【関西エリア】ガス自由化で選べる6社を徹底比較してみた

どうも、キャナナです。

ガスの自由化は2017年4月から始まっているにも関わらず、ずっと見ないふりをしていたんですが、ついに重い腰を上げて徹底的に調べてみることにしました!

追記:電気とガス両方の組み合わせが一番安くなる会社についても別の記事で調べてみました!

【関西エリア】電気ガスが一番安いのはどこ?9社を比較してみた

ガス自由化について

大阪ガスよりも安い会社が登場

まず、関西エリアでガスと言えば「大阪ガス」なんですが、ガスの自由化によって大阪ガスよりも安い料金設定のところが出てきました。

それが関西電力の関電かんでんガスです。

大阪ガスのある一部のプラン+条件の人を除いては、この関電ガスに乗りかえるほうが安くなります。

電力よりも参入企業は少ない

ガス自由化の参入企業は電力に比べて少なく、しかも料金プランも大阪ガスまたは関電ガスのものをそのまま使っているところばかりなので、実質「大阪ガス」VS「関電ガス」の2強になってます。

大阪ガス系

・コープガス(生協)
・J:COMガス(ケーブルテレビ)

関電ガス系

・au(ケータイ)
・eo(ネット)

関西で一番安いガス会社はここ!

大阪ガス(床暖・エコ) 5,406円
大阪ガス(床暖料金)  5,623円

関電ガス(電気セット割)5,578円
関電ガス(なっトク)  5,750円

大阪ガス(エコジョーズ)5,982円
大阪ガス(もっと割)  6,053円
大阪ガス(一般)    6,183円

 

※ガスの使用量30㎥で計算

※上から安い順

コープガスとJ:COMガスは大阪ガスの「もっと割」と同じ料金、auとeoは「関電ガス」と同じ料金になります。

関電ガスのセット割(電気も関西電力)が大阪ガスの床暖料金より安くなっていますが、床暖料金ではガスコンロと浴室乾燥機の設置によって上記の金額からさらに2~9%の割引がありますので逆転します。

大阪ガスで床暖料金を契約している家庭

大阪ガスの床暖料金プランが実は最強です。

なので、大阪ガスの床暖料金で契約している人はそのままガス会社を変えないほうがお得です。

大阪ガスで一般・エコジョーズ・もっと割を契約している家庭

床暖料金の次に安いのは関電ガスです。

なので、大阪ガスで一般料金・エコジョーズ・もっと割を契約している人は関電ガスに切り替えるほうがお得です。

auとeoも関電ガスと同じ料金プランなのですが、こちらはあえて乗り換えるメリットはないかなと思いますので、関電ガスでOKです。(理由は後述します)

※切り替える際は、念のため大阪ガスで解約金などがないか確認することをおすすめします。

大阪ガスのよくある質問

関電ガスのよくある質問

ついでに電気料金も見直すとさらに安く

実は電気料金についても、電力の自由化によって関西電力より安い電力会社が登場しています。

それが「Looopループでんき」です。

なので、

床暖料金の人は
⇒大阪ガス+Looopでんき

床暖料金以外の人は
⇒関電ガス+Looopでんき

の組み合わせがおすすめです。

電気料金についても各社調べてみました。

Looopでんき      8,800円

関西電力(なっトク) 9,361円
大阪ガス(A-Gプラン) 9,605円

 

※電気の使用量400kWhで計算

※上から安い順

※関西電力は2018年7月からの値下げ料金で計算

関西電力は、関電ガスも一緒に契約することで適用できる「なっトクでんき」という安い特別プランで計算していますが、それでもLooopでんきが圧勝してます。

Looopでんきの料金プランはとてもシンプルで、基本料金なしの「22円(税込) / kWh」のみなのでわかりやすく、わたしが調べた限り一番安い会社なので、ぜひ電気検針票などから一度料金を計算してみてください。

※電気使用量がかなり少ない場合は、関西電力+関電ガスの組み合わせのほうが安くなる可能性があるので。

お手元に検針票がない場合は「はぴeみる電」に登録することで過去の電気使用量が確認できます。

例えば400kWhであれば

400×22=8,800円

という感じで簡単に計算できます。

切り替えに関する費用は何もかからず、最低利用期間もなし、解約金もありません。

Looopでんきのよくある質問


ガス料金の計算方法

では、もっと具体的に料金を算出したい!という人のために、ガス料金の計算方法についても解説したいと思います。

ガス料金は
基本料金+(単位料金×使用量)
で計算します。

大阪ガスの一般料金の料金表はこちら

大阪ガス一般料金の料金表

これを元にガス料金を計算してみると・・

例)30㎥の場合

区分はB(21-50㎥)になるので、
基本料金は1337.4円を適用
単位料金は1㎥あたり161.53円で計算します。

1337.4+(161.53×30)=6183.3円

という感じ。(先にかけ算のほうから電卓計算して、あとで基本料金を足すと簡単です。)

また、この基本料金とは別で「原料費調整制度」という過去の原料価格を元に単位料金を調整する制度があるんですが、これは毎月変動するものなので、試算をする場合には考慮しなくても大丈夫です。

実際の支払い時には、単位料金に若干の修正が入った状態で毎月のガス料金が算出されます。

こんな感じで、すべてのプラン・会社の料金表を確認し、計算をしたのが先ほどの順位表になります。

※大阪ガスの検針票が手元にないという人は「マイ大阪ガス」に登録することで簡単に過去の使用量が確認できます。

その他のガス会社のプラン詳細

ここまで大阪ガスと関電ガスについてばかり書いてきたので、その他の4つのガス会社についての詳細もまとめておきたいと思います。

大阪ガス系のガス会社

コープガス

生協のコープが提供しているガスプランになりますが。

基本の「コープガスプラン」は大阪ガスの「もっと割」と同じ料金ですが、大阪ガスの現在のプランもそのまま引き継ぐことができます。

また、「コープでんき」とセットで契約することでガス代が3%引きになるセット割が適用されます。ただしセット割は「コープガスプラン(もっと割)」の契約者のみなので注意。

では、大阪ガスと同じ料金なのにコープガスに切り替えるメリットは何なのか調べてみたのですが、メリットは個別配送の送料への影響のみかなと思います。

生協では宅配の利用額がある一定の金額(2万円程度)になると、翌月の配送料が無料になるというサービスがあるのですが、その宅配の利用額の中にガス料金も加えることができるので、生協の利用額が少なかったとしてもガス料金でカバーできる場合もあるという感じ。

床暖料金も引き継げるので、生協をよく利用する人で、この個別配送の送料の点に魅力を感じるのであればコープガスに切り替えるのもありなのかな?と思います。

ただし、その場合でも「コープでんき」を契約するのは電気料金が高いのでおすすめしません。

コープガスのよくある質問

J:COMガス

J:COMガスもコープガスと同様、大阪ガスの料金プランと同じで、こちらも現在の大阪ガスの料金プランを引き継げますが、契約できるのはJ:COMユーザーのみです。

また、「J:COM電気」とセットで契約することで、J:COMのサービス料金から年間1200円引きになるセット割が受けられますが、こちらもコープガスと同様、「もっと割」プランを契約している人のみが対象なので注意です。

しかも、J:COMガスは契約手数料3000円+解約する際は解約金が発生する場合もあるため、セット割で毎月実質100円安くするために電気料金の高い「J:COM電気」を契約して、契約手数料3000円を払う必要はないと思うので、個人的にはここはおすすめしません。

関電ガス系のガス会社

au

「関電ガス for au」という名称のとおり、ガス料金は関電ガスとまったく同じになりますが、契約できるのはauユーザーのみなので注意です。

セット割は「auでんき」もセットで契約することでガス代が3%引きになるというものですが、これは関電ガスで関西電力とセットで契約した時のセット割(3%引き)とまったく同じ内容になりますので、auのほうが安くなるということもありません。

ただし、唯一「auでんき」とセットで契約するメリットとしては、「au Walletポイント」の付与があります。これはauでんきの電気料金に対するポイント付与なので、ガスの契約だけではもらえません。

<ポイント付与率>

電気料金が
5000円未満     1%
5000~8000円未満 3%
8000円以上     5%

しかし、実際はこのポイント付与分を考慮したとしても、auでんきより「Looopでんき」のほうが電気料金は安くなるため、わざわざauでガスや電気を契約する必要性はないかなと思います。

eo

eoも関電ガスの料金プランとまったく同じになります。

セット割も「eo電気」とセットで契約することでガス代が3%引きになるというものですが、これは関電ガスで関西電力とセットで契約した時のセット割(3%引き)とまったく同じ内容になりますので、eoのほうが安くなるということもありません。

しかも、eoはポイント付与などの独自のメリットも特に見当たらないため、こちらもauと同様、わざわざeoでガスや電気を契約する必要性はないかなと思います。

また、契約時には事務手数料として3240円かかります。

まとめ

というわけで、かなり長々と書いてきましたが、結論はもう序盤でも紹介したこの順位表がすべてです。

大阪ガス(床暖・エコ) 5,406円
大阪ガス(床暖料金)  5,623円

関電ガス(電気セット割)5,578円
関電ガス(なっトク)  5,750円

大阪ガス(エコジョーズ)5,982円
大阪ガス(もっと割)  6,053円
大阪ガス(一般)    6,183円

 

※ガスの使用量30㎥で計算

※上から安い順

「ほんとかよー?」と思う人は、関電ガスの料金表で一度計算してみてください。

原料費調整制度があるので多少は上下しますが、床暖料金の人は今より高く、床暖料金以外の人は今より安くなるはず☆

関電ガスなら解約金も契約手数料もかかりませんので安心です。

関電ガスのよくある質問

今関西電力で電気も契約しているのなら、電気とガスのセット割も適用されます。

ただし、電気料金をさらに下げたいのであれば「Looopでんき」に変えたほうが安いので、こちらもついでに検討してみてください。

Looopでんきの料金表はとてもシンプルなのでわかりやすく、そして安いです。

基本料金がなく22円(税込) / kWhのみなので、

ぜひお手持ちの電気検針票などから月額を計算してみてください。

きっと今よりも安いんじゃないかなと思います。

 

ということで、

今回は関西エリアのガス会社について徹底的に試算した結果について紹介しました!

あなたのガス料金プラン見直しのお役に立てれば幸いです。

では今日はこれで!

またーノシ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。