ブロガーは今すぐに開業届を出したほうがいい理由ー青色申告とはー

どうも、キャナナです。

さきほど無事に『開業届』を提出してきたのですが、なぜ開業届を出したのかというと、今年に入ってブログでの収入が月5万円以上にアップしたからです。

ブログを書いて、広告を設置して、広告収入を得るということは、つまり個人で事業を行って収入を得たということになり、利益が一定以上出れば確定申告の義務も発生します。

この一定以上というのが、専業主婦の場合は38万円(基礎控除額)なので、年間で38万円以上の利益(所得という)があれば確定申告をしなければいけません。

月に5万円であれば1年で60万円。サーバー代やネット代などの経費を引いたとしても、利益は38万円を超える可能性が高く、収入もさらに上がっていくかもしれません。

なので「今年はいよいよ確定申告を覚悟しなければいけないなぁ。」といろいろ調べてみたところ、どうやら『青色申告』というものがあるらしく、普通に申告(白色申告という)するよりも、青色申告をしたほうが断然メリットがあるとのことでした。しかし、その青色申告をするためには、まず『開業届』を提出する必要があったため、今日の運びとなったわけです。

今回は、青色申告のメリットを解説すると共に、なぜブロガーは今すぐ開業届を提出したほうがいいのかについてお話しします。

注意

とても大事なことなので、間違いのないよういろいろと調べて書いていますが、わたしが勘違いをしている部分もあるかもしれません。あくまでもわたしは現在こういう認識でいるというだけなので、ご自身でも事実確認をお願いします。もし間違いがあったとしても責任は負えません。

青色申告のメリット

1.65万円の所得控除が受けられる

所得控除というのは、利益を税金の計算上引いてくれるという意味です。税金は利益がいくらあったかに対してかけられるので、節税のためには実は利益が少ないほうが良いのです。

個人事業主
⇒ 青色申告特別控除(65万円)
会社員・パート
⇒ 給与所得控除(65万円)

 

全員
⇒ 基礎控除(38万円)

俗に言う103万円の壁というのは、
給与所得控除(65万円)+基礎控除(38万円)=103万円のことです。

この2つの控除によって、パートで103万円の収入があったとしても、税制上は所得0円ということになるので、扶養から外れずに済みます。

青色申告特別控除では、専業主婦のわたしでも65万円の所得控除が受けられることになるので、同じく103万円までの利益であれば税金がかからないようになります。

ただし、これは税制上税金がかからないだけなので、専業主婦が38万円以上(基礎控除分)の所得を稼いでしまうと、扶養は外れますので覚悟してください。

2.3年間損益通算できる

損益通算というのは、赤字と黒字を相殺そうさいできるということです。

たとえば
1年目に50万円の赤字
2年目にまた50万円の赤字
3年目にようやく100万円の黒字になった場合、

普通の確定申告(白色申告)であれば損益通算できないので、3年目は100万円の利益に対して税金がかかってくるんですが、青色申告の届け出を1年目に提出していれば、3年間は損益通算できるので100万円-50万円-50万円=0円で3年目も所得0円として計算することが可能です。

3.その他

大きなメリットは上記の2つですが、他にも

  • 家族への給与が全額経費になる
  • 棚卸で計算方法を選べる
  • 30万円未満の資産は経費計上できる
  • 売掛金の一部を経費計上できる
  • 家賃や光熱費も経費にできる

などがあります。

ブロガーに関係あるのは、パソコンなど高額な備品を購入した際に、減価償却という計算方法ではなく一括で経費にできるという点くらいでしょうか。

家族への給与は、家族が他に仕事を持っていると無理ですが、無職の家族がいるのなら、給与を渡すことも可能だと思います。そして、給与を支払いたい場合は届け出も必要です。

また、自宅で仕事をしている場合には、家賃や光熱費の一部も経費にすることが可能。プライベートでの利用分もあるので、根拠のある配分で計算する必要はあります。

ブロガーが今すぐに開業届を出したほうがいい理由

1.初期の赤字を繰り越しできる

ブログで収入が得られるようになるまでにはちょっと時間がかかるので、ブログ開設から半年くらいは無収入の人も多いんじゃないかなと思います。

無料ブログではじめているのなら、開業届を出すのは収入があってからでもいいかなと思いますが、Wordpressなどの有料ブログではじめている人は、サーバー代やドメイン代も経費で落とせますので、今すぐにでも開業届を出しておいたほうがお得です。

基本的には開業から2か月以内に開業届を提出しなければいけないことになっており、提出すればその年の分から青色申告が可能になります。(1月1日~1月15日までの開業であれば3月15日までの提出でOK)

ただ、いつを開業日とするかは厳密に規定はなく、提出が遅れたとしても特に罰則などはないため、自分でこの日にしよう!と決めても大丈夫です。

しかし、基本的には開業日以降の経費しか経費として認めてもらえないと思うので、できれば早いほうがいいと思います。(3月15日までに提出すれば1月1日を開業日にできるので、今年度分はまるまる経費にできます)

開業日以前にかかった経費も「開業費」としてある程度計上することもできると思いますが、認められない可能性もありますので、できるかぎり経費が発生してからはすぐに開業届を出しておいたほうが無難だと思います。

わたしは2016年の8月にこのブログを開設したのですが、当時は青色申告なんてものは全く知らなかったので、これまでのドメイン代やサーバー代、書籍やセミナーなどの勉強代はもう経費にはできないかもしれません。。

2.65万円分控除してもらえる

今のところ収入が低かったとしても、ブログではあるときいきなり収入がドカンとアップすることもあります。確定申告ギリギリになって、しまった!利益38万円超えてた!となったら税金を払わなくてはいけなくなります。

しかし、青色申告であればさらに65万円の控除が受けられますので、103万円を超えない限りは税金を払わずに済みます。これはかなりデカイので、使わない手はないです。

赤字だったとしても翌年に繰り越して黒字と相殺できますし、黒字であっても103万円まで余裕があるので、ブログ開設から2~3年くらいはこれによって税金を払わず済むんじゃないかなー?と思います。

青色申告と白色申告の違い

青色申告は、事業所得扱いになり、個人事業者としての確定申告になります。

白色申告は、雑所得扱いになり、個人の確定申告になります。一般的な確定申告はこっちを指します。

事業所得というのは、何かしらの事業を行ったことによる利益のことで、雑所得というのは、他のどれにも当てはまらない個人の収入という感じ。

所得の種類は10種類あります

  1. 利子所得(預金の利子など)
  2. 配当所得(株の配当など)
  3. 不動産所得(家賃収入など)
  4. 事業所得(事業からの利益)
  5. 給与所得(給与収入など)
  6. 退職所得(退職金など)
  7. 山林所得(木を売った場合など)
  8. 譲渡所得(家を売ったときなど)
  9. 一時所得(満期保険金など)
  10. 雑所得(他のどれにもあてはまらない所得)

4番の扱いで申告できるのが青色申告、10番の扱いで申告できるのが白色申告ということになりますね。

帳簿のつけ方が違う

青色申告では「複式簿記」という本格的な帳簿の記帳方法での計算が必要になりますが、白色申告では売上・仕入れ・経費などをまとめた簡単な記録でOKです。

控除できる額が違う

青色申告では65万円と10万円の2種類があり、白色申告では控除できる額は0円です。

青色申告の65万円と10万円のちがいは、帳簿のつけ方が複式簿記であるか簡易簿記であるかだけです。複式簿記はたしかに手間ですが、55万円の控除差はかなり大きいので、絶対に65万円の控除を選んだほうが良いです。

どちらの申告を選ぶかは、後に説明する「青色申告承認請求書」を提出する際に記入します。

家族への給与の控除額が違う

無職の家族がいる場合は、給与を支払うことが可能です。その場合、白色申告であれば、配偶者は86万円まで、親族は50万円までという控除の上限がるのですが、青色申告では制限がないので、家族に支払った給与の全額を経費にすることができます。

赤字の繰り越しの有無が違う

青色申告であれば、赤字の年があっても3年間は損益通算で黒字と赤字を相殺できるのですが、白色申告は災害などによる損失などがない場合は赤字の繰り越しができません。

貸倒引当金の計上が違う

貸倒引当金かしだおれひきあてきんというのは、請求書は発行しているけれど年内には振り込まれないお金のことで、これを計上するときに、青色申告であればそのうち5.5%を経費として計上できます。白色申告は一定の範囲でのみ。

これはブロガーにはあまり関係ないかなと思いますが、サービスを提供した後で請求するような業種では、請求先が倒産して代金が支払われない場合などのリスク対策として有効なようです。

推計課税の有無が違う

推計課税すいけいかぜいというのは、きちんと売上や経費の記帳や資料の保存をしていなかった場合に、およその課税額を推定して課税されることで、白色申告ではこれにより一部の経費が否認になったり、本来よりも多くの税金を払うことになったりもします。

青色申告であれば推計課税されることはありませんが、白色申告では税務署から調査が入って推計課税される可能性もあるので注意です。

 

という感じで、複式簿記の手間以外はすべてにおいて青色申告が有利ですので、確定申告をするのであれば断然青色申告がおすすめです。

青色申告をするためには

税務署に書類を提出しなければならない

青色申告をするためには『開業届』と『青色申告承認請求書』の2つの書類を税務署に提出する必要があります。開業届のみを出しただけでは青色申告はできないので注意してください。(従業員を雇う場合はさらに提出書類が増えます)

開業届
⇒これからこんな事業を始めますという書類
青色申告承認請求書
⇒この事業で青色申告をすることを認めてくださいという書類

この2つは同時に提出しておくのがおすすめです。

書類の作成方法

開業届と青色申告承認請求書は、国税庁のホームページから印刷したり、税務局にもらいに行くことも可能ですが、わたしは「開業freee」というサービスを利用しました。

これはfreeeというクラウド会計ソフトの会社が提供しているサービスで、無料でめちゃくちゃ簡単に開業届と青色申告承認請求書を作成することができます。

開業freee」での詳しい作成方法については「開業届と青色申告承認請求書の書き方(ブロガー用)」で解説しています。

複式簿記をつけなくてはならない

複式簿記というのは、経理の方式に乗っ取ったきちんとした帳簿のことです。

白色申告であれば、家計簿レベルの簡単な帳簿でも大丈夫ですが、青色申告は事業所得の申告になるため、ちゃんとした本格的な帳簿が必要になります。

その代わりメリットはとても大きいので、ぜひチャレンジして欲しいなと思います。

複式簿記の内容

複式簿記の具体的な内容としては

  • 現金出納帳(現金の動き)
  • 売掛帳(ASPの報酬などはここに入る)
  • 買掛帳(仕入れ関係の動き)
  • 経費帳(経費の一覧)
  • 固定資産台帳(固定資産の計算)
  • 預金出納帳(預金通帳の動き)
  • 給与台帳(給与の計算)

があり、貸借対照表たいしゃくたいしょうひょう(上記のまとめ表みたいなもの)というのも必要になります。

ブロガーに関係するのは、現金出納帳、売掛帳、経費帳、預金出納帳くらいかな?と思います。

複式簿記のつけかた

ASPでの報酬は、「報酬発生⇒報酬確定⇒報酬振り込み」の3段階あって、帳簿には報酬確定の時に売上計上しなければならないので、いったん報酬額を売掛金として受けておき、振り込み日に預金科目で売掛金を相殺するというような処理になります。

ASPで報酬が確定した時

報酬が口座に振り込まれた時

という感じで経理上の処理が2回必要になります。

ここらへんは少し簿記の知識がないと難しいかなと思いますので、勘定科目と借方・貸方あたりは理解しておいたほうがいいかなと思います。

そんなにパターンはないので、勘定科目の組み合わせをいくつか覚えるだけで大丈夫です。

会計ソフトの導入

自分でExcelで自作するにはちょっと手間がかかりすぎるので、会計ソフトを導入するほうがいいと思います。

有名なところは

わたしもまだどこにしようか迷っているところなんですが、やよいは1年間無料なので、とりあえず今年はやよいで申告してみて、気に入らなければ来年乗り換えるとかでもいいかなとは思ってます。

追記:やよいの青色申告がめっちゃ説明が親切でわかりやすかったです!これなら経理初心者でも自力でなんとかなりそう。1年間無料で、2年目以降も年間8,640円(720円/月)なので、これくらいなら払ってもいいかなと思いました。

会計や確定申告をひとりでやるのは無理だ!という方は、税理士に頼むといいと思います。会計ソフトの会社からも紹介してもらえるはず。

事業用の口座を用意する

会計ソフトなどはまぁ確定申告をするまでに準備できればいいんですが、とりあえず今すぐにでもやっておかなければいけないことは、プライベートと事業の記録を分けるということです。

事業専用の銀行口座を作っておいて、事業関係のお金はすべてそこで管理するようにしておくと便利です。プライベートとごちゃ混ぜになってしまうと、帳簿をつけるときにややこしいですし、監査が入ったときにいらないものまで見られてしまいます。

事業とプライベートでしっかりと分けて計算しています!というアピールにもなりますので、これはできる限り早いうちから分けておきましょう。わたしはクレジットカードも事業用で1枚作成しています。

開業届で屋号を記入していれば、提出後は屋号で銀行口座を開設することも可能です。

開業届を出す上での注意点

副業の場合は会社にバレる可能性がある

わたしは専業主婦なので、このあたりについてはそこまで詳しくありません。もし副業で開業届を出そうと思っているのであれば、このあたりは慎重に調べてから提出してください。

青色申告自体は、給与所得があっても申告可能で、しかも事業の赤字を給与所得と相殺できるので節税効果も高いです。

ただし、会社の規定などで副業を禁じている場合は、開業届によって最悪解雇になる可能性もあるので注意してください。また、開業届を出していると、失業保険が降りないとかなんとかも見たことがありますので、このあたりも気をつけてください。

扶養が外れるのは所得が38万円を超えた時

わたしは今、旦那の扶養に入っているので、ここはとても気になるところでした。

いろいろ調べてみたところ、開業届を出した時点で即扶養から外れるのではなく、基礎控除額の38万円を超えて利益が発生した時点で扶養から外れるということのようです。(税制上の話です)

なので、赤字の時から開業届を出していても問題はないと思われます。(大事な部分なのでご自身でも確認を取ってください)

扶養から外れてしまうと、国民健康保険や国民年金の支払いをしなければいけなくなるので、今より負担は増えてしまいます。

厳密には税制的な扶養と、社会保障的な扶養ではまた定義が違うようなので、税制的には扶養を外れても、そのまま健康保険は継続できるということもあるみたいですが。。ややこしい・・

年末調整の時にご主人の会社にこのあたりのことは聞いたほうがいいと思います。

 

 

ということで、今回は青色申告についていろいろと解説してみました。

税金関係はほんとに難しいですね。

ただ単にブログで収入が入って「やったー!」で終わればいいんですけど、パートとはちがってきちんと自分で利益と経費を計算して、確定申告をして税金を納めなければならないし、38万円以上利益が出てしまうと扶養も外れてしまいますしね。

かなりめんどくさい作業ではありますが、自分のやっていることがきちんと事業として認められるということは嬉しくもありますし、経理を把握することでより結果が目に見えてわかるので、個人的にはわりとこの状況を楽しんでいたりもします。

気軽にはじめたつもりのブログでいろいろと面倒なことになって大変だ!と思う方もいらっしゃると思いますが、お互いがんばりましょう笑

 

 

青色申告をするためには、「開業届」と「青色申告承認請求書」を税務署に提出する必要がありますので、まずはこちらの開業freeeで書類を作成してください。

作成にあたって職業と事業の概要の記入でつまづいたのですが、

わたしは

職業:フリーランス
事業の概要:WEBサイト運営、インターネットビジネス及びそれに付随する業務

としました。

正直これはなんでもいいみたいなので、お好きな職業で書いてもいいと思います。WEBライターとか、ブロガーとかでも大丈夫なはずです。

詳しい作成方法は「開業届と青色申告承認請求書の書き方(ブロガー用)」で解説していますのでご覧ください。

ということで、

今日はこのへんで!

またーノシ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。