A4サイズを追跡付きで一番安く送れるのはクリックポスト!

どうも、キャナナです。

ヤフオクやメルカリなどで出品者デビューはしてますか?
今回は、出品をする際に必ず必要になる作業「発送」の中でも一番利用する頻度が多いであろう「A4サイズ」で一番安い方法「クリックポスト」について解説したいと思います。

 

クリックポストとは?

 

日本郵便のサービスなんですが、自宅のプリンターで送付状を印刷し、送料はYahoo!ウォレットでクレジット決済をし、ポスト投函をするというちょっと特殊なものです。

一番のポイントは
A4サイズ程度の品物を全国一律料金+追跡付きで「業界最安値」で送れるところです。

最初はちょっとややこしく感じるかもしれませんが、慣れればすっごく便利で簡単だし、ヤフオクなどで出品するためには必須といっても過言ではないほど、まさに出品者のためのサービスであります!

では、一つ一つ詳しく説明していきますね。

 

クリックポストの料金

指定の封筒などはなく、各自で好みの封筒などを用意します。

料金は全国一律で164円(税込)
追跡付きの送料では他社も含めこれが最安値になります。

送料の支払いはネットから「Yahoo!ウォレット」クレジットカード決済を行います。
詳しい方法については後述しますが、日本郵便の公式サイトのクリックポストのページからYahoo!にログインし、届け先などを入力すると決済画面へ移ります。

Yahoo!ウォレットを利用するためには、Yahoo! Japan IDの取得と、Yahoo!ウォレットの利用登録、支払い用クレジットカードの登録が必要です。
ヤフオクを利用している方なら、すでに登録済みのはずですので、すぐに利用できますね。

 

クリックポストのサービス内容

追跡サービスつき

164円なのにも関わらず、追跡サービスがちゃんとついてます!
ヤフオクなどの個人間の取引では、トラブルを防ぐためにも追跡サービスは必ずつけておきましょう。
追跡をつけなければ、もっと安く送ることも可能ですが、送ったのに届いてないと言われたり、届かないのに送ったと言われたりと、ちゃんとした証拠がないとトラブルになってしまいますので、きちんと追跡機能で証拠を残しておいたほうが安心です。

着払い・速達は不可

クリックポストはクレジット決済になるため、発送する側の支払いしか対応していません。
また、速達やワレモノ指定などのオプション追加はできません。
だいたいは投函後、翌日~2日程度で届きますが、遠方だと数日かかることもあります。

荷物を引き受けた時点で課金

支払いが確定するタイミングは、クレジット決済を行った時点ではなく、ポストに投函したあと、郵便局員の人が荷物を回収し、バーコードを読み込んだ時点になります。

なので、クレジット決済をしただけでは送料が請求されることはありません。
バーコードを読み込むまでは保留扱いになるようです。

配達もポスト投函

発送するときもポストへ投函しますが、配達も手渡しではなく配達先のポストに投函されます。
手渡しでサインが必要な簡易書留などでは、不在の時は配達できないため、いちいち不在票を見て連絡して再配達してもらわなくてはいけませんが、ポスト投函であれば不在でも届きます。

 

クリックポストで送れるサイズ

14cm×9cm~34cm×25cm(A4の4分の1~A4程度)

送付状の大きさがA4の4分の1のサイズなので、これよりも小さいと送付状がちゃんと貼れないため、送れるのはそれ以上からA4サイズまでになります。
厳密にはA4=29.7cm× 21cmなので、A4より一回り大きい感じですね。
A4サイズ用の封筒である「角2封筒」が33.2cm×24cmなので、まぁ角2封筒に入ればOKと思ってもらえばいいと思います。

また、A4の4分の1サイズ以下は送れないといっても、これは封筒の話なので、中の品物はもっとちっちゃいものでも全然OK。
A4もしくはB5あたりの封筒に入れれば送れます。

ただし
厚みは3cmまでで、重さも1㎏までなので注意。

大きさに関しては、角2の封筒を用意しておけば、そこに入ればOKなのであまり深く考えなくてもいいんですが、この厚みと重さに関しては気づかずオーバーしてしまいがち。

たとえば分厚い本とか、四角い小箱など。
角2封筒に入ったからといって、安心してしまわないように注意しましょう。

 

もし厚みが3cm以上ある場合は、次に安いのは日本郵便の「レターパックプラス」全国一律510円になります。
こちらは専用の封筒が用意されていて、その封筒代が510円で送料込みになっています。郵便局やコンビニで購入可能。

レターパックプラスも追跡サービスがついていて、専用封筒の大きさもA4サイズなので、クリックポストに似ていますが、重さは4㎏まで、厚みは封筒に入りさえすればOKなので、クリックポストよりもちょっと条件がゆるいですね。
また、配達はポスト投函ではなく対面で手渡しとなります。

ですが、レターパックプラスになると、クリックポストの164円に比べて、346円もアップしてしまうためかなり痛いです笑

わたしも厚みや重さがオーバーしているのにうっかりクリックポストで送るつもりで価格を安く設定してしまったことが何度もありますw
特に本は要注意!ちょっと分厚い本だとギリ3cmを超えてしまったりするので、あやしい場合は先に厚みを計ってから出品価格を設定するようにしましょう。

A4サイズ以下のもので
・厚み3cm以内、1㎏以内であればクリックポスト
・3cm以上~レターパックに入る厚み、1㎏以上~4㎏までであればレターパックプラス
と覚えておいてくださいね。

スポンサーリンク

クリックポスト利用の流れ

 

1.サイトからログインする

日本郵便のクリックポストのページ(⇒こちら)からYahoo!のIDでログインします。

ログインを押すとこちらの画面に切り替わるので、「同意してはじめる」をクリック。

2.マイページから「1件申込」をクリック

認証されるとマイページに移行します。
これまで利用した履歴が表示されるので、配達状況や問い合わせ番号の確認をしたい場合はここを見てくださいね。

新規でクリックポストを利用する場合は、左上にある「1件申込」をクリック。

3.宛先などを入力

よく使う宛先であればアドレス帳へ保存しておき、一度きりであれば保存の必要はありませんのでチェックはしなくてOK。
宛先の住所・氏名・中身が何かを入力し、「次へ」をクリックします。

間違いがないか内容を確認し、「支払手続きをする」をクリック

4.クレジットカード情報を確認して「次へ」

再びYahoo!のログイン画面に切り替わるので、もう一度ログインします。

するとYahoo!ウォレットに登録しているクレジットカードの情報が表示されるので、送料の支払いに使用したいクレジットカードを選択し、「次へ」をクリック。

画面の指示に従って決済を進めてください。

5.送付状を印刷

決済が終わるとPDFで送付状が表示されるので、それを印刷します。

A4サイズの左上4分の1部分に長方形の送付状がレイアウトされています。
白黒印刷でもカラー印刷でもどちらでも構いませんが、わたしはいつもカラーで印刷しています。

6.送付状を切り取って、封筒に貼り付ける

印刷したら、送付状の部分をハサミで切り取り、封筒に貼り付けます。

貼り付け方
のり付けでも構わないと思いますが、はがれる可能性もあるため、できればテープで貼り付けるほうがいいかなと思います。
セロハンテープで周囲をとめるだけでもよいですが、雨にぬれてやぶれたり文字が読めなくなったりする場合に備えて、わたしは透明のガムテープのようなもので送付状の全面をべたーっと覆って貼りつけています。

↑ こういうやつ。100均とかでも売ってると思います。

7.郵便ポストへ投函

あとはお近くの郵便ポストへ投函すれば完了です。

 

まとめ

 

クリックポストのいいところは、なんといっても追跡つきで価格が安いところです。
低額商品の出品では数百円の送料のちがいが致命的です!w
また、いくら安くてもトラブルだけは避けたいところなので、追跡だけは外せません。
よって、クリックポストはまさにヤフオクなどの出品のための神サービスなのでありまーす!

あと
専用の封筒を買ったり、郵便局へ直接持っていかなくても、24時間いつでも自分で送付状が印刷でき、ポスト投函するだけでいいので、平日昼間働いている方でも大丈夫なのがうれしいですね。

 

家にプリンターがなかったり、クレジットカードを持っていないと利用できないのがやや難点ではありますが、プリンターもクレジットカードもとっても便利なものなので、一家に1つ持っておくのもおすすめです☆

わたしはAmazonとヤフオクで不用品販売をしているのですが、主に本やポーチなどの小物を出品しているため、ほぼ毎回このクリックポストを利用しています。
参照:「Amazonで本を個人出品する方法~あなたも本屋さんに~」「アプリで簡単!無料ではじめるヤフオクの「フリマ(ワンプライス)出品」

ただ、クリックポストには品物の損害賠償補償はついていないため、高額な商品をやり取りする場合などで補償も欲しいときは、3000円までの補償がついていてヤフオクと提携している「ネコポス205円」を利用したり、郵便局で「書留」のオプションをつけるなどしてトラブルに備えましょう。

 

ということで
クリックポストの使い方はわかりましたでしょうか?

とっても便利なサービスなので、ヤフオクなどで出品にチャレンジしたい方はぜひマスターしてくださいね!

では今日はこのへんで。
キャナナでした☆

スポンサーリンク

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

妻・嫁・女房・奥さん・家内・カミさんの違い

「Mastodonマストドン」というツイッターを超えるかもしれないSNSとは!?

所得控除ってなーに?~きちんと知ろう税金のこと~その2

飲酒後のお風呂はかなり危険!その理由と安全に入浴する方法とは?

年末調整ってなーに?~きちんと知ろう税金のこと~その1

便意のような下腹部の激しい腹痛は卵巣出血かも?!