【胸キュン漫画】『夕暮れライト』のあらすじ・感想

どうも、胸キュンおばさんのキャナナです。

動画配信サイトの「dTV」の無料お試しサービスを利用してみたんですが、そこにマンガ動画というものがあって、マンガを1コマずつ声優の吹き替え付きで流している動画なんですけど、それでたまたま少女マンガを見てみたら、いやはやどっぷりハマってしまいまして、以来、少女マンガにキュンキュンしまくりの胸キュンおばさんと化してしまいました。

そんな感じなので、おすすめの胸キュン漫画を紹介したいと思いまーす。

今回選んだ作品は

宇佐美真紀さんの『夕暮れライト』

「dTV」には、夕暮れライトの動画はありませんが、同じく宇佐美真紀さんの『ココロ・ボタン』という漫画の動画があり、それがとてもよかったので宇佐美さんの漫画がもっと読みたくなって、この夕暮れライトを読むことになりました。

※dTVでのラインナップは現時点でのものであり、今後変わる可能性がありますので、契約前にご確認ください

『夕暮れライト』あらすじ

全5巻完結です。

主人公は「安藤ちなみ」という中学3年生の女の子。

ちなみが7歳のときに母親が他に男を作って離婚。その後は美容師の父親と2人で暮らしてきました。

なんでもはっきりとモノを言う性格のため敵を作りやすく、学校ではひとりでいることが多かったちなみ。

 

そんなある日、父親から転校してマンションへ引っ越さないか?との提案があり、学校に居づらかったちなみはふたつ返事でOK。

実は、父親には再婚したい女性がいて、その人にはちなみと同い年の娘もいました。今回の引っ越しは、その女性と同じマンションの違う階で、徐々にちなみとも仲を深めてもらってから再婚の話を切り出そうと思っていたのでした。

最初はそれを秘密にしていた父に怒っていたちなみでしたが、とりあえず相手がどんな人かを見極めることに。

 

再婚相手の女性はとっても優しくていい人で、その娘の「桜井和音」も地味だけど優しい良い子でした。和音とは同じ中学に通うことになったが、学校でいつもひとりでいる和音に自分を重ねるちなみ。2人はお互い仲良くなりたいと思うようになります。

 

和音の隣の家には、高1の「相馬奏多」とちなみと同い年の中3の「相馬雄大」という兄弟が住んでいて、和音とは幼なじみで兄弟のように育っていました。

相馬兄弟はイケメンで女子からも大人気。いつも2人はひとりでいる和音のことを気にかけていました。

雄大とちなみは同じクラスになり、はじめはちなみが和音になにかしないかと警戒していた雄大も、ちなみの優しさやズバッと言うところにだんだん惹かれるようになります。

一方で兄の奏多は、実は和音の母親のことを慕っていました。そのことを知ってしまったちなみには誰にも話さないと約束をさせる。

 

この漫画の見どころは、この4人の四角関係にあります。

ちなみは雄大のことが好きになり、雄大もちなみのことが好きになります。

しかし、和音も自分では気づいていなかったけれど、実は雄大のことが好きだということに気づいてしまいます。

また、奏多もはじめは和音の母親のことが好きでしたが、ちなみの父親との再婚を機にあきらめることにし、今度はちなみのことが好きになります。

 

和音が雄大のことを好きだと知ったちなみは、和音を傷つけまいと雄大の気持ちを封印することにして、そこで告白してきた奏多と付き合うことにしましたが、やはり雄大のことを好きな気持ちにウソがつけず苦しみます。

奏多とちなみが付き合うことを知った雄大もまたショックを受け、そのとき和音からも雄大が好きだと告白されて・・

 

と、かなり4人の関係がややこしくなるんですが、全然どろどろした憎しみ劇などではなく、この4人ともがお互いのことを大事に思っていて、とても心あたたまるストーリーになっています。

題名の「夕暮れライト」について

主人公のちなみはなにか悩みごとがあると、いつも川辺でぼーっとするのですが、そこで雄大が「日が沈んできてマンションの灯りが点いてんの見たら不思議と「帰ろう」って気になるんだよ」と話すシーンがあるので、そこからつけられたものだと思います。

この漫画では『居場所』というものがテーマになっている気がします

親が離婚して、母親は別の男性と一緒になったため、母親のところに自分の居場所がなくなったちなみ。学校で友達にハミられて居場所がなかったちなみ。再婚相手のマンションに引っ越してからも、自分だけが家族に溶け込んでないような気がしたちなみ。転校先の学校でもなかなか友達が作れなかったちなみ。

そんなちなみにとって、和音との新しい4人家族が、「帰るべき居場所」として描かれています。

『夕暮れライト』を読んだ感想

5巻完結でちょうどいい読み応えなのがいいですね。

宇佐美さんの書く男の子の画はすごくカッコ良くて、女の子も可愛いです。

 

そして、さすが少女漫画という感じなんですが、主役のメンバーがみんな超絶いい子なんですよね。これがわたしが少女漫画が大好きな理由でもあるんですが。なんか、みんないい子だから見てるだけでほっこりするというか、応援したくなるというか、すごく幸せな気持ちになります。

雑用押し付けられたり、イケメンの雄大と仲良くして女子にひがまれてる和音を守るために一喝するちなみも、雄大のことが大好きなのにちなみはわたしに遠慮して雄大の気持ちに応えないだけだからもう一度告白してあげてくれと頼む和音も最高。

気持ちを真っすぐにぶつけたり奏多に嫉妬したり照れる姿がかわいい雄大も、雄大へのライバル心でいじわるしながらも「おれのこと好きになればよかったのに」と悲しく去っていく奏多も最高。

まぁつまりは、胸キュン漫画最高ということですな。

胸キュンポイントとしては、雄大とちなみのお互いへの恋心かな。好き同士なのになかなか結ばれない、もどかしさがキュンと来ます。

 

ということで・・

淡い青春時代を思い出したい方!結婚して胸キュンなんてずっとご無沙汰な方!甘い恋愛なんてしたことがないという方!胸キュンの疑似体験は最高ですよ!w

きっとあなたの心もほっこりするはず☆

では今日はこれでーノシ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。