主婦の家事労働の年収換算について持論を述べてみた

やぁやぁ。こんにちわ。

去年大人気だったドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(通称:逃げ恥)でも取り上げられていましたが、

専業主婦の家事労働を年収に換算すると304.1万円なのだとか。

このことについて、ちょっと私の思うところを話してみようかと思います。

 

結論から言うと、家事労働の年収換算はちょっとおかしくないか?と思ってます。

 

年収というのはあくまでも収入であって、実際収入のない家事労働とは別物の話だと思うのです。

この年収換算は、あくまでも「家事代行に同じことを頼んだらこのくらいするよねー」という話であって、

304.1万円と聞いて専業主婦が鼻高々になって

「私はこれくらい価値のあることをやっているのよ!ドヤッ」となるのはちょっと違うかなと思う。

(私も専業主婦です)

 

家事とはなんなのか?

 

そもそも家事とはなんなのか?労働なのか?ということについて考えてみると、

私は労働ではないと思います。

家事とはつまり生活ですよね。

 

服を着る。歯を磨く。お風呂にはいる。

というのと同じ。

 

服を着るために洗濯をする。歯を磨くために歯ブラシを買いに行く。お風呂にはいるために風呂掃除をする。

 

労働つまり仕事ではないですよね。

 

これを自分や家族のためではなく、人のためにすれば仕事になるよ!というのが家事代行ですね。

 

なので、自分や家族のための家事をやっているからといって、年収うんぬんというのはよくわからん話であります。

スポンサーリンク

 

じゃあ専業主婦には金銭的価値はないのか?

 

他からお金を得ない限り、金銭的な価値は生み出していないと言わざるを得ないのですが、他からお金を得ること以外にもう一つ金銭的価値を生み出す方法があります。

 

それは節約です。

 

たとえば

今までスマホに1人あたり月8000円かかっていたところ、専業主婦が格安SIMについて勉強し、月3000円まで抑えることができたとします。

毎月5000円の節約ですね。

これは1人あたりですから、夫婦だと2倍の1万円の節約になります。

1年で12万円。10年で120万円も違ってきますよね。

 

これは紛れもなく妻の功績です。

(これはうちの実話です。えへ。自分で功績とか言っちゃった!)

参考記事「知らなきゃやばい?!初心者でもわかる格安SIM解説」「あなたの持ってるスマホが格安スマホに!?」「au・ドコモユーザーにおすすめの格安SIM会社

 

つまり、妻が節約の知識をつけたことによって、10年で120万円の出費を抑えることができた=120万円分の働きをしたということになると思うのです。

 

まぁ、なんでも節約すればいいということではないですが。

でもほとんど生活の質を落とさずに節約ができたのならとてもいいことですよね。

 

 

専業主婦がやるべきことは、家族の生活をできる範囲内でより良くすること

これに尽きると思います。

 

 

家族が快適に生活できるように、

掃除をして住空間を良くしたり、整理整頓をして効率化をはかったり、支払いや在庫管理などの雑務をこなしたり、健康を気遣って食事を作ったり、精神面でも支えられるように自分はいつもニコニコ余裕を持って接したり。

 

できる範囲内での節約をしながら、一家の大黒柱(収入の柱)をサポートするのが専業主婦である。

というのが私の考えであります。

 

夫婦共働きの家庭は、逃げ恥で言う「共同経営者」の概念のほうがしっくりくるかもしれませんね。

専業主婦も共同経営者であることに変わりはないのですが、こちらは「社長と秘書」的な感じかも。

 

共働きで収入や労働時間が夫婦同じくらいの場合は、100%妻が家事(生活のサポート)をするのはフェアじゃないでしょう。

家事を分担するか、どちらかの労働を減らすかなどして無理のない経営(家族運営)目指したいところですね。

 

っと。

ちょっと話がそれてきましたが、

 

まとめ

 

大事なのはあくまでも収入があるかどうかであり、家事はそのためのサポートに過ぎない。

家事労働が年収304.1万円??家事労働の価値は残念ながら0円だYO!!

というのが私の持論ということになりますかね。

 

家事やらないと旦那さんがとても困るのは確かだけど、でもだからといって専業主婦に金銭的価値は無いよ?という辛口記事でした。

 

私もこれについては常々感じでおりまして、

 

「私って毎日何も価値生み出してないな~」と。

 

家はそこそこキレイに保っているし、整理整頓もわりと好きな方だし(特にファイリング)、節約するのも好きだし、散財する趣味とかもないし(引きこもりだからほとんどお金かからない笑)、専業主婦としてはまぁそれなりにやれているとは思うんですが、

でも節約なんて限りがあるし(当然旦那の収入以上にはならない)、不用品をヤフオクとかAmazonで売ったりして小銭稼ぎくらいはしてるけど、それも元々は自分で購入したものを売ってるだけだから、ただゴミ箱に捨てるよりはマシなだけ。

 

いくら旦那(一家の大黒柱)を快適に生活させたとしても、サラリーマンだから別にそれによって給料が跳ね上がるわけでもないし、「夫婦仲良く暮らせてるねー^^」レベルなわけです。

まあそれも大事なんですが。

 

でも結局は収入がない限り社会的な価値が感じられないんですよね。

 

私ももういい歳なのに、社会人としてこんなことでいいのか。

旦那さんに養ってもらうだけの存在のままでいいのか。

旦那さんにもしものことがあったら、自分はちゃんとやっていけるのか。

 

こんなことをウーンウーンと頭の中でこねくり回して考えながら

今日もFF15を全力で楽しむキャナナであった・・

※FF15とは、プレイステーション4のゲームソフト「ファイナルファンタジー15」の略である。

 

スポンサーリンク

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

話題の「嫌われる勇気」を徹底解剖⑤~課題の分離~

話題の「嫌われる勇気」を徹底解剖⑥~共同体感覚~

子供をつくるということ

「主婦×お金×時間」~理想の生活を手に入れるために~

全国のタラレバ娘に告ぐ!結婚相手を見つけるカギは「需要と供給の見極め」

話題の「嫌われる勇気」を徹底解剖①~目的論~