【WordPress】ブログのデザインを「ATLAS」に変更しました

どうも、キャナナです。

ブログのデザインを変えてみましたー!

気づいたかしら?

特にスマホから見ている方、画面下にメニューバーが出ているはず!

 

とにかく早くそれなりにしなければと急いでいろいろと設定したので、今後もちょいちょいいじっていくと思いますが、ようやくなんとか形になりました。

 

今回は、このたび新しく導入した新テンプレート「ATLASアトラス」について紹介したいと思います。

ちょっと専門的な話になるので、ブログに興味のない方にはちんぷんかんぷんかもしれませんが、本格的にブログをはじめたい方にはとてもおすすめのテンプレートなので、気になる人は読み進めてみてくださーい。

 

「ATLAS」とは?

わたしはWordPressというブログサービスを使用しています。
あまり一般になじみのないサービスかと思いますが、デザインのカスタマイズが自由にできるのが特徴です。

「ATLAS」は、このWordpress用のテンプレートになります。

デザインのカスタマイズを自由にできるといっても、初心者が簡単に出来るようなものではなく、ちょっと変更したいなーと思ってもかなり大変です。

でも、「ATLAS」をインストールすれば、そのような複雑なコード入力などを行わなくても、ボタン1つでいろんなことができるようになります。

 

わたしのようなPC音痴にはうってつけですね!

ブログ開設当初はこのデザインのカスタマイズができなくて何度発狂したことか・・。

HTMLやCSSの知識がない方は、おとなしく「ATLAS」のような有料のテンプレートを買ったほうがいいです笑

記事を書くのが大事なのに、デザインの段階でつまづいて何か月も発狂するとか本末転倒ですからね←わたしです

 

わたしは「ひつじ」さんという方から購入しました。
ひつじさんのサイト

「ATLAS」の公式サイトにはない、ひつじさん限定特典があります。

 

「ATLAS」でできること

一部ですが、ここでいくつか紹介します。

マーカーがひける

ボタンが作れる

枠で囲める

 

 

比較表が作れる

キャナナ リク
本を読むのが好き 本を噛むのが好き

 

チャット風にできる

リク

リク
なんか最近、散歩してたらよく笑われるんだけどなんでだろ?
キャナナ

キャナナ
ああそれはね、リクが二足歩行で歩いてるからだよ。
ほら、犬ってふつう四足歩行じゃん?

 

とまあ、この他にもいろんなことができます。

スマホ読者用の画面下メニューバーや、この記事の上部にもある目次(INDEX)のデザインがおしゃれなのはひつじさんの限定特典によるものです。

 

「ATLAS」にしてよかったところ

前は「STORKストーク」というテンプレートを使っていて、これもなかなか良くて気に入っていたのですが、文字のマーカー機能や表のデザイン変更機能がなくて、なんか文章にメリハリがなくて読みづらい感じだったんですよね。

わたしのブログは結構長い記事が多いので、途中で挫折してしまう人もいたかもw

マーカーについては何度か自力でカスタマイズしようとチャレンジしたのですが、いずれも失敗に終わり、完全にあきらめていたところ、ボタン1つで簡単にマーカーがひける「ATLAS」に出会いました笑

 

まだ全然ブログで稼げてもないのに有料のテンプレートをぽんぽん買ってる場合じゃないんですが、でもね、デザインって結構重要だと思うんですよ!←マーカー使えるのが相当うれしいらしい。

読む人もおしゃれなサイトのほうが読みやすいだろうし、書くほうにとってもやっぱりテンション上がるんですよね。

 

んでもって、「デザインのダサいブログ」と「おしゃれで色とりどりのブログ」では同じ文章だったとしても2倍くらい良い文章に見える・・はず!(ほんと?)

なので、この投資はきっと間違いじゃない!・・と思いたい!

いや、ほんと。買って大満足してます笑

 

「ATLAS」を使いこなして、これからも主婦に役立ついろんな情報を出来る限りわかりやすく伝えられるように、がんばっていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いしまーす☆

 

ということで、これからはこんな便利な機能も使いながら記事書いていきますよーという報告でした!

ではまたー^^

 

「ATLAS」の公式サイトはこちら

ひつじさん限定特典付きはこちら

 

スポンサーリンク

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

このブログがようやく月間1万PVを達成して思ったこと

ブログのコンセプトは途中で変更していいのか問題

家族のプロフィール紹介

このブログをはじめた経緯について

Facebookページとの連携はじめました。

『うつヌケ』の書評&同じくうつヌケした私の話