「投資信託って何・・?」絶対知っておいたほうがいい投資信託の基礎知識

どうも、キャナナです。

そろそろ投資信託やろうかなーという気分になってきたので、投資信託について詳しく調べてみることにしました。

投資信託』ってどういうものだかわかりますか?

なんだか難しそうでよくわからない人も多いんじゃないかなと思います。わたしも以前はそうでした。

ただ、「人生100年時代」といわれるこれからの未来において、わたしは投資は欠かせないものになると思っています。日本人にはいまだに「投資」に対する抵抗感があり、どうしても「貯金」をしてしまいがちですが、そんな日本も『NISA』をはじめとしたさまざまな政策が開始し、徐々に国民の意識を「貯金から投資へ」移行させていきたい思惑も見られるようになりました。

わたしたちが高齢者になる時、年金が今のように生活できるくらいもらえるかどうかもあやしいし、国としても国の保障に頼りきりにならずに、個人でも老後に備えて準備しておいてほしいという思いからの政策なのだと思います。

日本の高度経済成長も落ちつきを見せ、かつてのように「貯金」をしているだけではお金も増えなくなりました。働いてお給料があるうちはなんとか生活できるかもしれませんが、定年して働けなくなったあと、その貯金だけでほんとに生活していけるでしょうか。

わたしは今30代で、まだこれから30年以上も先の話になるので、実際どうなるかはわからないけれど、ただ漠然と不安に思うだけで何もしないのではなく、自分の老後のために「何か」しておきたいと思い、投資についての勉強をはじめました。

今回は、その中でも『投資信託』とはいったい何なのか?ということについて、お話ししたいと思います。

投資信託とは

投資とは、自分の資金を投入してお金を増やそうとする行為のことで、信託というのはその行為をプロに信じて任せるということです。

つまり、株や国債を売り買いしてその差額で利益を出す行為を、自分でやるのではなく、専門のプロがいる会社にゆだねることを「投資信託」と言います。

個人投資家は自分の目利きで購入する銘柄を選び、すべて自分の判断で売買し、その利益を得ていますが、わたしたち素人がやろうとしてもなかなかできることではありません。

株を1つ購入するだけでも数十万かかることも多いし、投資は「リスク分散」が基本です。1つに集中すればするほど相場が下がった時のリスクが大きくなるので、日本の株だけではなく世界中の株を持ったり、株だけではなく国債も持ったり、リスクも考えながら購入する必要があります。これを全部ひとりでやろうと思ったら、よほどの資金がないと無理。

そこで素人にもおすすめなのが「投資信託」なのです。

投資信託では全国から多額の資金を集め、その資金を元に世界中の株や国債などに分散投資を行います。なので、個人が出す金額としては500円くらいからの少額投資も可能になり、少額であっても投資先は世界中なのでリスク分散にもなります。

ただ、重要な売買判断をすべて他人に任せることになるので、その分のリスクは負わなくてはなりません。運用がうまくいかずに赤字が出ても、任せたのは自分なので文句は言えないですね。自分の思うようにやりたいならば、自分で株や国債を買って投資するしかありません。

また、プロに任せる分、プロに対する報酬も必要ですし、投資信託会社の運用資金も必要になるので、それらはわたしたちの資金から得た利益から引かれます。なので、同じように個人で投資した場合よりも利益も少なくなります。

でも、わたしはそれらを踏まえたとしても、投資信託に任せる価値はあると思ってます。無知な自分が大金をつぎ込んで失敗するよりは、はるかにリスクは低いと思うからです。投資信託会社の過去の運用結果は簡単に閲覧できますので、これまでの実績も踏まえて購入すればいくらかリスクは抑えられるかなと思います。

投資信託の種類

投資信託には「ファンド」というものがあるんですが、これは商品のようなイメージです。一つの会社に複数のファンドがあり、ファンドAは投資先が日本だけ、ファンドBは投資先が世界中という風に、ファンドによって投資対象やその割合が違うので、自分の投資したい対象に近いファンドを選ぶ必要があります。

また、投資信託の種類は下記の要素で分類できます

投資対象

投資先がどこかで分かれます。

例えば

  • 国内株式
  • 海外株式
  • 日本国債
  • 外国債
  • REIT(不動産)
  • コモディティ(金・ガソリンなど)

これらをバランスよく組んでいるファンドが多いですが、その割合はさまざまです。国内:海外=5:5とか、株:国債=8:2とか。それによって安定型のファンドなのか、攻めているファンドなのかがだいたいわかります。

お金を短期間で増やしたい目的であれば、海外株式多めのところでリスクをとって資金投入してもいいし、長期で安定的に増やしたいのであれば国債多めのバランスのよいファンドに資金投入してもいいし、どこを選ぶかは自分次第です。

運用方針

ファンドがどういう目的をもって運用していくのか、運用方針によってもわけることができます。

投資にはさまざまな「指標」というものがあるんですが、この指標のことを「ベンチマーク」と呼びます。日本株であれば「TOPIX」や「日経平均株価」など。

たとえば

  • 日経平均株価と連動するような運用を目指します(インデックス型
  • 日経平均株価よりも上の利益がでるような運用を目指します(アクティブ型

インデックス型は安定型、アクティブ型は攻め型のファンドという感じ。

購入方法

投資信託は「口数」で購入するんですが、あとから追加で購入できるかどうかで分けられます。

  • いったん運用がスタートすると後から追加購入できないのが「単位型
  • 運用スタート後もいつでも追加で購入できるのが「追加型

毎月定額投資するなら追加型一択ですね。期待できるファンドがあれば単位型で一度に資金を突っ込んでおくのもありかな?

 

口数で購入するとはどういうことかというと、

たとえば
毎月1万円投資信託に投資するとして、初月の基準価格が1口=1円だったとすると、1万円で1万口購入できることになります。

では翌月に基準価格が1口=1.2円に上がったらどうなるでしょうか?
投入金額は同じ1万円ですが、買える口数は減りますよね。

初月
10000円÷1円=10000口
翌月
10000円÷1.2円=8333口

では
基準金額が1口=0.8円になったらどうなるでしょう?

翌々月
10000円÷0.8円=12500口

今度は買える口数が増えました。

この3か月を合計すると、投資した金額は3万円でしたが、購入できた合計口数は30833口。

4か月目に再び1口=1円になった場合、これを解約すると833円の利益になるということですね。

※わかりやすいようにかなり簡略化して説明しています。口数購入のイメージだけつかんでください。

このように毎月一定金額で購入を続ける方法を『ドルコスト平均法』と言います。リスク分散の方法としてかなり効果的だと思いますので、わたしもこの方法で投資信託を購入していく予定です。

分配方法

投資信託で利益が発生したときに、その利益をどうするのかで分けられます。

  • 随時分配金として配るファンド(分配型
  • 分配せずに再び投資資金に回すファンド(分配金再投資型

一時期、毎月分配型のファンドがめちゃくちゃ流行したみたいですが、わたしは分配金再投資型のファンド一択だと思ってます。

理由は、投資信託は複利運用ができるのが魅力なのに、せっかく出た利益を引き出してしまったら、今後も運用できるはずの元金が減ってしまうからです。

毎月数百円でもお金がもらえたほうがうれしいし、投資がうまくいってるのも実感できていいのはわかるんですが、その数百円をさらに投資資金に回したほうが、長い目でみれば増える量も多くなるのは想像がつきますよね。追加で資金を投入してるのと同じことですから。

なので、ファンドを選ぶ際は、ぜひ分配金のないファンドを選ぶことをおすすめします。せっかくなら長く持って時間の力で複利運用していきましょう。

といっても、現在購入できるファンドの数はめちゃくちゃたくさんあります。数千とか?

そんな中から素人のわたしたちが良いファンドを手探りで探しあてるなんて不可能。投資信託に投資する際の一番のリスクは、投資するファンドを間違うことです。ファンドを選ぶことが、株の銘柄を選ぶのと同じで、今後の運用のすべてが決まる大事な選択になります。

良いファンドでは長く投資を続ければ続けるほど、利益も膨らむので、できる限り早く投資をはじめたいし、でも資金も限られるのであちこちに投資しまくって良いファンドをみつけるのも無理だし、変な運用をしているファンドに投資して大損するのも嫌。

はじめから良いファンドにだけ投資したいですよね。

そこでめちゃくちゃ参考になるのがこの本。

長期運用していく上での正しい投資信託の選び方を丁寧に説明してくれていて、安心できる投資信託も9本選んでくれてます。

わたしも全く投資信託について知らない状態で購入した本でしたが、これ一冊読んだだけですんなりと投資信託を理解でき、その重要性を認識しました。

投資にはたしかに元金が減るリスクもあるので、余剰金でやるのがいいかなとは思いますが、月に5000円程度の余裕があるのなら、ぜひ早いうちから運用していくことをおすすめします。

わたしも今口座開設のための資料を請求しているところで、これから長きに渡って運用をはじめていく予定ですので、また運用スタートした際はTwitterなどで収益情報を報告しようかなと思ってます。

不安な方はわたしの報告を見てから検討してもらって構いません。

ただ、「投資信託なんてなんだかよくわからないからやらない。」とか、「投資とか怖いからやりたくないし知りたくもない。」みたいな、毛嫌いだけで判断するのは非常にもったいないので、やらないという決断をするにしても、投資とはどういうものなのか、投資信託とはどういうものなのか、せめて理解してから判断して欲しいなと思ってます。

こっちの本もおすすめ!

ということで、今回はこれで!

またーノシ

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

関連記事がありません。