dTVが動画配信サービスの中で今のところ最高だと思う理由

どうも、キャナナです。

ぐうたらひきこもり主婦の私が最近ハマっているものの1つが「動画配信サービス」なんですが、どこも最初は無料のお試し期間を設けているので、動画配信サービスのはしごをするだけで1年くらいは十分楽しめちゃうんですよね。

最終的にはどこか1社に絞って契約を続けようかなと思っているんですが、とりあえずは全部試してからじゃないとわからないので、今はまだ動画配信サービスのはしごをしているところであります。

これまで私が契約してきた動画配信サービスは

  • Amazonプライムビデオ
  • TSUTAYA TV(DISCAS)
  • hulu
  • FODオンデマンド
  • dTV

の5つです。

それぞれ料金やラインナップなどに特徴があるのですが、この中で一番わたしが気に入ったのは「dTV」だったので、今回はその理由をお話ししたいと思います。

dTVがおすすめな理由

1.料金が安い

だいたい月額1000円前後の会社が多い中、dTVは月額500円(税抜)で動画見放題と、およそ半額程度の金額になっています。

毎月1000円かかるとなるとちょっと躊躇してしまいますが、ワンコインならDVDレンタル2枚分くらいの金額だし、それで見放題ならまあいいか。と思える金額でした。

2.コンテンツ量も十分

料金が半額なんだったら、見放題で見れる動画の数も半分くらいなんじゃないの?と思うかもしれませんが、実はコンテンツ量も1000円クラスのhuluとそんなに変わらず、同じく1000円クラスのTSUTAYA TVと比べるとdTVのほうが5倍以上多いんじゃないかなと思います。

公式ではdTVの動画数は12万作品と書いてありますが、実際はドラマやアニメの各話も計上しているようなので、作品数としては2~3万本程度のようですね。

huluの公式記載が約4万本なので、数としてはdTVのほうがちょっと少なそうですが、実際に両方利用してみても特に違いに気づかなかったので、コンテンツ量としては個人的には十分だと感じました。

3.動画のラインナップが最高

料金とコンテンツ量も個人的な合格ライン突破!という感じだったんですが、なによりもおすすめしたい部分がこのラインナップ。

動画のジャンルとしては、洋画・邦画・国内ドラマ・海外ドラマ・アニメなどがあるんですが、わたしが一番好きなのは邦画と国内ドラマ。つまり海外ものはあんまり好きじゃない。

でもこの邦画と国内ドラマって、どこの会社もラインナップが少ないんですよ。

huluとかは元々海外のサイトのためか、海外ドラマの数がすごく多くて、国内の映画やドラマはあんまりない印象だし、TSUTAYA TVやAmazonプライムビデオは古い作品ばかりだし。FODもフジテレビのサービスなので、フジテレビ以外のラインナップは少ない。

で、ここのジャンルに一番強かったのがdTVだったんです!

わりと最近の作品も結構あるし、有名どころの作品もずっと残ってるしで、まさに「そうそう!こういうのを求めてたんだよ!」という感じでした笑

どんな作品があるかは契約しなくても確認できるので、一度公式サイトで見てみてください。⇒dTV

4.オリジナル動画が良い!

普通のテレビ放送や映画館では見られない、オリジナル動画があって、これがまた素晴らしい。

国内ドラマ好きで、新ドラマはすべて録画して見るわたしですが、そんなわたしでも「こんなドラマあったんだ!」とまったく知らないドラマを発見するのが超楽しい。めちゃくちゃ有名な俳優さんもじゃんじゃん出てきたりしますからね。

地上波では放送していないドラマが見られるというのが、動画配信サービスの醍醐味でもあります。

しかもオリジナルドラマだけじゃなく、オリジナル漫画動画まであります!実は「胸キュンおばさん」としても有名?なわたしですが、胸キュン漫画もdTVで読めちゃうんですよ。

動画サービスで漫画を読むってどういうこと?と思うかもしれませんが、漫画の1コマを順番にスライドで表示していき、そこに声優さんが音声を吹き込んでます。

このスライドの仕方もかなり凝っていて、ほんとにアニメを見ているような感じで漫画を読めるので、めっちゃおすすめです。音声を出せないときは音声なしでも普通に漫画を読む感じで見れますし、1話10分~15分程度なのでちょっとした空き時間にもちょこっと見れて便利。

わたしが胸キュンおばさんと化してしまったのも、実はこの漫画動画を見たことがきっかけです笑

もうね、ひさしぶりに少女漫画読むとめちゃくちゃ楽しいですよ!w

忘れていた胸キュン再び的な!?

登場人物みんないい子だし、男の子はめちゃくちゃかっこいいし、もっかい学生からやりなおしたいなー!とか悔やみながら妄想するの楽しすぎる。

まぁ胸キュンについてはまた別の記事で熱く語るとして・・(十分語ってると思うよ)

とにかく地上波では見られない動画もいろいろあるからおすすめですよ!ということでした。ハイ

dTVでおすすめの動画

個人的にすごく良かった動画をいくつか紹介したいと思います。

近キョリ恋愛(オリジナル動画)

みきもと凛さんの漫画『近キョリ恋愛』を動画化した作品です。

英語だけが苦手な天才女子高校生の「枢木(くるるぎ)ゆに」と、産休に入った教師の代理で担任になったイケメン英語教師の「櫻井(さくらい)ハルカ」との恋愛コメディー。

ツンデレでちょっと変わったところがあるけれど、とっても真っすぐな性格のゆにちゃんと、チャラそうだけど実は真剣にゆにちゃんのことを想っていて、いつもカッコいいハルカの2人が、見ていてすごくほっこりする漫画です。

ハルカがかっこよすぎてキュンキュンするし、ゆにちゃんが良い子すぎて「あ~わたしもこんな素敵な女の子になりたい!」と思うしで、ほんと最高の漫画でした!

わたしの空前の胸キュンブームのきっかけになった作品が、この「近キョリ恋愛」です。


そのほか、dTVで見れる胸キュン漫画動画では「PとJK」「胸が鳴るのは君のせい」などもおすすめです。

狩野英孝の行くと死ぬかもしれない肝試しシリーズ(バラエティー)

BeeTVのオリジナル動画になりますが、dTVでも配信されています。

ガチでやばい心霊スポットに狩野英孝さんが肝試しに行くというバラエティー番組なんですが、もうこれがめちゃくちゃ面白いんですよ笑

わたしは心霊番組が苦手で、見ると怖くて夜寝れなくなるので普段見ないのですが、狩野英孝さんのことは結構好きなので、狩野英孝さんが心霊番組やるとどうなるんだろう?wという興味本位で見てみたところ、旦那とドはまりしてしまって結局全シリーズ見てしまいました。

狩野さんは神社の息子のためか、守護霊がめちゃくちゃ強いらしく、どんなにやばい場所に行ってもいつもケロっとしているのが笑える。心霊番組だけど、怖いというよりも狩野さんの反応が面白いので、心霊番組苦手なわたしでも全然見れました。

狩野さんだけを見ていると心霊スポットのやばさが全然わからないんですが、この番組の準レギュラーのようによく登場する篠原冴美さんというグラドルの方がめちゃくちゃ霊に憑りつかれやすくって、毎回とんでもない状態になるので、マジでやばいところなんだなというのがわかるからこそ、狩野さんのなんともない感が逆に面白いという絶妙な空気感が最高でした笑

一度見だすと次々に見ちゃう面白さなのでぜひ一度見てみてくださいw

東京タラレバ娘(国内ドラマ)

つい最近、連ドラで放送されていた作品が、もう見放題になってます。

わたしはリアルタイムで見ていたんですが、何度も見たくなるくらいの面白いドラマなので、見ていない人はぜひ。

もしこれがこうだっタラ・・もしあのときこうしてレバ・・。そんなタラレバばかり言っているアラサーの独身女子3人組のリアルを描いた作品。

「うわー。わかるわーw」という共感の嵐と、心に刺さる言葉の数々で、女子から絶大な人気を誇ったドラマです。

原作は東村アキコさんの漫画。


そのほか、dTVで見れる国内ドラマでは「釣りバカ日誌新入社員浜崎伝助」も超おすすめ。主演の濱田岳さんと西田敏行さんの掛け合いが最高です。

有名どころでは「JIN-仁-」「トリック」「SPEC~警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿」「ホタルノヒカリ」「ケイゾク」「オレンジデイズ」「高校教師」「愛していると言ってくれ」「星の金貨」「家なき子」などなど、なつかしのドラマもたくさんあるので、そういやあれ見てないなーという有名作品も一気に見るチャンスです。

告白(邦画)

湊かなえさんの小説『告白』を映画化した作品

邦画はドラマほどは詳しくないんですが、最近見た映画で一番衝撃的だったのがこれでした。

主演は松たか子さんで中学の教師役、その子供はまだ幼い芦田愛菜ちゃんです。

ある日、学校のプールに死体になって浮かんでいた娘の芦田愛菜ちゃんは警察には事故死と判断されるが、松たか子さんはこのクラスの中に犯人がいると断言します。

事件の真相と復讐劇がこれまでにない切り口で描かれており、狂気とリアルが入り混じる素晴らしい展開に脱帽でした。

基本的にほっこりする作品が好きなわたしですが、この『告白』においては怖さとかよりも「この展開はすごいなー」と圧倒される気持ちのほうが大きくて、すっかり湊かなえさんのファンになってしまいました。


そのほか、dTVで見れる有名な邦画では「モテキ」「世界の中心で、愛をさけぶ」「ヘルタースケルター」「悪の教典」「宇宙兄弟」「カイジ 人生逆転ゲーム」「DEATH NOTEデスノート」「さくらん」「パコと魔法の絵本」「大奥~永遠~」「白夜行」などなど、書ききれないくらいたくさんあります。

男の子のお子さんがいる家庭では「仮面ライダー」があるのでいいかもしれないですね。

名探偵コナン(アニメ)

あんまりアニメは詳しくないので、有名どころしか見たことがないんですが、最近『名探偵コナン』を最初から見始めたところ、ハマって辞められなくなってしまいました笑

コナンはかなり昔から連載している漫画で、もうそろそろ黒ずくめの組織のボスの正体が明らかになるのでは?という噂を聞いたので、ボスが誰なのかめちゃくちゃ気になる!と思ったけど、そういや何年も見てなさすぎて、知らない登場人物がかなりいる・・ということで、これはある程度ストーリーを把握しておかないと、ボスの正体を知ったところで面白くないなと思って見始めました。

コナンのような長編作品をTSUTAYAでレンタルなんてしようもんなら、かなりの金額になってくるので、こういう作品は動画サービスで見るに限りますね。

dTVだと1か月500円程度で済むので、短期間でがっつり見れば超お得です。

そのほか、dTVで見れるアニメには「ワンピース」「アンパンマン」「ドラえもん」「機動戦士ガンダム」「ジョジョの奇妙な冒険」「NARUTO-ナルト-」「妖怪ウォッチ」「クレヨンしんちゃん」「銀魂」「シティーハンター」「進撃の巨人」「こちら葛飾区亀有公園前派出所」「遊戯王」「幽遊白書」「スラムダンク」「キングダム」「頭文字D」「Dr.スランプ アラレちゃん」「ちびまる子ちゃん」「きかんしゃトーマス」「ルパン三世」「ブラック・ジャック」「美少女戦士セーラームーン」「聖闘士星矢」などなど、お子さんも大喜び間違いなしのラインナップになってます。

ワンコインでこんなに見放題だなんて、ほんと動画配信サービス最高!って感じ。わたしのようにひきこもりで時間のある人間にはうってつけです笑

気づいたら一日中動画見てるなんてこともざら・・(良い子はマネしないでね)

これら作品の配信情報は2017年8月12日時点のものです。
配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、
現在の配信状況についてはdTVのホームページもしくはアプリをご確認ください。

まとめ

今回は、あくまで国内ドラマと邦画と胸キュン漫画好きなわたしの個人的なおすすめとして紹介したので、海外ドラマが好きな方やアニメしか見ない方などは他の動画サービスのほうが向いている可能性もありますので、ひとつの意見として参考にしていただき、あとはあなたもいろんな動画サービスを実際に試してみて、自分にピッタリなところを見つけてもらえればと思います。

まだわたしも5社しか契約していないので、いずれ全社コンプしたらまたまとめ記事を書きたいと思ってます。(こんな人にはここがおすすめ!とか)

この記事では国内作品を中心に紹介しましたが、dTVはジャンル全体のコンテンツ量バランスも良く、どのジャンルが好きな方でもわりと楽しめるサービスなんじゃないかなーと感じました。

価格も良心的なので、これならまぁ継続利用してもいいかなーと思えるレベル。

また、dTVはドコモのサービスですが、ドコモユーザー以外の人でも契約できますのでそこはご心配なく!わたしもauユーザーです。

 

注意するべき点としては、最初の31日の無料期間が終了したとしてもその旨の連絡は来ないので、契約した日に必ずスケジュール帳の31日後の日付に無料期間が終了することをメモしておいたほうがいいです!

31日以内に解約すれば一切お金はかからないので、無料期間だけ楽しみたい方は、絶対に忘れないように解約しましょう。(わたしはメモするの忘れてて2か月目突入してます!w)

 

ということで、

今回はdTVについて紹介してみました。

夏休みは家で涼しく動画鑑賞してみてはいかがでしょうか☆

ではまたーノシ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。