こども&シニア世代におすすめの格安スマホ「TONE」

あのTSUTAYAからも格安スマホが出ているとのことで、以前から気になっていたので詳しく調べてみました。



今はお子さんにも早くからスマホを持たせている家庭が増えています。防犯対策やコミュニケーションにも便利ですもんね。しかし一方で、ゲームのし過ぎや勝手に課金をしてしまうなどの問題も出ており、ある程度の管理も必要になってきています。

また、スマホを使ってみたいけどちゃんと使いこなせるのか不安で一歩が踏み出せない高齢者や、スマホを持ってみたけど少しでもおかしな操作をしてしまうと(例えばWi-Fiのオンオフボタンを押してしまったりだとか)もうわけがわからなくなってお手上げになってしまう方も多いでしょう。←これうちの母ですw

でも、このTONEには初めてスマホを手にする子供と高齢者でも安心して持てるような、他のスマホにはない便利な機能がたくさんついているので、かなりおすすめのスマホでした!

ではこのTONEについて紹介していきます。

「TONE」の特徴

1.月額1,000円~でパケット使い放題

具体的には

基本使用料・パケット使い放題 1,000円

050番号が使用できます

090番号使用料(ショートメール込み) 953円

ショートメール利用料 100円

090番号使用を契約している場合は不要

留守番電話サービス 350円

安心オプション(盗難補償&公衆LAN) 500円

商品の破損・盗難時に3,500円で新品と交換(年に2回まで)できる。公衆無線LANサービス(wi2、BBモバイル)が利用できる。

※いずれも税抜き価格です

これらのプランから、必要なものだけを選びます。

基本使用料1000円だけでも契約可能です。この場合は090からはじまる電話番号は使えませんが、代わりに050番が使えます。これまで通り090番を使いたい場合は、090番号使用料953円をプラスします。パケットが使い放題なので、料金プランもわかりやすく、通信量を気にしなくてもいいのは良いですね。

2.端末は2種類

TONE m15

29,800円(税抜き)ポケモンGo対応。デザリング・NFC・Bluetooth対応。基本的な性能はすべて備えたスマホ。

TONE m14

19,800円(税抜き)ポケモンGo非対応。デザリング・Bluetooth対応。シンプルで低価格なスマホ。

※m14の方は、メモリの容量が小さいため、あまりアプリを入れられません。

アプリをほぼダウンロードしない方にはこちらでもいいですが、ゲームやいろいろなアプリを使いたい方は、m15の方がいいと思います。

どちらも白を基調としたシンプルなデザインになっています。

3.TONEファミリー

特におすすめなのはこの機能。家族を見守ることを目的としたオプションサービス。

親子でTONEを契約している場合は無料。子どものみTONEを契約している場合は月額200円(税抜き)支払うことで、パソコンや親のスマホ端末からサービスを利用することが可能となります。

 

<特に子供向けにおすすめな機能>

・居場所がわかる

30分ごとに位置情報を自動収集するので、お子さんの帰りが遅い時などに確認すると安心です。

・アプリの使用を制限できる

ゲームに夢中になってしまうお子さんのために「1日何時間まで」「何時から何時まで」など、任意に制限をかけることが可能です。

また、有料アプリを勝手に購入してしまわないようにパスワードロックもかけられます。

・伝言メッセージ

LINEとは少し違っていて、画面いっぱいにメッセージが表示され、確認ボタンを押すまで消えないようになっているため、確実にメッセージを伝えることができます。

今日の晩ごはんや、帰りの時間の確認などに使えます。

・歩きスマホ防止機能

歩きながらの使用を検知すると、画面に警告が出て使えないようになります。ゲームに夢中になって交通事故に合うリスクが減らせるので安心です。

 

<特にシニア向けにおすすめな機能>

・遠隔操作ができる

シニアの方で操作方法がわからなくなったとき、別居している家族からでも遠隔で直接スマホを操作してもらえます。いちいち会って操作してもらわなくても、すぐに修正してもらえるので便利です。

普段は勝手に操作できず、持ち主から申請があった場合のみ操作が可能ですのでプライバシーも安心です。

・ライフログ

歩数、活動量、心拍数、消費カロリーが記録でき、家族間で情報を共有できるので、別居しているシニアが元気で暮らしているか、離れていても確認できます。

 

4.サポートが充実

初めてスマホを持つシニアの方でも、サポートがすごく充実しているので安心です。

急にネットにつながらなくなった時など、不具合が起きたときは、なんと購入したときに入っていた箱にスマホを乗せるだけでトラブルが解決。(これどういう仕組みなんでしょうね。すごい!)

この他にもコールセンターへの相談や、遠隔操作サポートも無料で利用できますし、週2回、スマホ講習会も無料で開かれていますので、この機会にスマホについていろいろ習いたい方は行ってみると楽しいと思います。(一部のTSUTAYAの店舗でも相談できるようです。)

まとめ

価格もシンプルでわかりやすいですし、

今お使いの090番号をそのまま使用したとしても、

1,000+953=1,953円/月です(税抜き)

 

外でデザリングを使用してパソコンやゲーム機を使いたい、

または保証をつけておきたい方は、安心オプションで

さらに500円プラスして2,453円/月(税抜き)

 

お子様などで今は特に090じゃなくても構わない場合は、

基本使用料の1,000円(税抜き)だけで050を利用することも可能!

 

3000円以内でこれだけの機能を使えるならかなり安いですよね。

 

TONEに機種変更することでドコモ・au・ソフトバンクなどの、今のメールアドレスは使えなくなりますが、~@tone.ne.jpのアドレスが新たに使えるようになります。

 

使用する回線はドコモの回線なので通信も安心です。

 

端末(スマホ本体)代は、

TONE取扱い店舗では現金またはクレジットカード払い。

ネット・電話での注文の場合はクレジットカード払いのみです。(分割払いも可能)

 

私も子供ができた時はこの「TONE」に変えようかなーと思っています。

 

一人暮らしの高齢の親にプレゼントするのもおすすめですね。

090番を気にしなければ月額1,000円ですし、離れて暮らしているといろいろと心配なので、居場所や歩数がわかると安心です。機械オンチの親でも遠隔ですぐ補助できますし。

 

 

ということで、

以前格安SIM会社のおすすめとしてマイネオを紹介しましたが、マイネオはスマホを自在に使いこなせる人用として、今持っているスマホがそのまま使えて大手キャリアよりも月額が安くなりますよ~ということでお伝えしました。

どうも、キャナナです。 今回は au回線のMVNO4社のうち、データ通信量が少ない人に特におすすめなmineo(マイネオ)についてお話し...

 

今回は、お子様向け(小さいお子様を持つ親にも)、シニア向けとして、この「TONE」をおすすめしました☆

 

いろんな格安スマホが出てますね!

 

これからもいい情報があればいろいろ紹介していきますので、自分に合ったスマホを賢く選んで、料金も節約しましょう!

 

では今日はこのへんで☆

また^^


 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

あなたが使っている今のスマホがそのまま格安スマホに?!

【au】データ通信量が少ない人におすすめな格安SIM・MVNOはmineoマイネ...

【VAIO Phone A】内蔵ストレージが足りない場合にやるべきこと

知らなきゃやばい?!初心者でもわかる格安SIM徹底解説

ガラホとスマホ2台持ちのデメリットとおすすめの使い方

auのVoLTE通話専用SIMはデータ通信SIMとDSDSできるのか調べてみた