子供をつくるということ

今回は私の妊活について少しお話ししようかと。

 

今月は久しぶり(1年ぶりくらい?)に

人工授精をしてみたのですが

生理が来ちゃったので

また来月に期待だな。。

という状況なのですが

 

私たち夫婦が妊活をはじめたのが

1年半くらい前。

(入籍したのは4年前)

 

結婚式も終わって

家も買ったし

そろそろ子ども作ろうかねー

みたいな。

 

そろそろ子ども作ろうかって何だ?

 

でもなんか引っかかってたんですよね。

みんな当たり前のように

結婚したら次は子供ね!

みたいに言うんだけど

そんな簡単に考えていいのか?というか

新しくこの世に命を生み出すという神がかり的な行い

その子の人生に大きく関わることへの責任

みんなそういうことまでしっかり考えた上で言っているのか?

 

みんな当然のようにわかった上で言っているのなら

私はそんなすごいことをしようとしているということを

ちゃんと自分自身が理解できているのかが不安だった。

 

親になるのなら

自分自身が幼い精神ではいけないし

自分よりも常に子供を優先し

どんなことがあろうとも

逃げずに受け止めて乗り越えていく強さ

これがないとダメだと思っている。

 

難しく考えすぎなのかもしれないけれど

私自身、

子どものころから親の不仲や機嫌を気にし

父に怒られないように

爆弾のスイッチを押さないように

頭のいいしっかり者の良い子を心がけ、

母が泣いていれば

私が父から守ってやらねばと

ケンカに割って入ったりしていたことから、

私が親になったときは

絶対に子供に気を使わせるような

そんな親になるのはやめよう

と誓ったのだ。

 

でも、私が求めていた理想の親に

自分はちゃんとなれるのだろうか。

 

しっかりと考えながら

親になるその日を迎えたいと思っていた。

 

スポンサーリンク

 

なぜ妊娠できないのか考えてみた

 

私は卵巣のう腫(チョコレートのう腫)で

左右両方の卵巣が腫れていたり

仕事のストレスで体調を崩してから

自律神経の不調が起きやすかったりするのですが

もちろんこれらも妊娠のしやすさに

大きく関わっていると思うのですが

ほんとにそれだけが原因なのか?

ちょっといろいろ考えてみました。

 

ちょうど友人が出産をしたところなので

家に遊びにいって

赤ちゃんのお世話をする様子を

見ることができました。

 

夜中でも3時間おきにミルクをあげたり

泣いたら抱っこしたり

お風呂にいれたり

友人にはもうひとり小さい子供がいるので

その子の相手もしなくちゃいけない

 

子供を育てるって

ほんとに根気がいるし

手がかかるし

今のように

3食昼寝つきでゲームし放題の

引きこもりニートのような暮らしをしている私とは大違いの生活で、

なんか

そこを改めないとダメなんじゃないか

そんな気がしたんですよね。

 

そして思い浮かんだのが

うちの犬の顏です。

 

可愛いから、癒されたいからと

犬を飼ったものの

しつけがうまくできずに

家中におしっこはするわ

歩くと足を噛んでくるわ

ピンポン鳴ったら吠えるわ

ソファは破壊するわ

いろんなもの食べるわで

だいたいは3畳の柵の中に閉じ込めているような状態でした。

 

犬を育てるという決断をしたのに

ちょっとしつけがうまくいかないからといって

それ以上向き合うことをあきらめ

柵に閉じ込めるという安易な方法で逃げ、

自分は好きなことをしている。

そんな自分に気付いて

申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。

 

犬もとても手がかかります。

 

ブラッシングをしたり

お風呂にいれたり

散歩にいったり

しつけをしたり

毛をカットしたり

病院に連れて行ったり

ごはんをあげたり

トイレの掃除をしたり

 

でも、そんな犬の世話も

満足にできないような人間が

子供が欲しいだなんて

何を言っていたんだと思いました。

 

どこかに

この子は犬だし

みたいな甘えがあったと思います。

 

その程度でしか犬と向き合っていないから

犬も言うことを聞かないし

いつまでも問題が解決しない。

 

これは妊娠できなくて当然だ

と思いました。

 

やっぱり

全然親になる覚悟ができていなかったし

親になるということがどういうことなのか

全然わかってなかったし

親(飼い主)としてやるべきことが

何もできていなかったことに気付きました。

 

子供を作っていいのか?ということへの

なんとなく感じていた違和感の原因は

これだったのかもと思いました。

 

でも、

犬への向き合い方について

自分を見つめなおしたことで

ようやく親になるということについて

少しイメージできた気がします。

 

そこに気付いてから

さっそく犬への接し方を変えました。

 

私が家にいる時は

常に犬を柵の外に出すようにし

足を噛んだらダメだとわかるまで教える

おしっこしないかどうか極力目を離さず見守り、

しそうになったら教える。

 

すると

だんだん足を噛まなくなってきたんです。

ただどこへ行くにもテクテクついてくるだけになりました。

 

そして

私がテレビを見ていたりブログを書いていたりすると

膝の上に乗ってきて気持ちよさそうに眠るんです。

 

今までは自分の柵の中で昼寝していたから気づかなかったけれど

膝の上でこんなにも可愛く眠ることを知り

私は今までリクのこんなに可愛い姿を見逃して

何をしていたのかと

情けない気持ちになりました。

 

妊活を初めてすぐくらいに

リクがわが家にやってきたのですが

未熟な私に

親になるということ

子供をつくるということについて

とっても大事なことを教えに来てくれたのかもしれません。

 

面倒くさいなーが口ぐせのわたしですが

面倒くさいと避けていたら

その先にある喜びには出会えない。

 

育てる、お世話をするということは

面倒を見るということ

でも面倒をかけたらかけた分だけ

得られる喜びも大きくなる

ということを知りました。

 

これからは気持ちを大きく切り替えて

妊活に臨みたいと思います。

 

ではまた^^

 

スポンサーリンク

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

お金持ちだけが知っている?!お金と時間のホントの関係

やる人はやれる理由を探し、やらない人はやらなくていい理由を探す

『100%幸せな1%の人々』を徹底解剖③無敵とは敵が無いこと

生きている意味があるんじゃなくて、生まれてきた理由がある

ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」に学ぶ主婦の姿

これからは誰もがブログを持つべき時代に!?