ゼロが1つ少ない世界を見てみたい

どうも、キャナナです。

今回はわたしがつい最近ハッと気づいたことについてお話ししようと思います。

ぐるナイの「ゴチになります」とかを見ていると、毎回めちゃくちゃ高い料理が出てきますよね。

ちょこっとお肉が乗っているだけで1万4000円したり、デザートなのに3000円もしたり。

わたしはいつもこれを見て

キャナナ

こんな高いのいったい誰が食べるんだろ・・

なんて思ってたんです。

 

でも、ふと気づいたんですよね。

そうか、収入のゼロが1つ多い人たちが食べるのか。と。

月収200万円の世界

わたしの価値観はだいたい月収20万円程度を基準に構成されています。

なので、1万円を月に使えるのは20枚。

慎重に考えて使わなければなりません。

 

しかし、
もし月収200万円だったら・・?

 

そう考えると、月に使える1万円札は200枚。

つまり今のわたしが使える1000円札の枚数と同じになります。

 

ということは、

月収200万円の人たちは1000円札を使う感覚で1万円札を使っているということになるんじゃないか。

そこにわたしは気づきました。

 

ということはですよ?

さっきのぐるナイの例で言えば、お肉は1400円、デザートは300円ということになる。

これだと結構妥当な値段ですよね。

 

そうです。ゼロの感覚がわたしと比べて1つ少ない人たちが、このような高級料理を食べているのではないでしょうか?

人は割合で価値を判断する

スーパーの商品に30円の値引シールが貼ってあったとして、それが国産牛だった場合ともやしだった場合、どちらがお得だと感じるでしょうか。

国産牛
980円ー30円=950円

もやし
38円ー30円=8円

どちらも30円引きには変わりないですが、ほとんどの人がもやしのほうを即買いするのではないでしょうか。

 

これは給料でも同じだと思っていて、月収20万円あるうちの2万円と、月収200万円あるうちの2万円だったら、どちらが気軽に支払えるでしょうか。

買えるものは同じ2万円の商品ですが、月収20万円のうちの2万円だとちょっと勇気がいりますよね。

 

このように、人は無意識にお金の価値を「割合」で判断しているのではないでしょうか。

日本円の「価値」は全国で同じなのにも関わらず、自分の財布事情によって高く感じたり、安く感じたりする。

お金の価値ってもしかしてそんなものなのかなと思いました。

ゼロが1つ少ない世界を見てみたい

もし今わたしが見ているモノの値段のゼロが、1つ減ったとしたら・・と考えると、めちゃくちゃ楽しくなりました。

 

わたしが今猛烈に欲しいノートPCの「surface Laptop」が1万5000円だったら・・

いつも1000円程度でキャッキャ喜びながら食べに行く回転寿司が100円だったら・・

35年ローンで建てた一戸建てが300万円だったら・・

 

別に実際はモノの値段が下がるわけではないんですが、このくらいの感覚になったら毎日超楽しくないですか?

わたしは妄想しただけで人生バラ色になりました。

 

この感覚を得るには、ズバリわたしが月収200万円稼ぐことが必要。

 

かなり難しいけど、ブログでこのくらい稼いでる人も現にいるだろうから、めちゃくちゃがんばれば達成できなくもないかもしれない。

今はまだブログをはじめて1年ちょっとだけれど、これを何年も何十年も続けていけば、どこかで達成できるかもしれない。

世の中そんなに甘くねーよ!と思われるかもしれませんが、そんなウキウキとした気持ちを忘れないために、この記事に夢物語を記録することにしました。

わたしがブログを続けるモチベーションは、ほぼ100%こんな感じのワクワクした気持ちですからね!

 

ということで

数年後、数十年後、ほんとにゼロが1つ少ない世界を見ているといいなぁとの期待を込めて、今回はこれで終わります☆

ではまたーノシ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。