【注文住宅】コンセントの数と場所を決める時の考え方

どうも、キャナナです。

注文住宅で間取りが完成したあと、コンセントの位置や数などを決めることになるのですが、これ意外と難しいんですよね。

わたしもなんかよくわかんなくなってきて、結局適当に決めてしまい、実際に住んでから「あ~コンセントここにしたほうが良かったなー」とか、「なんでこんなとこにコンセント作ったんだ!」と思うことが多々ありました。

なので今回は、実際に住んでからわかった、コンセントの位置を決める際のポイントや考え方についてお話ししたいと思います。

 

コンセントの位置を決める際のポイント

 

1.使う家電から数を考える

コンセントを設置する目的はズバリ家電を使うためですよね。

なので、間取り図を見ながらどこにどの家電を置くのかを考えます。

キッチンであれば
冷蔵庫・電子レンジ・トースター・コーヒーメーカー・湯沸かしポット・炊飯器などなど

常時コンセントにさしておくものと、必要な時に使用するものにわけて、コンセントがいくつ必要か考えます。
アース線を設置する必要があるものもメモしておきましょう。

できればタコ足配線は避けたいところなので、設計の段階から必要な分のコンセントを用意しておくのがベストでしょう。

 

2.家具との兼ね合いから位置を考える

必要なコンセントの数がわかったら、次は位置を考えます。

そのときは必ず家具についても考えましょう。

テレビ台・ソファ・食器棚・デスク・チェストなどなど
これも間取り図を見ながらどこにどんなものを置くのかをきちんと想定します。

たとえば
テレビ用のコンセントはテレビ台の近くにないといけないし、食器棚の後ろにコンセントがあると抜き差しできなくて困ったりしますので、適切にずらして使いやすい位置に設置します。
ちょうどテレビの画面の裏側にコンセントを持ってくるのもおすすめですね。
画面で配線が全部隠れるのでスッキリします。
テレビまわりはDVDレコーダーやゲーム機など、家電の数も多くなりがちなので、配線も必然的に多くなりますからね。

 

間取り図で考えていると平面なので見落としがちですが、実はコンセントの高さも重要です。

小さなお子さんやペットがいる場合、リビングの低い位置にコンセントがあると危険だったり、棚の上の高い位置に家電を置きたいのに、コンセントの位置が低すぎるとコードが届かなかったりもしますので、高さも考えてみてください。

 

3.掃除機をかけやすい位置に作る

これはルンバなどの自動掃除機を使っている家庭では必要ありませんが、掃除機のかけやすさも結構重要でした。

たとえば
洗面所とトイレと廊下を一気にかけたいのに、ぎりぎり廊下の端っこに届かなかったり、階段の途中までしか届かなくて2回に分けなきゃいけなかったりします笑

ちょっと面倒なんですが、掃除機のコードの長さをあらかじめ想定しておき、一気にかけれそうな範囲のちょうど中央くらいにコンセントを作っておくと便利ですよ。

 

4.人目につきやすいところや通路は避ける

コンセントがあるということは、つまりそこに家電のコードが刺さるということです。

コンセントだけだとかさばらないのでそのへんを忘れがちなんですが(わたしだけ?)、コードありきで考えると、通路にコンセントがあるとコードが出っ張って転倒の原因になるのであぶないんですよね。
足をひっかけてコードが抜けたり、家電が引っ張られて落下したりする可能性もあります。

うちも1か所思いっきり通路にコンセントを作ってしまいましたw
「注文住宅」間取りや設備で失敗したところ良かったところまとめ

 

また、どうしても必要な場合は仕方ありませんが、できれば人目につかないところに作ったほうがいいです。

うちは意味もなくトイレの入口のドアのすぐ横にコンセントを作ってしまいましたw
掃除機用のため普段はコードはささってないので邪魔にはなりませんが、「なんでここに?」という疑問は残ります。
毎日何回もトイレに行くので、そのたびに地味に目につくんですよね笑

掃除機用であれば、別にそこじゃなくても、もうちょっと目につきにくい場所があったのに、わざわざ目立つところにコンセントを作ってしまっていました。
打ち合わせの時はそんなことまで全然頭が回りませんでしたねw

 

5.ダイニングテーブルの近くにあると便利

これは住んでから気づいて、うちはあとから追加してもらいましたw

ダイニングテーブルで、ホットプレートを使ったり、電気鍋を使ったりしませんか?

こういう常時使わない家電のことはすっかり忘れてしまっていて、住んでから電気鍋のコードが届かないことに気づきました笑

 

タコ足を使えばまぁなんとかなるんですが、ホットプレートとか結構電力を使いそうなのにタコ足ってちょっと怖かったんですよね。
あと、イスの出し入れのときにコードがあると引っかかってあぶないです。

理想は、テーブルの真横でかつイスの方向に配線がないのが望ましいです。
コンセントの高さもちょっと上のほうが、テーブルから近くてコードも届きやすいのでいいと思います。

 

6.枕元にもあると便利

あとは枕元ですかね。

寝るときにスマホを充電する方も多いと思います。
電磁波の影響から、あんまり寝る時近くにスマホがないほうがいいらしいですが・・。

わかってはいながらも、つい寝る前にスマホをいじってしまうんですよねw

そのときに近くにコンセントがないと困るので、枕元付近にはコンセントを設置しました。

 

以上。

わたしが実際に注文住宅に住んでみて思ったポイントを上げてみました。

ちょっとでも参考になればうれしいです。

 

これはコンセントだけじゃなく、注文住宅を設計する際すべてに言えることなんですが、ほんとシミュレーションが超大事です!!

どれだけ具体的に生活をイメージできるかどうかがカギです。

会社によっては3Dで完成イメージを作成してくれるところもあるみたいですが、うちのところはほんとに平面図だけだったので、どんな風になるのかイメージするのにめっちゃ苦労しました。

コンセントとかはもうかなり最終段階なので、そのころにはすでに疲れ切ってるし、そこまで致命的なことにはならないだろうとおおよそ必要な数だけ考えて、あとは設計士さんの言われるがまま設置しちゃったんですが、やっぱり実際住んでみると、地味なんですが結構重要で、もうちょっとちゃんと考えればよかったなーと後悔も残りました。

設計ってほんと考えることがたくさんありすぎて頭がパンクしそうになるんですけど、これから何十年も住むことになる家なので、極力後悔しなくて済むようにめげずにギリギリまで考え続けて欲しいなと思います。

 

ということで、
今回はこれから注文住宅を建てる人に向けて、コンセントの位置の考え方についてお話ししました。

では今日はこれで!
キャナナでした☆

スポンサーリンク

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

マイホーム購入までの流れ<モデルハウス見学編>

マイホーム購入までの流れ<土地の選定編>

消費税8%で家を購入した人!「すまい給付金」で最大30万円もらえます

【注文住宅】間取りや設備で失敗したところ良かったところまとめ

マイホーム購入までの流れ<資金計画編>

マイホーム購入までの流れ<予算編>