がい者手帳
・日本国パスポート
・生活保護受給証
・外国人登録証明書
・在留カード
・特別永住者証明書
※いずれのご本人確認書類も現住所、生年月日が記載された有効期限内の原本に限ります。
※住民票・年金手帳・写真なしの住民基本台帳カード・住所記入のない保険証は、ご利用いただけません。

また、基本的には査定で訪問する場所も本人確認書類の住所と一致している必要があります。

※違う場合は申し込みの際にオペレーターに確認してみてください。

汚れや擦れがあった場合は査定額が下がることも

着物は一般的には、色と柄と銘柄などから査定額が計算されるんですが、すその擦れや首元の汚れ、証明書の有無、帯の締め跡などによって金額は変動します。

また、着物の丈は長いほうが高く売れます。

当日に品物の数が変動するのは大丈夫

申し込みの時点では着物3点のみと伝えていたけれど、当日までにさらに追加で着物や古銭などが見つかったという場合、問題なくすべて査定してもらえます。

こちら側からあれもこれもと査定をお願いするのは全然大丈夫なんですが、逆にバイセル側から「こんなものはありませんか?売っていただけませんか?」というような催促を受けることはありませんのでご安心ください。

女性スタッフ指名だと日数がかかることも

バイセルの査定スタッフは20~30代の男性がほとんどなのですが、女性のお客様からの要望であれば、女性の査定スタッフを指名することも可能みたいなので、一人暮らし等で心配な方は申し込みの際に相談してみるといいかもしれません。

ただし、女性スタッフはあまり人数が多くないため、訪問日まで日数がかかることはあるようです。

LINE査定では正確な査定はできない

バイセルには一応LINE査定というサービスもあって、LINEで友だち登録をして品物の画像を送れば査定額を教えてくれるということになってます。

ですが、やはり実物をしっかり見ないことには正確な査定額は出せないので、これはほんの気休め程度に利用するくらいかなと思います。

LINE査定からそのまま買取はできないので、どちらにせよ出張や宅配などで査定をしてもらってから買取してもらうことになります。

持ち込み買取は東京のみ

これは先ほどもちらっと説明しましたが、持ち込み買取も一応やっているものの、今のところ受付しているのは新宿にある東京本社のみなので注意してください。

バイセルには全国に8カ所ほどセンターがありますが、東京本社以外の支店に持って行ったとしても対応してもらえません。

宅配買取の返送には送料がかかる

宅配買取も便利なので出張買取と悩むところではありますが、宅配買取だと査定額に満足できなくて返送してもらいたい場合、送料はこちら負担になりますので注意してください。(これはバイセルに限らずどこもこんな感じでした)

その点、出張買取であれば品物1点からでもOKで、結局何も買い取ってもらわなかったとしても一切料金はかからないので、離島などで出張買取を断られた人以外は出張買取で来てもらうのがおすすめです。

離島だと出張買取できない可能性がある

沖縄あたりも結構あやしいみたいなんですが、離島などのなかなか行きづらい場所だと、たまたま同じような場所で数件重なっていたりしない限りはなかなか行けないということでした。

まぁ、そうですよね。

1件のためにはるばる訪問したけど、結局1点も買取できなかったとなれば完全に赤字ですからね。

なのでこれは時と場合によるんですけど、しばらく待てば数件集まって出張してもらえるかもしれないし、断られるかもしれないという微妙な感じなので、離島系の人は一度問い合わせて聞いてみてください。

 

以上!

公式サイトを見たり、実際に問い合わせて聞いてみたりしていろいろと情報を集めてみました。

まとめ

今回かなり突っ込んだところまでバイセルについていろいろと調べてみましたが、さすが大手買取業者さんというだけあって、細かいところまでサービスがしっかりしているなぁという印象でした。

今はあまり着物を着る機会もないですし、保管も大変ですからね。

ちょうど祖母の遺品整理で母親から相談を受けてたところなので、この機会に一気に査定してもらおうと思います。

ではまたーノシ

バイセル公式サイトはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。