しめ縄はいつからいつまで飾ればいい?

正月飾りのしめ縄は

なぜ飾るのか?

いつからいつまで飾ればいいのか?

 

毎年忘れて調べてるので

メモがわりにまとめておこうと思います。

ついでに

その他の正月行事についても☆

 

しめ縄はなぜ飾るの?

 

しめ縄は神域と現世の境界にある結界のような役割をしています。

しめ縄の内側は神の宿る神聖な場所であることを示します。

神社の巨木や海の大岩などに

しめ縄を飾っているのも

そこに神が宿っているとされているからです。

 

また、

天照大神(あまてらすおおみかみ)の神話より

一度でてきた神が再び戻ってしまわないように

しめ縄で封じたという言い伝えもあります。

 

毎年正月にはどの家にも

その年の歳神様が降りて来られるとされていて

しめ縄には

歳神様にここは神が降りるべき神聖な場所であることを示す役割と

降りてきた神様が出ていってしまわないように閉じ込めておくというような意味も

あるとされています。

 

 

しめ縄を飾りつける日

 

12月13日は

すす払い(大掃除の日)と言って

正月準備のはじまりの日とされていて

12月13日に大掃除をはじめると

縁起が良いそうです。

 

13日から大掃除をぼちぼちはじめて

大掃除が完了して

神様を迎え入れる準備ができた時点で

いつでも正月飾りは飾ってよいそうです。

 

でもまあ

今はクリスマスを祝う文化もありますから

クリスマスツリーとしめ縄が共存していると

なんだかミスマッチな感じがしますよね。笑

 

なので

現代の風習でいくと

クリスマスが終わった

12月26日以降がいいかなと思うのですが

ここで注意ポイント。

 

しめ縄の飾りつけをすると良くない日があります。

それは12月29日と12月31日です。

 

29日は二重苦(にじゅうく)の語呂から

縁起が悪いとされています。

 

31日は一夜飾りといって

元旦にむけて即興で間に合わせたようで

神様に失礼とされています。

 

よって

しめ縄を飾る日は

12月26~28日、30日が良いでしょう

(クリスマスの飾りつけを気にしないのであれば12月13日以降、大掃除が済み次第飾ってOKです)

 

飾る場所は

玄関のドアの外側が多いです。

昔は水回りや車などにも飾っていたようですが

最近はあまり見かけませんね。

 

私はしめ縄を1つだけ購入し

マグネット式のフックを玄関ドアにくっつけ

そのフックにしめ縄をひっかけて飾っています。

スポンサーリンク

 

しめ縄をはずす日

 

元旦からはじまる正月飾りを飾っておく期間のことを

松の内と言うのですが

地域によって若干の差があり

関東では1月7日まで

関西では1月15日まで

が一般的なようです。

 

どちらの日付でもよいのですが

この松の内が終わった時点で正月飾りをはずします

 

そして

1月15日ごろにどんど焼きという

正月飾りや書初めなどを燃やす行事をしているところが多いので

 

はずした正月飾りを神社などにもっていき

焼いてもらいましょう。

 

どんど焼きには

正月に訪れてくださった歳神様を

炎とともに見送るという意味があるそうです。

 

また

鏡開きと言って

鏡餅を下げて食べる日というのもあります。

 

神の宿ったお餅を食べることで

その年の家族の無病息災を祈ります。

 

しめ縄と一緒に鏡餅も飾っている場合は

それぞれ下げる日が異なっているので

注意しましょう。

 

鏡開きの日も地域によって異なり

松の内が1月7日までの場合は1月11日

松の内が1月15日までの場合は1月15日または20日に行うことが多いようです。

(京都は1月4日だそうです)

 

地域によって松の内の期間が異なるため

ちょっとややこしくなってしまっていますが

元々は

松の内は15日まで

鏡開きは20日に行われていました。

 

しかし

江戸時代の将軍が20日に亡くなったことから

20日は忌み日とされるようになり

鏡開きは11日に

松の内もそれに合わせて7日に

変更されたそうです。

 

関西地方へはあまりその変更が普及せず

元々の風習が残っているとのこと。

 

日にちをいろいろと覚えるのが面倒な場合は

元々の風習が15日(小正月)ですし

15日にしめ縄を下げてそのままどんど焼きに持っていき

20日に鏡開き(お餅を食べる)をすればいいかなと思います。

(たったひとりの将軍の月命日だからという理由だけで皆の風習まで変わるとはすごいですね)

 

 

そして正月ついでにもうひとつ

七草がゆを食べる日というのもあります。

 

私は七草がゆが大好きなんですが

これは1月7日の朝に食べるのが一般的です。

 

七草がゆも鏡開きと同様、

その年の健康を祈って食べます。

 

青菜の不足する冬に栄養を取る目的、

正月の贅沢による胃の疲労を整える役割

若菜が邪気を払うという言い伝えなどもあります。

 

七草とは?

「せりなずな ごぎょうはこべら ほとけのざ すずなすずしろ これぞ七草」

1.せり

新芽がせりあって育つことから、競り(せり)勝つという意味がある

2.なずな(ぺんぺん草)

解毒・利尿作用があり、なでて汚れを除くという意味がある

3.ごぎょう(母子草)

御形(ごぎょう)とは人形のこと。仏の体を表します

4.はこべら

繁栄がはびこるという意味がある

5.ほとけのざ

仏の安座を表す

6.すずな(かぶ)

鈴菜。神を呼ぶ鈴という意味がある

7.すずしろ(だいこん)

汚れのない清白を表す

 

まとめ

 

12月13日~大掃除をはじめる

12月26・27・28・30日のいずれかに正月飾りをする

(個人的なおすすめは末広がりの28日)

1月7日七草がゆを食べる

1月15日しめ縄を下げてどんど焼きに持っていく

1月20日鏡餅を下げてお餅を食べる

 

これが私的にはベストじゃないかなと思います。

 

外を歩いていても

玄関にしめ縄を飾っている家は

わりと少なかったです。

 

こういう縁起物を気にする人も

少なくなってきているのかもしれませんね。

 

昔みたいにあちこちに飾るまではいかなくても

1つ1000円くらいのものですし

玄関にちょっと飾るくらいはおすすめしたいですね。

 

鏡餅もわざわざ餅つきをしなくても

100均で真空パックのものが売ってますし☆

 

時代は移り変わっていくものですが

こういう昔からの言い伝えや風習なども

うまく取り入れながら

大事にしていきたいなと思いました。

 

今年も家族が元気に暮らせますよーに!

ではまた^^

スポンサーリンク

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

無料で印刷できるおすすめ年賀状アプリ「つむぐ年賀2018」

年賀状作成で大活躍!最近のプリンター事情

子供へのプレゼントにおすすめのクッションリュック(丸洗いOK)

バーベキューを4人でするのに必要なものまとめー炭の量・着火剤の量・肉の量はどのく...

卒業式は何着てく?母親の服選びのポイントと持ち物

引っ越し料金を値切るための交渉術!業者の裏事情とは?