わたしが選挙に行かない理由

この記事は
こんな国民がいるという事実を正直に伝えることで、政治に対する向き合い方や日本の教育について考えるきっかけになればと思い、書いたものです。

どうも、キャナナです。

こんなことを言うと「日本国民としての自覚がないのか」とか「社会人としての義務だろ」とかいろいろと批判を受けてしまうかもしれませんが、わたしは選挙に行こうと思いません。

今回は、その理由についてお話ししようかなと思います。

政治に全く興味がない

まず第一に、わたしは政治に全く興味がありません。

テレビはドラマの録画しか見ないし、ニュース番組が映っているということもありません。スマホのニュースアプリでもガジェット系しか見ないし、新聞も取っていません。

だって興味がないから。

いまの政治がどうなってるかなんて全く気にならないです。

みんなそうですよね?興味のあること好きなことしか気にならないし、お金がもらえることしか嫌なことはやらないですよね。

わたしは政治家ではないので、政治のことを勉強してもお金がもらえるわけでもないし、ニュースを見てても全く面白いと感じないので見ません。わたしが嫌々政治のニュースを見たところで無意味だし。

政治のことをほとんど知らない

そもそも政治に興味がないのは、政治のことをほとんど知らないということも大きいと思います。

学校の社会科目でさらーっと勉強した記憶がうっすらとあるだけです。

日本史では土偶とか田沼意次とか江戸幕府とかそういうのを延々覚えさせられて、最後の最後にちらっと現代に触れるだけだし、世界史でもアウストラロピテクスとかスリランカの首都はスリジャヤワルダナプラコッテだとかルイ〇世が何をしたとかそんなどうでもいいことばっかり教えられて、最近の世界情勢がどうなっているのかなんて全く記憶にない。

これでも学校の成績は優秀なほうでした。ほぼ一夜漬けで乗り切ってたのでテスト後はすぐに忘れてましたが笑

衆議院と参議院の違いもわからないし、自民党と希望の党がそれぞれどうしようとしているのかもわからないし、左翼と右翼の違いもわからないし、選挙の案内が来てもなんの選挙なのかわかってない。

わたしは社会保障も年金制度も保険も投資もなんにも知らずに就職していたし、年末調整の所得控除の紙とかほんとにちんぷんかんぷんで、え?なにこれ?こんなの学校で習ってないのになんでみんな知ってるの?と思いました。

√とかΣの解き方なんて教えている暇があるんなら、そういうもっと実社会で絶対に必要な知識をもっと徹底的に教えて欲しかった。政治も経済も経営も全部自分で意識的に学ばなければならないなんて、そんなのあんまりだ。と思いました。

日本はわたしのようなバカを量産しようとしているの?真面目に勉強していい成績とってもコレで、実社会ではなんの役にも立たない。わたしは社会に出てはじめて日本の教育に疑問を持ちました。

こんな人間が投票するとどうなるか?

あなたはこんな人間でも投票するべきだと思いますか?

なんのための選挙の投票用紙なのかもわかってない、今の政治がどうなっているのかもなにも知らない、投票できる候補者たちがそれぞれなにを主張しているのかも何も知らない。そんな人間です。

では、もしわたしが選挙に行くとどうなるのか。

わけもわからず選挙会場へ行く

候補者のポスターが貼ってある

どういう人かわからないので顔の印象でいい人そうな人を選ぶ

その人の名前を書いて投票箱にいれる

こうなります。

 

これ意味あると思いますか?

てゆーかむしろそんな票、邪魔じゃないですか?

なにもわかってないバカが、写真写りがいいだけの人に票をいれてしまって、本来当選するべき優秀で素晴らしい人が落ちてしまったら最悪ですよね。

 

それでも投票しろと言うのなら、無記名投票くらいしかないかなと思いますが、それも意味ありますか?

政治に興味があってほんとは投票したいんだけど、でもうちの選挙区にはどうしても投票したい人がいなくって・・という人じゃない限り、無記名投票もわたしは無意味だと思うし、わたしのように選挙自体に興味がない人間は、むしろ投票しないことで、選挙に興味がない人間がどれだけいるのかの指標に役立てるほうがまだ有意義だと思ってます。

政治に詳しい人だけが投票すればいい

政治が好きで、毎日政治のことばっかり考えてるような人っていますよね。そんな人たちが日本の未来を熱く考えてくれて、出した答え(票)にこそ価値があると思うし、それがたとえどんな思想であったとしても、一生懸命考えた結果なら立派な一票であるし、お互いに議論するのも素晴らしいことだと思います。

そこに、ちょこっとテレビ見ただけで安倍さんがなんか悪いことしたらしいとか、なんか増税辞めてくれるらしいという短期的な考えだけで野党に票を入れたり、そういう安易な考えで、本当に日本の未来が良くなるよう考えている人たちの邪魔はしたくないなと思うわけです。

※実際はどうなのか知りませんよ!わたしはほんとに政治がわからないのでなんとなくなイメージだけで例を書いてるだけなのでここは流してください笑

 

テレビだって新聞だって印象操作がすごいですから、それを全部鵜呑みにしていては本当のところはわからないと思うし、裏側まで理解しようと思うと、ネットとかを駆使していろんな情報を取りにいかなければそこまでは見えてこないと思うし、大きな力によって握りつぶされてることもあるでしょうしね。(知らないけどね!)

まぁ、誰もが日本全体の未来を考えているのではなく、自分の私利私欲のためだけに投票する人もいるだろうからなかなか難しいんですが。

 

たとえば、わたしは漫画の『ワンピース』が大好きなんですが、麦わらの一味の好きなキャラ投票があったとしたら、なんにも知らない人は投票に参加して欲しくないですよね?

ストーリーを何も知らない人が「チョッパー可愛い~!」とか見た目だけで入れた票が、ワンピース大好きでそれぞれのキャラのストーリーも全部知った上で悩みに悩んで出した答えと同じ一票だなんて嫌だし、ガチファンが悩みに悩んだ結果の投票結果のほうが知りたくないですか?

ガチファンだけのランキングなら、たとえ自分の投票したキャラが1位じゃなくても「あ~、それね!」と納得できるし、結果を称えることもできるけれど、なにも知らない人がめちゃくちゃに入れた票のおかげで負けたら「わかってないなー!」と悔しくなります。

 

わたしは選挙もこれと同じだと思っていて、候補者がどんな人なのかも知らないわたしが、投票結果の邪魔をしてはいけないと思うんです。

考えに考えて、日本の未来を任せたいと多くの人から思ってもらえた人がちゃんと当選するべきだと思うし、芸能人だからとか、美人だからとか、票をもらいたいだけの実現不可能な公約を掲げている人だとか、そういう理由で票を入れるのはほんとに辞めたほうがいいと思う。

みんなほんとに全部わかって投票してるの?

これすごく思うんですが、みんな当然のようにずらずらと投票会場に行ってるけど、候補者がそれぞれどんな人でどういう表明をしてるのかとか全部わかって投票してるんでしょうか?

みんなそんなに政治のこと知ってるの?わたしが知らないだけ?とりあえず選挙会場に行ってみて「どれにしようかな~」ってポスター見ながら選んでるんじゃなく??

選挙会場にも候補者のそれぞれの主張を書いたパンフレットとかも置いてないですよね?

選挙区ごとにホームページがあって、候補者の3分程度の主張動画の一覧が載ってるとか、そういうのがあればまだ見てみようかなとは思うけど、そういうのあるのかな?

そういうのもわたしが知らない、あったとしても気づいてないということは同じような人も多いと思うし、そうなると、みんな自分からたくさんいる候補者の情報を取りに行って勉強してから選挙に向かってるの??ウソでしょ?

投資とか保険とかのお金の勉強すらもしない人がほとんどなのに、選挙のほうがみんな勉強してるというの?そのへんが全然わからない。みんなどんな感じで選挙に行ってるのか教えて欲しい。。

わたしが政治を勉強したところで何が変わる?

お金の勉強はね、ほんとにしたほうがいいと思うんです。これからの自分の人生をより良くしていくために、お金は絶対あったほうがいいし、早くそれに気づいて行動するほどメリットも大きいと思うから。

でも、政治ってただの主婦であるわたしが勉強したところで何が変わるんでしょうか。せいぜい正しい一票が入れられるだけですよね。

そんなことを言っては身も蓋もないし、塵も積もればなんとやらで、それが大事なのかもしれませんが、実際ポスターの見た目だけで入れられた票と重みは一緒だし、わたし一人分なんて簡単に埋もれてしまう。

それなのに、その正しい一票を入れるためにはかなりの時間を使って世界情勢から日本の政治から候補者一人一人の主張まで考えなけらばいけないなんて、絶対割に合わない。

政治が好きで趣味ならいいんですよ。それか自分が政治家になるか。でもわたしは政治に興味がないから、全く勉強する意味が見いだせない。わたしのようなやつばっかりだと票が集まらなさすぎて政治にならないかもしれませんがw

そのかわり文句は言わない

これは当然だと思ってます。

政治に参加しないのだから、当然文句を言う権利もありません。

消費税が上がろうが、共謀罪ができようが、年金がなくなろうが、みんなの選んだ政治家が決めたことなので、それは仕方がない。

本気で反対したかったり、もっといい政策を実行したいのなら、自分も政治家になるしかないと思うし、政治家になるつもりがない、なりたくないのなら、実際に政治家になってくれている人に任せるしかないですよね。

わたしは与えられた環境の中で、どう生きていくのがいいかを考えるだけの人間だと思っているので、いろいろと政策が変わっていく中で、うまく順応していけるように、個人的な勉強だけは続けていこうと思っています。

たとえば2018年1月からはじまる『つみたてNISA』とか。

ていうかアナログすぎない?

選挙とか行政サービスもそうだけど、なんでこれだけ時代は進歩しているのにこんなにアナログなんでしょう。。

セキュリティの問題があるのかもしれませんが、いまどきわざわざ国民全員が投票所に手書きで紙を入れに行くだなんて、忙しい人は大変過ぎでしょ。(まぁわたしは専業主婦だからヒマなんだけど)

なんか『選挙アプリ』みたいなのを作って、自分の選挙区の候補者一人一人の主張が簡単に動画と文章で見れて、そこからマイナンバーでも入力して投票もできるようにするとか、そういうのがあれば若い人ももうちょっと政治に触れやすいと思う。

候補者が爆音で選挙カー乗り回したり、近所のスーパーで雨の中メガホン持って演説したり、なんかもう効率悪すぎて意味がわからない。。YouTubeでいいじゃん!←

今は団塊の世代の人たちの人数が多いから、どうしても高齢者向けの政治、システムになってしまうのかもしれないけれど、大事なのはこれからの日本を背負っていく若い人たちですからね。

今の日本を作ってくれたのは団塊の世代の人たちなので、それについては尊敬も感謝もしているけれど、いまどきネットさえも使えない人の票を多く集めに行っても先進的な考えを持っているとは考えにくいし、高齢者でもスマホを使いこなしている人はたくさんいます。

・・と政治に無知なわたしがえらそうにそんなことを思ったり。

まとめ

ほんとに政治のことはなにもわかっていないので「お前はなにもわかってないな!」とお叱りを受けるかもしれませんが、こんなバカな人間が普通に存在しているということを伝えたかったので、正直な気持ちを書きました。

短くまとめると

  • 政治に興味がない
  • 勉強する気もない
  • 投票しても意味ない

と思っているということですね笑

まったくけしからんやつですが、選挙行って適当に投票して「わたしちゃんと行ってますから」とドヤ顔することだけはやりたくないので、わかってないのなら投票しないほうがマシだと遠慮する道を選びました。

それが、政治をわかってない自分にできる最善の政治参加だと思ってます。

投票は政治に詳しくて、ちゃんと日本の未来を考えている人だけがしたほうがいいと思うし、そうじゃないと選挙の意味がないというか、いい加減に投票した人の票までカウントしてしまうと本当に大事なものが見えなくなってしまうと思います。

つまり、投票の数よりも質のほうが大事だと考えています。

もしこれまで安易に投票していたという人がいたら、もう一度、投票する意味をしっかり考えて欲しいと思うし、毎回しっかり考えて誇りを持って一票をいれてくれている方には感謝の気持ちしかありません。

その人たちの一票のおかげで日本は回っているし、重要な決断をわたしのようなバカに代わってやってくれているんですから。

 

ということで、

わたしが選挙に行かない理由は『わたしのようなバカが行くと邪魔になるから』です!

では今日はこのへんで!

またーノシ

16 Comments

くま

おもしろいー!!共感できるところいっぱいで、どっぷり読み込んでしまいました。しかもとてもためになりますし、分かりやすい文ですし、ページもごちゃごちゃしてなくて見やすいです。
いやー、おもしろいです。また来ます。有難うございました。

返信する
キャナナ

くまさん
おお・・。そんなに喜んでいただいてめちゃくちゃうれしいです!
ありがとうございます!!
これからもがんばりまーす☆

返信する
まこ

いつも楽しくブログ読ませていただいてます。

はじめてコメントさせていただきますが、「こんな意見もあるんだ~」程度に見ていただけると嬉しいです。

『バカが選挙に行くと邪魔になるから』というご意見は納得できるところもあるのですが、

「選挙に行かない代わりに文句は言わない」
という問題ではなく、

選挙に行かない=政治家を選ぶ国民の権利を放棄する。

要するに
政治家を選べない国になっても文句は言わないということになると思いますが…

子供達の未来がそんなことになってもいいのでしょうか…

私も政治に詳しくはないですが、馬鹿なりに考えて投票します。

返信する
キャナナ

まこさん
コメントありがとうございますー!

まさにわたしは政治家を選ぶ権利を放棄する行為をしており、そのため文句は言えないのはわかっているというようなことを書きました。

ただ、ここで言う「バカ=わたし」のことであり、決してバカは選挙に行くなということではありませんので、そこにもし誤解があるならばここで訂正しておきたいと思います。

また、あくまでも「わたし」が選挙に行かないだけなので、政治家を選べない「国」になるかどうかにはあまり影響はないかなと考えています。

むしろ、子供たちの未来のために、わたしのような人間を生み出さないような教育現場や環境を作って欲しいなという思いからこの記事を書きました。

選挙に投票してくれている方にはとても感謝しています。

返信する
なおさっぷ

初めまして!通りすがりの主婦です。
とても共感しました!全く同じ意見です。投票行かないで後で後悔するとか言われますけど、誰に決まっても結局同じ結果じゃね?って思う事もあるしどこの党が何をしたいのかも知らない…そんな私が投票行っても……ですよ。決まった事は変えられないし決められた事に沿って生きてるので。何だかとても親近感わきました!

返信する
キャナナ

なおさっぷさん
ありがとうございますー!
結局わたしたちが政策を決めるわけじゃないですもんねー。
選んだ人がそのあと何をするのかまではわからないし、結局はゆだねるしかないという。
政党もコロコロ鞍替えして立候補してる人もいますしね。

返信する
匿名

投票しなくても食っていけるんでキョーミなーいってやってるウチに知らぬ間に独裁政治になってた。
そして慌てて泣きながら民主主義を血道をあげ勝ち取るんだよね。
歴史は繰り返すってヤツですかね。

返信する
キャナナ

匿名さん
これから20年後くらい経って団塊の世代の方達がいなくなったあと、どんな日本になっているのかはすごく興味がありますね~。

返信する
シンコー

お初です。
とても率直な思いを書かれていて、面白いなあ、という感想です。
そして改めて思います。日本は平穏・天下大平と呼べる水準にある。と
食うに困らなければ、小難しいことは知ったこっちゃない。これですよね。
ブクブクに肥太った主権在民なんざいつか大病を患うのも当然至極だと思いますが、そんな先の事は知ったこっちゃないですよね。

返信する
キャナナ

シンコーさん
結局、自分が政治家にならない限りは、わたし一人がどうこう考えたところで日本になんの影響もないので、日本国について考えるよりは、自分の身の回りの生活について考えたほうが確実だと思っちゃいますね~。
まぁそれも今の日本が平和であるおかげですよね!

返信する
シンコー

そうですね。
国家を案じる事も、身近な事を考えるのも大して変わらないと私も思いますよ。
ただ一人一人の考えや意志が政治に影響無いと思うのは錯覚ですね。格差はあれど1票1票に重いも軽いもありません。

返信する
キャナナ

シンコーさん
ふむ、なるほど。一人一人の1票1票が集まって民意として政治を動かしているのもまた事実ということですね。
今回、この記事を書いたことによって、図らずも政治について考える良いきっかけになったので、わたしも小並ではありますが、日本の未来についてちょっと考えてみようと思います。

返信する
シンコー

いやいや、此方こそ色々考えさせられる面白い、良い記事だと思いました。皆で責任を持って前に進むか、誰かに任せて進むか…ベストな国の在り方なんて世界中探してもないので、どうしてなかなか楽は出来ないようです (泣)

キャナナ

シンコーさん
おぉ・・『皆で責任を持って前に進むか、誰かに任せて進むか』
素晴らしい。まさにそれが核心のような気がします。
たしかに。なかなか皆の足並みをそろえるのは難しいので、答えはないのかもしれません。

ただ、自分たちの1票がたとえどんなに小さな力であっても、良い日本にしようと皆が考えていることこそが価値のあることだと今回思ったので、自分にできる範囲のことをやっていきたいなと思いました☆

ななし

誰に入れていいかわからない場合、白紙投票という方法があります。投票率は高いけど、白紙が多かった場合「投票したい人がいね~」という意思表示になります。選挙に行かないと投票率が下がるので行かないことと、白紙投票の違いは投票率と無効票に現れます。

返信する
キャナナ

ななしさん
コメントありがとうございます。
本文中でも白紙投票については少し触れたのですが、たしかに「投票したいけど自分の選挙区に投票したい人がいない」という場合は白紙投票をするのがいいと思うのですが、わたしの場合は選挙に興味がなく、選挙のことがわからず、どこに入れればいいのかもわからないという意思表示がしたいので「投票率」のほうに数字が出るよう、投票しないという選択をしています。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。