『うつ病』に対する悲しい偏見と現実について

どうも、キャナナです。

わたしは『うつ抜け組』であることを公表しているんですが、今回は『うつ』であることを周りに話すことによって起こる悲しい現実について、当事者の立場からちょっと話してみようかなと思います。

『うつ』とはあやふやな診断である

まず、『うつ』の診断がめちゃくちゃ適当なのはご存知でしょうか。

実際、わたしは何の検査をするわけでもなく、ただ『朝起きれませーん。』と言っただけで「あ~、それはうつですね~。」と診断されました。

血液検査で数字として出るわけでもないし、傷や腫瘍のように目に見えてわかるわけでもない。

たしかに正常な状態ではないし、うつ状態であることは確かだと思うんだけど、うつは病気というか、ただの「状態」である気がしています。

『うつ』だと話した瞬間に見方が一変する

わたしは当時、体調が悪いのがつらくてつらくて、このつらさを誰かにわかって欲しくて、会う人会う人に『うつ』になったことをカミングアウトしていました。

自分ひとりでは不安で怖くてつらくて抱えきれなかったんだと思います。とにかく今自分がどんな状態なのかを聞いて欲しい、たとえつらさをわかってもらえなかったとしても、話を聞いてもらえるだけでもちょっとは心が軽くなるような気がしました。

 

ただ、今思うとこれがいけなかったんだと思います。

 

友達の顔は一瞬で曇り、頭のおかしい人を見るような目に変わりました。

 

ちなみに、わたしはいきなり奇声を発したわけでも泣き出したわけでもないし、自傷行為を見せつけたわけでもなく、ほんとにただ「今こんな風に毎日体調が悪くって、病院行ったら『うつ』って言われたんだー。」と話しただけです。

なんの話をしても変だと思われる

一度『うつ』のレッテルを貼られるともうはがせません。

ちょっと調子のいいときに、心配かけないようにと明るく話すと『こいつ今ハイの時だな』と思われる。

具合の悪いときに、ちょっと落ち込んだ感じで話すと『コイツそろそろ自殺するんじゃねーか』と思われる。

要は、明るくしてても暗くしてても普通にしてても『頭のおかしい人間が○○をしている』という前提になってしまって、もはや何をしてても変な風にとらえれられてしまう。

というか、そうとらえられてるんじゃないかなと思ってしまう。

偏見は仕方のないこと

でも、実際こうなってしまうのは仕方がないのかなと思う。

『うつ』になったことのない人は、具体的な心境なんて全然わからないだろうし、「がんばれ」っていっちゃダメだとか言われると普通に励ますことすら難しいだろうし。

そうなると自然に受け答えは「へ~そうなんだ~」くらいしか言えないし、自分のせいで自殺とかされたらたまらないから、腫れ物を触るように距離を置いてあまり深く関わらないようにしようという気持ちもわかる。

わたしはまだ軽いほうだったと思うんだけれど、ほんとに危険な状態にある人もいるし、そこの違いとか判断はなかなかできないと思う。

この事実がうつ病患者を余計に苦しめる

ただ、このことがうつ病患者をさらに傷つけ、苦しめているのも事実。

真面目に一生懸命仕事をして、自分のことよりも会社を優先して、周りの人に気を使いまくって、そうして心も体もボロボロになって、それでも働けなくてごめんなさい、迷惑かけてごめんなさいと自分を責めて、わらにもすがる思いで周りの人に『うつ』になってしまったと話したら、今度は頭のおかしい人を見るような目で見られるようになって、距離を置かれ、元気になってきた後でもそれはずっと続く。

今でもわたしにはほとんど友達は残ってないし、それからは人と話すたびに「わたし今変じゃないかな?大丈夫かな?」と不安になるようになり、うまく会話できないようになってしまいました。前は社交的だったんですけどねー。

文章だとまだ大丈夫なんですが、実際に会うと言葉がすぐに出なかったりします。対人恐怖症のような感じですかね。旦那とか理解してくれている人の前では普通に話せるんですけど。

『うつ』には理解者が必要

でも『うつ』を克服するには、自分を肯定してくれて受け止めてくれて理解してくれる人がほんとに必要で、わたしも旦那がいてくれたからこそここまで回復できたと思っています。

『うつ』になる人はみんな、自分を責めてしまう人だと思うんです。

だから、ひとりで考えていてもなかなか自分を許しきれないし、今の状況も肯定できなくて、早く働かなきゃと急いで復帰してまた再発してしまったり。

 

つらかったね。がんばったね。ゆっくりしてていいよ。

 

そう言って優しく見守ってくれる人がいるだけでどれだけ救われることか。

でも、そう言ってくれる人を見つけるのがかなり難しい現実。

結論:むやみに言いふらさないほうがいい

とりあえずは、やみくもに『うつ』だと言いふらすのはやめたほうがいい。特に友達とか知り合いには。余計な傷を増やすことになりかねないので、話すなら厳選してわかってくれそうな人や経験者だけに話すこと。

ただ、ひとりぼっちではつらくて抱えきれないと思うので、ネットで匿名で言いふらすのはアリだと思う。そうすることで同じ悩みを持っている人ともつながれるし、共感の声や経験者からのアドバイスなども聞けると心も軽くなるんじゃないかなと思う。

 

『うつ』で一番つらいのは理解者がいないこと。

そして、『うつ』の一番のくすりは理解者がいること。

この矛盾こそが『うつ』の最大の問題であり、難しさだとわたしは思う。

 

『うつ』の人は変な人なんかじゃないですよー!

がんばってがんばってがんばって、ボロボロになっても、ごめんなさいと思いながらまだがんばる人です。

 

『うつ』の人に必要なのは、

「がんばれ」じゃなくて「がんばったね」

 

もうがんばらなくてもいいように、休ませてあげて。

やらなきゃいけないことじゃなく、やりたいことを思い出させてあげて。

生きているだけで十分素晴らしいこと、何をしなくても素晴らしい人であることを教えてあげて。

 

しっかりと休めば必ず復活できる。

自分を大事に、もう無理はしないで。

自分が自分を許してあげて。

 

わたしがこうして書くことで、ひとりでも多くの人が救われることを願って、今回は終わりにしたいと思います!

ではまたーノシ☆

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

『100%幸せな1%の人々』を徹底解剖③無敵とは敵が無いこと

ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」に学ぶ主婦の姿

話題の「嫌われる勇気」を徹底解剖②~ライフスタイル~

妊活をはじめてから1年半。ふと振り返ってみた。

話題の「嫌われる勇気」を徹底解剖⑥~共同体感覚~

主婦の家事労働の年収換算について持論を述べてみた