Tポイントカード(レンタル・クレジット機能なし)を無料で作る方法

どうも、キャナナです。

Tポイントカードはお持ちですか?

TポイントとはTSUTAYAのポイントなのですが、最近はTSUTAYA以外にもいろんなところで使えるようになっています。
Tポイント提携先一覧

特にわたしは「LOHACO」で使えるのがうれしくて、クレジットカードのポイントはすべてこのTポイントに移行して使っているのですが、TポイントカードってTSUTAYAのレンタルカードを作っていないと持てないと思っていませんか?(わたしはそう思ってましたw)

TSUTAYAのレンタルカードって更新料がかかるんですよねー。

わたしはこれまで「TSUTAYA Wカード」というクレジット機能付きのレンタルカードを持っていたんですが、利用額が少ないと年会費がかかるしほぼ使ってないのでもう解約したい。

TSUTAYAのレンタルも最近はほとんど旦那が借りてくるだけなので、わたしは特に必要なく、ただ単にTポイントが貯まるだけのカードが欲しい場合ってどうしたらいいんだろう?と調べてみたところ、意外と簡単にTポイントカードが持てたので、その方法を紹介します。

Tカードはたくさん種類がある

現在205種類ものTカードがあるようです。(2017年5月時点)
公式サイト

キャラクターやアーティストなどの限定カードもあるので、気に入ったデザインのTカードをゲットしましょう。

中にはクレジット機能付きのものもあるので、必要ない方はクレジット機能のついていないものを選んでくださいね。

あと、特定のお店でしか発行できないものなどもあるので、発行先もチェックしましょう。

作りやすいのはTSUTAYAの店舗、ファミリーマート、ENEOSあたりでしょうか。

TSUTAYAで作る方法

TSUTAYAでも普通にレンタル機能なしのTカードが作れました笑(知らなかった)

作り方は、入会申込用紙のレンタル機能欄を不要にするだけです。

ただ、1年間はレンタル機能をつけてもつけなくても無料なので、どうせならレンタル機能をつけておいたほうがいいかもしれません。

レンタル機能をつけてお金がかかるのは、1年後の更新のときです。この更新の時に更新料を払わなければ、実質レンタル機能なしのTカードと同じことになり、その後はポイントの機能だけが残ります。

そして、レンタルしたいなーと思ったときに更新料を払えば、再びレンタルカードとしても使うことが可能です。

ただし、入会金がかかる場合があるので注意してください。入会金無料キャンペーンが行われているときもあります。

TSUTAYAの店舗では、青と黄色の定番のTカード以外にも、様々な限定コラボデザインを扱っています。

ファミリーマートで作る方法

ファミリーマートのレジで「クレジット機能なしのファミマTカードを作りたい」と言えばカードがもらえます。

お客様登録というのが必要になるので、その後店内のFamiポートで登録をすればOK。

ファミマTカードは緑のデザインのカードになります。

ENEOSで作る方法

ENEOSではクレジット機能付きのTカードは作れません。

よって、普通に「Tポイントカードを作りたい」と店員さんに伝えればカードがもらえます。

その後、ネットでTカード会員登録をするか、郵送用の申込用紙をもらって登録をしましょう。

ENEOSのTカードはグレーの落ち着いたカードです。

ドトールで作る方法

ドトールの店員さんに「Tポイントカードを作りたい」と申し出ればOKです。

Tカードがもらえますので、その後Tカード会員登録をすると使えます。

ドトールでTカードを作れることを知らない人も多いと思うので、ドトールデザインのTカードを持っているとちょっとドヤ顔できるかもしれませんね笑

ドトールのロゴ入りのグレーのシンプルなカードがもらえます。

 

以上。

いやー拍子抜けするほど簡単に作れちゃいました。

まぁただのポイントカードだからそりゃ簡単に作れるか。

なんかTポイントってTSUTAYAとセットなイメージなので、レンタルありきだと思い込んでましたが、全然普通にしかもいろんなところで作れるんですね!

 


TSUTAYAで無事ゲットしたTカード

では今日はこのへんで。

また^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。