室内干しの必需品!衣類乾燥除湿機の選び方

最近の除湿機は

ただ部屋の湿度を下げるだけではなく

衣類乾燥機能もついています。

 

雨の続く日などに

室内干しをすることもあると思いますが

その際は生乾き臭が気になりますよね。

 

でも

ナノイオン放出機能付き衣類乾燥除湿機を使えば

そんな生乾き臭ともおさらば!

しっかり除菌もしながら乾かせます。

 

今回は

そんな便利な除湿機について

お話ししていきたいと思います。

 

除湿機の種類

除湿機は除湿の仕方により

3タイプに分かれます。

 

1.コンプレッサー式

 

シャープ 除湿機 衣類乾燥用 プラズマクラスター搭載 コンパクトタイプ ホワイト CV-F71-W
by カエレバ

 

エアコンの除湿と同じ仕組みで除湿します。

吸い込んだ部屋の空気を冷やして

湿気を水滴にして除湿します。

気温が高いと除湿能力が上がり、

消費電力も少なくて済みますが

反対に

気温が低いと除湿能力が落ちて

動作音も大きくなります。

夏場の衣類乾燥には

このコンプレッサー式がおすすめです。

 

2.デシカント(ゼオライト)式

 

パナソニック 衣類乾燥除湿機 デシカント方式 ~14畳 ホワイト F-YZM60-W
by カエレバ

 

吸い込んだ空気から

ゼオライトという乾燥剤で湿気を吸着させ、

それをヒーターであたためることにより

結露させて水滴にします。

冬でも除湿能力を落とさずに除湿できるが

消費電力はコンプレッサーの2~3倍かかります。

また、

ヒーターを使って除湿するため

室内温度が上昇します。

冬場の使用にはこのデシカント式がおすすめです。

 

3.ハイブリット式

 

パナソニック 衣類乾燥除湿機(木造11畳/コンクリート造23畳まで シルキーシャンパン)Panasonic ハイブリッド式 F-YC120HMX-N
by カエレバ

 

コンプレッサー式とデシカント式の両方を備えているもので

夏はコンプレッサー式で除湿

冬はデシカント式で除湿ができ

両者のいいとこ取りができます。

ただし

本体価格は両者の2倍ほどになります。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

コンプレッサー式は夏場〇、冬場✕、電気代安い

デシカント式は夏場✕、冬場〇、電気代高い

ハイブリット式は夏場〇、冬場〇、本体代2倍

 

どれもメリットデメリットがあるので

どの時期にどのくらい除湿機を使うかで決めると良いでしょう。

 

梅雨の時期だけ室内干しをするのならコンプレッサー式

乾きにくい冬場だけ除湿機を使いたいならデシカント式

年中毎日のように除湿機を使いたいならハイブリット式

がおすすめです。

 

私はデシカント式を選びました。

 

うちは室内干しルームを作っていて

年中室内干しなのですが、

(参照:雨の日もなんのその!わが家の室内干しルームを紹介☆

夏場は窓を開けているだけで乾くので

ほとんど除湿機を使わなくてもよいということと

冬場は乾くのが遅く、また寒くて窓も開けたくないので

毎回除湿機を使わなくてはいけないため

冬におすすめのデシカント式にしました。

 

ハイブリットでもよいのですが

夏場は台風で窓が開けられないときなど

年に2~3回くらいしか使う機会がないので

そのために2倍の金額のハイブリット式は躊躇してしまいました。

 

 

ナノイオンについて

 

シャープ製品のプラズマクラスターと

パナソニック製品のナノイーは

どちらもナノイオンを放出します。

 

ナノイオンとは

空気中の水に高電圧を与えることで生成される

ナノサイズの微粒子イオンで

カビなどの菌の活動を抑制し、脱臭効果も期待できます。

 

生乾き臭の原因は雑菌の繁殖です。

 

乾くまでの時間が長くなるほど

雑菌が増殖していくため

生乾き臭を防ぐためには

できるだけ早く乾かすことに加えて

このナノイオンを併用すれば

生乾き臭対策はバッチリでしょう。

 

ただ

このナノイオンについては

人体への影響を心配する方もいます。

 

公式サイトでは

安全性は確認済みであるとされていますが

私も心配になって

購入時いろいろと調べました。

 

私の結論としては

エアコンや空気清浄機などで、

常に部屋中にナノイオンを放出させるのは

念のためやめました。

 

しかし除菌作用があるのも確かなので

エアコンの内部乾燥ではカビ抑制のために使用したり、

今回の衣類除湿乾燥機も

隔離された部屋で一定時間使用するだけなら

そんなに人体への影響もないだろうということで

購入を決めました。

 

リビングで室内干しをする方など、

どうしても気になる方は

コロナなどの他社の製品の購入も検討してみてください。

 

生乾き臭については

どうなるかわかりませんが

早く乾かすことができれば

においもかなり抑制できると思います。

 

ということで

今回は

衣類乾燥除湿機には3タイプあるということ

それぞれのメリットデメリットを踏まえて

自分に合ったものを選ぶ必要があること

についてお話ししました。

 

便利な家電がどんどん出てきているので

うまく利用して

快適に家事をこなしていきましょう☆

 

ではまた^^

 

スポンサーリンク

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

雨の日もなんのその!わが家の室内干しルームを紹介☆

食品の袋を閉じる5つの方法を紹介

室内干しのメリット・デメリットまとめ

キッチンの排水溝のぬめり防止には○○がおすすめ!