メルカリNOWとCASHが楽過ぎてヤバイ!違いと使い方を解説!

どうも、キャナナです。

このたび「メルカリNOW」と「CASH(キャッシュ)」を使って、合計30分ほどで1万6600円ゲットしました~。

今回は、この2つのサービスについて詳しく解説したいと思います。

「ヤフオク」も「メルカリ」もよくわからない。めんどくさい。怖い。と思っていたあなた。必見ですよー!

CASH(キャッシュ)とは?

CASH - アイテムが一瞬でキャッシュに変わる

CASH – アイテムが一瞬でキャッシュに変わる
開発元:Bank, inc.
無料
posted with アプリーチ

ではまずこちらから。

2017年6月にBANK(バンク)というほぼ無名の会社が立ち上げたこのサービス。「イカれたサービスだ」と当時ものすごい話題を集め、想定をはるかに超える利用によって、なんと開始1日でサービス停止。そして2か月後にようやくサービス再開したと思ったら、今度はあのDMMが70億円という破格の金額で買収を申し込み合意。

これはね、ほんとすごいサービスなんですよ。

2か月のサービス停止中の様子はこちらの公式サイトにて紹介されていて、どれだけひっちゃかめっちゃかだったかがよくわかって面白いです。

CASHの仕組み

名目としては一応「質屋アプリ」ということになってます。

自分のもっている品物を査定してもらって、査定額を受け取り、期日までにお金を返済すれば品物は手元に返ってくるし、お金を返済しなければ品物は返ってこないという質屋のシステムをそのままネット上で実現している感じです。

で、一応お金を借りる目的でも利用はできるんですが、利用者の98%は「不用品の販売」目的で利用しています。

実はCASHは品物の査定の方法がすごいんです。

なんとスマホのアプリから商品の写真を1枚撮影するだけで、その場で即査定金額が出て、しかもその金額に納得いけば即金額確定できるんですよ。現物を送らずに写真1枚だけで最大2万円までの金額を即決で支払うだなんて、まじでイカれたサービスですよね!ここが当時すごく話題になった部分です。

一般的な買取サービスは「商品を送る⇒査定してもらう⇒買い取ってもらうor返却してもらう」という流れなんですが、CASHは「査定してもらう⇒買い取ってもらう⇒商品を送る」という流れになっていて、売るか売らないかの判断が最初にできるということと、商品を無駄に送り合う手間と送料(業者負担)をなくすという点で、まさに画期的でした。

CASHのルール

1.1日の買取上限は1000万円まで

これはサービス開始初日に3億6000万円もの利用があり、一瞬で予算オーバーし、会社が回らなくなっていきなりサービス停止に追い込まれた教訓から、サービス再開の時に1日にみんなが利用できる上限金額が設定されました。この1000万円の予算に到達した時点でその日の取り扱いは終了。また翌日に再チャレンジということになります。

2.毎日10時と20時にサービス開始

最初は朝10時からのみ買取スタートでしたが、仕事で参加できないとの要望があり、夜20時にも枠を追加。1日の上限は1000万円で変わりないと思うので、おそらく500万円ずつの枠になってるのかな?と思います。このへんの詳細についての記載が見当たらなかったので憶測ですが。とりあえず10時か20時を狙って利用するのが吉です。早々に上限金額に到達してしまう可能性が高いので。

3.最低買取価格が1000円にアップ

これはつい先日発表されたものです。買取対象の商品は、なんでも1000円以上の査定がつきます。これはすごいですね。これまで300円とか500円だったものもすべて1000円になります。メルカリnowに対抗しての作戦なのかもしれません。また、最大査定金額は2万円です。超高価なブランドものやApple製品を査定したとしても2万円以上にはならないので注意。

4.買い取れるのは対象ブランドのみ

なんでもかんでも買い取ってもらえるわけではありません。対象商品は主に服飾品とApple製品。服飾品の中でも買い取れるブランドと買い取れないブランドがあります。たとえばユニクロやGUなどは買取対象外ですので注意。どんなブランドを買い取ってもらえるのかは、アプリをインストールすればわかりますので、とりあえずはアプリ内で見てみてください。

5.集荷と送料は無料

買取確定後は品物を発送する必要がありますが、その際の集荷も送料もすべて無料です。集荷はヤマト運輸が自宅まで来てくれます。送り伝票などの用意も不要。品物の梱包だけは自分で行います。丈夫な紙袋やビニール袋、ダンボールなどに詰めておきましょう。ネットショッピングで送られてきたダンボールなどを置いておくと便利です。大きさは、たてよこ高さの合計が160cm以内、25㎏以内にする必要があります。集荷依頼は査定を確定させてから2週間以内に行います。

6.キャッシュの引き出し手数料は250円

品物の買取に合意すると、アプリ内に「キャッシュ」として架空に金額が加算されます。これを実際にお金として引き出すには、手数料として250円かかります。振り込み手数料のようなものですね。引き出し方法は、コンビニ受取と銀行振込の2種類。コンビニ受取はキャッシュが1万円未満の場合のみ利用可能。ローソンのLoppiから受け取れます。最低引き出し金額は300円~。キャッシュは1年以内に引き出さないと権利が失効してしまうので注意。

7.現状はiPhone用アプリのみ

これがほんとに痛い。Android版のアプリはComming soon・・のままで、まだ開発されていません。iPadもダメです。わたしはAndroidスマホユーザーなのでずっとCASHの利用をあきらめていたんですが、昔iPhone4sを使っていたことを思い出し、もしかしたら!と思って昨日立ち上げてみたら、無事にCASHを利用することができました。Android版のリリースはほんとに早くして欲しいところなんですが、わたしのように眠っているiPhoneがあればそれで使えますので、探してみてください。

メルカリNOWとは?

フリマアプリ-メルカリ フリマでかんたんショッピング

フリマアプリ-メルカリ フリマでかんたんショッピング
開発元:Mercari, Inc.
無料
posted with アプリーチ

次にこちら。もうこれは完全にCASHの丸パクリです。

DMMがCASHを買収したという報道が出た直後に始まったサービスなので、バックにDMMがついたことを相当恐れたんじゃないかなと思います。

ただ、メルカリはすでにフリマ市場で猛威をふるっており、ユーザー数は相当なものになっているため、今回はメルカリが圧倒的に有利だと思います。CASHはこれにどう対抗してくるのか・・楽しみです。

メルカリNOWのルール

CASHと同じ部分は省略します。

1.買取金はメルカリの売上金として入金

CASHでは「キャッシュ」として入金されましたが、メルカリでは「売上金」として架空に入金されます。メルカリではこの売上金を使ってメルカリ内で商品を購入することも可能。この点は利便性がいいですね。売上金は「ポイント」に交換することで買い物に使えるようになります。1円=1ポイント。ポイントの有効期限は365日です。

2.1万円以上で振込手数料無料

売上金を現金として受け取る際は、銀行振込になります。最低引き出し金額は211円~。1万円以上なら振込手数料無料、1万円未満なら210円かかります。CASHは1万円以上でも手数料250円かかるので、ここはメルカリがお得です。ただし、売上金の振込申請期限が1年から90日に短縮されたので注意。一度口座を登録しておけば、期限切れの際に自動で振り込まれるようになります。できれば手数料210円を払いたくないので、計画的に1万円以上にして引き出したいところですね。

3.毎日10時にサービス開始

CASHは10時と20時の2回でしたが、メルカリは10時のみの1回です。上限の1000万円に到達した時点でその日は終了。ちなみに本日わたしも10時から参戦しましたが、約10分ほどで上限に達し、買取できなくなりました。まだまだ始まったばかりのサービスですので、メルカリも20時との2回に分けてくる可能性もありますし、上限金額もアップしてくるんじゃないかなと思います。

4.現時点では服飾品のみが対象

今後はいろいろと対象商品が増えてくると予想されますが、現時点ではメルカリで買い取ってもらえるのは服飾品のみになります。CASHではApple製品などの買取もあります。

CASHとメルカリNOWの違い

2つのサービスについてある程度は理解できましたでしょうか。

ここで、わたしが実際に2つのサービスを利用してみて感じた違いについてまとめてみたいと思います。

1.買取対象ブランドが違う

買取対象のブランドでないとどちらも買い取ってもらえないため、これはとても重要です。わたしの実感としましては、CASHのほうがブランドの幅がちょっと広いかなという感じでした。

わたしが売りたかった服のブランドを例にすると・・

  • KBF ⇒共に買取OK
  • JEANASIS ⇒CASHのみ買取OK
  • ローリーズファーム ⇒共に買取NG

だいたい好きな服の系統がバレちゃって恥ずかしいんですが、、ちょっと高めのKBFはどちらも買取OK、ちょっと安めのローリーズファームはどちらも買取NGという感じでした。ジーナシスはローリーズファームと同じ会社のブランドなんですが、CASHでは買取OKでした。

2.買取価格はメルカリNOWのほうが100円高い

これはもう明らかにCASHつぶし作戦としか考えられないんですが、CASHが最低買取金額を1000円にしたことに対抗して、メルカリNOWではほとんどの服が1100円の金額設定になってます。なので、メルカリNOWで買い取ってもらえるブランドであれば、メルカリNOWで売るほうがおそらく高いと思いますので、メルカリNOWで売るのがおすすめ。CASHではメルカリNOWで買取対象外のブランドを買い取ってもらうのがおすすめです。

3.本人確認のタイミングが違う

メルカリNOWでは、一番最初に商品を査定してもらう時に本人確認書類のカメラ撮影を指示されましたが、CASHではキャッシュを引き出す時に本人確認を提出します。どちらも運転免許証などをカメラで撮影するだけでOKなので、確認作業としてはすごく簡単なのですが、メルカリNOWは、サービス開始10分程度で上限に達してしまうくらい人気なので、初回はこの本人確認作業で手間取るとあまり査定作業ができなくなってしまうので、手元に本人確認書類と銀行口座を準備してから査定にのぞみましょう。

4.現金の引き出し手数料が違う

これは先ほどのルール説明でも触れましたが、CASHでは現金引き出し手数料として一律250円かかるのに対し、メルカリは1万円以上は無料、1万円未満だと211円で、メルカリのほうが少し安いです。また、メルカリは売上金をそのままメルカリでの買い物代金に回せるため、買取金の使い勝手はメルカリが有利です。

5.サービス開始時間が違う

これはまた今後同じになる可能性大なんですが、CASHでは10時と20時にサービス開始、メルカリNOWは10時のみサービス開始なので、会社に勤めている方などはメルカリNOWでは売りにくいかなと思います。10時ちょうどにアプリを立ち上げて商品を撮影する必要があるので、出先だとちょっと厳しいですね。その点CASHは20時にも枠がありますし、わたしも昨日の夜にCASHを利用したんですが、21時40分ごろでもまだ買取可能だったので、100円の買取金額差を妥協してもいいのであれば、今はCASHのほうが売りやすいかなと思います。

6.一度に送れる品物の数が違う

CASHは、合計160㎝の大きさであればいくつ品物を送っても大丈夫なんですが、メルカリNOWでは一度に送れる品物は10点までということになってます。あれもこれもと売っていると10点を超えてしまいますので、10点になった時点でいったん買取を辞め、一度品物を送ってから、また次の買取をはじめるようにしたほうがいいと思います。また、大きな品物だと10点以内でも160cmに収まらない可能性もあるので、大きさにも注意しましょう。

CASHの使い方

1.アプリをインストールする

CASH - アイテムが一瞬でキャッシュに変わる

CASH – アイテムが一瞬でキャッシュに変わる
開発元:Bank, inc.
無料
posted with アプリーチ

2.ブランドとカテゴリを選ぶ

画面下の「キャッシュ」タブを開き、ブランド、カテゴリ、コンディションを選びます。ここで何を選ぶかでほぼ査定金額が決まるので、間違いのないようきちんと選んでください。ウソはつかず正直に。だいたい何を選んでも1000円になると思うので、コンディションを下げても大丈夫です。

3.品物をカメラで撮影

「アイテムの撮影へ」をタップするとスマホのカメラが立ち上がるので、品物の全体が映るようにして1枚撮影します。実はこの撮影はあんまり査定に意味がないので、そこまで丁寧に撮らなくても大丈夫です。ただし、違う商品を撮影したりはしないように。ちゃんと実物もありますよ~、こんな感じのデザインですよ~くらいな紹介画像だと思ってください。

4.査定金額に納得したら「キャッシュにする」を選ぶ

カメラ撮影が終わるとすぐに査定金額が表示されますので、その金額で納得したら「キャッシュにする」を選んでください。これで買い取りが確定します。もし間違って押してしまっても、あとからキャンセルも可能なのでご心配なく。金額が不満であれば、「キャッシュにしない」を選ぶことでキャンセルできます。キャッシュにすると即キャッシュが入金されますので、必要な時に現金として引き出しましょう。

5.商品を梱包して集荷を待つ

できれば雨に濡れたりしないようにビニール袋に入れた後、丈夫な紙袋やダンボールなどに入れて、ガムテープでしっかりと止めましょう。ネット通販で届いた時のダンボールをとっておくと便利です。ショップの紙袋でもOKですが、1つにまとめなくてはいけないので注意。大きさは、たてよこ高さの合計が160cm以内、25kg以内に抑える必要があります。買取前に梱包用の資材があるかどうかを確認し、そこに収まる量で査定するようにしましょう。集荷は査定を確定させてから2週間以内に行ってください。

ダンボールがなくて送れない!という方はこちらの記事をご覧ください。

メルカリ用のダンボールを簡単に安く購入する方法

メルカリNOWの使い方

1.アプリをインストールする

フリマアプリ-メルカリ フリマでかんたんショッピング

フリマアプリ-メルカリ フリマでかんたんショッピング
開発元:Mercari, Inc.
無料
posted with アプリーチ

2.NOWタブを開く


画面を横にスライドさせるとタブが切り替わります。最初は「おすすめ」タブになっていて、その左隣が「NOW」タブになりますので「アイテムをお金に変える」をタップ。

3.ブランドと状態を選ぶ

選ぶ項目はCASHとほぼ同じです。画面上部に過去の履歴が表示されるので、同じブランドが多い場合は楽です。

4.アイテムを撮影する

「アイテムを撮影する」を選ぶとカメラが立ち上がるので、商品の全体が映るようにして1枚撮影。するとすぐに査定金額が表示されますので、その金額に納得できれば「お金に変える」をタップして買取確定。金額が不満であれば「キャンセル」をタップ。買取が確定すると、すぐに査定金額が売上金として入金されます。

5.アイテムを梱包して集荷を待つ

梱包方法も集荷もCASHと同じです。合計160㎝以内の紙袋かダンボールで梱包し、2週間以内で集荷の日時を指定して待ちます。メルカリの場合は、本人確認が取れてからしか集荷の申し込みができないので、本人確認処理が終わるまではしばらく待ちましょう。

CASHとメルカリNOWの魅力

最後に、これらの何がすごいのかを語って終わりにしたいと思います。

ここではCASHとメルカリNOWのサービスを総称して「ノールック買取」と呼ぶことにします。現物を見ずに査定をする買取という意味。

1.出品の手間がかからない

わたしはヤフオクやメルカリで数多くの出品経験があるのですが、簡単にできるといってもやはりめんどくさい!特に服はサイズを測ったり、わかりやすく工夫して写真を撮ったり、汚れやほつれをチェックしたり、梱包サイズを選んだりといろいろと気をつけなければならないことが多いので、大変です。本ならまだ簡単なんですけどねー。

服の出品についてはこちらの記事をご覧ください。

メルカリで「服」を出品するときのポイントと発送方法の決め方まとめ

で、この一番手間のかかる服の買取を超絶ラクにしてくれたのが今回の「ノールック買取」なわけです。

なんせブランド名と服の形状を選ぶだけですからね!写真も1枚だけでいいし、写真うつりとかも全然気にしなくていいですし。それなのにメルカリで出品する額とほぼ変わらないような値段で買い取ってくれるんだから、まじで最高ですよ。

メルカリで2000円以上で売れない服はもう全部CASHかメルカリNOWで売ればいいと思います。2000円でもそこから手数料で10%引かれるし、送料も込みで売っていると思うので送料もかかります。冬服とかだと600円くらいしますしね。そうしたらもう手間とかも考えると1000円で十分です。

2.売れるのを待たなくていい

せっかく手間ヒマかけて出品したとしても、服ってなかなか売れないんですよねー。特に1000円以上にした商品。服は元値も結構高かったりするので、どうしても欲が出て、できるだけ高く売りたいと思ってしまうんですけど、1000円を超えてくるとわたしの経験上ではほとんど売れません。それでどんどん在庫がたまってくるという。。

それがですよ、「ノールック買取」なら写メを撮るだけで即売れ状態!在庫を保管しておかなくてもいいし、値引き交渉もしなくていいし、ほんっと楽です。家が片づく片づく。

3.クレームにおびえなくていい

やっぱり個人と個人の取引になるので、これは一番わたしが気を使っている部分です。傷や汚れの見落としがあると、やはり購入した方は不快に思うと思いますので、一つ一つ丁寧にチェックして、ちょっとでも不具合があれば説明欄に記載するようにしています。

幸い、今のところクレームはありませんが、毎回神経使うので疲れます。。

これも「ノールック買取」であれば、会社が買い取ってくれるのでかなり気が楽です。状態の説明も不要で簡単な選択肢を選ぶだけなので、心配であれば段階を1つ下げておけばOK。ほんとありがたい!

4.発送しに行かなくていい

商品が売れるごとに、梱包して発送して・・という手間が、一度の集荷だけで終わるのはめっちゃ楽です。

10個まとめて買取してもらったとしたら、実に10回分の発送の往復が必要なくなることになりますからね!これはでかいです。しかも集荷も送料も無料ですからね。まさに神!

5.購入者とやり取りしなくていい

出品した商品が売れると、普通のフリマアプリでは購入者とのチャットページが作成されるんですが、そこであいさつしたり、いつ発送するかを連絡したり、荷物の問い合わせ番号を連絡したりなどなど、そういうやりとりは楽しくもあるんですが、面倒でもあります。

あとは出品中の値下げ交渉とかまとめ売り交渉とか、取り置きのお願いとかもあるので、こういうやりとりもフリマアプリなら対応しなくてはなりません。取引終了時もお互いに評価をしたりしなければいけませんしね。

このような購入者とのやり取りも「ノールック買取」ならすべて省略できるのでめっちゃ楽です!

 

 

ということで、ずーっと使いたかったCASHを利用できてかなりうれしい今日この頃。

メルカリも参入してきて面白い展開になってます。

まだまだ始まったばかりのサービスですので、これからも随時改善されていくことと思います。

フリマ出品がめんどくさい層はかなりいると思いますので、今後もますます需要は高まってくることでしょう。

あなたもぜひ、話題の「ノールック買取」市場に参戦してみませんか?☆

では今日はこれでー!

またーノシ

楽天のSNSサービス「ROOM」がすごい!主婦のおこづかい稼ぎに人気
読書好き必見!1000円の本が実質300円で読めちゃう方法とは!?

メルカリNOWで査定ができない!?

2017.12.9追記

本日2回目の査定をしようと思ったら、メルカリNOWでは手持ちのどの服を選んでも「査定ができません」と表示される状態になりました。1日の上限枠はまだある状態でこれです。ブランドとカテゴリーを選んで写真を撮影した後にこの画面に切り替わります。なぜなのかはわかりませんが、おそらく服の出品が多すぎて査定の受付を断っている状態なのかなと思いました。以前は同じものが1100円で査定されていたのでとても残念です。また復活するといいんですが。。

CASHでは同じものが以前1000円査定だったので、メルカリNOWより100円安いけどまあいいかと思ってCASHでも査定してみたところ、今回は「300円」との表示が。。

最低査定金額1000円を謳っていたのになぜだろうと調べてみたところ、こんな情報が
買取アプリ「CASH」が最低査定価格1000円キャンペーンの対象を変更、新規ユーザーの初回時のみに

なんと12月7日から最低査定価格1000円は新規ユーザー限定に変わっていました。。

これは痛すぎる・・

やはり一度1000円の査定が出ていたものを300円で手放すのはちょっと嫌ですよね。

一応CASHについての情報では「一時的に停止する」とのことなので、再び1000円での買取が復活することを祈りたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。