ヤフオクで出品するための発送マニュアル

ヤフオクシリーズ?もいよいよ最後となりました。

発送方法の選択は、そのまま利益にも関わりますのでとても重要です。

 

出品者・落札者のどちらが送料を負担するとしても安いほうがいいですし、また、安すぎて追跡サービスなどがなく安心できないのもトラブルの原因になります。

 

なので、発送に関しては、できるだけ安く、できるだけ安心できる方法を紹介したいと思います。

 

 

これらの方法は、ヤフオクの出品時だけでなく、普段荷物を送る際にもとても役立つと思いますので参考にしてください。

 

現在ヤフオクで利用できる発送方法はなんと13種類!

では一つ一つ見ていきましょう。

 

 

発送方法一覧

最後に私なりのまとめを紹介しますので、この一覧はざっと目を通すだけでもかまいません。

 

1. ヤフネコ!ネコポス

・ヤフオク専用。ファミリーマート、サークルKサンクス、ヤマト運輸営業所で発送。ポスト投函サービス。

・角形A4サイズ(23~31.2cm×11.5~22.8cm)、厚さ2.5cm、重さ1kg以内

・全国一律205円(税込)

・追跡可能

・3,000円までの補償あり

 

2. ヤフネコ!宅急便コンパクト

・ヤフオク専用。ファミリーマート、サークルKサンクス、ヤマト運輸営業所で発送。対面受取サービス。

・薄型専用BOX(24.8cm×34cn)65円(税込)もしくは
専用BOX(25cm×20cn)、厚さ5cm 65円(税込)を送料とは別で購入する必要あり。ヤマト運輸直営店、宅配便取扱店、コンビニで購入できます。

・送料416円(税込)~。発送元と届け先住所によって料金が変わるのでこちらで確認しましょう

・追跡可能

・3万円までの補償あり

 

3. ヤフネコ!ヤマト郵便

・ヤフオク専用。ファミリーマート、サークルKサンクス、ヤマト運輸営業所で発送。対面受取サービス。

・たて×よこ×高さの合計が60~160cm、重さ2~25kg以内
大きさか重さのどちらかがオーバーしたら、大きい方のサイズ料金が適用されます。

サイズ名 大きさ合計 重さ
60 60cm 2kg
80 80cm 5kg
100 100cm 10kg
120 120cm  15kg
140 140cm  20kg
160 160cm  25kg

・送料 486円(税込)~。サイズ、重さと届け先住所によって料金が変わるのでこちらで確認。

・追跡可能

・30万円までの補償あり

 

4. はこBOON

・ファミリーマートから発送。対面受取サービス。

・たて×よこ×高さの合計が160cm、重さ25kg以内。

・送料494円(税込)~。重さと発送元から届け先住所までの距離によって料金が変わる。こちらで確認。

・追跡可能

・落札価格ベースで最高30万円まで補償あり

 

5. クリックポスト

・郵便局で発送。ポスト投函サービス。

・サイズ34cm×25cm、厚さ3cm、重さ1kg以内

・送料 全国一律164円(税込)

・追跡可能

・補償はなし。

・クリックポストの利用登録を事前に行い、専用の宛名ラベルを自分で印刷する必要あり

 

6. 定形郵便

・郵便局・郵便ポストから発送。ポスト投函サービス。書留は対面受取。

・封筒。サイズ14cm~23.5cm×9cm~12cm、厚さ1cm、重さ50g内

・送料 重さ25g以内 82円(税込)、重さ50g以内 92円(税込)

・追跡なし

・補償なし

・オプション(追加料金)で速達、特定記録、簡易書留、一般書留などをつけることが可能

速達・・通常より半日~1日程度早く送れる
特定記録・・差出記録のみ残せる。いつ発送したか証明にできる。
簡易書留・・差出記録と到着記録のみ残せる。いつ発送していつ届いたかの証明になる。5万円までの補償あり。
一般書留・・差出から到着までの全過程の記録が残せる。どこの郵便局を経由したかなど。実損額500万円までの補償あり。

 

7. 定形外郵便

・郵便局から発送。対面受取サービス。

・サイズ たて×よこ×高さの合計が90cm、重さ4kg以内

・送料 重さによって金額が変わる。こちらを参照。

・追跡なし

・補償なし

・定形郵便と同様、オプション(追加料金)で速達、特定記録、簡易書留、一般書留をつけることが可能。

 

8. レターパックライト

・郵便局・郵便ポストから発送。ポスト投函サービス。

・A4サイズ(34cm×24.8cm)、厚さ3cm、重さ4kg以内

・郵便局やコンビニでレターパックライト専用封筒(360円)を購入する必要あり。

・送料 全国一律360円(税込)専用封筒の購入金額がそのまま送料となる。

・追跡あり

・補償なし

・信書も送れる

 

9. レターパックプラス

・郵便局・郵便ポストから発送。対面受取サービス。

・A4サイズ(34cm×24.8cm)、重さ4kg以内

・郵便局やコンビニでレターパックプラス専用封筒(510円)を購入する必要あり。

・送料 全国一律510円(税込)専用封筒の購入金額がそのまま送料となる。

・追跡あり

・補償なし

・信書も送れる

 

10. ゆうメール

・郵便局・郵便ポストから発送。ポスト投函サービス。入らない場合、書留の場合は対面。

・サイズたて×よこ×高さの合計が170cm、3kg以内。

・送料 180円~。重さによって金額が変わる。こちらを参照。

・追跡なし

・補償なし

・オプション(追加料金)によってさまざまなサービスをつけることが可能。こちらを参照。

 

11. ゆうパック

・集荷または郵便局から発送。対面受取サービス。

・サイズ たて×よこ×高さの合計が170cm、重さ30kg以内

・持込割引(120円引き)、同一あて先割引(1個につき60円引き)がある

・送料 690円~。サイズ・届け先住所によって金額が変わる。こちらを参照。

・追跡あり

・30万円までの実損補償あり

 

12. 宅急便(ヤマト)

・集荷またはヤマト営業所、コンビニから発送。対面受取サービス。

・サイズ たて×よこ×高さの合計が160cm、25kg以内

・送料 756円~。サイズ、届け先住所によって金額が変わる

・持込割引(100円引き)あり

・追跡あり

・30万円までの補償あり

・プランによって、パソコンや生鮮食品、家具なども送れる

 

13. 飛脚宅急便(佐川)

・集荷または佐川の営業所、取次店から発送。対面受取サービス。

・サイズ たて×よこ×高さの合計が160cm、重さ30kg以内

・送料 756円~。サイズ、重さ、届け先住所によって金額が変わる。こちらを参照。

・持込割引(100円引き)あり

・追跡あり

・30万円までの補償あり。

・他にもクール便、ラージ便、航空便などのサービスもあります。

 

 

ふう。。

以上!13種類の主な説明一覧でした。

って言われてもどれも似たような感じで、実際どれがやすくて安心なのかよくわかりませんよね。。笑

なのでもうひとふんばり。

これらの情報をまとめたいと思います。

 

まずは便利なこちらの公式サイトを紹介

ヤフオク!配送方法・送料ガイド

ここで荷物の大きさと重さ、追跡や補償の有無を入力すると、その条件の配送方法が検索できます!

便利!

 

梱包が終わったら、とりあえず大きさと重さを計測し、ここで検索しましょう。

 

いくつか候補が出ますので、それぞれのサイトでさらに送り先住所などを入力し、送料が確定したらメモをしておき、候補の中でどれが一番安いか確認しましょう。

 

出品する前にこの作業をしておくのがベストです。

 

商品説明に送料一覧を載せるとさらに売れやすくなります(落札者送料負担の場合)し、出品者負担の場合も送料をあらかじめ商品代金に上乗せしておかなければならないので、商品金額を決める際にも知っておく必要があります。

 

このヤフオクのガイドで調べればいいのですが、一応ざっくりとした私なりのまとめもしておきたいと思います。

 

 

まとめ

◎ヤフネコ!シリーズはヤフオク専用のサービスなだけあって、手続きが簡単。

ファミマで24時間発送できますし、ファミポートを利用するため、宛名書きも不要。送料はヤフオクのシステム利用料の支払いと同じくYahoo!ウォレットから自動で引き落としされるので、送料の計算も不要
ただし、宅急便コンパクトは別で箱代がかかるので微妙。

 

◎A4サイズまでの品物を送る場合

オークションの場合、トラブル回避のためにも、最低限追跡サービスはつけておいたほうがいいと思います。
商品を受け取ったのに、受け取っていない!とウソをつかれないためです。
追跡サービスがない場合、これは証明の仕様がなくなってしまうので、詐欺に合わないためにも、保険としてつけておきましょう。

 

追跡サービスありで最安値はクリックポスト

追跡サービス+補償(3000円)がつくのはネコポスのみ!

 

A4サイズまでならこのどちらかがいいです。
厚さがネコポスだと2.5cmまで、クリックポストなら3cmまでなので、2.5cmを超える場合はクリックポストにしましょう。

また、厚さが3cm以上の場合は、レターパックプラスがおすすめです。
専用封筒に入りさえすれば送れます。

 

料金の差は41円だけなので、よほど金額の安い商品以外はネコポスがいいかもしれません。クリックポストの場合、サイトにログインして宛名を自分で入力し、さらに印刷して封筒に貼りつけなければいけません。

ネコポスならファミポートでスマホのQRコードを読み取って、レジで商品を渡すだけなので簡単です。

 

◎たて×よこ×高さの合計が160cm以内の場合

こちらも追跡サービスを前提として、先ほどの送料ガイドで検索すると
おそらく①はこBOON ②ゆうパック ③ヤマト運輸 の順で安いと思います。
なぜかヤフネコ!ヤマト郵便の結果が出てこないので、ヤフネコだけこちらで計算してみると、場合によってはゆうパックよりも安くなる可能性があります。

 

はこBOONがなぜ安いかというと、ファミリーマートの配送ルートを利用した宅配なので、通常の宅配よりも届くのが遅くなります。急ぎでなければこのはこBOONを利用するのがいいと思いますが、なるべく早く送りたい場合は、ゆうパックかヤマトを利用するのがいいでしょう。

 

また、これら3つの特徴として、
はこBOON・・重さによって金額が変わる
ゆうパック・・サイズによって金額が変わる
ヤマト郵便・・サイズと重さ両方で金額が変わる
という違いがあります。

 

よって、
大きいけど軽い荷物の場合ははこBOON、
小さいけど重い荷物の場合はゆうパック
を利用するようにしたほうが安くなる可能性が高いです。

 

サイズはヤマトとはこBOONが合計160cmまで。ゆうパックが170cmまで。
重さはヤマトとはこBOONが25kgまで。ゆうパックは30kgまでなので注意。
ゆうパックの方が大きくて重いものも送れます。

 

この他にも、家具家電や、クール便を利用したい場合は、日本郵便・ヤマト運輸・佐川それぞれで独自のサービスがあるので、各サイトで調べてみてください。
専用の梱包資材があったりします。

 

今回はヤフオクの出品でよく利用するであろう、A4サイズと合計160cmサイズについて軽くまとめてみました。

 

初心者の方や、ややこしい発送手続きをしたくないという方は、ヤフネコ!サービスを利用するのがいいです。
ヤフオクが提携しているサービスなので、手続きも支払いも一番簡単です。
慣れてきてから、さらに安い方法を毎回調べて出品するという方法でいいと思います。

 

ということで、
発送方法についてはこのへんにしておこうと思います。

 

一度利用するまでは不安ですが、いったんやってしまえばどうってことはないです。

 

何事も経験ですね。

 

私も最初はネコポスばかり利用していましたが、最近はクリックポストデビューしました。

 

いろいろとできることが増えてきてうれしいです☆

 

あ、あと便利なのが、自分の住んでいる都道府県からの発送料金の一覧を印刷しておくといいですよ!

 

ヤマトや日本郵便など各公式サイトで送料の計算ができますが、そこで発送地固定の送料一覧が出せます。
私なら大阪府を選ぶと、大阪から発送した場合のすべての都道府県の料金表がでます。
一度各社のこれを印刷しておけば、以降印刷した一覧を見るだけですぐ料金がわかりますのでおすすめです!

 

ということで、今日はこのへんで☆

また^^

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です